スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

もしも

九坂「なぁ、もしもよ…」

天城「?」

九坂「…歴史全部消えちまったら俺らどうなっちまうんだろうな。」

真田「!………どうなるんでしょう…怖くて想像出来ないです…」

向坂「忘れるのか、それとも……フッと消えちゃうのかねぇ?」

森村「!絶対嫌だ………」

九坂「だ、大丈夫だ好葉!お前は俺が守ってみせるからよ!」

向坂「どうやって守る気ですかー。」

九坂「そりゃあ、お前…あれだ……と、とにかく守るんだよ!」

真田「………(天馬君がああなってその上歴史消去の危機は今もこの瞬間も迫って…チームの空気も悪くなってきてる…どうすればいいんだ…)」
スポンサーサイト

タイムジャンプ封じ

明井戸「あ、その時代にフェイ達のキャラバンでタイムジャンプすれば何か分かるんじゃねえか?竜堂やクレイジーサンダーが接触していた時期に行けば…」

葱野「そうですね!それで何があったかわかれば…今の状況も少しは変わるかもしれないです」



明井戸「……ていう訳だ。頼めるか?天馬がああなってショックデカい時に頼むようなのじゃねーけど」

フェイ「いや、やります!それでこの事件を解決させられるならいくらでも!」

ワンダバ「フェイは私に任せておきたまえ!大船に乗ったつもりでいるといい!」

明井戸「(泥船だろ、それ…)」


フェイ「じゃあ行こうワンダバ!」(キャラバンへ乗り込み)

ワンダバ「おう!いざ、えー……………とにかくタイムジャーーーンプ!!!」


(いつもどおりタイムジャンプが行われた、かと思えばすぐパッとキャラバンが現れる)

明井戸「え……?おい、どうしたよ!?」

ワンダバ「ば、バカな…!?タイムジャンプ出来ん!」

フェイ「竜堂とクレイジーサンダーの接触した時期に……行けない!」

明井戸「なっ!?どうなってんだよそれは!?」

ワンダバ「おそらく誰かがマザーコンピューターを使ってその時代に行けないように設定したのだ…」

フェイ「けど、それはつまり…あの時期何かが起こったって事だよ。」

明井戸「…何かが起こった、竜堂が死んだっていう出来事……つまり竜堂には絶対死んでもらっていなければならないって事か。」

爪痕

稲妻総合病院 病室

御門「…何も出来なかった。」

雅野「ああ…俺達も戦ったけど、前のクレイジーサンダーとは別次元の強さだ。」

御門「別次元か……それだけで片付くと良いが」

龍崎「本当に奴らは化物だ……特に松風天馬、ヤツは特に要注意するべき…」

雅野「それは分かっている、未来の連中にしか使えなかったはずのデュプリやゴースト・ミキシマックスまで使うようになったんだからな」

逸見「……出来ればもう試合どころか会いたくもないぜ。」

龍崎「俺も…あいつらには勝てる感じがしない…」

雅野「…………御門。」

御門「…………すまん、今はなんとも言えん」

雅野「分かった…ゆっくり休んでろ。」(すっかりと心をへし折られている…あの御門でさえも)



南沢「とにかくプログラムだ、敵の尻尾が全く掴めない中出来る事は…プログラムを潰すしかない。」

向坂「ですねー、全然ヒントも何もない状況ですけどー…」

真田「その上天馬君達が敵として立ち塞がるって、しかも格段に強くなっている…」






帝国学園

時任「此処で…クレイジーサンダーと名乗っていたのか。」

葱野「はい……」

明井戸「時任?」

時任「同じだ、この前の竜堂が操った時と同じチーム名。それが何故此処にも…竜堂は死んだ…」

葱野「謎の死でしたが……ただの偶然、にしては出来すぎな気がしますし…」

明井戸「クレイジーサンダーを一部誘拐とかでもない限りそんな事おきねぇだろ。」

時任「いや、しかし彼らによるとミキシトランスをしていて瞬木達の事も知っていた……あの頃のクレイジーサンダーと言うと時空の事件前、知ってるはずがない…」

明井戸「…じゃあ、チーム名の一致はただの偶然か?」

時任「それじゃ片付かないね…」

葱野「歴史の消去かと思えばクレイジーサンダー、そして竜堂の死……立て続けに色々起きてますね」

明井戸「…間違いなく、ガキの頃の俺らよりも……最大の大事件だぜ。」

その頃

??????


「……設定完了。」

「これでいい………これで、ヤツが死んだという事実は誰にも変えられない。」

「何をそこまでしてわざわざ……」

「お前達は黙って仕事すればいい。」

「はいはい、OKボス…貰った分の報酬は働くさ。こっちもプロなんでな」




いよいよだ……いよいよ………腐りきった世を!過去を!未来を!そして時空を!全て消去して創り変える!
この俺の手でな!フハハハハハハ!!!!!

ネオテイコクVSクレイジーサンダーV5

雅野「(此処は瞬木先輩のスピードを使うか…)戻せ森村!」

森村「うん…!」(雅野へとバックパス)

雅野「それ!!」(遠くの瞬木の前方めがけてキック)


瞬木「ち、ギリギリの所にパスしやがって……届くけどよ!」(そのボールめがけてダッシュ)

天馬「邪魔だよ!」(先に天馬がそのボールにたどり着いた)

瞬木「な!!?(この俺がスピードでキャプテンに負けた!?)」



天馬「試してみるか…俺の力!今皆に注ぎ込む時!ゴースト・ミキシマックス!!」(天馬以外のチームメイトにオーラを注ぐ)

ワンダバ「な!?あれは!」

フェイ「ベータの得意とする……ゴーストミキシマックスまで!?」


御門、龍崎、逸見「ぐああああああーーーーーーーー!!!!!!」(その力に耐え切れず倒れてしまう)

雅野「皆!?」




天馬「……ちぇ、まだうまく使いこせないや。または……受け取れる程の器でもなかったか。」

信助「僕達平気だけど、帝国の皆倒れちゃったよ。このままでも試合出来るけど……」

天馬「…残念ながら、タイムアップだ。」


南沢「…タイムアップ?」

天馬「ええ、最後までやりたかったんですけど。…時間切れです。」

真田「時間切れって何を言って……」

天馬「じゃ、皆戻ろう。南沢先輩、また会いましょうね。」

(その場から御門達帝国を残してフッと消え去る天馬達)

雅野「御門!」

御門「ぐ……………み、雅野……?」

雅野「大丈夫か…龍崎に逸見も。」

逸見「は………ざまあないな…あっさりと操り人形にされちまうなんて」

龍崎「迷惑かけた……ようだ……」

御門「……すまん。」

雅野「喋るな、とにかく病院行くぞ。葱野さん!」

葱野「既に呼んであるよ、もうすぐ着く。」


南沢「ゴーストミキシマックス…てなんだあれ?」

フェイ「あれは元々エルドラドに居るベータの技でね…自分のオーラをチームメンバー全員に強制ミキシマックスさせて仲間をパワーアップさせる大技さ。」

真田「デュプリといい、天馬君……異次元の強さを手に入れた感じがします。」

瞬木「でなきゃ俺がスピードで負けるなんてありえねえ…剣城や神童も力が増してやがった」

真田「ミキシトランスの効果ですね。…久々に見たけどやはり驚異です。」

九坂「とんでもねぇな、キャプテン……俺らとチーム組んだ時本気じゃなかったって事か。」

森村「……うち達キャプテンの足引っ張ってたから…やっぱりキャプテンはその事…やっぱり怒ってた…」

フェイ「……………あれが天馬の………闇なのかな…」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。