FC2ブログ

リーダーを知ってもらおう!

時任「これ、僕の事だよね?今回一体どういう事!?」

成神「明井戸先輩がリーダーっぽいんスけどあくまでリーダーは、チームを率いるのは時任先輩なんで。」

明井戸「お前の場合あんまり、というか全然世間的に知られてねぇだろ?スカウトだし、他のスカウトの奴見かける事はあっても時任の事は一個も見た事がない。だから今回は…時任を深く知ろう!という事に今決めた。」

時任「……あえて言わせてもらうとするなら、最後の今決めたって何!?途中まで何やるか全く決めてなかったの!?

明井戸「文句は勢いのまま決めるバカントクに言えよ。

成神「時任先輩の事という訳なんでその為の資料を此処に持ってきてるんでどうぞ。」

時任のディバインアロー

時任のエクスカリバー

時任「あ、これ…僕のシュート技だ。上は前(2)の時か…。」

明井戸「簡単なプロフは載せてはあるけど、こいつの趣味は…まあ時計時計…時計だな。時計が全てでそれがあれば何もいらないと。」

時任「いや、それは確かに時計好きだけどそれがあったら何もいらないという事は…まあ、好きだけど。」

成神「何か海外ブランドとかの時計のコレクションが家にあるぐらいに時任先輩の家って金持ちっスよね?」

明井戸「こいつは持ってるな。明らかに一般レベル超えてるぞ。時任の家泊まりに行った事あるけど…2階建ての家で部屋とか俺の部屋よりも全然広々としてたし。リビングやキッチンやバスルームも同じく…」

時任「そんな金持ちって程じゃ…ていうかキミの部屋が狭いのはゲームや漫画とか沢山置いてあるせいでしょ。」

成神「何で互いの部屋の事そこまで知ってるんスか、聞いた人は怪しい関係と思いますよ?

明井戸「どんな関係を今想い描いてんだよ!?

成神「まあそれは置いといて、ちなみに今日時任先輩が身につけてる時計は何スか?」

時任「今日?お気に入りのカルティエだよ!あ、僕は日によって付ける時計を代えたりしてるんです。気分によっては色々と違うのになったりと。」

明井戸「何か高そうだなそれ、…いくらぐらいだ?」

時任「僕が買った訳じゃなく元々親の物なんだけど……まあ300万は確実かな?」

明井戸、成神「300万!?

成神「……やっぱこの人一般レベルの生活を超えてるっス。」

明井戸「…おい、お前…ニセモノ掴まされてねぇよな?」

時任「大丈夫だよ、本物だから。」

明井戸「…………念のため言うけどそれ付けたまま絶対試合とか練習とかやるんじゃねーぞ?」

成神「時計好きな時任先輩はお坊ちゃんというのが分かったっスね。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR