FC2ブログ

ダントツのおバカ登場。

龍野「今回のこれは……ああ、彼ですね。確実に。というかそれ以外見当たらないです。そういうのは他にもいますが。」

栄田「ダントツですからね、そういう奴は…あいつしか思い浮かびませんよ。」

葱野「何か此処に来いって言われましたけどこの場所で合ってますかぁ?」

明井戸「あー、来た来た。あいつだ、雷門1年FWの葱野刻。」

時任「とりあえず資料を今回も用意してるから。」

葱野のダークトルネード

葱野「あ、僕のダークトルネードだ!…って光が強過ぎてよく見えないですよ?」

明井戸「そこはバカントクの腕の無さのせいって事でスルーしとけ。

栄田「で、ダントツのおバカっていうのは…まあ成績とかがダントツに悪いって事ですね。」

時任「……彼が3年になって高校受験の時とか凄い心配だよ。」

龍野「では、葱野…この前のテスト何点でしたか?」

葱野「いきなり来て成績の事ですか…!?別に言わなくてもいいと思うけど…。」

明井戸「いーからさっさと言え。」

葱野「今回は前よりは酷くないですよ?9点。

時任「充分酷いよ!1ケタの点数じゃん?!

龍野「サッカーだったらトリプルハットの文句無しの活躍でしたね。

葱野「だって前は2点だったし、7点もアップしてますよ!?」

時任「……この場合前進してるという事で良しとするしかないのかな……。」

栄田「えーと、あ…この際だから皆の成績も言っていこうって。」

明井戸「また突然だなそれ、まあいいや。栄田も言っとけ。」

栄田「俺ですか?73点だったような気がするな…。」

時任「最近のだったら僕は89点だよ。」

龍野「確か…………96点でした。」

栄田「で、明井戸先輩だけですよ?言ってください。」

明井戸「パーフェクトの100点。

龍野「…負けました。僕より海皇の方が納得しなさそうですが…。」

葱野「明井戸先輩が勉強してる所なんか見た事ないけど、それどころかゲームばっかりで何でそれで100点取れるんだろう…?」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR