FC2ブログ

頼れる大人。

明井戸「……!」

成神「明井戸先輩どうかしました?タイトル見た途端に顔が真っ青っスけど。」

明井戸「お、俺ちょっと急用を思い出した!今回お前等だけでやれ!」

アツヤ「急用ってなんだよ!?アンタ常に居るから今回も居ていいだろ!」(逃げる明井戸の腕を掴み)

明井戸「離せアツヤー!!」

龍野「頼れる大人と言いますと……」

時任「………うん、一人しかいない。大人は僕達のチームであの人だけだから…。」

舞「此処ね、方向性が見えなくて滅茶苦茶やってる場所は。」

明井戸「!!ま、舞さん…………。」

龍野「ようこそ舞さん、初の女性にして初の大人の登場ですね。」

時任「この人がSPフィクサーズの館野舞さんです。」

成神「護身術の天才でチーム最強の上サッカーも上手い、そして時任先輩とお付き合いをしているっス。」

時任「あ、ま……まあ…お付き合いさせてもらってます……。」

龍野「時任とは長い付き合いですがまさか大人の女性に恋して付き合うとは思いませんでした。

アツヤ「凄ぇな時任先輩…!ってあれ、舞さん?」

舞「明井戸君、大体監督代理のキミがしっかりしてないからこういう事になるのよ。チームの監督をやるっていうのはどういう事なのかちゃんと分かってる?」

明井戸「は、はい…………それでこういう状態になって申し訳ないです…。」

成神「ちょっと明井戸先輩に対する注意が始まってるっスね。まあ俺達からしたらいつもの光景だけど。」

龍野「何か明井戸がうっすらと涙目になってるように見えるのは僕の気のせいでしょうか?

時任「ええと…厳しいと思われるけど舞さんは優しい人だからね?あれも明井戸の為だと思うから…。」

成神「明井戸先輩からしたら恐怖の対象になってそうっスけどね、うっかり逆らうもんなら腕をへし折られるかもしれないし。

アツヤ「そういやSPの守護神の鉄壁さんをぶん投げたっていうの聞いたっけ。

龍野「……時任、物凄い人と付き合うようになりましたね。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR