スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

VSオーガ2。

オーガからキックオフで試合開始!ボールはバダップからドラッヘに…おっと、葱野カットした!

葱野「よーし、速攻ー!」

葱野、成神へとパスを出して前線へと上がるー!しかしオーガの選手達が素早く成神へと詰め寄って来る!

成神「……(マルコへと視線を向いて)」

マルコ「……(成神と目が合ってコクンと小さく頷き、そして成神からのパスが来てそれをすぐ成神よりちょっと前へとダイレクトでリターン)」

これは華麗なワンツー!迫り来るオーガにも焦らずかわしていった!

ザゴメル「そのFWのチビは徹底マークだ!絶対外すな!」

葱野「わわ!?」

オーガ、葱野に対してジニスキー、イッカスが2人がかりでマーク!前回の対戦時に2失点を喫しているので葱野の怖さはよく分かっている様子です!」

成神「やっぱ警戒されてる…なら、ガラ空きのこっちだね。(葱野と比べてマークの甘いアツヤへとパス)」

アツヤ「ふん、葱野を警戒し過ぎなんだよ!エターナルブリザードV3!!」

10-12-10_002.jpg

ファーストシュートはチョウテイコク、アツヤ得意のエターナルブリザードだー!

サンダユウ「真グラビティション!(重力でシュートの威力を弱める、がそのままゴールへと向かって行く)」

ザゴメル「フン!(弱まったシュートを左手一本でガッチリとキャッチ)」

アツヤ「っ…ち、シュートブロックかよ…!」

明井戸「………どーも今回楽に勝たせてくれそうにねーな…あの時より強くなってる…あいつらも。」

先制かと思われたアツヤのシュート、しかしサンダユウのグラビティションが阻みそして弱った所でザゴメルの豪腕でボールを鷲掴み!オーガは攻撃だけでなく守備も堅かった!

明井戸「ま…世界代表をも超える強さを持つ奴らだからそれぐらいはやってもらわなきゃ困るけどな。でなきゃ倒しがいがないし。」
スポンサーサイト

VSオーガ。

とうとう迎えました、チョウテイコクVSオーガ!勝つのは一体どちらになるのか!?注目の試合のキックオフが刻一刻と近づいてきてます!

亀石「あはは~…何処から声が聞こえてるの~?ていうか誰~?

えー、私の事は謎の実況係という事にしておいてください!

時任「謎の実況係って、僕達の知ってる誰かがやってる…!?ていうか案外龍野の声真似……?」

それでは両チームの選手達を見て行きましょう、まずはオーガ!キャプテンのバダップ、そしてエスカバ、ミストレの3人を中心とした攻撃はやはり強烈の一言!ローズグリフォンを36-0という脅威のスコアで下した超攻撃力が牙を剥いてきます!
そしてその中でもバダップ・スリードの力は正直ズバ抜けている!はたしてこの男をどう攻略するのか!?

一方チョウテイコク!自慢はやはり鉄壁の守備力、オーガとの試合の前に漫遊寺、木戸川等日本の中学チームと試合を消化しましたが全て0!無失点で来てます!そして今はベンチでおとなしく見守るチームの監督、悪魔をも騙す策士、明井戸達人はこの試合どんな奇策をオーガにぶつけるつもりなのか!?

時任「(謎の実況係って何か気になるけど…)じゃ、皆まず立ち上がり集中ね!」

チョウテイコクを率いるキャプテンの時任信、まずはチームを落ち着かせています!
あのエドガーの技を習得したエクスカリバーにも注目です!

ザゴメル「…随分と準備に時間がかかるもんだな。」

腕を組んでその時を待つオーガの守護神ザゴメル、その攻撃力に目が行きがちだが彼の守備も忘れてはならない!

バダップ「では…始めるか、戦闘開始だオーガの戦士達!」

オーガからのキックオフで今試合が始まります!

亀石「あはは~、ていうか実況の説明とかが長過ぎて全然始められなかったね~。チョウテイコクとオーガの皆きっと思ってるよ~「早く始めろ」って~。

ついにオーガ来る!

時任「…………。」

明井戸「…………。」

成神「…………。」

葱野「あの、な…何か喋りましょうよ!?」

アツヤ「黙ってばっかじゃ見てる人皆がつまんねぇって思うだろ!」

時任「いや、だって…ついにこの時が来ちゃったんだよ!?僕達だけで…あのオーガと!」

成神「……いざとなると少し緊張してくるっスね…。あの時見てただけという事もあって実際やるとなると…。」

明井戸「だからって今更やっぱやめますとか言って逃げ出せるような雰囲気でもないだろうし…やってやろうじゃんか…オーガなんか軽く叩きのめしてくからな!」

「誰を軽く叩きのめすんだ?」

明井戸「!!」

葱野「え、もしかして…………。」

バダップ「誰かと思えばあの時円堂守と一緒に居た仲間達じゃないか、…何の用だ?」

アツヤ「マジで来た…オーガの奴ら!」

時任「……あの、僕達は……オーガと試合しに…。」

エスカバ「何だ、聞こえないぞ!」

明井戸「っ………だから……お前らが危険思想って思ってるサッカーでお前らオーガを叩きのめしに来たんだよ!!

葱野「わ…あ、明井戸先輩言っちゃったよ…。」

成神「これで完全にオーガの連中に喧嘩売ったね…。」

バダップ「その言葉…我らに対する宣戦布告と受け取って良いな?」

ミストレ「5分後に今言った言葉を後悔する事になるだろうがな。」

明井戸「誰が後悔するか、円堂や豪炎寺が此処に居ないからって舐めんなよ…?」

アツヤ「って…他の奴らも呼んでこなきゃ試合になんねーぞ?!あっちはゴツいのとか不気味なのとか色々揃ってるし!」

時任「あ、そうだった…!普段こんなミスしないのに、やっぱ緊張してる…!」

ザゴメル「何だ、あのぐだぐだなチームは?円堂守の居た時とまるで違うチームに見えるぞ。」

バダップ「しかし以前も居たあいつ(葱野)が今回も居る、雰囲気に騙されるな。」


舞「…まさか此処でオーガと練習試合、本当にやるとはね…。」

明井戸「す、すみません舞さん…!向こうが引き受けてくれるとは…」

舞「でも、その強さは世界代表やダークエンジェルも超える…強くなるには良い相手だと思うわ。」

葱野「もう此処まで来たらやってやりましょうよ!前も得点出来ましたし、今回はもっと取っていきますよ!」

成神「葱野が何か頼もしく見える…普段そう見える事はないんだけどな…。」

時任「よし…行こうか。」

明井戸「じゃあ、スタメンはこうだ。」10-12-29_002.jpg
10-12-29_003.jpg

成神「明井戸先輩はベンチからっスか。」

マルコ「まあ…リードしたら出番、かな?」

時任「ってチョウテイコクのはずが思いっきりイナズマジャパンって出てるよ!?

明井戸「そこはまあ…スルーしといてくれ、バカントクのうっかりミスだ。」

やっとマルコの設定が…!

明井戸「お前やっと設定決まったんだなー。」

マルコ「そうだよ、ずーっと待ってた!このままじゃ俺は亀石以上の謎の男のままだったよ!」

亀石「あはは~、詳しいプロフ何もないのは僕より分かんないよね~。」

成神「ま、めでたく設定もちょっと決まってそしてオーガの方入りしたし。これでOKっスね?」

マルコ「まあ、でも…ちょっと詳細短めなのが気になるけど。今の俺はパスタ得意なイタリア人ってぐらいしか無いような気がするよ?

亀石「そのパスタは凄く美味しいからいいじゃん~。」

時任「…マルコ……キミのような人を待っていた…!」

マルコ「え?な、なんだい時任…?俺みたいな人を…?」

成神「ああ、多分ツッコミ属性増えたから嬉しいんだなあの人。

明井戸「と、此処でお前等にちょっと知らせる事がある…。」

時任「…?ちょ、まさか…また何十点取ろうとか?今はちょっと無理あるからね!?」

明井戸「違ぇよ。何か…年内にオーガと試合やるって話が出てるみたいなんだよな。」

葱野「え!?じゃあ…後3日ぐらいしたら間違いなくオーガとのマジ練習試合…。」

マルコ「それ、大変じゃないか?彼らって滅茶苦茶強いって聞いてるよ…。もう今はイナズマジャパンの力無しで向かわなきゃなんないだろ?」

時任「や、やる事やっておこう!今日も練習行くよ!いきなりオーガが来ない事を願う…!」

オーガでの拠点は…?

時任「そういえば、オーガの方での拠点とか…どうする?」

アツヤ「前はウミガメにすっげー行ったもんな、あまりにそこに居過ぎて宿舎をドーンと建てる程に。

明井戸「今回はどうするかな…別にそのままジャパンエリアの宿舎だけで良いと思ってる。」

成神「あんまりウミガメ行かなくなったんスか…おかげでラーメンがあんまり食えないっス。

時任「あれだけラーメンを食べて飽きが来ないの!?あの時一番ラーメン食べたよね…。」

明井戸「そしてあの島暗くて樹海みたいな感じがするんで…今回あんな所は拠点にしないぞ。」

葱野「オーガになってから変わりましたね、拠点がジャパン…。」

成神「あ、じゃあステーキ食いたいからアルゼンチンエリアの拠点とか欲しいっスね。」

明井戸「そのエリアに全く用事はねーよ。というかそれだけならそっちに出かけて食えばいいだけだろーが。

時任「じゃあ、ほら!来るかもしれないオーガとの勝負に向けて今日も練習行くよー。」

チョウテイコクが本格始動しつつある…?

明井戸「ふー……大分レベルはこれで上がったかな?もうオーガも怖くねぇ程に。」

亀石「あはは~、またバダップに会ってビビらないようにね~?

明井戸「ビビるか!ちょっと強さにはビックリはしたけど、そんな腰抜かす程に怖いとは思ってないし…。」

成神「あれからもう、アツヤ先輩もやっとこっちに来たし。そして舞さんも来ましたよね?」

時任「うん…来てくれたね。頼もしい人達が。」

明井戸「………頼もしい事はマジで頼もしい人だけどあの人は……」

成神「ああ、バダップよりも舞さんの方が怖いならもうオーガは平気っスね?

明井戸「!!しー…!舞さんに聞こえたらどうすんだよ、お前…!」

葱野「これでもうわざわざ円堂先輩や豪炎寺先輩達イナズマジャパンの手を借りなくても良さそうですね!?僕達で勝てそうですし!」

アツヤ「ホント、最初に試合やりたかったぜオーガと!」

時任「…本当に次はオーガとの試合やるのかな…。僕達だけで。」

明井戸「龍野はそう言ってたけど、でもこれなら……行ける。80年後だろうが800年後の戦士だろうが負けるつもりねぇよ。何時でもオーガを潰す準備なら…!」

成神「あ、後ろにオーガ達が。

明井戸「!?」

成神「あ、今何か怯みましたね?」

明井戸「…全然怯んでも動じてもいねーよ!」

亀石「あはは~、怖いものは怖い~。」

今日はクリスマス、そして……おめでとう初代リーダー龍野寵児!

葱野「龍野先輩、誕生日おめでとうございまーす!」(クラッカーをパーンと鳴らし)

龍野「え………」(急に呼ばれて来て何も知らない状態)

明井戸「おーい、何ぼーっとしてんだ。今日お前の誕生日だろドラゴンマニア。」

龍野「僕の…あ、今日ですね…誕生日。というかクリスマスの日がそうですけどね、僕の場合。」

成神「だからケーキは2つ用意させてもらいました、そしてごちそうも2倍…。」

時任「それはほぼキミのお腹に入りそうでしょ成神、というかキミがそれぐらい食べたいんでしょ?

亀石「あはは~、食べられる前に食べないとね~。」

龍野「それにしても…色々と豪華ですね、そしてツリーが何より立派で…。」

アツヤ「それ作るのすっげぇ苦労したんだぜ?何か知らないけど明井戸センパイが急に作ろうとか言い出して…。」

明井戸「アツヤ、余計な事言わなくていいぞ。」

時任「龍野、おめでとう!これ…プレゼントだよ。」

龍野「僕にですか?時任、これは………。」

葱野「あ、竜の形の時計だー。

明井戸「時計かよ!?お前らしいと言えばらしいけどよ…。」

龍野「…ありがとうございます、大事に使いますので。」

成神「良いのが貰えたっスね龍野先輩。(ごちそう食べまくり)」

亀石「人の誕生日でも変わらず食べまくりだね~。

龍野「何と言うか…今までクリスマスのついでに祝われたような感じだった上これだけの人に祝ってもらったのは初めてかもしれないです…感謝します。」

時任「僕達はついでのつもりなんてないよ、クリスマスよりも誕生日がもうメインだから。」

アツヤ「それより飯!早くしねーと成神に食い尽くされる!」

今日がイブ、そして明日がクリスマスと…。

葱野「今日はイブみたいですよー。」

アツヤ「早ぇな、もうその日まで来たんだなぁ…。」

亀石「あはは~、時が経つのが早いね~。」

葱野「って、何か顔ぶれが一気にガクンと減っちゃってますよ!?」

龍野「まあそれはしょうがないです。今日はクリスマスイブですから…。」

亀石「あはは~、だからいつもの3人は居ないんだね~。」

龍野「ですね、彼らなら今頃………。」


成神はまこちゃんと映画(当然子供向け)デートの帰り。

まこ「面白かったねーあの映画すっごく面白かった!」

成神「あれは機会あったらもう一回見たいね。」

まこ「あ、健也お兄ちゃん!その時は一緒にまた見るからね?一人だけで見るのは狡いから!」

成神「勿論まこちゃんと2人で見るつもりだよ、あ…もう遅い時間だから帰ろっか。家まで送るよ。」

まこ「え!?もう終わり?あーあ…もっと一緒に遊びたかったのに、……あ!じゃあ家で遊ぼうよ!?」

成神「え?…サリーさんとかに迷惑かかるんじゃ……」

まこ「お兄ちゃんの事気に入ってるから全然大丈夫!イブだからケーキもあるし!ね、駄目?」

成神「駄目って訳じゃ…ないけど………敵わないね…良いよ。」


時任は舞さんとお洒落なレストランで御飯。

時任「わ……こういう所に来るならもっとちゃんとした格好で来れば良かった…。」

舞「大丈夫、その私服で充分よ。」

時任「なら良いですけど…あ、外は雪だ…!」

舞「あら、さっきまでは降ってなかったのに。でも…イブらしいわね。」

時任「綺麗ですよね………。」

舞「…信君、飲み物来たわ。」

時任「あ、はい。」

(そして互いのグラス(舞さんはワインで時任はグレープジュース)の乾杯の音が静かに鳴る)


明井戸は八神とイブのデートに向かいそして街のクリスマスツリーを見ていた。

明井戸「デカいな、このツリーは…!」

八神「……クリスマスツリーか………。」

明井戸「玲名?」

八神「いや、昔お日さま園…エイリア学園の皆でツリーを作って眺めてたのを思い出してな。久しぶりにこういうのを見たかもしれない…。」

明井戸「!……………俺達のチームでこういうの、作ってみるか?」

八神「?構わないが…いきなりどうした達人。」

明井戸「えー……何つーか………急にすっげぇクリスマスツリーを全員で作りたい気分になったっていうか……」

八神「……フ、達人…やっぱりお前は最高だな。」

明井戸「な、何だよ?最高って俺………。」

八神「じゃあ…あれよりも凄いツリーを作ろうじゃないか。」

明井戸「あ、ああ…だよな?1年に1回だから派手にやった方がいいか…!うん。」

八神「………ツリーよりもお前のその不器用な優しさが嬉しいぞ、私は。」



亀石「あはは~、つまり皆イブのデート行っちゃったんだね~。」

龍野「そういう事です。相手の居ない僕達が今回は3人無しでやるという訳ですね。」

葱野「あれ?明井戸先輩からメール……25日までに街にあるような立派なツリーを全員で作るぞ…って、いきなりどうしたんですか明井戸先輩ー!?」

アツヤ「……あ!まさか、……龍野先輩明日誕生日だからビックリさせる為だろ?(ひそひそと小声で)」

葱野「…!そっか、そうですね…明井戸先輩の考えるサプライズと言った所ですか…(小声でひそひそ)」

龍野「?何こそこそ話してるんですか。」

アツヤ「え!?あー……新しい必殺技の相談してたんで…協力技の。」

龍野「それを内緒で話す必要あるんですか?同じチームの僕にまで隠す事はないかと思うんですが…。」

葱野「……り、龍野先輩だけでなく明井戸先輩や時任先輩にも内緒ですよー!ビックリする技だから!」

亀石「あはは~……頑張って誤摩化してね~。」

皆でオーガ観賞。

オーガのネタバレが含まれてますのでそれが駄目な方は引き返してください。




























成神「今日は全員でオーガを観る日っスよ。」

明井戸「ああ、今日ね…バカントクも映画見に行くっつってたし。俺ら全員観れるんだな。」

葱野「やった!僕達皆で映画ですね?」

成神「という訳で食べ物と飲み物を多めに調達してくるっス。」

時任「飲んだり食べたりばっかりで映画の方見てないっていう風にだけはならないようにね成神。

龍野「僕達はオーガの方行ってませんが…一緒に居て見て大丈夫でしょうか?」

アツヤ「此処に居て何も言われないって事は居て平気じゃねぇの俺達?」

成神「買って来たっスよー。」(食べ物や飲み物をどっさりと持ち込んで登場

時任「また多いねこれ!?」

明井戸「…こんなに…食うつもりか?俺らもまあ食ったり飲んだりは当然するけどよ。」

成神「映画館では菓子とかを食ったりジュースを飲みながら映画を観るのが礼儀っス。

時任「えっと、じゃあ…まあ。早速オーガ観賞と行こっか。」

映画の上映が始まり。

明井戸「……………。」

時任「……………。」

成神「…………(ポップコーンを口に放り込み)」

葱野「…………(ポテチ(コンソメ味)をパリパリ)」

龍野「…………」

アツヤ「………(チョコスナック菓子をパクパク)」

明井戸「…懐かしい場面ばっかだな、今の所。やっぱこの頃の帝国は悪だったんだなぁ…痛めつけてばっかでゴール奪わずの。」

成神「ああ…………若気の至りっス。

明井戸「あれからまだ1年も経ってねーのに何が若気の至りだ1年小僧め。つかお前は前出て喋れマジで!

アツヤ「なんであん時にパワーシールド出さなかったんだろーな源田の奴、どうせならパワーシールド使わせてファイアトルネード防いで1点阻止してりゃ…それこそ歴史変わったんじゃねぇか?」

時任「……考えつかなかったのかな?」

明井戸「………おお、オーガだ……!(ポテチを食べつつその姿をジッと見て)」

時任「凄い、世字子相手にまで36-0なんて………。(ジュース片手にそのスコアに驚いて)」

成神「…いや、俺達もそんなスコアで勝ったりしてるから特に驚きはないっスね。(スナック菓子をバクバクと食べまくり)」

龍野「これでついに大詰めですか……。」

アツヤ「出て来た、シロウ達だ…!得点してけよ得点……!(菓子を食べながら兄を応援)」

葱野「うう、か……感動です~…………」(号泣)

上映終了。


明井戸「終わったなー………」

時任「……凄かったね……。」

成神「…迫力のある映画だったっス……見に行っておいて正解でした。」

アツヤ「普段は俺、映画行ったら寝てるけど…これは寝られねぇよ。面白い!」

葱野「僕達もやりますか?これからサッカー!」

明井戸「オーガの奴ら流で言う呪文にお前もかかったか、とりあえずすぐはやんねぇよ…あ、メロンソーダ飲み忘れてた。(飲み忘れてた残りのメロンソーダをゴクゴクと飲み)」

龍野「ああ、すぐではありませんが練習試合なら組んでおきましたよ。」

成神「早いっスね。今度は何処とやるんです?」

龍野「オーガと。

明井戸「ぶっ!?(驚いてメロンソーダを噴き出し)

時任「うわ!?(思いっきりびしゃぁっと時任にかかってしまい、時計にはかからず何とか守り抜く)」

成神「時計はガッチリと守ってるっスね、流石時任先輩。」

明井戸「げほっ!げほっ!お、オーガだってぇ……?今度の相手そいつらかよ……。」

葱野「オーガですか!?任せてください、また僕のダークトルネードであのでっかいGKから得点しまくりますから!」

成神「お前はやる気だね、葱野…。」

アツヤ「……オーガ…今度こそ俺がスタメンで……!」

時任「後で着替えなきゃ…というか本当にオーガとやるのか……凄い事になってきた…。」

オーガ撃破!

明井戸「いやー……全然オーガたいした事なかったな。

成神「俺達出てなかったじゃないスか、そして明井戸先輩はバダップに結構ビビってたでしょ。あまりに高過ぎるレベルと能力に

亀石「あはは~、「あんなの勝てる訳ない…やだ、出たくない…!俺ベンチに居る!」とか言ってたね~。」

明井戸「言ってない、言ってない。あんな奴に怖がってなんかいねぇし。」

成神「…ま、レベルが並んだら怖いと感じる事は無くなりそうっスけどね。」

時任「結局イナズマジャパンの皆に頼りきりだったなぁ、やっぱり皆強かった。」

明井戸「ひたすら豪炎寺の爆熱ストームやスクリューで得点しまくってたよなぁ、でもその中で……。」

葱野「やった!勝った!僕のダークトルネードでオーガから2点取れた!

明井戸「2点で浮かれ過ぎだろ、豪炎寺はその倍は得点してたっての。」

時任「やっぱ嬉しいんじゃないかな?自分のシュートで強い相手から得点出来たっていうのは。」

葱野「へへ、僕のテクニックは誰にも真似出来ないぜー♪」

明井戸「あ!それ俺の台詞だろ!パクんな!」

成神「物凄く浮かれてるなあいつ……。あ、向こうはもうすぐブラジル戦っスか。」

明井戸「天空も魔界も倒したんだ、今更地上の相手に恐れる必要ねーだろ。コトアール以外は。

時任「コトアールは恐れるんだ!?…まあ、あの円堂のおじいさん率いる最強チームだからね…恐れるなっていう方が無理か。」

葱野「もうロココだって怖くないですよー!僕の必殺シュートで完璧にゴールを奪いますから!」

時任「分かったから…ていうかキミはあっち出られないからね!?

亀石「あはは~、葱野は終始浮かれてるね~。あのゴールが凄く嬉しかったみたい~。」

ついにオーガに乗り込む。

明井戸「やっと此処まで来たなー…長ぇようで短かった。」

時任「あの……3人で行くつもりだったのが何で僕も来てるのかな?」

成神「やっぱリーダーの時任先輩が居てこそのチームっスから。というかツッコミいなくなるのは困るんで。

時任「明らかに後半の思いの方が強いよね?

葱野「こっちでやっとサッカーやれるんですね!未知の相手といよいよ…緊張してきた…。」

亀石「あはは~、落ち着いてマイペースにやればいいと思うよ~。」

明井戸「お前何時の間に!?亀石を呼んだ覚えはマジでねぇぞ…!

成神「ちゃっかり紛れ込んできたっスね…じゃ、今の所は俺に時任先輩に葱野に亀石先輩、そして明井戸先輩の5人か。」

時任「来ちゃったのはしょうがないから、今は…これで行こうか?」

明井戸「…思ったより来る奴多くなっちまった。」

後少しで…。

明井戸「よし……もうちょっとで出番来そうだ。」

時任「え、そうなの?」

明井戸「後はガルシルドとコトアールぐらいなんで、近いぞ出番。」

葱野「やっと来た!やっとチョウテイコクの方行けますね?」

成神「待ちくたびれたっス、このまま行けないんじゃないかと思ったぐらいで…。」

龍野「一足先に行くのは…明井戸、成神、葱野ですか。気をつけて。」

明井戸「ま、かるーく叩いて来るわ。」

時任「余裕だなぁ……って短っ!?もう終わりか…!」

崇拝し過ぎな後輩。

今回BLですので苦手な方は引き返してください。




























成神「最近、あいつの姿見てないっスね。全然…。」

栄田「あいつ…誰の事言ってるんだ?」

成神「神野っスよ。代表の方行ってからあいつの顔全く見てないし。」

明井戸「そういやあいつずっと日本に留守番だった、世界の方連れてってねーから。」

時任「連れてった方がいいんじゃないかな…?彼は明井戸を物凄く慕っているし。」

龍野「そうですね、何故か慕ってますね。」

明井戸「何故かは余計だろ、んー…確かにあいつ……何でなのかゴッドキャッチを普通に覚えるみたいだし。」

葱野「入れるかどうか悩んでますね。」

神野「明井戸先輩!やっと会えた、ずっと探していました!!」

明井戸「!?神野、お前なんで此処に…。」

神野「明井戸先輩に会いたくて会いたくて、我慢出来ず日本から飛び出してきましたよ!俺絶対前より強くなってますから俺も代表に!」

栄田「お前いきなり来て熱いな…もうアピールしてるし。」

神野「ん?ああ、先輩方もいたんですか。どうも久しぶりですね。

葱野「さっきと全然態度違うよー!僕達には冷たい!」

成神「変わってないね、神野は…変わらずの明井戸先輩バカで。」

神野「ああ!?成神、キサマどの口が明井戸先輩をバカってほざきやがったんだ!?」

成神「明井戸先輩をバカって言ってないから、というか落ち着け。」

明井戸「あー…神野、お前が今回そこまで強くなったって言うなら…来るか?」

神野「!はい、是非お願いします!貴方の為なら何処までもお供しますから!」

龍野「なんでしょうか、この異常なまでの崇拝は。

亀石「あはは~、神野ってもしかして明井戸先輩の事恋愛感情で大好きとかじゃないの~?」

神野「!?そんな………俺が明井戸先輩となんて恐れ多いです…。」

時任「そこは否定はしないんだ!?

神野「でも、明井戸先輩への想いは絶対負ける事はありませんよ。エイリア学園の青髪女なんぞより俺の方があの人と一緒に居る時期長かったですから。

栄田「お前八神への対抗心めちゃくちゃあるじゃんか!?本気で狙ってんのか明井戸先輩を…!

明井戸「何か知らねぇけど、神野久々に会って凄いテンションだよな?」

龍野「そうですね…………今のやりとりにキミは全く気づかずその程度の感想ですか、ホント何で自分の事だとそこまで鈍感になれるのか不思議なぐらいです。」

出番はまだ来ない。

成神「明井戸先輩ー…今何処まで進んでるんスか?」

明井戸「アメリカ、まだ一之瀬達にすら会ってねぇし。」

龍野「スローペースですね。早めに明井戸とか成神がそっち行くかと思ったら。」

明井戸「15回も修練場に行かなきゃなんないから時間かかるんだよ。」

時任「修練場?どうしても行かないといけないって訳じゃないから別にそのまま進んでも…。」

明井戸「楽して圧勝の連続で最後まで行ってクリアーしたいから。」

時任「もうデータはほとんど頭に入ってるだろうからそこまでしなくても勝てるでしょ!?さっき強い豪炎寺で押し切って10点以上取ってる所見えたよ。

明井戸「念のため、だよ。何があるか分かんないだろ。策士は基本的に慎重なもんだ。

葱野「早く出たいー…。チョウテイコクでの僕の出番まだですかー?」

明井戸「ちょっと待ってろ、まだ10回以上は修練場に行けるから…。」

龍野「やっぱり……慎重ですね、自称策士は。」

出番が来るまでの間は。

明井戸「………(ひたすらDS)」

時任「…明井戸、何処まで進んだ?」

明井戸「あー、今…フィディオと一緒にチームKを叩きのめす所。」

龍野「まだかかりそうですね、これ。」

成神「………(ひたすら御飯パクパク)」

龍野「そしてキミはそれ15杯目ですね御飯、出番来るまで自宅の円堂みたいに食べ続ける気ですか

時任「そういうキミもさっきから竜の銅像磨き続けてるよ龍野。

龍野「これは怠る訳にはいきませんので絶対に。」

葱野「ダークトルネード!!」

アツヤ「エターナルブリザード!!」

明井戸「葱野はオーガのスタメンに向けて張り切ってんなぁ。」

龍野「アツヤもその座を狙おうと頑張ってるみたいです。」

明井戸「時任、お前も出番来るまで何かやっといてもいいんじゃねぇ?ツッコミばっかじゃ……」

時任「やっぱいいなー……エルメス、オメガ、カルティエ………。」

明井戸「お前の暇つぶしは自分の時計コレクション観賞か!

龍野「ツッコミのキミもボケになってきてますね時任。

バトンタッチ。

明井戸「しばらく俺達は、ちょっと長い休憩でもしとくぞ。」

時任「ああ…今日からあっちだもんね?」

明井戸「そ、カテナチオからチョウテイコクの方へと活動場所が移るんで。

成神「チョウテイコクって真帝国を思いっきりとって超帝国に…ほぼパクリじゃないスか。

龍野「それ以前に何処まで帝国に染まる気ですかこのチームは。

葱野「長い休憩ってしばらくサッカーも試合も無しですか僕達!?退屈だぁ……。」

アツヤ「んなもん暇で死にそうだぜ……。」

明井戸「今は力を温存しとけ。出番で爆発させんのは…オーガ戦だ。」

時任「その時に僕達が出るんだ……。」

明井戸「で、その時に成神。そして葱野。お前らはスタメン決定だ!」

葱野「え…ええ!?僕出られますか!?オーガとの試合に!?やったやった!」

アツヤ「マジかよ…!俺出番無しか、はぁ…………。」

龍野「成神のスタメンは当然として葱野が…明井戸、もしかしてオーガの選手のデータはもう?」

明井戸「そんなもんとっくに入手済みだ、悪魔をも騙す策士であるこの俺が何の策も無しに初めて戦うチームとの試合に臨む訳ねぇだろ。」

時任「まあ、とにかく…頑張ってきてよ葱野!」

葱野「はい!もう何点でも渾身のシュートを叩き込んでやります!!」

明井戸「その為にはチョウテイコクの方を進めねぇと…オーガを徹底的にぶっ潰せない、最強の策士は鬼道でも不動でもチャンスウでもない、この俺!明井戸達人が世界No.1、最強の策士だ!

成神「弱点だらけ、欠点だらけの策士っスけどね。

ダークエンジェル戦、そして試合放棄…?

明井戸「…こう思ったのは俺だけか?後半ああやって潰しにかかるなら前半でさっさとやって瀕死状態に追い込めよって。

成神「多分、ていうか絶対舐めてかかってたから後半にマジになった…て感じっスか?」

時任「向こうも進化するようになったんだなぁ…グランドファイア決まるかと思ったら防がれて。」

葱野「両方とも色々技を進化させてるんですねぇ…。」

明井戸「ただ守備技が全然進化がねぇだろ、何処までGK頼りだイナズマジャパン。もっと守備力強化しやがれ。

葱野「うう、明井戸先輩厳しいですね!」

時任「でも良かった良かった、これで事件解決出来て。天空も元に戻ったし。」

龍野「魔界は全然改心してるようには見えませんでしたけどね。

明井戸「さ、これで向こうはブラジル…キングダムか。まさか戦ってダークエンジェル以上とか言わねぇだろうな…?」

成神「……そうなると魔王以上の存在じゃないスか、そしてそれより強いコトアールはどうなるんスか?」

明井戸「…おっと、じゃあ俺達もちょっと試合してくるか。ダークエンジェルと。

時任「これから!?……刺激受けたのかな、試合見て。」

そしてダークエンジェル戦、前半途中……カテナチオ8-0ダークエンジェル。

明井戸「………(時計をちらっと見て)」

デスタ「こいつらぁ…!今度こそ魔界の恐怖を思い知らせてやる!」

セイン「我らが此処で負けるはずがない!!」

明井戸「これ…無理だな、もう此処で試合終わりでいーわ。止める。」

アスタロス「何……?貴様、何を言ってる!?試合終わりだと!?」

明井戸「だから、これ以上やっても時間の無駄だから試合終了で帰るっつってんだよ。お前らじゃ1点も取れないと思うし、逆に得点は広がる一方だ。」

デスタ「ふざけた事を言ってんじゃねぇぞ!途中で試合終了なんて許すと思うかよ!?」

明井戸「お前らは知らないだろうけど、途中で急に試合終了させてるチームは数多く存在してんだよ。じゃーな、腕磨いて出直してきな。」

成神「…本気で取りに行って10点以上も取れなきゃその時点で試合を中断っスか…。」

龍野「試合を中断ってそれも帝国を真似してるつもりでしょうか?それかエイリア学園のイプシロンの方?

たまには女子も出そう。

成神「誰の事っスか、一体。女子って…」

龍野「それかまた誰か新しい人の紹介でしょうか?」

時任「だから何でそういう事してるなら早くマルコのプロフ載せないのかな?未だに彼は謎のままになってるよ。

明井戸「すっげぇ苦戦してそうだな、あのバカントク…。とっとと載せちまえっつーの。」

八神「やっと来れたぞ達人!」

明井戸「え…!?れ、玲名!?」

龍野「あ、ウルビダこと八神……女子も出そうって彼女ですか?」

八神「全く、ただでさえ忙しいというのに此処にも出て…あまり無理をするな!」

明井戸「むぐ!?(八神にぎゅーっと抱き締められて身長差のせいか胸に顔が埋まり)

亀石「あはは~、やっぱり情熱的~。熱いねぇ~。」

成神「明井戸先輩への想いは他の追随を許さないぐらいなんで…奪われまいと。」

八神「当然だ、お前らごときに奪われる気なんか更々ない。」

時任「何かもしもの設定の話以来僕達に対する視線が厳しくなってきてるのは僕の気のせい?

クララ「フフ……僅かに存在する可能性に対して強い警戒心…。」

時任「ってキミも来たんだクララ…うちのエイリア女子が今回来たみたいだね。」

亀石「あはは~、珍しく女子が来て華やかだね~。」

成神「そういえば何気に出てた亀石先輩も久しぶりだったっス。」

亀石「うん、久しぶりに来たよ~。」

クララ「フフ……珍しいタイプね、のんびり家…。」

龍野「僕からしてみればどちらも珍しいタイプなんですが、「あはは~」男子も「フフ…」女子も。

時任「龍野、別に笑う部分を声真似で完璧に再現しなくてもいいでしょ?

八神「とにかく、もっと頻繁に呼んでもらいたいものだ。」

成神「うん、そういうのバカントクに伝えた方が良いと思う。」

明井戸「むぐぐ………。」

亀石「八神さん~、そろそろ明井戸先輩が胸の中で窒息しそうだから離すか腕の力緩めた方がいいよ~。

今の4人メンバー

成神「今の4人っスか…それならまずは俺っスね。」

アツヤ「その次が俺だよな。」

時任「僕も今の4人の中に入ってるね。」

明井戸「そして点取り係として俺だな。(パーティ先頭)」

アツヤ「だからその係いい加減俺にやらせろー!

明井戸「9999まで行ったら譲ってやるよ。

成神「まだ先の事で譲る気今の所無しっスか。…ってこれ、このメンバーじゃキーパーいないっスよ?」

アツヤ「いないよな、つか3人ともFWじゃんか。俺に明井戸センパイに時任センパイと。」

明井戸「あー、それなら時任にキーパーやってもらうからいーよ。」

時任「僕!?何のキーパー技も覚えてないよ!

成神「まあ、でもリーダーっスからね。円堂先輩も雷門とイナズマジャパンでいつもキャプテンでGKなんですし。」

時任「だったら明井戸がGKじゃなきゃおかしいでしょ!?」

明井戸「俺軟弱で腕力弱いんで無理、つか得点しなきゃなんねぇんで。

時任「こんな時に自分で軟弱とか言わないー!

10-12-13_001.jpg

遊ぶ時はとことん遊ぶ。

葱野「あー、負けた!明井戸先輩強過ぎますー!」

明井戸「何年もこういうのはやってきてんだ。少しかじってる程度の奴に負けてらんねえっつーの。」

時任「息抜きでゲーセン行こう…まあ明井戸らしい提案だね。流石ゲーマーだ…。」

栄田「そして凄い遊びまくってますよね、サッカーで策とか考えたりボールも蹴ったりしてるかと思えばやっぱ…らしいと言えばらしいです。」

成神「……あ、駄目だ。取れない…同時に取ろうと思ったけどあれはちょっと大物過ぎたか。(クレーンゲーム)」

龍野「何を狙おうとしてたんですか成神?」

成神「狙ってたのはビスケットなんだけどすぐ側にデカいペンギンのぬいぐるみあったんでついでにちょっと同時に取って佐久間先輩辺りにでもあげようかなーって。

龍野「ああ…あれですか。(小銭を取り出せばチャリンと入れてクレーンゲームを開始すればそのペンギンに狙い定めて難なくそれを落として取る)」

成神「あ!龍野先輩凄いっスね…。」

栄田「あっさり取ったなぁ…もしかしたら明井戸先輩よりゲームの腕が上だったりして?」

明井戸「!(それに対してピクっと反応し)」

龍野「どうなんでしょう?確かに明井戸には格ゲーで勝ったりシューティングのハイスコアを上回った事はありますが。」

明井戸「………龍野、ちょっと勝負しようじゃんか。この前の借りが残ってるの思い出した…!」

龍野「……いいですよ?」

時任「ああ、明井戸火が付いちゃった…龍野も余計な事言っちゃって……。」

栄田「あの人ゲームじゃすっごい負けず嫌いですよね。サッカー以上に。」

GKからフィールドプレーヤーへはよくある?

龍野「これ…僕の事ですか?」

明井戸「それはお前ぐらいしかいねぇだろ。今のお前はFWだし。」

葱野「GKからフィールドプレーヤーになるって流行ってるんですか?デザームがGKからFWになったかと思えば円堂先輩もGKからDFになってましたし。」

栄田「一応俺も元はGKなんだけどな…。」

明井戸「お前の場合は最初からGKじゃなくMF、またはDFだったから同じって訳じゃないんで。

栄田「そういえばゴールマウスを守った記憶があまりない…!

時任「前なら龍野はこういう感じでゴールを守ってたけどね。」

龍野 トルネードキャッチ

成神「今はこうっスよね、あ…実際に見たいんで…はい、龍野先輩」(龍野へと軽くパスを足元へと出して)

龍野「実際って…急に、なのは何時もの事ですか。…ドラゴンスレイヤーV3!!」

10-12-11_002.jpg

明井戸「おお、染岡の最強技じゃん…。このまま何も無いのは面白くないから葱野防ぎにかかれ!」

葱野「え!?わ、わかりました!ダークトルネード!!」

葱野のダークトルネード

葱野「わーーー!?」(ダークトルネードを粉砕してゴール)

時任「ね、葱野?!もう、また面白がってそういう事を…!」

龍野「やはり龍は全てにおいて最強……という訳ですね。」

吹雪アツヤVS時任信。

龍野「…それでは始めます、両者準備はよろしいですか?」

アツヤ「何時始めてもいーぜ龍野先輩。」

時任「僕も何時でもOKだよ。」

明井戸「じゃ、勝負開始!」(と、笛をピィーっと吹き鳴らし)

アツヤ「リーダー!加減はしないからな!!」(ボールを持って攻め上がり)

葱野「わわわ!?速っ!?滅茶苦茶足速いですアツヤ先輩!」

明井戸「そりゃ、あいつがチームNo.1の快足FWだからな。…スパイク無しであれだし。」

時任「おっと!(アツヤの走るコースを先読みしてその前に立ち塞がり)」

アツヤ「っ…!?(急停止してボールをキープ)」

栄田「時任先輩はスピードでアツヤに敵わないのは分かって、読みで先回りしてたみたい。」

時任「…………。」

アツヤ「…………。」

葱野「どっちも…動かないですよ?」

明井戸「アツヤはボール奪われたらそこで終わり、時任も抜かれでもしたらアツヤのスピードに追いつけず終わり、ミスが許されないからそりゃどっちも慎重になるだろーよ。」

時任「……よし。」

成神「あ、時任先輩が動いた。」

時任「フローズンスティール!!」

10-12-10_006.jpg

栄田「時任先輩最高クラスのDF技で一気に奪いに出た!」

明井戸「アツヤの最高技っつったらオーロラドリブル…こりゃ勝負あったな。」

アツヤ「…………。」

葱野「あれ、何でアツヤ先輩笑みを浮かべてるの…?絶対絶命のピンチですよ?!」

アツヤ「風神の舞!!」

時任「な!?うわーーーーー!!」(時任吹っ飛ばされる)

10-12-10_003.jpg

明井戸「風神の舞!?あんな技習得したなんて情報聞いてねぇぞ!」

成神「しかもあれ、真っスよ?そりゃ時任先輩止められないな…。」

アツヤ「へへ、頂き!エターナルブリザードV3!!」

10-12-10_002.jpg

龍野「…決まりですね、アツヤの勝ちです。」

栄田「大丈夫ですか時任先輩!?」

時任「あ、ああ…うん。びっくりしたなぁ…風神の舞なんて覚えてたんだ。」

アツヤ「これで一人で切り込んでの得点もより可能って訳だ!」

明井戸「まあ、実際に考えりゃ風神の舞+ノーザンインパクトの一発屋で決まりゃ即ベンチ行きだけどな。

時任「現実的な発言は今はしなくていいでしょ!?」

明井戸「…強くなった事は認めてやるよ、アツヤ。風神の舞なんて隠し球持ってたなんて想定外だ…。」

アツヤ「見直しただろ?明井戸先輩?」

明井戸「ただお前がそういう事やってる間俺もう9000点近くまで行ってるけどな。

アツヤ「ああー!何時の間に!また差が広がっちまってるじゃんか!」

成神「…狡さで明井戸先輩が勝ちそうっスねこれは。」

初代得点王アツヤの逆襲開始…?

アツヤ「明井戸先輩……今にアンタを得点王の座から引きずり下ろしてやるからな!」

明井戸「あ?何だよいきなり、8000点のこの俺に対して半分の4000点程度の2年小僧が何言ってんだ。

時任「4000点程度ってそれ充分に凄い事だと思うよ…!?」

成神「時任先輩、1000点にすら届いてないっスよね。」

葱野「僕ももっとゴールしたいー…。ちなみにベスト3は明井戸先輩、アツヤ先輩、八神の順になってます。」

アツヤ「そっちが得点してる間こっちがただ出番待ってるだけだと思ったかよ?…これでも強くなってんだ!」

龍野「何か凄い自信ですね、物凄い自信に満ち溢れてるような感じが…。」

明井戸「ふーん……何か面白そうだな。おい、時任。お前ちょっとアツヤの相手しろ。こういうのリーダーの役目だぞ?」

時任「今初めて聞いたよその役目!でも、興味ある……いいよ。やろうか、アツヤ。」

成神「じゃあ…時任先輩の守備をアツヤ先輩が突破してシュートすれば勝ちで、時任先輩がボール奪い取れば勝ち…という事にしますか。」

アツヤ「別にそれでいーぜ?」

時任「分かったよ。」

龍野「では………次に持ち越しますか。」

時任「って今やるんじゃないの!?」

明井戸「あ、そうだな。次にすりゃ書く時あんまり考えずに済むし。

時任「それが理由か!

成神「と、いう訳ですいません。次の記事…明日に時任先輩VSアツヤ先輩の対決なんで。」

明井戸「アツヤ。負けて兄貴とかに泣きつかねーようにな?

アツヤ「つかねーよ!絶対勝ってやるからな俺は!」

テレスの性格が明らかにゲームと違うような…。

明井戸「いいぞ立向居ー!デスタをぶっ飛ばしてダメージ与えるとは思ってなかった、そのままブチのめせー!!そして不動もナイス!」

時任「全然サッカーの応援じゃないよそれ!立向居もわざとじゃないと思うし…。ああいうラフプレー好きなんだね…。」

明井戸「あん?別にいーじゃんか、先にやってきたの向こうなんだぜ?やられたらやり返すなんて生きる為に空気吸うのと同じぐらい当然だろ。卑怯にはそれ以上の卑怯で返せ!」

葱野「何か格言っぽいのが最後出ましたね!?」

成神「俺達のチーム明らかに悪寄りっスね。悪の方がカッコ良いと思ってる人がチーム率いてるせいなのか。

龍野「まあ、それにしては…魔界軍団を全然応援したりはしてませんよね。」

アツヤ「ってそれより、タイトルの方と今全然関係ねぇぞ。テレスが…何か凄ぇ落ち着いてて良い奴!?」

成神「イナズマジャパンとの試合から変わったんスか、あれ?俺達の知ってるイメージだと…失点したらめちゃめちゃ悔しがるような奴だったような気がするのに。守備に誇りを持つし。」

明井戸「アメリカ組もまあ落ち着いてるし…世界の奴ら全員ハート強過ぎねぇ?」

龍野「壊れやすいガラスのハートを持つ明井戸とは大違いですね。

明井戸「今俺関係ねぇだろ!?」

時任「それでまあ次がダークエンジェル……。こっちと同じように洗脳されてああなったのかな?」

葱野「味方になったっぽいのがもう敵ですか…!複雑な心で試合しそうです…。」

明井戸「別に、敵になったらそいつら倒すだけだろ。勝手に堕ちた向こうが悪いんだからよ。洗脳解いて助けるって必要はない、倒さなきゃ世界終わりなら容赦しない方がいいって。」

時任「キミの場合はどんな人にも敵に回れば一切容赦無しなんだね…。」

明井戸「と、いう訳でそいつらとイナズマジャパンの試合終わったらこっちでダークエンジェルを30-0ぐらいでフルボッコにするからなー。

時任「結局そういうの始まるんだ!?というかそんな相手にどうやって30…今までの相手と訳が違うって言うのに。」

成神「ダークエンジェル…初試合からしばらくやってないからまあ丁度良いかな?」

寒いから皆でラーメンを食う。

明井戸「丁度良いじゃん、凄ぇ寒いと思ってたし。特に美味い季節だしな。」

アツヤ「んな寒いか?皆寒がりなんだな、俺別に寒くねぇぞ。ラーメンは食いたいけど。

成神「…全員がアツヤ先輩みたいに寒さに強いって訳じゃないんスよ。」

龍野「そして寒くなくてもラーメンは食べる気満々なんですねキミは。

時任「とりあえず人数分は…あるね、99個ストックあるから全然余裕にあるよ。

葱野「ウミガメ島の人達がラーメンをよく渡してくれる(正確には落とす)から凄い溜まりましたよね!」

成神「とりあえず……早く食いましょう。」

龍野「何か99個のストックも彼にかかるとすぐに無くなりそうな感じがするのですが。」

明井戸「まあ別に無くなってもいいけどな、またその島籠る予定だし。

時任「また行くの!?…今度は栄田とマルコを連れていかないと毎日ラーメン生活になりそうだよ。」

葱野「はぁ~……暖まるなぁ。美味しい…。」

成神「何か餃子とかチャーハンも欲しくなるよ、これ。」

明井戸「20杯も平らげといてその台詞が言えるのはお前ぐらいだろーな。

試しに2人きりで。

今回BLがあるので苦手な方は引き返してください。



















明井戸「今回はそうだな…龍野と時任、2人きりでどっか行ってこい。」

時任「はい!?」

龍野「キミの突然提案には慣れてきてるつもりですが……どういう事ですか。」

明井戸「だから、此処最近BLやってないからお前ら2人で何か場所行って楽しんで来いっつってんだよ。

時任「そんな理由!?

成神「まあ、何か面白そうだから行ってきたらどうスか?」

龍野「……行けみたいな空気になってるみたいですから、行きますか時任?」

時任「……うん。そうしなきゃ先に進まないっぽいし…。」

葱野「あ、どっか遊びに行くなら僕もー。2人だけずる……。」

成神「そこのバカ、理解出来ないお子様はあっちでおとなしく砂遊びでもしとけ。

葱野「お前僕とタメじゃんか!その時はお前も砂遊びする事になるからな!?というかそんなもんとっくの昔に卒業してるし!

明井戸「ガキの1年コンビは放置して…さて、どうなるかな?」

栄田「今回もまた突然の思いつきの企画ですよねぇ……。」

結局2人が行ったのは落ち着いた雰囲気のある喫茶店で奥の席に2人が向かい合って座る形になり。

龍野「へぇ…中々良い店を知ってますね時任?」

時任「この間見つけたんだ、ゆっくりくつろげるには良い場所だよ。」

成神「あの人達喫茶店入ったっスよ。」

明井戸「んー……このまま2人が普通の飲み物飲むっつーのは面白くねぇから…あ、すみません店員さん。あの2人にこれお願いします…。(ひそひそと店員に注文をし)」

時任「…え!?あ、あの…これ頼んでませんけど…!?(2人のテーブルに一つの大きなジュースにストローが二つあるカップルが飲むようなジュースが運ばれ)

龍野「絶対明井戸の仕業ですね、そういう事絶対面白がってやりそうです。盛り上げる為に。」

時任「それでこれ…飲む?」

龍野「……飲む、しかないでしょう。出された物を残すのは店の人に対して失礼ですから。」

時任「………(2人で一つのジュースをストローで飲む)」

龍野「意外と………美味しいですねこれ。」

時任「そうだね…味は美味しくてこれは好きだよ。」

明井戸「飲んでる、よし。成功だな!」

アツヤ「今更だけどよ………。何なんだよこれ?

明井戸「龍野×時任の喫茶店デート。じゃ、次はどうしよっかな?」

成神「まだやるつもりなんスか何かを……。」

世字子スタジアムにて試合。

明井戸「…………(顔がめっちゃ真っ青)

龍野「明井戸、物凄い気分悪そうですが。」

明井戸「……何でスタジアムが浮いてんだよ!あり得ねーだろ、そんな事絶対に!!」

成神「そこを世界一の所まで来て今更突っ込む所っスか?

アツヤ「何だよ、明井戸先輩って高い所駄目か?」

時任「うん…駄目だね。遊園地の絶叫系はもう大の苦手だし。」

明井戸「お前らこの試合すぐ終わらせろ!ちゃっちゃとサクサクっと素早く片付けろ!!

葱野「は、はい!分かりました……。」

成神「今までの試合の中で一番必死になってません?

明井戸「そりゃ必死になるわ!何時スタジアムが落下して地面に激突するか分かんねぇし!!

時任「そんな心配しなくても…だ、大丈夫だと思うよ…?!」

(そして試合は世字子相手に1-0で速攻で終わらせ。)

明井戸「よし、早く行くぞ!さっさと此処から出るぞ!」

成神「ところで何でこのチームと戦うんでしたっけ?」

龍野「……急な思いつきだったかもしれないです。変わらず計画性が感じられません。

間に合うか…!?

龍野「何ですか、今回。そして明井戸は…?」

時任「今日中に更新出来るか出来ないか、という意味を込めてらしいけど…。」

成神「あ、明井戸先輩ならこの部屋に。」

アツヤ「簡単に言や布団被って泣いてるみてーだぞ。

龍野「ああ、よそ様の日記で俺に任せろみたいな事を言って結局何も出来ず負けてしまって期待を大いに裏切ってしまって凹んだという訳ですか。

成神「凹みやすい先輩を持つと苦労するっス。」

時任「えっと……明井戸?キミも頑張ったと思うからそこまで落ち込む事は……。」

明井戸「………うるせぇ、ほっとけ……。」

葱野「すっごい声小さくて聞こえないですよー。」

龍野「…時間の経過で立ち直るのを待ちますか。」

亀石「あはは~、この分だと当分「40点差付けて勝ってきやがれ!」みたいな事言われるの無いかもね~。

成神「あ、それはそれで楽っスね。あれ疲れるし。

時任「成神、キミもあんまり活躍出来なかったでしょ…!」

この場所が出来てから一ヶ月が経過!

明井戸「おお、もう一ヶ月経ってんだ…?」

成神「よく保ったっスね。すぐ終わるのかと思ったけど。」

時任「その間にコメント貰ったり拍手貰ったりと見て頂いて…ホント嬉しい限りだよ。」

龍野「早いものですね。このまま1年続けていきたい、て無理ですか?」

明井戸「1年毎日…あのバカントク続きそうにねーと思うけどな。書く事が尽きて。」

葱野「1ヶ月、次は2ヶ月ですね!?」

明井戸「1ヶ月経つ度にやるってどうなんだそれ…。」

時任「やっぱり次は1年ちゃんと続けてからにした方がいいと思うけど…。続けられるかどうかは分かんないけどね。」

マルコ「その前に早く俺のプロフ作ってくれよ?このままじゃ亀石以上の謎の男になりそうだしさ。」

アツヤ「別にお前オルフェウスの奴なんだから無くても皆知ってるだろ。」

亀石「あはは~、絶対僕の方が知名度低いよね~。」

成神「それで何でのんびり笑ってられるんスか…やっぱこの人分かんない。」

時任「早いものでもう1ヶ月、これからもよろしくお願いします。」

龍野「変わらず何も面白い事無い場所ですが…。」

明井戸「だからどんどん面白楽しくさせよーぜ、……次どうしようかな…?」

普段の試合日常。

時任「真エクスカリバー!!」(前半開始早々に先制ゴール)

明井戸「よーし、攻撃はもういいから後はパス回して終了まで時間潰してくぞー。」

成神「了解っス。また何時もの通りか…。」

試合終了 1-0

アツヤ「何か最近このスコアばっかじゃねぇか?もっと得点してぇよ俺!」

葱野「僕もシュート撃ちたいですよー。」

明井戸「…あのな、一日で何試合やると思ってんだ。いちいちそんな本気出したら身体持たねぇっつーの。これで体力温存ってな。」

成神「でも試合終了すれば体力全回復っスけどね。

時任「大差得点以外の試合では力を注がずに1-0の逃げ切りぐらいしかしてないね…。」

明井戸「別にいいじゃんか、1点差だろーが10点差だろーが勝ちは勝ちだぜ?逃げるな、なんてルールも存在しないし。」

龍野「それ御影の彼の台詞を丸々パクってませんか?機械を取る前の。

明井戸「ま…完封勝利さえ出来りゃそれでいいんだよ。5点以上のS狙いや大差付ける時以外は。」

アツヤ「だったらまた大差付ける試合やってくれよ!次何時だ!?」

明井戸「次?………気が向いた時で。」

葱野「完全なランダムじゃないですかー!

成神「全ては明井戸先輩の気分次第っスね、これ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。