スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

チョウテイコクVSカテナチオV9。真相、そして一件落着!?

時任「か、かか…勝った!勝った!皆やったね!」

マルコ「やった!俺達が…勝利出来た!」

バダップ「ミッションコンプリート…だな。」

明井戸「へ、へ…………やりぃ……!」

龍野「…見事です、バダップの予想外の加入があったとはいえ此処まで強くなっているとは。」

葱野「え?龍野先輩…?」

球児「負けたぁ…結構自信あったけど…。」

時任「あ、あの…キミ達?正気に戻ったの?ベルゼブの洗脳は解けた?」

龍野「僕達は………元々洗脳なんかされてません。

明井戸「……………。」

時任「…………」

成神「…………」

全員「…………」

何だとぉーーーーー!!!???

時任「ど、ど、ど…どういう事?!ちゃんとその辺説明してくれるよね!?」

アツヤ「洗脳されてねぇってなんだそれ?!」

沖田「お、落ち着いてください!皆…あの…これは龍野先輩の提案で……チョウテイコク強化特訓だったんです。」

明井戸「チョウテイコクの…?」

龍野「キミ達は僕達カテナチオと比べたらまだまだ弱い、しかし超える素質がある…でも最近伸び悩んでいるように見えましたね。見ていて。」

ジーン「確かに…少し壁に当っていたかもしれない…どうすればもっと上に行けるのか、と。」

龍野「そこで、僕達でキミ達チョウテイコクを鍛えようと思いまして試合を申し込みました。」

葱野「でも、それだったら普通に挑んで来ても良かったんじゃあ!」

龍野「本当に本気の本気…負ける事は許されないという状況での試合にしたかったんですよ、だからベルゼブに協力してもらいました。」

ベルゼブ「フン……!」

時任「確かに僕達負けたら龍野達がどうなってしまうとか、皆がどうなってしまうか…負ける事の出来ない戦いだった…。」

龍野「普通に試合でも良いんですがその状況で逆境の方が…成長しやすいだろうと思いましてね。」

パンダ「洗脳されたフリは苦労したもんだぜ。」

明井戸「…へたくそ、試合中は思いっきり全員いつも通りだったくせによ。」

葱野「本気で…心配しましたぁ!わーん!!」

球児「心配させてゴメンな葱野、お前強くなったなぁ…。」

玄武「結構本気でやったんだけどな、こっちは。」

テレス「チッ……強化特訓はともかくゴールを奪われた事は悔しいぜ!次ん時は0点に抑えるからな!」

フィディオ「寵児の頼みなら断れないし…結構楽しかったよ。」

エドガー「私達との試合をきっかけに一気に強くなってくれたまえ、チョウテイコクの諸君。」

明井戸「海外勢のお前等も協力してくれてたんだな、ただ…偉そうに言ってる英国紳士は俺が完全に完封して良いとこ無しって事忘れんじゃねーぞ。

時任「あ、明井戸!そこはいいから…!」

成神「結局全部は…負けられない状況を作っての強化試合だったんスか。確かに皆技が成長したけど。」

アツヤ「…てめー、まぎらわしい事言ってんじゃねーよ!」(ベルゼブの頭をポカポカと殴り)

ベルゼブ「ぐっ!?き、キサマ何をする!?だから演技しろと言われてやっただけだ!」

アツヤ「うっせぇ!何か殴らなきゃ気がすまねぇ!このやろこのやろー!!」

明井戸「とりあえずベルゼブにはちょっと痛い目に遭ってもらってと…全く、とんでもねぇサプライズ用意しやがって。」

時任「でも、無事終わって良かったよ…あ!」

明井戸「どうした時任?」

時任「エクスカリバー撃っても源田には通じないって言ってたけど…僕それを超える新技覚えてたんだった。結局使わずに終わったけどね。」

明井戸「…じゃ、次の練習試合の機会に…。あ!そん時は龍野、今日みたいなの無しだぞ!」

龍野「もうやらないから大丈夫ですよ…。同じ事は2度やりません。」
スポンサーサイト

ちょっとした休息。

マルコ「ふぅ…合間に休憩か。」

時任「休憩だけど激闘も終わりみたいだね…勝って良かった。」

成神「源田先輩からもうゴール絶対奪えないだろって思ったっスけどバダップが来て助かったっス。」

葱野「でもバダップいなかったら1点無理だったよね…。」

時任「うん、僕のエクスカリバーも通用しなかっただろうし…MVPは彼だね。」

神野「ちょっと待ってください!さっきの明井戸先輩の最後の守備を見たでしょ!?そしてアシストも明井戸先輩!つまり…明井戸先輩こそがMVP!世界最強です!!

成神「世界最強とまで行くか…そこまで行きそうにないと思うけど。」

神野「ああ…?成神てめぇ、明井戸先輩の活躍にケチつける気かよ!?お前なんか前半全然ダメダメでMVPから全然程遠いくせに!」

時任「ま、まあまあ神野抑えて!」

葱野「うーん、マルコのオフサイドトラップも凄い助けられたし…一番活躍した人決めるのは難しいなぁ。」

チョウテイコクVSカテナチオV8。死闘の果てに…。

チョウテイコク堅い堅いカテナチオのゴールをついにこじ開けたー!後半ものこり少ないという時間帯にバダップ、アツヤ、葱野によるデスブレイクで1点を先制!

明井戸「よーし、これで後は守り切ってくからなー!」

龍野「早くボール!すぐ試合再開します!」

カテナチオ、キックオフを急ぐ!龍野がボールを要求!

フィディオ、龍野「「デュアルパスV2!!

11-01-23_020.jpg

成神「いつまでも突破を許しっぱなし程俺らの守備は甘くないっスよ、真フローズンスティール!!

11-01-04_004.jpg

またしてもフィディオと龍野の怒濤の突破かと思われたが成神が阻止!チョウテイコクの守備もそんなに甘いものではない!

球児「このぉ!おとなしくボール寄越せ成神!ローリングスライド改!!

11-01-23_015.jpg

成神「あげないよ、エコーボールV3!!

10-10-14_002.jpg

おっと、此処に来て成神が止まらない!前線へとドリブルで突き進んで行くー!

成神「バダップ、もう一点!」

バダップへとパスー!此処で追加点か!?

源田「させん!!」

これは源田が飛び出してボールを蹴り出す!これは大胆な飛び出しだ!

龍野「早く!本当にもう時間がありません!」

玄武「っ………でやあぁーーー!!」

おーっと!玄武、この位置からの超ロングシュート!!

フィディオ「よし……!」

マルコ「!不味い、フィディオだ!誰か…!」

これはフィディオがコースに飛び込んでる!チョウテイコク誰も反応出来ていない!!

フィディオ「真オーディンソード!!」

11-01-21_015.jpg

撃った!フィディオの必殺オーディンソード!!前に居るのは…明井戸!しかしかなり疲労していて立ってるのも精一杯と言った感じだ!

明井戸「はぁっ…はぁっ……此処で……止めないと…止めないと追いつかれ……。」

ベルゼブ「貰った、同点ゴール…!」

明井戸「負けたくねぇ、俺は負けたくないんだよー!!デーモンカットV3!!

11-01-16_005.jpg

ああー!これは、明井戸渾身のデーモンカット!!そしてV3に進化したぁー!これはどうだ!?


11-01-16_004.jpg

ボールは……明井戸の足元、止めたぁー!フィディオのオーディンソードを明井戸が阻止した!

ピッ、ピッ、ピィー。

そして…試合終了!1-0!チョウテイコク、カテナチオを下しました!!カテナチオが敵に回りバダップの衝撃加入と色々ありながら勝利!

明井戸「は、はぁっ……はぁっ……か、勝ち……?」

ちょっと休憩、大記録が生まれた!

明井戸「凄いスコアやっちまったな!ちょっとの間に。」

時任「あの…色々な所でやってるから何も此処でもやんなくてもいいんじゃ?」

明井戸「だってもう二度と無いかもしれねぇじゃん!?60なんてそんなの…!」

11-01-28_004.jpg

成神「これっスね、60-0…超次元越えっスかねこれ?」

マルコ「オーガの36点というのが霞んで思えて来るよ、これ見てると…。

明井戸「……これ、じゃあ次は70……。」

時任「絶対無理、それは無理、物理的に無理。

チョウテイコクVSカテナチオV7。激しい攻防。そして…

マルコ「この流れのうちに得点しないと…!」

玄武「俺が断ち切ってやる!分身ディフェンス!

11-01-23_005.jpg

マルコ「やばい!?」

此処で立ち塞がったのはジュニア四天王の一角、玄武だ!鮮やかなディフェンスでボールを奪い取る!

バーン「させるかよ!」

おっと、南雲がすぐにボールを奪い取り…

ゾーハン「ズズ…(真アースクェイク)」

11-01-23_011.jpg

葱野「わわわわ!?」

いや!ゾーハンが大地を揺らして奪う!ボールの奪い合いになってる中盤!

葱野「地震は怖い…!でも負けるかぁ!」

ゾーハン「ズッ!?」

おーっと、葱野スライディングー!ゾーハンからボールを奪い取った!

明井戸「よし…そのまま攻め上がれ!」

葱野「はい!」

これはチョウテイコク再びシュートチャンスが来たか!?しかしゴールを守る源田は此処までまさに鉄壁の守りを誇っている!どうやってゴールするつもりだ!?

フィディオ「そうはさせない、カテナチオカウンター!!

11-01-04_015.jpg

葱野「わぁ!?」(フィディオにボールを取られ、そして前線へ特大キック)

出たー!オルフェウス得意のカテナチオカウンター!一気にチャンスがひっくり返った!前線に待つのはエドガー!

マルコ「おっと!」

っと、しかしマルコがこれをカット!同じオルフェウス同士これを読んでた、カテナチオカウンターを決めさせない!

成神「(ボールを拾い)此処は…バダップの突破が効果的だね、バダップ!」

バダップ「よし、明井戸………!」

再びバダップと明井戸のコンビで突破か!?しかしこれは…明井戸が遅れている!かなり疲れているみたいだ!

明井戸「はあっ……はあっ……はあっ……!」

時任「ああ、早い時間帯に出て動いてたから此処に来てただでさえ無いスタミナがもう…!」

舞「でも、下げる訳にはいかない…彼の代わりになるような人はそれこそ誰も出来ないから。」

バダップ「……なら…デススピアーV3!!

11-01-03_004.jpg


テレス「アイアンウォール!!ぐっ…!?」

バダップシュート!しかしテレスが再びアイアンウォールは…威力を弱めるので精一杯!ゴールへ向かう!

源田「入れさせるか!」(横っ飛びでボールをキャッチしてセーブ)

11-01-23_008.jpg

またまた防いだ!テレスが弱めたシュートを源田がしっかりとキャッチ!そして素早くキック!

エドガー「さあ騎士達よ…今こそ力を時放て!無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

今度はナイツオブクィーンの必殺タクティクス無敵のヤリ!チョウテイコク内を突き進んで行くー!

明井戸「はあっ……だから……良いカッコさせねぇっつったはずだぜ…!アブソリュートナイツ!!

11-01-04_013.jpg

エドガー「なに!?」

これはチョウテイコク、同じナイツオブクィーンの技で撃破!

龍野「…ボールをキープ出来たと言って気を抜かない事ですね、シグマゾーン!!

11-01-23_003.jpg

土門「ぐわあ!」

あー!龍野、一瞬の隙を見逃さず土門からボールを奪い取った!これはチャンス!

龍野「……(ボールを高く上げ)」

沖田「任せてください…!ストライクサンバV3!!

11-01-23_019.jpg

沖田のストライクサンバまでとうとうV3にまで進化!とうとう均衡破れるか!?

ジーン「此処で絶対ゴールは許さん!プロキオンネットV3!!

11-01-04_005.jpg

しかしジーンも意地を見せる!進化してもゴールは割らせない!

明井戸「こっち…!」

ジーン「明井戸……?」

ジーン、近くの明井戸へと軽く蹴って渡す。既に疲労がピークに近い明井戸、どうするつもりだ…!?

パンダ「…絶対何か企んでやがる…!あそこから何かやるつもりだな!?そうはさせねーぞ!」

おーっと!その明井戸に判が猛ダッシュで突っ込んで行く!

明井戸「お前………俺を意識し過ぎなんだよ……。」

パンダ「!?」

明井戸「俺の対策出来ても……他の奴に対する注意とか動きとかあんまり見えてない、お前の悪い癖…俺の勝ちだ判……!」

これは明井戸、カテナチオゴール前へとロングパス!これを受け取るのはバダップ!

バダップ「……お前達2人、力を借りるぞ!」

アツヤ「!?お、おう!」

葱野「うん、分かった!」

源田「!?」

バダップ、アツヤ、葱野「デスブレイクG5!!

11-01-05_002.jpg

テレス「アイアンウォール!!ぐおお!?」

これは3人のストライカーによる超強力シュート、デスブレイク!!テレス、これを止められないー!

源田「ビーストファングG5!!

11-01-23_007.jpg

源田「うっ………ぐわあああー!」(キャッチした腕を弾き飛ばしてゴールに突き刺さる)

き……決まったー!ゴール!ついに均衡が破れました!バダップ、アツヤ、葱野3人のデスブレイクでテレスの、そして源田の守るゴールをついに突き破ってチョウテイコクが先制ゴール!!

葱野「や、やや…やったぁー!決まった!ついに決まったぞー!」

アツヤ「長かった…!今までで一番遠かったぜ1点が……!」

バダップ「当然…だな。」

マルコ「明井戸!やったよ!とうとう先制点だ!」

明井戸「は、はは……やった…遅ぇんだよあいつら…!取れた………!」

時任「いいぞ皆ー!」

成神「やっと源田先輩のゴールを割れた…!やった…!」

玄武「此処で得点されるなんて…俺達が…。」

龍野「……これは…痛過ぎますね…。」

チョウテイコクVSカテナチオV6。思わぬ助っ人、バダップ強し!

明井戸「何しに来たんだお前…!まさか弱ってる時に俺達の事を潰そうとしてんのか?」

バダップ「まだ何も言ってないぞ、勝手に決めつけは良くないと思うが。」

時任「…なぜキミが此処に?」

バダップ「…気になっていた、俺達オーガをあれ程までに圧倒するお前達の力を。厳しい訓練で鍛え上げて来たオーガの兵士達を倒したお前達の力があの日からずっと気になっていた。」

葱野「それってあの時の練習試合………?」

バダップ「そして一つの結論に達した、その力を解明する一番の近道は…お前達と共に行動するという事。」

マルコ「ええ!?じ、じゃあ俺達のチームに入ってくれるっていうのか!?」

バダップ「そのつもりだが、何か不都合でもあるか?」

時任「不都合なんて……明井戸?」

明井戸「…強い奴なら歓迎するぜ、誰だろうと。今日から俺達のチームに入るっていうので…いいのか?」

バダップ「だから最初からそう言っている。」

葱野「で、でも向こうはどう言うのか…あ、あの~…という事になったんですけど良いでしょうか?」

龍野「別に構いませんよ?」

葱野「あ、あっさりOK貰っちゃった…いいんだ…。」

明井戸「そうと決まりゃ、審判選手交代!時任に代わって……バダップ!」

チョウテイコク、思わぬ選手が入りました!突然現れた先日激闘を繰り広げたオーガのキャプテン、バダップ・スリード。時任に代わって試合出場です!

時任「頼んだ…バダップ。」

バダップ「いいから治療に専念しておくんだな。」

明井戸「あ……そうだ、タイム!」

ベルゼブ「…なんだ今度は!また誰か呼ぶつもりか!?」

明井戸「そうじゃなく…今日水曜なんでちょっと待ってくれ。」

龍野「水曜…ああ。」

球児「それなら…しょうがない。」

源田「水曜ならな…。」

時任「水曜というのであっさり待ってくれた!

明井戸「じゃ、とりあえず簡単に…リトルギガント強かったな。」

ジーン「あんな簡単にフリーズショットやオーディンソードを止めるロココ…俺もああいう風に止めたい所だ。」

明井戸「テメーじゃシュートブロック無い限り絶対無理だ(バッサリ即答)」

時任「ジーンに対して手厳しい…!」

成神「ロココの他に重要となりそうな人…後誰になるんスかね?やっぱ染岡先輩と豪炎寺先輩かな。」

時任「コトアールのね…似た人で本人じゃないからね!?」

葱野「その辺りかぁ…後は風丸先輩と壁山じゃない?」

時任「うん、だから似た人ね。

明井戸「つかむしろよく似た奴見つけられたもんだよなぁ。大介さん…。」

成神「…俺とか明井戸先輩に似た人もコトアールに居るんスかね?」

明井戸「コトアールにゲーセンってあるのか…!?俺に似た奴ならそういう所行かなきゃなんねぇし。」

マルコ「…とにかくもう、今までサッカーやってきてあれ程の絶望味わった事なかったよ。全部通じないんだから。」

アツヤ「必殺技無しであの状態だった訳だよな…。」

明井戸「…俺らにコトアールみてーに重りを付けてサッカーってのは絶対無理だな。向こうの身体能力には敵わねぇぜ…。」

時任「…じゃあこの辺で、そろそろ試合再開しないと!」

バダップ「……終わったか?」

葱野「あ、うん。終わり!待たせてゴメン!」

パンダ「そんじゃ改めて試合再開と行こーぜ?」

おっと、やっと試合再開しそうです!

時任「あ、忘れてた…明井戸!(キャプテンマークを投げ渡す)」

明井戸「!(キャプテンマークを左手でキャッチ)」

時任「……後はよろしく。」

明井戸「…分かってるよ。」(キャプテンマークを身につけ)

改めて試合再開!カテナチオのスローインから始まります。

(玄武がボールを持って沖田へとスローイン)

おっと!その沖田にバダップが早くも詰めていく!

沖田「サザンクロス…!」

バダップ「遅い。(技を出す前にボールカット)」

バダップ沖田からあっさりボールを取った!技を出す暇が無かったか沖田!?

バダップ「おい、そこのお前!少し協力してもらうぞ!」

明井戸「え?……俺は明井戸達人だ、まだ名乗ってなかったっけ?」

バダップ「そうか、だったら明井戸。力を貸せ。」

パンダ「何を企んでやがる、てめーの企みは全部潰してやるぜ明井戸!バーバリアンの盾V2!!」

11-01-23_021.jpg

バダップ、明井戸「キラーフィールズV3!!」

11-01-26_004.jpg

パンダ「な!?うあーー!!」

これは明井戸とバダップのコンビで判の守備を突破したー!策士と戦士の競演だ!

テレス「バダップって奴…ほうっておくとヤバい気がするぜ!」

おっと、テレスが止めに行ったー!守備の要がバダップに襲いかかる!

バダップ「釣れたな……。」

明井戸「見事に……かかりやがったな。誰が撃つって言ったよ?」

テレス「!?」

これは…フリーのアツヤにパスー!絶好のチャンスだ!

アツヤ「今度は…通させてもらうぜ!皇帝ペンギンXV3!!

11-01-26_002.jpg

葱野「真マキシマムファイア!!

11-01-26_001.jpg

2トップ揃ってシュートが進化したぁー!そして皇帝ペンギンXとマキシマムファイアの競演!これはどうなる!?

源田「ビーストファングG5!!

11-01-23_007.jpg

11-01-23_017.jpg

葱野「そんな…!?」

アツヤ「これでも…駄目なのかよ…!」

これも駄目だった!源田の強大過ぎる壁!アツヤと葱野のシュートも通用せず!

時任「でも…これ、こっちが押し始めて来てる…!」

舞「そうね…バダップの加入でテレスの注意が向こうへと向いてる…」

ベルゼブ「くっ…!図に乗るなよ!真グラビディション!!」

バダップ、明井戸「キラーフィールズV3!!

11-01-05_003.jpg

ベルゼブ「ぐうっ!?」

龍野「これは厄介なのが入りましたね……まあ、そう来なくては張り合いがありませんが。」

チョウテイコク押している!バダップ加入で中盤を支配している!

葱野「うーん………。」

アツヤ「おい、何ボーっとしてんだ葱野?」

葱野「いや、あの………そもそも何で試合してるんでしたっけ?」

アツヤ「はあ!?此処まで来て何バカ言ってんだ!あいつらが操られて試合申し込まれたから戻す為に…!」

葱野「でも、何か………龍野先輩とか他の人、いつもの調子に見える気がするんです。操られていないような…」

アツヤ「…気のせいだろ、この接戦で気抜いてんじゃねーぞ。」

葱野「そうかなぁ………?」

チョウテイコクVSカテナチオV5。前半折り返し、劣勢。まさかの人物。

マルコによって最大のピンチを凌いだチョウテイコク!この流れに一気に得点なるか!?

成神「頼みます、アツヤ先輩!」

アツヤ「このまま終われるかよ…皇帝ペンギンXV2!!

11-01-20_005.jpg

葱野に続いてアツヤも皇帝ペンギンXを進化させて来たー!

テレス「アイアンウォール!!

11-01-21_007.jpg

テレス「少しは手応えのあるシュートだったけどよ…この壁は貫かせねぇぜ?」

アツヤ「ああくそ!また……。」

またしてもテレスが止めた!進化してもまだアイアンウォールを突き破れない!

明井戸「ちっ……カオスブレイクさえ撃てれば…!」

パンダ「…撃たせてやろうか?一回ぐらい。」

明井戸「……は?」

ボールは明井戸に、と…これは判のマークが今度はない!まるで撃って来いと言ってるようなものだ!

パンダ「ほら、どうした?フリーだぜ?絶好の得点チャンスだろ?此処を逃したらもう無いかもしれねぇぞ?」

明井戸「…後悔すんなよ、アツヤ!南雲!」

明井戸、アツヤ、バーン「カオスブレイクG5!!

11-01-04_008.jpg

撃ったぁー!チョウテイコク渾身の最強シュートがついに飛び出したー!誰もブロックは出来ない!

源田「ビーストファングG5!!

11-01-23_017.jpg

な、なんとこれを止めてしまった源田!最強シュートをガッチリとキャッチ!カオスブレイク破れる!

明井戸「!!」

パンダ「分かったか?撃ったとしてもこうなるってのが。…お前の最大の切り札もへし折ってやったぜ。」

ピィー

此処で前半終了、激しい攻防の中両者無得点。マルコのビッグプレーから勢いに乗ったもののカオスブレイクを源田に止められて流れはまたカテナチオに傾きつつあるのかもしれません。後半はたしてどうなるか!?

時任「カオスブレイクまで止められるなんて……!ああ、源田が強い事は分かってたけど此処までなんて!」

成神「…やっぱりあの人がゴール前に立つ程厄介なGKは居ないっス…。そしてその前にテレスも居るし…。」

舞「それだけでなく…判君がわざとこっちの最大のシュートを誘って撃たせてそれを止められた……上手くこっちの流れを断ち切られたわ。」

葱野「僕達……本当に勝てるんですか…?」

時任「!?それは…………。」

マルコ「……………。」

土門「…………。」

レオナルド「…………。」

カード「…………。」

バーン「…………。」

ジーン「………。」

アツヤ「…つか勝たなきゃなんねぇだろ!負けたくねぇし…!」

時任「そうだよ…勝たなきゃ駄目だから、皆此処で弱気になったら勝てるものも勝てなくなるよ!」

明井戸「………(とは言っても何をどうすりゃ行けるのか……今の所方法が………無い。)」

さあ、後半試合開始!

龍野「あのプレーで流れはこっちに戻ったはず、一気に行きますよフィディオ。」

フィディオ「OK、…デュアルパスV2!!

11-01-23_020.jpg

いきなり開始早々のフィディオと龍野、ただでさえ高速のデュアルパスがV2に進化!カテナチオまで進化してきている!

明井戸「く…どっちだよ…?どっちが撃つ!?」

龍野「………任せます、…玄武。」

これは後ろから上がっていた玄武へとパス!どっちも撃たない!いや、これは…3人技か!?

玄武、フィディオ、龍野「ダークフェニックス!!

11-01-23_014.jpg

カード「うおおー!ボルケイノカットV3!!

11-01-02_004.jpg

これはブロックー!玄武のダークフェニックスは角塚がなんとか防いだ!

龍野「皆、まだまだ行きますよ。この流れの内に攻めさせてもらいます。」

沖田「ストライクサンバV2!!

11-01-23_012.jpg

明井戸「この…デーモンカットV2!…わ!や、やば……。」

沖田のストライクサンバまで進化だー!明井戸のデーモンカット威力を完全に抑えきれない!

ジーン「任せろ、プロキオンネットV3!!

11-01-04_005.jpg

此処はジーンが抑えた!しかしチョウテイコク劣勢状態!後半まだシュートを1本も撃てていません!

時任「ジーン、こっち!」

時任がボールを持った、チョウテイコク攻撃のチャンスを作れるか!?

時任「流れを変えないと……よし、此処は……真エクスカリバー…!」

龍野「させませんよ時任。」

時任「龍野…!?」

龍野、沖田、玄武「シグマゾーン!!

時任「うああ!」

11-01-23_003.jpg

龍野が止めたぁー!親友の行動パターンはお見通しか!?

アツヤ「させるかぁぁー!!」

龍野「う!?」

おっと、アツヤのスピードに乗ったスライディングタックルー!ボールはラインの外へと出てカウンターのピンチを逃れた!

明井戸「はぁっ…………はぁっ………反撃出来ねぇ……。」

成神「俺達こんな所で負ける事は出来ないのに……はぁっ……はぁっ…。」

劣勢のチョウテイコク!そして疲れも見え始めて来た!このままカテナチオが試合を決めてしまうか!?

時任「す、スローイン………あうっ!?」(右足がズキッと痛みしゃがみこんで足を抑え)

葱野「時任先輩!?」

舞「信君!?……これは、さっきので足を痛めてしまったのね…。」

マルコ「ただでさえ押されてるって時に…負傷者まで出るなんて…!」

時任「い、いや…これならちょっとアイシングすればすぐ……」

明井戸「バカ言ってんじゃねーよ、それですぐ復活出来るか…!?」

ジーン「とにかく交代だ!怪我人を試合には出せないだろ!」

成神「けど………誰を?」

明井戸「……………。」

ベルゼブ「終わりだな、奴の代わりになるような奴はいなかったはず…。息の根はもはや止まったも同然だ。」

龍野「………。」

マルコ「苦しいけど…時任が戻るまで10人で凌ぐしか…。」

時任「僕はすぐ行けるよ!これぐらいで……。」

「そんなザマじゃ足を引っ張るのは目に見えてるぞ。」

時任「え………?」

葱野「だ、誰…?今言ったのは?」

アツヤ「………!!おい、あれ………。」

マルコ「……何で?」

明井戸「お前、なんで此処に………!?」

バダップ「随分と押されてしまっているな、お前達。」

全員「バダップ!?」

ベルゼブ「誰だあいつは…!?」

龍野「…オーガのキャプテン、バダップ・スリード…彼がこんな所に現れるとは…。」

時任「な、何が一体どういう事…?」

チョウテイコクVSカテナチオV4。反撃、牙を剥く竜。

源田「行くぞー!」

葱野のシュートを見事止めてみせた源田、カテナチオの反撃か!?ボールは源田から龍野へと渡る!

時任「この2人が組む所を此処で見る事になるなんて…!」

龍野に対して時任が向かって行く!これは親友同士の戦いか!?

龍野「…(素早く沖田へとパス)」

(そして沖田がダイレクトで玄武へとパス、そして龍野に戻す)

これは見事なパスワーク!連携ピッタリでチョウテイコク内へと攻め込んでいる!そしてエドガーだ!

エドガー「受けろ、聖なる騎士の剣を!エクスカリバー改!!

11-01-23_001.jpg

明井戸「やっぱそう来るだろーと思ったぜ、来たぞ南雲!」

バーン「分かってるっての!アトミックフレア!!

10-05-03_004.jpg

止めたぁー!エドガーの必殺エクスカリバーを南雲が読んでいたのか下がって打ち返した!!

明井戸「こっちだって守備力じゃ負けてねーんだ、1点もやんねぇよ。」

クリアーされたボールはレオナルドが持ってそのまま上がって行く!

レオナルド「どう攻略すればいい…?あいつらの守りを…。」

明井戸「こっち!(片手を上げながら走る明井戸)」

レオナルド「!」

明井戸も前線へと攻め上がる!そしてレオナルドはその明井戸へとパス!

明井戸「南雲!アツヤ!準備しとけよ!」

時任「あ!もしかしてカオスブレイク……これなら行けるか…!?」

明井戸「…って何で俺に誰も来ねぇんだ?」

どうしたカテナチオ!?強力なシュート技を持つはずの明井戸に誰一人止めに…あ!一人止めに行くのが居た!

明井戸「…!お前………。」

パンダ「他の誰にも譲らねぇよ。お前を止めんのは……この俺だ!」

これは同じ3年同士!親友にしてライバルの2人の対決だ!

11-01-21_020.jpg

明井戸「……………。」(すっと試しに素早く右へと動き)

パンダ「…………。」(それに合わせて同じ方向へと動き)

明井戸「(ち……此処でボールは取られたくない……シュート撃って終わった方が立て直しは効く。だったら!)」

パンダ「…。」

明井戸「真クロスドライブ!!

11-01-04_010.jpg

おっと撃った明井戸ー!まさかのシュートにこれは予想外……!

パンダ「甘いぜ明井戸!バーバリアンの盾!!

11-01-23_009.jpg

ああー!ブロック!完全にこれを読んでいたのか判、慌てず冷静に新技で対応した!そしてそのボールをクリアー!

パンダ「一旦シュート撃ってそれで流れをそっちに持ってくつもりと体制を立て直すっていう狙いだっただろうけど、そうはいかねーよ。」

明井戸「(読まれてた…!?)」

パンダ「…間近でどんだけお前のサッカー見てきたと思ってんだ、お前の策は全部俺が潰してやるよ。」

時任「くっ…だったら僕が持ち込む!」

ベルゼブ「……さて、見てるだけなのも飽きてきたから動くとするか。ゴー・トゥ・ヘルV3!!」

時任「うわあああ!!」

11-01-23_006.jpg

ベルゼブ「さあ、攻めろ!」(龍野へとパスをし)

龍野「では…得点と行きますか。」

成神「させないっスよ龍野先輩!」(龍野へとスライディング)

龍野「甘いですね!」(その前にエドガーへとパスを出してかわし、そしてすぐ前へと走る)

エドガー「エクスカリバー改!!」

アツヤ「何だあいつ!?通じねぇシュートをわざわざ撃つなんて…。」

明井戸「…!オーディンのチェイン狙いか、フィディオをマーク!」

フィディオ「遅い…真オーディンソード!!

11-01-21_015.jpg

ジーン「来い…!プロキオンネットV3!!

龍野「甘いですね、此処で終わりと誰が言いました?」

ジーン「!?」

時任「龍野!?」

明井戸「な…フィディオのシュート狙いじゃなくまさかあいつ最初からこれを…!」

11-01-21_017.jpg

龍野「ドラゴンスレイヤーV3!!

10-12-11_002.jpg

ジーン「ぐわああ!!」(プロキオンネットが突き破られてジーンが吹っ飛ばされてゴールに突き刺さり)

き、決まったー!エクスカリバー、オーディンソードと繋いで最後は龍野のドラゴンスレイヤーと超強力シュートのオンパレード!先制ゴールはカテナチオだー!

時任「そ、そんな…!?」

明井戸「俺達が……失点………。」

葱野「ただでさえ向こうの守備が堅いっていうのに僕達が得点を……。」

ベルゼブ「フフ、これで…グラウンド100周まずは確定だな?」

チョウテイコクも数多くの試合を無失点で抑えて来たが今日ついにゴールを許して……ん?

ベルゼブ「…なんだ?一体。」

明井戸「…?」

これは…副審の旗が上がってる!オフサイド!龍野がボールを受けた時点で旗が上がってたようです!よって今のカテナチオの得点は…無効!幻のゴールとなります!

龍野「!?」

ベルゼブ「な、何だとぉ!?オフサイド!?そんなはずは…!リプレイは無いのか!?証拠の映像は!」

時任「お、オフサイド?そうだったの……?」

明井戸「どうなってんだこれ……映像は…。」

(映像はフィディオのオーディンソードを撃つ前、一番下がってたマルコが猛ダッシュで前へと向かっており龍野は完全にオフサイドの位置となりそしてフィディオがオーディンソードを撃ってしまい龍野がそれにシュートすると旗が上がる)

成神「あ、これ……マルコが上がったおかげで……オフサイドみたいっス。」

葱野「やや、やった!凄いよマルコー!あの攻撃を止めちゃったよ!」

アツヤ「お前凄過ぎじゃねーか?!」

マルコ「あ、はは…!あいつが前線へと勢い良く駆け上がったのが見えてもしかして、と思って…予想が当って良かったよ。」

フィディオ「マルコ、あいつ……!」

龍野「………見事にやられました……迂闊でしたね…。」

ベルゼブ「あのパスタ好きイタリア人め…!小賢しい真似しやがって!」

これはチョウテイコク、マルコのオフサイドトラップ、大ファインプレーに救われました!恐るべしオルフェウスのDF!

明井戸「た、助かった…!マジで良かった……!」

成神「とりあえず走らずに済むっスね。そして…これでうちに流れ傾くと思うっスよ。」

明井戸「ああ…前半も残り僅か、最大の得点チャンスかな此処が…。」

チョウテイコクVSカテナチオV3。意地の猛攻。

明井戸「舞さんの空いた所にマルコ入ってくれ、それでその場所に俺が行く。」

マルコ「分かったよ。」

パンダ「…おい、お前ら…あいつは俺の獲物だ。誰も手出すんじゃねぇぞ。」

龍野「……分かりました。任せます。」

ベルゼブ「ほう、強いライバル心だけは未だ残ったままみたいだな。」

早くも明井戸が投入、これで流れを変えられるかチョウテイコク!

明井戸「…変えなきゃマジで負けるっつーんだよ…。反撃行くぞ!」

カテナチオのスローインで試合再開、ボールはエドガーに…っとそのエドガーに明井戸突っ込んで行く!」

エドガー「愚かな…キミに私を止める事が出来るか?ウルトラムーン!!」

11-01-21_001.jpg

明井戸「止めてやるよ!デーモンカットV2!!

エドガー「うああ!?」

11-01-16_004.jpg

なんとぉ!?エドガーの華麗なるテクニックで突破かと思えば明井戸の新技デーモンカットが炸裂ー!しかもV2に進化済みだ!ヨーロッパトップレベルのFWエドガーが吹っ飛ばされた!

明井戸「男前でトップレベルのプレーヤーだからっていいカッコさせねーよ。それ!」

防いだ明井戸、時任へとパス!ドリブルで上がって行く!

時任「(此処は成神とのワンツーで…)成神!」

成神「…………え?」(パスに気づかずボールが通り過ぎ)

葱野「わわ!?危ない!」(葱野が慌ててボールを受け取る)

おっと、どうしたチョウテイコク!連携が合わない!

明井戸「あのバカ…!レオナルド、フォロー行け!」

レオナルド「おう、分かってる!」

パスを繋ぐチョウテイコク、いつもなら成神が此処に加わってるはずだがレオナルドを中心に繋ぐ!

レオナルド「てぇ!」

おっと、此処でレオナルドシュート!しかし距離が遠い上にテレスが待ち構えてるぞ!

葱野「ナイスパス、……マキシマムファイア!!

11-01-20_003.jpg

あー!これはシュートチェイン!そして葱野の新技だ!チョウテイコク次々と新技を編み出していたー!

テレス「アイアンウォール!!

11-01-21_007.jpg

しかしこれもテレスが完全ブロック!堅い!堅いぞアンデスの要塞!

テレス「そんな小細工で俺の守備を破れると思うなよ?」

そしてまたクリアー!っとしかしこれを土門がカット!

成神「…………」

明井戸「……またあの時と同じ何もしないで見てるだけで終わるつもりか成神!」

成神「!」

明井戸「真帝国の時と違って今は此処に居てそして救う力あるはずだろ!今度は鬼道とかじゃなく…お前が源田を助ける番だからな!」

成神「俺が……今度は………。」

葱野「此処でやんないと…一生後悔するよ!だから…!」

成神「…………土門先輩、ボール!」

土門「え?お、おお。頼んだぜ後輩!」

土門から成神、これは帝国ホットラインだ!そして今度こそ大丈夫か成神!?

球児「もうお前なんかに負けない、ローリングスライド!!

11-01-22_002.jpg

成神「その言葉そのまま返しとく、真イリュージョンボール!!

11-01-02_013.jpg

球児「っ!」

突破した!成神、ローリングスライドを攻略!

時任「よかった、成神が立ち直ったみたいだ…!」

しかし待ち構えるテレス!この強大な壁はどうするつもりだ!?

成神「……じゃあこっち。」

これは後ろへと軽くヒールで流して自分も後ろへと下がる!

テレス「何だ?立ち直ったかと思えば怖くて逃げたのかよ!?」

明井戸「ナイスパス…。」

あ!そこに待っていたのは時任、そして明井戸!

時任「行くよ2人とも!」

時任、明井戸、成神「イナズマブレイクV2!!

11-01-20_004.jpg

テレス「止めてやる!アイアンウォール………」

葱野「今度こそやってやるー!マキシマムファイア改!!

11-01-20_006.jpg

テレス「な!?」

おおーっと!強烈なシュートからのチェイン!そして葱野のマキシマムファイアが進化したー!これに戸惑ったかテレスをついに突破してゴールに向かっているー!

源田「ビーストファングG5!!

11-01-23_007.jpg

成神「源田先輩……!」

しかしテレスを突破してもまだ源田が後ろに控えていた!マキシマムファイアを簡単に防いでしまった!

源田「お前が立ち直っても直らなくても関係ない、このゴールは誰にも割らせん。」

時任「流石源田…!テレスをあれだけ苦労して破って後ろに彼っていうのはこれ以上無いぐらいにきついね…。」

葱野「せめてもの救いはあの技で源田先輩が苦しまなくなったって事でしょうか…苦しんでたらまた成神を追い込む事に…。」

明井戸「源田か……ホント厄介な奴が後ろに控えてやがる。」

チョウテイコクVSカテナチオV2。

龍野「今度はこっちの番ですね、テレス!大きく前線に!」

テレス、超ロングパス!エドガー、フィディオの2トップがそこに待っている!

時任「!来るよ、皆しっかり!」

っとこれは2トップにそれぞれしっかりマーク!

明井戸「(警戒すべきはカウンター、そして得点源のそいつらさえ封じ込めばこっちのもんだ…。)」

沖田「…よし。」

あ!これはいつの間に上がっていた沖田へのパス!誰もマークついてないー!

明井戸「!!」

マルコ「何時の間に!?」

沖田「喰らえぇー!ストライクサンバ!!」

11-01-21_010.jpg

時任「うそ!?ロニージョの技を!?」

葱野「ダークトルネード!!(シュートをそのまま打ち返してクリアー)

葱野のダークトルネード

沖田のまさかの新必殺シュート!しかし葱野、テレスと同じく完全シャットアウトだ!

明井戸「全然報告受けてねぇ技使いやがった…!」

このボールを成神が取った!さあ、今日もドリブルで相手を切り裂くか!?

成神「源田先輩…こんな形で………。」

葱野「な、成神!前!前!」

球児「ローリングスライド!!」

11-01-22_002.jpg

成神「うわっ!?」

あーっ!どうした成神!?あっさりとボールを奪われてしまった、チームで1、2を争うテクニシャンに何が!?

時任「フローズンスティール!!」

10-12-10_006.jpg

なんとかボールを奪い返した時任!しかしチョウテイコクが押され始めてきている…!

明井戸「成神が不調とはいえ…想定外だ!此処までの苦戦なんて…」

おっと、ボールが出た。これはカテナチオのスローイン。

パンダ「よお、明井戸……。」

明井戸「……なんだよ?」

パンダ「そこに何時までも居ないでお前も出て来いよ、でなきゃ…何かやる前に負ける事になるぜ?」

明井戸「!」

ボールはフィディオに渡った!

マルコ「行かすかフィディオ!」

フィディオ「………デュアルパス!」(龍野との超高速パス)」

11-01-21_003.jpg

オルフェウス同士の戦い!これはフィディオが競り勝ったぞ!

フィディオ「真オーディンソード!!」

11-01-21_011.jpg

ジーン「プロキオンネットV3!!」

11-01-04_005.jpg

フィディオ得意のオーディンソード!しかしジーンが止めた!

時任「はぁっ……駄目だ、押されまくってる…このままじゃ…!」

明井戸「………審判選手交代。」

っと、チョウテイコク此処でベンチが動きます、舞に変えて…なんとまだ前半のうちに明井戸投入!

パンダ「やっと出てきやがったか。」

葱野「こ、こんなまだ早い時に明井戸先輩が…。」

明井戸「ちょっとプランが変わっただけだ…最終的には…勝つ。」

今のうちに

明井戸「…?どうしたんだこれ。」

時任「ああ、明日というか今日は更新もしかしたら間に合わないかもしれないって事で今のうちに…らしいよ?」

明井戸「こういう状況でかよ…!まあいーけど。」

アツヤ「ああくそ!悔しい!次はあの壁ぶち破りてぇ…!」

葱野「皆やっぱり強いです…。」

チョウテイコクVSカテナチオ。

何と言う運命の悪戯か!世界代表との試合のはずが同じ仲間が違うチームに別れての試合、誰がこれを予想したでしょうか!?

亀石「あはは~、だから~……あんた誰~?

カテナチオのスタメンはこうなっております。

11-01-21_018.jpg

キャプテンマーク、龍野。

明井戸「何だあれ?ベルゼブがマーク付けてんのかと思えば…龍野の奴が付けてんのか?」

時任「………。」

一方のチョウテイコクのスタメンです。

11-01-21_019.jpg

キャプテンマーク、時任。

これは両チームのキャプテンは新旧リーダー同士にして幼なじみの親友同士!何処まで運命の悪戯か!?

龍野「……さ、行きますか。皆。」

舞「…まさかの仲間同士の試合となってしまったけど、動揺は出来る限りしないで行くわよ。向こうの強さは貴方達も知っての通り、気を抜けば……負ける。」

マルコ「知ってますよ…とてもよく。」

葱野「これはもう…世界代表より強い人達集まっちゃいましたよね。一部は世界の人だけど…。」

明井戸「この場合はそうだな…攻めより守りの方が自信持ってそうだな。あいつらは。」

成神「そりゃそうっスよ、ゴール守ってるのは………あの人ですから。」

明井戸「お前ら、今回はいつもみたいな得点は…本気で攻めてもあんまり望めないかもしれない。だから絶好のチャンスを確実にどれだけ決められるかに掛かってるからなFW陣。」

葱野「はい!」

アツヤ「任せとけって!」

時任「…よし、皆行くよ!」

両チームポジションに着きました、そしてチョウテイコクの明井戸達人はやはりベンチスタート。後半の何処で今回は登場するのか?

パンダ「………フン、変わんねぇな…。」

ピィー

チョウテイコクVSカテナチオの試合が今始まりました!おっと、チョウテイコクいきなり攻め込んで行く!

バーン「そら!(成神へとダイレクトでパス)」

成神「此処は…頼みます、アツヤ先輩。」(そしてアツヤへとパス)

アツヤ「よーし…!ワンチャンス、このシュートで貰うぜ!皇帝ペンギンX!!」

11-01-20_002.jpg

葱野「皇帝ペンギンX!?アツヤ先輩風邪引いてたのにあんなの覚えてたの…!?」

テレス「アイアンウォール!!」

11-01-21_007.jpg

あー!アツヤの新必殺シュート炸裂かと思えば立ち塞がったアンデスの要塞テレス・トルーエ!皇帝ペンギンXを完全ブロック!

テレス「温い温い、こんなんじゃ物足りないぜ!」

アツヤ「くっそ……!」

時任「きつい試合になりそうだ、これ…。」

明井戸「……突破出来たとしても後ろにあいつまで居るしな…オーガより手強いぞこれ。」

ついに決戦の時が…!?

明井戸「さてと、いよいよ世界との戦いだな。結構盛り上がりそうな感じするんじゃねぇ?」

成神「ま…軽ーくやって終わらせますか。」

時任「皆、あまり相手を甘く見ない方が…というか相手世界で活躍する選手達だからね!?本来なら僕達の方が格下だし…!」

明井戸「別に甘く見てるとかそういうつもりはねーけど、とりあえず帝国行こうぜ。全員揃ってんな?」

マルコ「オーガの時と違った緊張感があるな…今度はフィディオ達なんて。」

葱野「じゃ、帝国へ出発!」

そしてやって来た帝国学園。

マルコ「…日本の学校ってこういう感じなのか?」

時任「此処が特別なだけだから、全部の学校がこれっていうのは決して無いからね。

成神「どーも、お久しぶりっス。先輩達。」(成神はサッカー部の先輩達と会って挨拶)

葱野「あれ…?何処にもそれらしき人が居ないよ?まだ来てないのかな…。」

アツヤ「…まさか逃げたって事はねぇよな?」

マルコ「あのフィディオ達が逃げる訳ないだろ、冗談きついよ。」

やっとお出ましか…お前ら。

時任「!?い、今の声って………!」

ベルゼブ「随分と久しぶりに会うな。実際はそんな時は経ってないかもしれないけどな。」

明井戸「ベルゼブ、お前…何の用だよ?カテナチオの方に居るんじゃなかったのか?」

ベルゼブ「今度の相手が此処に居たらおかしいか?」

葱野「今度の相手…ってベルゼブ!?世界の人達って聞いてたのに!」

ベルゼブ「世界はまあ間違いないさ、一部はな。(指をパチンと鳴らすと後ろから人が歩いて来る)」

マルコ「!?エドガー、テレス、フィディオ…!?」

明井戸「…なんだ?何か様子が変だぞ?」

時任「!ベルゼブ、まさか……まさか…!」

ベルゼブ「素直に着いて来そうには無いと考えたから…ちょっと操らせてもらったよ。こいつらはもう俺の忠実な下僕さ。」

マルコ「な…!お前、よくもそんな事を!」

明井戸「気になったけど…ディランにマークにロニージョとかはどうした?あいつらもトップレベルの選手だろ、操りゃ戦力になる事確実そうなのに。」

ベルゼブ「攻撃ばっかり増やしたらチームが偏るだろうが。テレスぐらいしか守備の出来る奴がいなくなってしまうぞ。

成神「そういう事ちゃんと考えてんだ、確かに世界の人達って前線の人ばっかだし…。一通り揃えたらバランス悪くなるね。」

ベルゼブ「それに…こいつらの方が適任と思ったからな。」

沖田「………」

パンダ「………」

時任「沖田…!」

明井戸「判、お前……コイツ等まで操りやがったか…!」

球児「…………」

玄武「……」

葱野「あああ!球児に玄武先輩!2人までそっちに…!?」

ゾーハン「ズズ………」

葱野「ってゾーハンまで!知ってる顔ばっかりだ!」

ジーン「多く操られてしまってるんだな…!それでこいつらと試合する事になるのか!?」

龍野「そうなりますね。」

時任「!!龍野、き…キミは正気じゃ………?」

龍野「ええ、僕は……キミ達を倒しに来たんですよ、時任。」

時任「り…龍野…!そんな、まさか龍野まで…。」

アツヤ「ち…龍野先輩が守るゴールだろうが容赦しねーぞ!」

龍野「何か勘違いをしてませんか?守るのは僕じゃなく………彼ですから。」

源田「……」

成神「!源田先輩………。」

ベルゼブ「フッ、とまあこういう事だ。どうだ?かつてない程に素晴らしく楽しいショーだろ?」

時任「ベルゼブ!お前、何でこんな事!龍野達を…!望みはなんなんだ!?」

ベルゼブ「そうそう、その憎しみと混沌…。それが狙いさ。その力の源を生み出す為。」

明井戸「…で?試合の相手はお前らで良いんだな?」

ベルゼブ「合ってる。…どうする?そっちが逃げるか?」

明井戸「…ふん、やってやろうじゃん…。少しやり過ぎてるお前ら纏めて叩き潰してやるよ!」

葱野「とんでもない事に…!これってチョウテイコクVSカテナチオ…!?」

ついに出て来た!

試合終了ー!チョウテイコク、かろうじて1-0で逃げ切っての勝利です!

成神「向こうの激しく派手な試合と比べてこっちは地味っスね。

時任「この際実況誰なんだってツッコミは一旦置いといて、確かにこっちは進化無しでロング1発打つだけだったね。」

明井戸「そんで後はパス回しではい、お終い。って感じだしな。」

葱野「向こうみたいな派手な試合したいですよー!」

明井戸「点の取り合い?うちで失点は厳禁だからな。

アツヤ「でも、あの試合はまあテンション上がったもんだな俺らも。」

葱野「やっぱりお兄さんの活躍は嬉しいんですね?弟としては!」

アツヤ「え!?あー………一番輝いてるように見えたかな、2得点に関わってるせいなのか。」

明井戸「とりあえず、ロニージョ達のやってたダンシングドリブルを成神。お前もやれそうな気がするから次やってみてねぇ?

成神「サンバ習ってないから無理っス。

時任「で…やっときたね、リトルギガント達。」

葱野「いよいよラスボスの登場ですね……!」

マルコ「あいつらか……。」

成神「ってうちでそれと試合やった人が居たんだった。…どうだった?」

マルコ「どうって……今までのどの相手よりも数段強かったとしか言いようがないよ…。」

明井戸「…それは楽しみにしといて、さ…もう1試合行くか。」

時任「え!?また行くの!?………今日の事が相当刺激になったみたいだね明井戸。」

葱野「僕達は僕達で帝国学園での戦いに備えましょう!」

戦いの場所。

時任「あ、皆。場所決まってみたいだよ。」

成神「場所…って何のっスか?」

時任「今度やる世界代表との試合会場。」

葱野「?何処でやるんでしょう、世界だからタイタニック…。」

明井戸「決勝のスタジアムは流石に気軽に使えねーぞ。

マルコ「でも、そこでやってみたいっていうのはあるなぁ。オルフェウスは結局そこまで行けなかったし…。」

ジーン「ビッグウェイブスはライオコット島にも届かなかったな。」

時任「とりあえずタイタニックスタジアムじゃないからね…!?」

明井戸「じゃあ何処だよ?ヤマネコかウミヘビかコンドルかウミガメかクジャク…。」

時任「そういう所じゃなくて…………帝国学園。

葱野「思いっきり日本ですね!?」

明井戸「あ、それホームじゃんか。そりゃやりやすい。

成神「明井戸先輩、自分が秋葉名戸の生徒にして選手って事忘れかけてないスか?

葱野「帝国…いつもあそこにはお世話になってるよね。ちょくちょく練習試合とかでグラウンド使わせてもらってるし。」

成神「ホント、皆雷門よりも帝国の方に長く居るような気がするよ…。」

明井戸「俺達のサッカーが雷門より帝国寄りっていうせいもあるかもなー。」

時任「ああ、大差大差と絶望的なまでのスコアを叩き付けたりしてるから…。」

成神「帝国というか雷門の敵全般寄りじゃないスかそれは?世字子とかエイリア学園とかオーガとか。

葱野「こうなると僕達ってこうなのかな?悪は勝つって。

明井戸「あ、まさにそれだな!」

成神「って言いながらエイリア学園の脅威から日本を救ったりガルシルドの悪事を止めたりやってる事は正義っスけどね。

最近の試合。

明井戸「ってぇ!」(遠目からのロングシュートでゴールを決め)

ゴール!チョウテイコクこれで5点目!前半のうちに早くも5点目決まりました!

明井戸「これで後は時間潰して軽く流して終わりにするぞー。」

成神「了解っス。」(そしてパスを回しまくり)

時任「というかあの実況の人誰なの?

そして何事もなく5-0で試合終了。

葱野「またいつも通りこれで終わっちゃいましたね…。もっと攻め続けても良かったんじゃあ?」

明井戸「大差付ける時以外は無駄に体力使いたくねぇからこれで良いんだよ。」

成神「そこは秋葉名戸の戦い方っスね。体力温存して攻める時は攻める、と。」

マルコ「観客からしたらブーイングだろうけど…周りから見たらつまらない試合だからね。」

明井戸「…いーんだよ、勝ち続けりゃ誰も文句は言わねぇ。勝ちゃいいんだ。」

アツヤ「で、俺何時試合に出られんだよ!?

時任「とりあえずまだフル出場は駄目だよ、念のためだから。」

アツヤ「もう治ってるっつーのに…信用ねぇなぁ。」

マルコ「身体の心配をそれだけしてるって事なんだよ、出るならやっぱり万全の状態でないとな?」

葱野「だね、僕は何時でも万全だから!」

成神「そりゃ万全だろーね。バカは風邪引かないって言うから。

葱野「成神も風邪引いてないじゃんかー!お前もバカだろ!

明井戸「とりあえず1年の喧嘩はさておき、次の練習試合っと…。」




時任「……なんだろう、何となくだけど……………嫌な予感がする。」

皆で御飯。そして怪しい動きが…。

時任「それ!」(葱野とのワンツー)

成神「っと、いただき!」(パシっとパスカット)

葱野「あ…!成神気のせいか調子良いなぁ。」

明井戸「んー、チョウテイコクの方もまあまあマシになってきたかな…?」

マルコ「それ言ってるとマシじゃないままあのオーガに挑んだみたいじゃないか。

亀石「あはは~、オーガの時より動きは良くなってるけどね~。」

明井戸「じゃあこんな所で飯食いに行くとするか。」

成神「賛成っス。何処行きます?虎ノ屋?アメリカ?イタリア?アルゼンチン?」

時任「とりあえず近いのは…アメリカエリアだからそっち行こうか。」

そして皆でアメリカエリアにて。

葱野「わー…やっぱり日本のハンバーガーよりサイズがデカい!」

時任「流石アメリカだね…!」

成神「(バクバク)やっぱアメリカのバーガーは美味い…ポテトもいける。」

明井戸「サイズデカくてもこいつには別に関係ねーな。

マルコ「ライオコットだと色々な国の御飯が食べられて良いね。イタリアに居たままだったら食べられなかったかもしれないし。」

時任「それに色々な国の人にも会えるしね?」

明井戸「……ただ、いちいちイナズマジェットに乗ったりすんのは嫌だけどな。」

成神「網海先輩といい3年の人は飛行機が駄目な人多いっスね。

アツヤ「だらしねーな、ったく。」

成神「あ、アツヤ先輩一人だけドーナツ狡いっス!」







ベルゼブ「……これで大体の駒は揃ったかな?」

(ずらりと並ぶ人影)

ベルゼブ「期待しているぞ、お前達。」

龍野「…………。」

決戦の時は何時来る?

成神「そういえば…何時になるんスかね?」

明井戸「何がだよ?」

成神「自分で言って忘れてるんスか。次の相手は世界代表とかそういう事言ってたし。

明井戸「あ、そうそう!とりあえず…まだやんねぇや。」

時任「忘れる前に試合やっておいた方がいいね…!というかその場のノリで言ったのあれ!?」

マルコ「ノリでフィディオ達の居るあの世界と戦うつもりか!?それで勝てる…?」

明井戸「それは余裕、負ける気はしない。

マルコ「お前のその自信はどっから来るんだ!?」

明井戸「そりゃ、前持ってデータ入手してるから。オーガ同様に。」

成神「ああ、だから強気でいられるんスか。」

明井戸「そういう事、もうあいつらの実力なら完全に把握してるからな。俺のデータに狂いは無い。」

アツヤ「じゃあもう何時世界来ても平気って事だな!」

時任「アツヤは試合出ちゃ駄目だよ、まだ。」

アツヤ「まだ駄目なのかよ!?もういいじゃんか…。」







ベルゼブ「世界戦か…………フフ、そうすんなりと上手く行くかな?」

厳しい寒さ。

葱野「うう~…めちゃくちゃ寒い…!」

成神「外出られそうにないねこれ。…寒過ぎ。」

時任「カテナチオ、またはチョウテイコクの弱点は寒さか暑さに弱いって所…?

成神「ジェネシスの連中で言うまさに貧弱過ぎる、っスね。」

明井戸「それで目線が何で思いっきり俺に行きやがった、そこの1年ヘッドホン小僧。

時任「まあ、身体を休めておくのも選手の勤めだし…無理し過ぎで皆アツヤみたいになっても困るからね。」

アツヤ「俺はもう元気だっての!」

時任「ある程度起きてるのは良いけどまだ無理は駄目だよ?」

成神「吹雪先輩、お兄さんからお見舞いでもらったいちご牛乳で元気になってるみたいっス。」

マルコ「でもこのまま、ずっと室内で休みも…身体が鈍りそうだな。」

明井戸「…かつて円堂達も室内で缶詰状態の中で特訓してた事があったよな、そういえば。」

葱野「あ、覚えてます!オーストラリア戦!久遠監督に言われてずっと部屋に居る事になって…それがボックスロックディフェンスを破るきっかけになったんですよね?」

ジーン「俺達との試合前そんな事があったのか…!それでボックスロックを破られたなんて予想外だ。」

葱野「それでもまだキミが居たけどね、ジーン。あー、その時僕も試合出たかったよ。」

時任「だったら僕達も室内で何か特訓すればもしかして物凄いタクティクスが…!」

明井戸「ああ、そんな特訓思いつかねぇし面倒だから何もしなくていーや。

時任「何も生まれる気配無しだー!」

成神「イナズマジャパンと決定的に違う所は……俺ら不真面目過ぎっスね。

熱狂的な信者。

今回多分BLが含まれますので苦手な方は今のうちに引き返してください。






































明井戸「オーガ戦にアツヤの風邪に届け物と色々あったけど、その間また新しい奴が加わったぞ。」

成神「あ。いつの間に新人の人が?」

明井戸「新人っつーか……。」

神野「明井戸先輩!やっと、やっと俺の事を呼んでくれたんですね!」

葱野「あ、神野だ。ついに代表入りしたんだ、同じ1年が増えたね!」

成神「へぇ…やっと呼ばれたんだ。忘れ去られたかと思ったけど。」

神野「あ…?何処かで見た面かと思えばお前らか。とりあえず久しぶりとでも言っておく。」

葱野「変わらず明井戸先輩以外には冷たいー!」

時任「はは…変わってないなぁ、神野は。」

マルコ「彼は何者?初めて見る顔だけど。」

時任「彼は雷門1年の神野啓司、天才的なひらめき能力の持ち主だよ。そして…明井戸に対して尊敬というか崇拝というか…とにかく物凄い尊敬してる。」

葱野「円堂先輩に憧れる立向居みたいな感じですね。」

明井戸「………というか何で俺こんな憧れられてんだ、いや、嬉しいけど…。」

成神「今更こういう事聞くのもなんだけど神野、明井戸先輩に…憧れる部分ってあるの?」

神野「愚問だな、というか喧嘩売ってんのかヘッドホンの小僧が。あの神々しさに惹かれない訳がない!」

成神「ああ、ゴッドブレイク。またはカオスブレイク使ってる時のあの人ね。

明井戸ゴッド

神野「そして頭脳明晰にしてどんな時でも強気な度胸!これ程完璧な人がこの世に存在するか?!」

時任「オーガの時とか高い所の時思いっきり怖がってたけど…。

葱野「こういうの、何て言うのかな……あ、「恋は盲目」!

マルコ「そうか!?何か違う感じがするけど…。」

神野「こ、恋!?って誰が誰にだそこのバカ!」

葱野「だから…神野が明井戸先輩に恋してるって。」

神野「な…俺があの人にって恐れ多いにも程があるだろ!到底釣り合わないぞ……。」

成神「(これは何か面白そう)あれ、じゃあ神野って明井戸先輩の事嫌い?」

神野「嫌いな訳あるか!………………。」

明井戸「…?どうした神野?俺の顔をじーっと見て…。」

神野「(そういえば男にしては可愛い方だよな、この人って…身体も細いし、腰も足も………)」

時任「な、何かフラグ立っちゃってそう?この展開は…。」

神野「あ、明井戸先輩!俺貴方の為に必死に頑張りますから!」

明井戸「え?ああ、頑張ってサッカーで活躍してくれるなら有り難いな。」

成神「あ、これ…神野が気持ちに目覚めたとしても鈍感な明井戸先輩まで届きそうにない気が。

マルコ「何とも…凄いのが入ったな。」

差し入れが来た。

明井戸「はぁ~……。」

時任「どうしたの、深いため息をついちゃって…。」

明井戸「いや…変わらず今日もほぼロニージョ一人にDF陣ぶち抜かれてて攻撃より守備練習を徹底した方がいいんじゃねぇのかって本気で思ってさぁ。

成神「またはジャパンエリアの修練場のガード特訓しまくりっスね。

葱野「でも、良かった。嫌な奴が去ってこれで何も縛りは無くなったし!」

明井戸「それはまあ、良かったよな。これでどっちも楽にサッカー出来るって訳だ。」

マルコ「不利な事に変わりは無いけどな。リードされてアマゾンはまだ攻略出来ずそしてロニージョは解放されて思いっきりプレー出来る…。これ本当に勝てるのか日本は?」

明井戸「勝てなきゃ大介さんやロココと戦えねーから勝つだろ。

時任「明井戸、それを言っちゃおしまいだよ…!」

アツヤ「おーい、何か荷物届いてるぜー?」

時任「え?荷物…ってアツヤ!まだ寝てなきゃ駄目だろ!」

アツヤ「い、いーじゃんかちょっとぐらい…!」

時任「ちょっとでも駄目!風邪は治りかけが一番大事だって何度言えば……!」

明井戸「まあいいから荷物、だっけ?誰から…………!!」

葱野「…明井戸先輩?」

明井戸「…………お袋からだ。」

成神「先輩のお母さんっスか?…って美味そうな匂い……これ、中身は饅頭っス。しかもこんな多く…。」

時任「手紙もあるみたい、えーと…「達人、皆にワガママ言って迷惑かけてない?親戚から饅頭を貰ったから甘党が多い皆なら喜ぶかなと思って送ったから皆さんでどうぞ、後お世話になってる人にも分けてね。皆さん、どうかこれからも息子の事をよろしくお願いします。最後に達人、無理しないで身体にだけは気をつけて。」…だって。」

成神「あー…ワガママっていうかたまに何十点取って来いとかそういうのはあるっスけどね。良いお母さんっス。」

明井戸「マジで恥ずい…!じゃあこれ…チームの皆で食うって事で。」

時任「それだけじゃなくお世話になってる皆、だから…この場所に来てるイレブンの皆にも分けよう。という訳で他のイレブンの人達にも届けるからねー!」

練習中。

明井戸「さ、何時までも休んでちゃ何だから…サッカーやっとくか。」

時任「うん。じゃあ、皆行こうか!」

(ポーン、ポーン、と頭で平然とリフティングする成神)

葱野「真ダークトルネード!!」

葱野のダークトルネード

ジーン「真グレートバリアリーフ!!」

11-01-02_017.jpg

時任「もっと素早く蹴って!」

マルコ「分かった!」(時任とパスの連続)

明井戸「……うん、やっぱスピード重視の練習にしとくか此処は。」



アツヤ「……あーあ、暇…。あいつらは外でサッカーだし誰もいねーし…。よし。」(ベッドで漫画読んでて窓から練習風景を眺めていた)


葱野「あー、止められた!じゃあもう1本行くからね!?それ!」

ジーン「何でも来い、止めてやる!」

アツヤ「そこどけー!」

葱野「!?」

時任「え…?」

アツヤ「ノーザンインパクトV3!!」

ジーン「な!?」(急な出来事に反応出来ず)

アツヤ「何だよ、反応ぐらいしなきゃ張り合いねーぞ。」

11-01-03_002.jpg

明井戸「あれ、あいつもう平気なのか…?」

時任「こらアツヤ!寝てなきゃ駄目だろ!」

アツヤ「もう平気だって!今のシュート見ただろ!?」

時任「…一応熱を測らせてもらうよ。」

アツヤ「……………。」

時任「36度8分……。」

アツヤ「平熱だろ?治っただろ!?」

時任「まだ治りかけだよ、その時が一番大事なんだから寝てなきゃ駄目だ!」

アツヤ「けど……。」

明井戸「お前、時任怒らせる前に休んだ方がいいぞ。…怒ったあいつがどれほどのもんか分かってんだろ?」

アツヤ「っ…や、やっぱ俺戻るわ。じゃな。」

成神「何か思ったより早くアツヤ先輩復帰しそうっス。」

葱野「良い事だね。そのまま復帰でも大丈夫そうだったけど、今のシュートとか。」

時任「…万全の時より威力が若干弱かったよ。」

葱野「え、わ…分かったんですか!?あれで………。」

明井戸「よく見てんなぁ…。ま、だからリーダーに指名したのか龍野の奴は。」

地獄は終わり。

葱野「うう~……今日は練習止めた方が良いと思います…。」

時任「…うん、1000周走ってそれでまた練習やって無理とかしない方がいいよね。

明井戸「それに外も寒い訳だし、アツヤみてーに風邪続出なんて事にしたくないからな。」

成神「そして明井戸先輩は変わらずの軟弱っぷりを見せましたね、200でドクターストップ…。」

明井戸「俺だってあれで必死になって走ってたんだよ…!」

時任「でも…試合出来るようになったとしてもどうする?オーガとやってダークエンジェルとも試合して…後どこと試合出来るかな?」

マルコ「結構凄いのばっかりと戦ってるから、これは次は…世界か?ロココを筆頭にエドガー、テレス、ディラン、マーク、ロニージョ、そしてうちのフィディオ全員が相手のチームとか…。」

葱野「それはかなり強そうで豪華だね!でも勝ちはもらうから。アツヤ先輩の分も点取るよ?」

時任「つ、強気だな葱野…!もしそういう人達と試合となるとホント豪華だ…世界中のトッププレーヤーが集まる訳だからね。」

明井戸「…まあ、だからぶっ倒したくなるんだけどな。天才プレーヤーに勝てば大番狂わせで世界が驚くよな?」

成神「明井戸先輩…下克上する気満々っスね。

時任「やっぱり元は2軍のリーダーだったから…今も下克上精神は忘れてないんだ。」

明井戸「決まり!次はフィディオ達世界が相手だ!」

成神「あ、決まっちゃったっスね。

時任「…実現するのかどうか知らないけど。向こうも納得するのか色々不安が…。」

明井戸「俺等は(此処じゃ)世界一取ってんだぜ?No.1が相手なら納得してくれるだろ。」

成神「とりあえず練習は明日か明後日辺りにしてくださいね。1000周後すぐってのは流石に…。」


アツヤ「……俺も出てぇ…その試合…早く風邪去れっての…。」(ベッドで横になりながら話は聞こえていた)

具合はどう?

栄田「アツヤ、はい。デザートにプリン持ってきたよ。」

アツヤ「あ、食う食う。」

栄田「御飯完食してる分普通に食欲はあるみたいだな…。」

アツヤ「…寝てばっかで暇過ぎ、…ちょっと起きててもいいか?」

栄田「それは駄目だよ!おとなしく寝てるのが一番だから。」

アツヤ「だって暇だし……!」

栄田「長引くぞ?」

アツヤ「っ……じゃあおとなしくしてる…。」



成神「ああ、もう…栄田先輩もアツヤ先輩の看病で免除なんて!

時任「栄田までグラウンド1000周させたらアツヤを看病する人がいなくなるからね…。」

葱野「い、何時まで続くんですかこの1000周は~…!?」

マルコ「過酷なペナルティを考えるんだな、このチームって…!」

超地獄のグラウンド1000周。(アツヤは風邪なので免除)

成神「はぁっ……はぁっ…ふ、ふざけんな……!」

時任「な………成神…珍しくキレ気味だね…。」

成神「何失点したか分かんなくなったからとりあえず1000周って何だー!!

葱野「ああ、アツヤ先輩が羨ましい…僕も風邪引きたかった……。」

成神「…バカは風邪引かないと言うからね……。」

葱野「成神、何か言った!?」

マルコ「…か、カテナチオってこんなきつい事をいつもしてるのか…!?」

時任「いつもっていうか…うん…でも今日は特にきつい…!!」

マルコ「で、あれ?……明井戸は…。」

成神「にひゃ…。」

時任「ああ、うん。分かったよその時点で、明井戸は200周でドクターストップと。

オーガの次は何処とやる?

葱野「アツヤ先輩の具合どうですか?」

時任「うーん…まだ熱下がらないみたいなんだよね。ちょっと心配だ…。」

明井戸「病人を試合に出す訳には流石に行かねーから、しばらく外れてもらって…さて、オーガの次は何処とやるか?」

成神「オーガより強いのなんて早々には居ないと思うんで、何処を撰んできてくれるんスかね?」

葱野「もしかしたら…僕達自身とかそういうのじゃないでしょうか?」

明井戸「無理だろ、何処のRPGの試練だよ。

成神「ああ、RPGとかでそういうのよくありそうっスね。自分自身と一対一の勝負という名のイベント戦闘が。」

時任「無理だと思う、流石に…いかに超次元とはいえそれは。」

明井戸「可能だったらビックリする…。ありえねぇけど。」

成神「それでウェアまで被ってたらこれ以上無いぐらいにやりにくそうっス。」

葱野「両方とも帝国ウェアで同じ人じゃ見分けつく訳ないよね。

時任「どっちかが違うウェアにして折れるしかないねそれは…。」

明井戸「こっちは折れる気ねーぞ、絶対帝国、または真帝国。

成神「同じ明井戸先輩も言いそうっスねそれ。どっちも折れずに対戦成立せず、になりそう。

風邪でダウン。

明井戸「最近めちゃめちゃ寒ぃな…!こたつから出たくねーや。」

成神「あー……出たくないから今日の練習はいっそ止めときましょうか?」

明井戸「良い考えだ、賛成。そして採用。

時任「オーガ戦終わってから気が抜け過ぎだよ、策士と司令塔の2人!

成神「あの時結構必死だったんで、やっぱ強かったなー…。」

アツヤ「うー……」(顔が真っ赤でフラフラと歩いて来る)

マルコ「アツヤ?お前具合悪そうだぞ。」

時任「…!ちょっと熱計ってみようか。」

成神「………38度ジャスト、完全に熱ありますね。」

アツヤ「これぐらい別に平気ー………。」

時任「駄目だよ!ほら、横になってて!」

葱野「アツヤ先輩風邪引いたんですか…!最近急激に寒くなってるから僕達も気をつけないと。」

栄田「後でお粥作って持っていかなきゃな…。」

明井戸「…とりあえずアツヤはしばらく試合無理だなこれ、そこに誰入れるか…。」

成神「オーガ戦終わって次に俺達に襲いかかって来たのは風邪みたいっスね。」

葱野「流石に風邪とは試合が出来ないよ…!」

成神「あ、それぐらいは分かるんだ?頭良くなって来てるじゃんか。

葱野「だからどんだけ僕をバカと思ってんのさ成神!

オーガ戦終わって間もないまま…。

時任「あ、今日…ブラジル戦だ!って言ってもあんまり……内容に触れたくないな。」

葱野「何か楽しくなくなりそうですし……。ロニージョがおかしな事になってましたし。」

成神「……別にいいでしょ、あの監督はそのうち潰れるだろうし…スルーしときゃいいんス。」

アツヤ「な、なんだ?成神めちゃくちゃ機嫌悪そうだぞ……珍しく。」

明井戸「あいつの場合はまあ………あの事があるからなぁ。とりあえず最後の方触れとくか。」

時任「皆で歌ったり今までの人達が登場と豪華だったなぁ。あ、成神も出てたね!」

成神「どもっス。」

葱野「明井戸先輩は何で出てなかったんですか?」

明井戸「俺は……あー、その時間外のゲーセン行ってたかもしんねぇ。教えてくれよそういう事あったなら…。」

葱野「……というか響木監督は大丈夫なんですか!?」

アツヤ「内容触れないようにって言ってたのに結局触れるのかよ!…平気だろ、グラサン掛けてテレビ見てたし。つかバンダナの中初めて見たような…。」

葱野「何か…ワイルドでカッコ良いです!僕も将来ああなれるかなぁ?あ、目に傷を作らなきゃ駄目だっけ。」

成神「お前が?…………全然似合わないから止めといた方がいいと思う。」

明井戸「とりあえずお前はそのままの方が絶対良い、つか居てくれ…響木監督みたいなお前が想像つかねぇ…!」

時任「僕も、そのままの葱野で居てほしい……!」

葱野「駄目ですか?あ…そういえばジーンの事、どうなったんでしたっけ!?」

時任「あ、そうだよ!明井戸、無失点に抑えたからジーンの事を……!」

ジーン「……………。」

明井戸「……止めてあれで勢いに乗れた事だし、チャラにしといてやるよ。そのままチームに居て良い。」

ジーン「!…あ、ありがとう!明井戸!」

時任「ジーン!良かったね!」

葱野「よ、良かったぁ…良かったぁ……う、うう……。」

成神「こっちの事も無事済んだ所で…とりあえず休んどきます?オーガ戦終えたら流石に疲れたっス。」

明井戸「今度の予定も聞いてないし、そうするか。」

アツヤ「ま、急にまた何か練習試合とか来るかも分かんねーけどな?」

VSオーガ6。決着…。

チョウテイコク、さっきとは変わって攻め込んでいる!

成神「もう2、3点ぐらいは行けるかな…?アツヤ先輩!」

バダップ「させん!」

バダップ下がってパスカットー!そして素早く前線へと大きく蹴る!

時任「!?不味い、カウンターだ!」

明井戸「ち…戻れ!」

オーガ一瞬の隙をついてのカウンターだ!エスカバから再びバダップに渡るー!

マルコ「此処で止めないと…ブロックサーカス改!」

バダップ、ミストレ「キラーフィールズV3!!」

11-01-05_003.jpg

マルコ「うわー!」

マルコ吹っ飛ばされたー!バダップ、ミストレの作る空間に成す術無し!

バダップ「受けろ…最大の一撃を!」

バダップ、ミストレ、エスカバ「デスブレイクG5!!

11-01-05_002.jpg

オーガ最強にして最大のシュートがチョウテイコクのゴールに襲いかかるー!

カード「うおおー!ボルケイノカットV3!!」(炎の壁を蹴って出現させて威力を弱め)

おっと角塚が此処で立ち塞がる!しかしボールは勢い良く向かったままだ!

ジーン「此処で止めなきゃ俺に次は………!」

時任「大丈夫!それなら止められる!キミなら平気だから!」

ジーン「時任…………、プロキオンネットV3!!

11-01-04_005.jpg

取ったぁー!チョウテイコクのDF角塚とGKジーンでデスブレイクを阻止したー!!

バダップ「……!」

ジーン「行け!カウンター返しだ!」

ジーンのキック!一気に明井戸へと渡った!

明井戸「…やる時はやるんだな、…もう1点今度こそ行くぞー!」

明井戸が攻め込む!しかしオーガDFも詰め寄ってきているぞ!」

明井戸「また俺が決めて2点目だ!…………なんてな?」(勢いよくドリブルしたかと思ったらポーンとパスを出し)

サンダユウ「…ぱ、パスだと…?あれだけ勢いに乗ってきたかと思ったら…!」

此処は明井戸、パスを選択!そこにバーンとアツヤが走り込むー!

バーン、アツヤ「真ファイアブリザード!!」

11-01-04_003.jpg

ザゴメル「ハイボルテージG3!!…うおおー!?」(また3人を吹っ飛ばしてゴールに突き刺さる)

決まったー!2点目!アツヤと南雲のツインシュートが炸裂したぁー!貴重な追加点です!

アツヤ「っしゃ!決まったぜー!」

バーン「当然だっての、あんまはしゃぐなよ?ガキくせぇ。」

アツヤ「あ!?なんだよ、せっかく入れたっつーのに!」

時任「ま、まあ…ここは抑えて!」

…………

最強のシュートを止められた直後の失点!これはオーガ、流石に動揺を隠しきれない!

明井戸「…もう一点行けそうだな。」

さあ、再びオーガのキックオフで試合再開…。」

明井戸「カテナチオカウンター!!」

11-01-04_015.jpg

あー!奪いとって一気に前線へー!またしても先程の成神のような奇襲だ!

ザゴメル「!!おい、何してる!あいつがフリー………!」

葱野「やっと打てるー!真ディバインアロー!」(蹴って蹴って蹴りまくってのシュート、そしてザゴメル届かずゴール)

11-01-02_009.jpg

決まった!これで3点目ー!葱野がついに火を噴いた!!

葱野「僕も決められた、やったー!」

明井戸「こうなるともう守りに入る必要もねーや、まだまだ取ってくぞー!」(みんなイケイケ!発動)

再びこれは成神とマルコの華麗なワンツー!そこから前線へとラストパスが行く!

明井戸「真クロスドライブ!」

11-01-04_010.jpg

アツヤ「ノーザンインパクトV3!!」

11-01-03_002.jpg

明井戸のシュートからアツヤのシュートチェインで4点目!勢いが衰えるどころか加速している!

時任「やっぱこれ…得点して明井戸が場を盛り上げてるって大きいなぁ。」

さあ、試合時間も残り僅か…これが最後の攻撃か?

明井戸「ラストは……これだな!」

明井戸、アツヤ、バーン「カオスブレイクG5!!」

11-01-04_008.jpg

ザゴメル「うおあーーー!!」

カオスブレイク炸裂ぅー!!これで5点目!とことん容赦ありません!

ピッ、ピッ、ピィー。

此処で試合終了!5-0、チョウテイコクがオーガを下しました!途中までは接戦でしたが明井戸投入後の1点、そしてバダップのデスブレイクを阻止してからカウンターでの追加点が大きかった事でしょう!

バダップ「……円堂守無しでもこれ程とは、…お前達のデータは全く無かった。」

明井戸「そりゃそうだ、俺らはお前らの知る過去とかじゃ円堂とはちょっと試合する程度で向こうも覚えてるかどうか分かんないぐらいの関わりだったんだからよ。

時任「僕とかは多分会ってもいなかったと思うよ(アニメ版ならば)」

成神「一方こっちはオーガのデータは全部頭に入ってて…条件としてはこっちが圧倒的有利だったっスね。」

明井戸「ま、他のFFIのチーム辺りならお前らは楽勝に勝てただろうけど相手が悪過ぎだったぜ。俺は世界No.1の策士なんで。

アツヤ「そう言ってる割に最初の頃の明井戸センパイはバダップに凄ぇビビってたじゃんか。勝てる訳ないって。」

明井戸「む……昔の話だよ!今は怖くないからな!?」

ミストレ「そろそろ、引き上げるか…おい!次は絶対勝たせてもらうぞ!」

バダップ「よせ、…また会おう。チョウテイコク。これよりオーガ帰還する!」(そう言ってパッと消えた)

マルコ「これで、予定の練習試合終わったんだな。厳しい戦いだったな…。」

時任「一時はどうなるかと思ったよ……無事終わって良かった。」


得点 明井戸2 葱野1 バーン1 アツヤ1

VSオーガ5。

明井戸「さ、押されっぱなしも客も見飽きただろうから堅い守備タイムから怒濤の攻撃タイムと行くか。」

オーガの攻めが再び始まる!チョウテイコクのこの交代がどういう影響を及ぼすのか!?

ミストレ「どんな奴を入れても同じ事、遅い遅い!」

ミストレ次々とかわすー!オーガも個人技では負けてない!

明井戸「…バカが、アブソリュートナイツ!」

11-01-04_013.jpg

っと、これはいつの間にかミストレ囲まれている!?

ミストレ「な………!?(そしてあっという間にボールを奪い去り、レオナルドへとボールが渡る)」

サンダユウ「潰してやる!真グラビティション!!」

レオナルド「ブラジル代表を舐めるなよ、サザンクロスカット改!」


11-01-04_006.jpg


サンダユウ「うああ!」

レオナルド、潰される前にサザンクロスでサンダユウを突破したー!これはチャンス!

レオナルド「後は頼むアツヤ!(アツヤへとスルーパス)」

アツヤ「任せろって、今度こそ!エターナルブリザードV3!!」

10-12-10_002.jpg

ザゴメル「凝りもせずまたその技か!確実に止めてやる…ハイボルテージG3!!」(ブボーとゲボーの2人を乗せて超強力電気で止めにかかり)

此処でブボー、ゲボーの2人の出番!ザゴメル渾身の技でアツヤのシュートを止めに行く!

明井戸「誰が同じ手を使うかバカが…時任!」

時任「OK!」

明井戸、時任「ユニバースブラストV3!!」

11-01-04_002.jpg

ああー!!これはシュートチェイン!策士とリーダーによるツインシュートだー!

ザゴメル「うおおー!?」(ザゴメルとブボー、ゲボー3人まとめて吹っ飛ばされてゴールに突き刺さり)

き…決まったぁー!後半10分ついに均衡破れました!アツヤのエターナルブリザードから明井戸、時任によるユニバースブラストでオーガからチョウテイコク1点を先制しました!!

時任「やったやった!ついに決まったよー!」

明井戸「っし…まず1点、まだまだ取ってくからなー!」

11-01-04_018.jpg

ザゴメル「バカな……この俺があんな奴に突破されるとは…!」

バダップ「……すぐ、取り返しにかかるぞ。2点必要になった…。」

さあ、オーガの逆襲なるか?再びキックオフ…。

成神「真フローズンスティール!」

11-01-04_004.jpg

あっ、いきなりボールを奪い取った成神!明井戸投入後に1点取って一気に流れに、勢いに、そしてリズムに乗ってるぞチョウテイコク!!
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。