スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2人の対決、それぞれに与えられる選択肢。

成神「ふあ、おはよ~…。」

葱野「おはよ~、…あれ?明井戸先輩と時任先輩はまだ起きてないの?」

マルコ「明井戸はともかく時任も居ないのは…珍しいな。」

アツヤ「あの人の場合は遅くまでゲームやってるから早起きと最も縁が無いよな。

成神「全くその通りっスね。けど、時任先輩まで…何で?」

ロココ「あ!ねえ、皆。手紙がテーブルに置いてあるよ?」

葱野「手紙?…誰が置いたんだろ、こんなの。」

アツヤ「内容は……「チーム全員へ、突然で悪いが近日の予定に明井戸達人、時任信。カテナチオやチョウテイコクを率いるこの2人が分かれて対決をする事になった。2人のどちらに付くかはそれぞれの判断に任せる。明井戸のチームに入りたいという者は帝国学園へ、時任のチームに入りたいという者は雷門中に移動してもらいたい。この対決で皆の更なるレベルアップを期待している。」…だってよ。」

葱野「た、対決…あの明井戸先輩と時任先輩が!?何がどうなってそういう事に!?」

マルコ「というかこの手紙はそもそも誰が書いて…。」

成神「ああ、それなら…多分明井戸先輩だよ。筆跡同じに見えるし…手紙じゃあの人大真面目な口調だな。」

ロココ「あの人達って……仲悪かったの?同じチームで戦うって…。」

葱野「そんなはずは…!前は確かに1軍の時任先輩と2軍の明井戸先輩でぶつかってたけど……。」

成神「…あの時引き分けだったね確か、…その決着を今付けようとしてるんじゃあ…?」

アツヤ「マジか!つか時任センパイもよく試合するって気になってんな、あの人の場合仲間との戦いは望まない方だと思ってたけど…。」

マルコ「意外だな…それで、皆どうするんだ?…此処に居ない皆も呼んで来ないといけないな。」

アツヤ「……………。」

ロココ「……………。」

葱野「……………。」

成神「……………。」


帝国学園

明井戸「さてと、どれぐらい来るかなこっちに、出来りゃ強いのが欲しいけどお前なんでこっちに居るんだよ……判。」

パンダ「俺はあの時お前と同じ2軍だったろ、あの時の決着付けるっつーならこっちじゃんかよ。」

明井戸「…まーたお前と一緒のチームになっちまうってこれも腐れ縁ってヤツか?」

パンダ「かもな。」

雷門中

時任「龍野……キミまで僕に付き合う事はないよ、これは僕のワガママだから。」

龍野「あの決着を付けるなら僕も居た方が良いでしょう、それに……気持ちがモヤモヤしてるのはキミだけでは無いという事です。」

時任「え?」

龍野「……オーガとの戦いよりも、チョウテイコクVSカテナチオよりも…凄まじい戦いになりそうな予感がします。また怪我だけはしないように。」
スポンサーサイト

様々な組み合わせが…。

今回BLですので苦手な人は引き返してください!








































葱野「もう一本行くよー。」

ロココ「よーし、止めてやる!」

明井戸「また一緒かあいつら、よく一緒だなぁ。」

マルコ「最近は部屋も同じになったらしいよ。」

時任「はあ…葱野にこれは子ロココを任せっきりで悪い気がしてくるなぁ。」

成神「そっスね、このままの勢いなら葱野×ロココ、またはロココ×葱野になりかねないっス。

明井戸「そりゃどっちも受けっぽいな。

時任「そうじゃないでしょ!8歳のまだ小さい子供にそんな………。」

成神「これが成長した方だったら確実にロココ×葱野っスけどね。

明井戸「うん、何か攻めっぽい。」

時任「だからー…!」

明井戸「どうした、龍野×時任の本命に続いてジーン×時任のフラグが立ってそうな時任?

時任「そういうフラグ立ってないよ!彼にも迷惑かかるし!というかそれを言うならキミこそバダップ登場の協力技とかでバダップ×明井戸のフラグ立ってそうでしょ!?

明井戸「な!?…………フラグ立ったか?つか無ぇって!バダップは恋愛にあんま興味持ってなさそうだしよ。」

成神「もしかしたら、の可能性もある事はあるっスけどね。」

アツヤ「何だよ?あっちやそっちで色々あってそうだけど、どうしたよ?」

成神「あ。………ロココ来る前ならアツヤ先輩と葱野っていうのも考えられたっスけどね。この前協力技も撃ってたし。」

アツヤ「!?急に何言ってんだお前!?」

時任「成神、人の事ばかり言ってるけど……キミも思いっきりあるよ、源田×成神。この前の試合とかそんな感じだったし。」

成神「…や、俺の事はいいでしょ。」

明井戸「よくねぇ、というかお前も葱野と絡んでるからさっきと同じようにそれ関連の組み合わせあるじゃねーか。」

時任「…というかそもそも何で急にこんな話になったの!?

2人並ぶと連れ去られそう。

葱野「これはね、こうやって箸を使って食べるんだよ。」

ロココ「うう、こう?」

葱野「その調子!良い感じだね?」

成神「葱野が任せろと言ってから…あいつ、色々と教えてますねー。というか一緒に行動する時が多い…。」

アツヤ「嬉しそうだよなあいつ、やっぱ弟が出来たって感じか。」

時任「葱野のああいう一面を見るのは新鮮だなぁ、今まで見た事がない…。」

成神「けど、学力に関係してくるような事はどうする気なんスかね?」

明井戸「それに関しては教えんな、と念を押して言ってあるんで。

成神「あいつの場合じゃ間違った知識を教える可能性大っスね、間違いなく。

マルコ「いや、でも…あの2人見てると心が和んでくるような気がするよ。」

時任「うん、何と言うか微笑ましい光景が…。」

明井戸「これで片方オーガのGKをぶち破る程の力を持ったFWで片方はがっちりゴールを守ってくれる正GK…見えねぇ。」

小さな守護神。

明井戸「強ぇな子ロココ、これはあいつより……使えるかもしれない。」

時任「もう一度確認するけどあのロココは8歳だよね…?!小学校低学年とは思えない強さだけど…。」

アツヤ「てぇ!」

ロココ「(バシィっと横っ飛びでキャッチング)」

明井戸「……よし、決定。ロココ!」

ロココ「え?」

明井戸「お前正GKな、背番号1もやるよ。」

ロココ「ホントに!?やったぁ!」

時任「あ…ジーン控えになっちゃったか。でも、おめでとうロココ!」

葱野「…よし、じゃあ僕が色々と教えてあげるよ!まだチームの事とか分かんない事多いだろうからね。」

成神「葱野が?………めちゃくちゃ不安なんだけど。」

葱野「何で!大丈夫だよ、人生の先輩として年上のお兄ちゃんとして教えるから!」

明井戸「何か知らねーけど葱野張り切ってるぞ。どういう事だ…?」

アツヤ「あれかもな、ずっと一人っ子か兄弟の弟の方だったから下の弟が欲しかったとか…じゃね?」

ロココ「えっと……これ、なんて読むの?」

葱野「これ?これはね…………………(見ていて考えてると分からなくて冷や汗が流れ)」

成神「あー、早速思ってた事が起こってるっスね。

明井戸「やっぱな、完全な想定内だ。

史上最年少の選手。

時任「今日から新人が加わるって話を聞いたけど明井戸?」

明井戸「ああ、加わるぜ?…俺も誰なのか聞かされてねーけど。」

成神「知らないんスか。じゃあ俺達全員初めて見るという事に…。」

葱野「どんな人だろ…FWだったらライバルになりそう!」

アツヤ「この前バダップ加わったばっかなのにまた増えるのかよ…?」

マルコ「どんなのが来るのか楽しみだなぁ、誰だろ?」

ロココ「………………。」

時任「あれ?あれって…ロココ!?に、しては小さいよね…?」

葱野「何か僕よりも背が低いですよ!?」

マルコ「ろ、ロココ?!ちょっと見ない間に縮んだ…訳ないよな?どういう事だこれ!?」

明井戸「…なあ、お前が俺達と新たに一緒にサッカーをやる仲間か?」

ロココ「…………。」

成神「喋んないな…名前言える?」

ロココ「………ろ、ロココ・ウルパです…!」

時任「あ、喋った!…緊張してるだけだったみたいだ。大丈夫、何も心配しなくていいよ。落ち着いて?ね?」

明井戸「そういや大介さんと初めて会った時のロココってのは弱虫のいじめられっ子…て聞いた事があったな。」

葱野「ええ!?今のロココと全然違いますよ!ロココなら…「こんなの止めて当然さ」とか「僕に勝てる訳ないでしょ?」とかそんな絶対的王者的自信が!」

成神「葱野はロココの事そう思ってたの?

マルコ「そこまで言ってたかあいつ…?いや、とにかく…歓迎するよロココ。」

ロココ「よ…よろしく……。」

アツヤ「……なんか凄ぇ気弱そうだぞ、ちゃんとゴール守れんのか?」

成神「確かに、任せるには不安があるっスね。」

ロココ「う………じ、じゃあ試しに誰がシュートして!僕それを止めるから…!」

時任「え!?」

明井戸「マジかおい…中々チャレンジャーだな…。」

葱野「シュート…誰が撃つんですか!?僕ですか!?」

成神「いや、それは本人に決めてもらった方が良いかと。…ロココ、どうする?」

ロココ「止めるのは………あの人で!」

全員「!!」

バダップ「………………」

時任「ば、バダップ!?いきなり物凄い相手撰んでるよ…!」

明井戸「とことんチャレンジャーだな、…本当に良いのか?」

ロココ「………(小さくコクンと頷く)」

バダップ「俺は加減は出来ないが?」

葱野「だ、大丈夫かな…?あんな小さい子がバダップのシュート受けるって…!」

マルコ「俺達のチームNo.1ストライカーだぞ!?」

アツヤ「大介さんって…ロココのああいうチャレンジャー精神とかを見込んで鍛えたんじゃねぇか?多分だけど…。」

時任「それは大介さんに聞かない限り分かんないけど…そうなのかな?それより心配だ!」

バダップ「…………行くぞぉ!!(助走を付けてシュートを放ち)」

マルコ「撃った!必殺技は使ってないけどかなり本気のシュートだあれ!」

ロココ「ゴッドハンドX改!!

11-02-24_001.jpg

時任「あ……止めた!ゴッドハンドXで!」

明井戸「やっぱ…小さくてもロココはロココだったな。」

ロココ「これで良かった、のかな?」

明井戸「良かったよ、ようこそ俺達のチームへロココ。」

バダップ「あの年でもある程度はやるみたいだな…。」

成神「これは、最年少の守護神誕生の予感が。」

葱野「僕より小さいGKってレアだよね…?」

2人で一つの新技。

葱野「お願いしますアツヤ先輩!」

アツヤ「………しょうがねぇな、お前がそこまで言うなら…ただ半端な気持ちでやるんじゃねえぞ?」

葱野「はい!」



明井戸「フィディオ………コトアール戦の前に何でオーディンを真にしなかった。

成神「やってたらロココも技を使わざるを得なかったかもしれないっスよね?」

明井戸「そこらの事をどう思うよ?チームメイト。」

マルコ「え!?えと………どう、なんだろうなぁ…。」

成神「そこは円堂先輩への好意から進化っていう事じゃないスか?

アツヤ「そこで堂々と円堂×フィディオまたはフィディオ×円堂発言かよ。

葱野「というかあのアンジェロって人立ち直り早かったなぁ。精神的に一番強いのかも。」

成神「後、円堂先輩はゴッドキャッチ習得をなんとか頑張っててヒント掴んでたみたいっスけど。」

時任「後もうちょっとかな…?」

明井戸「……そういう事よりもっとやる事が他にあんだろ、DF陣全員を鍛え直せ!!単独突破を何度も許すようなDFは俺が監督なら即外して日本に強制帰還させとるわ!!

成神「物凄い辛口批評ばっかりっスね明井戸先輩。」

明井戸「こういう事を俺が言わなきゃ誰が言うよ、今の状態じゃこの俺に言わせりゃDFは死んでるも同然だぜ。コトアールの攻撃に対応は円堂以外出来そうにねーな。…役立たず揃いだ。」

時任「!そこまで言う事は無いでしょ…彼らも必死で行ってると思うし…。」

明井戸「…世界一を狙うんだろ、だったら甘い事なんざ言っても逆効果だぜ?間違った事を俺は言ってるつもり無いんで。」

成神「まさに飴の時任先輩と鞭の明井戸先輩っスね……。」

バダップ「ゴッドキャッチ……あそこまで習得に苦戦するというデータは無かったぞ。」

時任「ああ、キミのデータじゃあのガルシルド戦になってるんだね。」

バダップ「まさか俺のデスブレイクを止めたオメガ・ザ・ハンドよりも強力なのか…?」

葱野「何か分かんないけど、それは見てのお楽しみだね!それより皆!」

明井戸「あ?どうした葱野。」

葱野「………また新しい技を生み出しました!」

時任「新しい技!?いつの間に……。」

マルコ「何だろう、マキシマムファイアに続く技は?」

葱野「今やりますね、アツヤ先輩お願いします!」

アツヤ「了解、何時でもいーぞ?」

明井戸「アツヤとの連携技…?まさか…。」

葱野「ワイバーン!!

11-02-23_003.jpg

アツヤ「ブリザード!!

11-02-23_002.jpg

時任「ワイバーンブリザード!?」

明井戸「おお、この技を覚えて来たか…。」

葱野「どうです?」

アツヤ「染岡以外のヤツでこの技がやれんのかって思ったけど…まーこいつがあまりに熱心なもんでな。」

成神「て事は葱野が染岡先輩の位置……………。」

明井戸「お前じゃ染岡より迫力が全然落ちるぞ、強面のあいつより可愛い顔してるし。

葱野「流石に顔までは真似出来ないです…!でも、FWとしては負けてるつもり無いですから!」

久々に虎ノ屋で御飯。

成神「ちょっと久しぶりっスね、虎ノ屋で御飯を食べるっていうのは。」

明井戸「最近は各国のエリアばっかだったからなー…日本の飯も食っておかなきゃな。」

時任「うん、それに虎ノ屋は美味しい御飯出してくれるからね。」

成神「さ、早く行きましょ。」

マルコ「あいつ、結構腹減ってるな…。」

葱野「まあ、減ってもそうじゃなくても成神は食べるけどね。」


成神「カツ丼くださーい。40人前で。」

マルコ「食い過ぎだー!」

時任「だから他の人の食べる分が無くなるってば!

マルコ「時任もそこじゃなく金銭の方のツッコミの方はいいのか!?

時任「え?それは特に問題は無いけど?(セレブなリーダー)

明井戸「……時任や龍野とかそういう奴らが数多くチームに居なかったらこういう事は出来てねぇよな…。」

成神「……(そしてやっぱりカツ丼をバクバク食べる)」

成神の食事

アツヤ「相変わらず食いまくってるなー。」

バダップ「この中ではどちらかと言えば小柄な方に入るあいつの身体によくあれ程の量の食事が入るな?」

時任「ちょっとした人体の神秘……なのかな?」

マルコ「でも、俺達の時はホントよくこれだけの人数で入れるな?普通なら他のお客さんでいっぱいだと思うけど。」

明井戸「そのスキルは持ってねーけど、俺達がラッキーって事じゃねぇの?」

マルコ「これだけ連続なら物凄い強運だろ?というかそんなラッキーならサッカーの方で欲しいぐらいだし。

明井戸「サッカーの方じゃあんま役に立たないスキルだから却下。

外で遊んでみよう。

明井戸「えー……?遊ぶなら建物の中でDSとかPSとかWiiやりてーよ。またはゲーセン行きたい、外で遊ぶなんて面倒くさくてやってらんねぇ…。」

成神「オタクを代表してのコメントっスね。

時任「まあ、少しぐらいは…付き合って良いと思うよ。抜けるのは自分の好きなタイミングで良いからさ?」

アツヤ「けど外でって、何やる気だよ?」

葱野「書かれてあるのは………鬼ごっこ。

明井戸「何だそれ!?中学生で鬼ごっこで遊ぶって……ありえねぇ。」

葱野「いや、あの…続きが。この遊びは某漫画によれば判断力、カバーリング能力を培い切り返しのスピードアップに繋がる………みたいですよ?」

時任「………それ、遊びっていうか…。」

アツヤ「結局練習じゃんか!よーするに!」

成神「鬼ごっこという遊びと練習っスね。

明井戸「あーもう!やるならとっととやって終わらせるぞ!マジでそんな効果あんのかよ…。」

時任「この場合は何か捕まえる人を数人決めて残りが鬼で捕まえに行く…って感じかな?」

明井戸「じゃあ逃げんのは時任にアツヤに葱野…FW3人で試してみるか。残りはそいつらを全力で捕まえに行く。」

成神「残りのメンバーも呼んでおいたっス、皆で3人を捕まえに行きましょうか。」

マルコ「なんだ…?特訓と遊び?」

ジーン「また妙な事を始めたな。」

バダップ「…変わった特訓法だな、オーガではこういう事はしなかった。」

葱野「よーし、じゃあ逃げるよー!そう簡単には捕まらな…………。」

バダップ「捕まえたぞ。(葱野のスピードにバダップあっさり追いついて葱野に触れていた)」

葱野「え……は、早過ぎるよー!!」

ジーン「捕らえる…!(長い手のリーチを生かして時任を捕まえに行き)」

時任「っ!結構スリルあるかもしれない…!(その手をかろうじてかわして逃げて行き。)」

明井戸「囲め!挟み撃ちで捕まえろ!!(指示を出して手っ取り早く捕まえるつもり)」

ジーン「そっち行ったぞマルコ!」

マルコ「任せろって、これでどうだ!」

時任「そうは……行かない!(マルコの頭上を飛び越えてかわし)」

マルコ、ジーン「!?」

時任「やった……!」

明井戸「はい、タッチと。(待ち構えてた明井戸が時任に触れ)」

時任「え!?ま、待ち伏せ……?」

明井戸「2重でも駄目なら3重ってな、俺の策を舐めんな。」

マルコ「な、ナイス明井戸…!これで後はアツヤだけか…。」

成神「てっ!この!」

アツヤ「遅ぇよ!そんなんで捕まるか!」

明井戸「苦戦してんな成神は…流石アツヤはNo.1のスピードを持つストライカーって所か。」

バダップ「中々…早そうだ。」

時任「あ、バダップが向かった!」

アツヤ「お前に俺のスピードについて来れんのか?(風の如く早さで走り)」

バダップ「速度向上訓練なら既に積んでいる。(その早さに対応してアツヤをピタリとマーク)」

アツヤ「っ!?」

バダップ「これまでだな、ミッションコンプリートだ!(手を伸ばして捕まえに行き)」

アツヤ「……させるかよ!真風神の舞!!

10-12-10_003.jpg

バダップ「!?」(触れる前に吹き飛ばされてしまい)」

成神「アツヤ先輩必殺技使ったっス!ああいうのアリだった…!?」

アツヤ「どんなもんだ!誰も俺を捕まえらんねぇよ!」

明井戸「それが許されるっつーなら、デーモンカットV3!!

11-01-16_005.jpg

アツヤ「うわああ!?(デーモンカットでアツヤ吹っ飛ばされて倒れ)」

明井戸「はい、タッチと。(倒れて起き上がられる前にすかさずタッチ)」

アツヤ「ああ!く、くっそ……。」

成神「抜け目ないっスね…アツヤ先輩の走るコースにこっそりと先回りしてた…。」

明井戸「じゃあ終わったから俺建物の方でゲームやってるわー。

マルコ「早く終わらせてそっち行きたかったからあんな一生懸命だったのか!」

時任「……でも、彼の策…読みは流石だ……………やっぱ手強そうだね…。」

練習風景。

成神「葱野上がってー。」

葱野「分かった!」

時任「マルコ!」

マルコ「おう!(成神の葱野へのパスをカット)」

成神「!?また……これで何度目だ…?」

アツヤ「最近時任センパイの読みが冴え渡って来てんなー…。」

ジーン「ああ、凄いな。何度もパスカット成功しているぞ。」

レオナルド「!?来るぞ!」

明井戸「バダップ!(バダップへと高いパス)」

バダップ「デススピアーV3!!

11-01-03_004.jpg

アツヤ「ノーザンインパクトV3!!

11-01-03_002.jpg

ジーン「プロキオンネットV3…………うおおお!?(突き破られてゴール)」

アツヤ「へへ…どんなもんだ!」

マルコ「おお、やるなアツヤ…!」

明井戸「…結局皇帝ペンギンXよりそっちの方が強力じゃねーか、覚える必要無かっただろ…。」

時任「さ、まだまだ続けるよー!」

明井戸「(ドリブルで相手陣内へと攻め込む)」

時任「行かせないよ明井戸…!」

明井戸「!……ふん。」

時任「……そこだ!(タイミングを狙ってのスライディング)」

明井戸「そんなんじゃ…今の俺は止めらんねーよ!(鮮やかなドリブルで時任をかわし)」

時任「!?(こんなテクニック何時の間に身につけてた…!?)」

成神「明井戸先輩まで何か巧くなってない…?」

葱野「あの人ってあんまりドリブルで人を抜くような事無かったイメージあるけど…今時任先輩抜いたよね?」

マルコ「時任だけでなく明井戸も調子が上がって…どうなってるんだろ?」

こっそり打ち明ける本音。

明井戸「そこまでー、ちゃんと身体休ませとけよー。」

葱野「はぁっ……はぁっ…い、いつも以上にきつかったですね?」

アツヤ「何か知らねぇけど…ま、実力アップにはなってるだろ。」

明井戸「ならねぇ練習をさせる訳あるかよ、俺の計算通りに行きゃ間違いなく最強になるんだからな。」

マルコ「強気だな…!自分の方針に絶対の自信を持ってるな。」

明井戸「フン…分かったらさっさと休んどきな。明日も厳しいの考えてるからよ。」

バダップ「ああいう感じなのか?明井戸という奴は。」

成神「そうだね、偉そうで自分の考えに自信を持っていて…。」




明井戸「…………(周りには誰もおらず)…本当にこれで上に…頂点に…このまま登れるのか…?」

八神「変わらず…抱え込んでるな。」

明井戸「!?玲名…何時からそこに…。」

八神「不安を抱え込んでばかりでは身体に毒だぞ、いっそ……吐き出して楽になったらどうだ?」

明井戸「…………俺は……。」

八神「話せ、達人。…お前の不安は全て受け止める。」

明井戸「……俺は……円堂みたいな強いメンタルが無い、豪炎寺のような強烈なキック力も無い、鬼道の圧倒する技術も引っ張る力…カリスマも無い、……天才のあいつらとは違って俺は才能の無いただの凡人だ。」

八神「………。」

明井戸「そんな俺がチームを率いて勝って頂点に君臨する……そんな事が出来るのかって思う…。」

八神「お前は……実際にコトアールや天空に魔界、そしてオーガを相手にチームを勝利に導き続けてるじゃないか。もっと自信を持っていいと思うが。」

明井戸「…俺の力じゃない、あいつらが…成神に葱野にアツヤにマルコ…それに時任。あいつらのおかげで勝ってる。…俺は何もたいした事をしてない。」

八神「そいつらを強くさせているのは誰だ?お前だろう、達人。特訓メニューを考えてあそこまで強くなったのでお前のおかげ…だろう?」

明井戸「玲名…………俺、もっと自信持っていいのか…?」

八神「当然だ、…誰が何と言おうが……お前が最高だ達人。」

明井戸「…………………ありがと。」

今日の休日は…?

明井戸「おい、早く行くぞー!」

成神「なんでしょう…行き先がゲーセンのせいか遊園地の時とはテンションがまるで違うっス。

アツヤ「あの人にとっちゃホームみたいなもんだろ、ゲーセンで生活してるって噂もあるぐらいだし。」

葱野「実際どっちなんでしょう…そこで寝泊まりしてるんですか明井戸先輩!?」

明井戸「ああ?出来る訳ねーだろ、深夜には閉まっちまうんだから。ただ開店時間から閉店のギリギリの時間まではよく粘ったりしてた。

時任「それはほぼ一日居るね、ゲーセンに。

成神「あ、美味そうな菓子……取れるかな?」

明井戸「あれ?取ってやるよ。(クレーンを操作して成神の狙った菓子をあっさり取り、その際他の菓子も落とし。)」

葱野「凄い!一発で取った!」

成神「取れた…!明井戸先輩、ホントマジで感謝っス。」

マルコ「この前はシューティングで凄いスコア出してたけどクレーンも得意だったのか…!」

明井戸「まあ、得意な方かな?クレーンにシューティング…一番は格ゲーだけど。」

アツヤ「やっぱ流石おたくって言うべきか。」

葱野「そういえば龍野先輩も相当上手い方ですけど…あの人もおたくだったんですか!?」

時任「いや、違うと思うけど…彼の場合はなんでも器用にこなすっていうか……僕もちょっとやってこよ。」

成神「格ゲー…時任先輩もやるんスか。」

マルコ「龍野が持ってそうでそれを2人でやってる…ていうイメージが浮かぶな…。」

アツヤ「つかこれは俺もやりたかったヤツだ!…乱入しよ。」

時任「…………(自分のキャラでアツヤの扱うキャラを8連コンボでめった打ち。)」

アツヤ「!!(早くもKO負け)めっちゃ強ぇ…!?」

成神「アツヤ先輩、油断したんじゃないスか?」

アツヤ「んな事ねぇよ!じゃあお前やってみろ?」

成神「俺も結構やってますから、行けるっス。」

時任「…………(必殺から超必に繋げて攻め)」

成神「わっ…!ちょ、つ…強っ…!(粘るもあえなくKO負け)」

葱野「成神も…じゃあ僕やるよ!家でよく格ゲーやってるから!」

時任「あ……結構強いかも…!(さっきみたいに攻められず)」

葱野「よーし、此処でコンボ…!」

時任「……隙あり。(カウンターで超必炸裂でKO。」

マルコ「時任も強い…!やりこんでるんじゃないか?って思うぐらいに…。」

明井戸「へぇ、じゃ…俺とやる?」

時任「!明井戸…いいよ。やろうか。」

明井戸「………(小技で様子見)」

時任「………(ガードで様子見)」

成神「なんかこの2人…ガチっぽい。」

アツヤ「つか先輩2人の間って最近…前と違う感じがしねぇか?」

葱野「うーん、どうなんでしょう?…でも確かに何処か……分かんないです。」

同じ相手と試合ばっかり。

明井戸「……よし、もう一回か…。」

成神「…また1-0で逃げ切り逃げ切りと…もう数えきれないっスね。」

時任「…気が遠くなるね。」

アツヤ「あー!何回やりゃいいんだよ!もう同じチームばっかで飽きた!つかもっと得点させろよ!?」

明井戸「一回一回でそんな大量得点出来るか…軽く流して終わりが一番だよ。」

葱野「でも同じのばっかりは飽きますよね、たまには違うチームとやりたい…。」

明井戸「まあ、それは…近いうちに出来ると思うぜ?」

時任「!」

成神「あれ、またどっかと練習試合組んでるんスか?」

明井戸「まだ先の事だけどな。…とびっきり強いのと組んだから。」

葱野「そんな強いのとですか!?オーガとかカテナチオよりも強いチームですか?」

明井戸「カテナチオと比べたらどうなのか知らねぇけど、オーガよりは強いかな?」

バダップ「む、オーガをあの頃のままだと思わない事だな。日々技のごとく進化しているぞ。」

明井戸「…分かってるって、試合やった時前より強くなってたし。」

成神「で、何処っスか?」

明井戸「まだ先の事だから言ってもしょうがねーだろ。」

マルコ「またサプライズか?お前それ好きなんだなぁ…。」

時任「…………。」

最大の決戦が来る…!?

明井戸「大介さん…勢いで言ってたのか!」

時任「深い意味はなく…範と同じだったんだ!」

成神「何と言うか豪快なおじいさんっス。円堂大介さん。」

葱野「でも、伝説のプレーヤーなんですよね?マジン・ザ・ハンドでシュートを止めたりイナズマブレイクで得点したりと…。」

明井戸「円堂と同じGK、と聞いてるけどこれ色々なポジションでサッカーやってそうかな?または…ゴールを飛び出してシュートしたりと超攻撃的守護神、それが現役時代とか?」

アツヤ「何かマジでそれっぽいぞ。だったら教え子のロココもそんな感じか?つか世界最強…。」

葱野「イナズマジャパンに得点出来るんでしょうか…?」

明井戸「……必死にやって1点が精一杯って所か?今までみたいに2点、3点と逆転して取れるような相手じゃねーと思うぜ。」

時任「確かに…世界最強と言うぐらいだから簡単に点を許してくれる訳がないよね。」

明井戸「と、こういう風にイナズマジャパンの連中はロココ攻略にうーんうーんと頭を悩ませてるんじゃね?」

成神「守りばっかじゃなく攻めも強力っスけどね。必殺無しでイタリアから8点…。」

マルコ「う……苦い思い出だな…。」

バダップ「必殺無しで8点程度は強力とは言えないだろう。」

成神「ちょっと黙っててくれない…?どういう感じでローズグリフォンから36点奪ったオーガの人は。

明井戸「強力な攻撃凌いでそれで得点する…やっぱ容易じゃなさそうだなこれ。」

葱野「過去最高に苦しい戦いになりそうです!でも…同時に最高に楽しい試合に両方なりそうな気がします。」

時任「だね…何か大介さんと円堂、同じテンションに見えたし。」

明井戸「さ、俺達は俺達で出来る事やっとくか。大介さんもそういう事言ってたからな。」

葱野「それじゃ、皆ランニング行こっか!」

成神「何故か葱野が仕切ってるな…刺激受けたのかな?」



明井戸「皆行ったか…練習中止続きだったけど久々っぽいなこういうのも。」

時任「……ねえ、明井戸。」

明井戸「あ?」

時任「覚えてる?キミが2軍リーダーで僕が1軍リーダーの時に初めて試合した時の事。」

明井戸「…忘れる訳ねぇだろ、こっちは豪炎寺に一之瀬に鬼道と天才を揃えてこれなら下克上可能と踏んで挑んだら…互いに互角で最後の龍野のPKを源田が防いで0-0のドローに持っていったあの時だ。」

時任「そうだね、………そろそろあの時の決着を付けるつもり…ない?」

明井戸「……オーガ、カテナチオと続いて次に戦うべき相手が何処に居るのかずっと探してた、けど…いなかったんだよな。ついさっきまでは。」

時任「ついさっきまでは……ね。」

明井戸「間近にいたよ、戦うべき相手…お前がな。」

時任「…………。」

明井戸「けど時任、俺を敵に回すって事はどういう事になるのか……分かって言ってんだろうな?」

時任「充分過ぎるぐらいに分かってるよ、キミは相手が誰だろうと全く容赦無しで叩き潰して勝ちをもぎ取りに行く…でしょ?」

明井戸「そういう事…退院したばかりだからって手加減する気はねぇぞ。」

時任「手加減なんかしたら怒るよ?」

明井戸「…ホント急だな、お前。リトルギガントとイナズマジャパンで相当刺激受けたか?」

時任「……多分、そうかもしれないね?キミと決着付けたいと言い出しちゃったぐらいだから…。もしくは…僕のワガママかな?」

明井戸「時任のワガママってそりゃレアだな。とりあえず成神達にはまだ黙っておくって事で、カテナチオとの死闘終わって間もないし…。」

雪が積もった。

葱野「凄い積もってます、雪が!」

時任「これは…どうりで寒いと思ったらこんなに雪が降ってたんだ。」

明井戸「…こんなんじゃ練習とか無理だな、中止中止。」

成神「円堂先輩達は白恋の方でこういう時でも特訓してたっスけど。」

明井戸「俺達の場合は休み、以上。

成神「やっぱあの人達と比べりゃ不真面目っスね。

アツヤ「へへ、こういうのも久しぶりだな♪」

マルコ「上手いなアツヤ!あいつあんなスノボ上手かったのか…。」

時任「何時の間に…!」

葱野「僕達はかまくら作ってみました!」

成神「中々よく出来てるでしょ?」

時任「白恋で見て以来だね…うん、しっかり出来てると思うよ。…あれ?中に誰か…。」

明井戸「んー…此処はこうして…。(DSプレー中。)」

時任「雪が積もっていてもやる事は普段と変わらないねキミは。

成神「あえて言うなら部屋じゃなくかまくらでやってるぐらいっスか、違いは。」

バレンタイン。

アツヤ「うお!?時任先輩凄ぇな!」

葱野「わー、どっさりです!袋がチョコでいっぱいになってますね!?」

時任「僕は男前、という訳じゃないんだけど…でも何か嬉しいな。」

成神「…顔は良い方に入ってると思うっスけど。」

アツヤ「あ?成神は貰ってないのかよ?」

成神「俺はもう貰って全部食いました。

時任、葱野、アツヤ「早っ!

アツヤ「流石成神って言うべきかこれ…。」

マルコ「おーい、明井戸は何処行ったー?」

時任「マルコどうしたの?明井戸に何か用事?」

マルコ「いや…明井戸宛てにチョコが凄い届いてるんで…。トラックで。」

アツヤ「トラックだぁ!?あの人そこまで貰ってんのかよ!」

成神「ま、あの人の場合は男からっていうのも混じってるかもしれないっスけどね。

時任「でもこれは…龍野を抜いて今回一番貰ってる…!?」

葱野「その明井戸先輩は何処行ったんでしょうか?」

明井戸「…………(ハート形の巨大チョコをパクパクとひたすら食う)」

成神「あ、明井戸先輩。…そのチョコは?」

明井戸「これは………玲名から貰った。

成神「デカイ愛っスね彼女さん。

アツヤ「…食いきれるのか?いくら甘党っつってもよ…。」

明井戸「全部食わなきゃ会わせる顔がねぇだろ…!手作りを残すのは最低じゃん。それに…凄ぇ美味いし。」

成神「……愛っスね。」

時任「……愛だね。」

葱野「凄いですね、明井戸先輩…!」

マルシャ「あ、此処に居たんだな皆。」

葱野「あ、マルシャ先輩!」

時任「どうしたんですか?」

マルシャ「ああ、実は…って明井戸は随分と大きいハートチョコを食べてるな?」

明井戸「いえ…俺の事は気にせず用件の方をどうぞ…。」

マルシャ「分かった、葱野。キミにだ。受け取ってくれ。」

葱野「え!?僕にですか!?ありがとうございます!」

時任「葱野に…!?あれ、これは…。」

成神「新たな予感が…するっスね。」

マルシャ「そこの2人、何を話している?」

時任「あ!す、すみません!特になんでもないです…。」

成神「何も…気にしないでください。」

マルシャ「まあ、後で食べてくれ。それじゃあな。」

葱野「はい!ありがとうございます!後で食べますね?」

明井戸「お疲れ様です、マルシャ先輩。」

アツヤ「…なんだ?マルシャ先輩、あの人…おいおいマジか!?」

マルコ「バレンタインというイベントで…新しくCPが?」

葱野「うん、美味しい!」

遊園地後

今回はBL含まれますので注意!


























葱野「面白かったですねー!久々の遊園地は楽しかったなぁ…。」

アツヤ「俺も結構楽しめたよ、ああいうの自体こっちも凄ぇ久々だったせいかな?」

成神「と、皆が楽しめた中で………。」

明井戸「……………(真っ青)」

バダップ「顔色が分かりやすいぐらいに青いぞ明井戸。

明井戸「うっせぇ…!お前らが色々な乗り物…絶叫系に誘いやがるから…。」

時任「断ってもよかったのに…全部乗っちゃったねキミ…。」

マルコ「付き合い良いな…。」

明井戸「じゃ、これで…引き上げるぞ…。」

成神「とりあえずこれで飯っスね。でも遊園地…このイレブンからすればカップルのデートスポットが主だったっスけどね。」

アツヤ「あー、何か俺らの方に入るカップルって皆あのナニワでデートしてたっけ?」

成神「してたっス。ちょっと前の事だけど懐かしい感じが…。」

バダップ「今回はデートと呼べるものではなくただ大勢の遊びという感じだったが…そもそも女子が一人も今此処には居ない。」

成神「まあ、男2人でもBLならデートってなるけどね。

マルコ「ああ、成神の場合は…源田って所か?」

成神「何でそこに源田先輩が…!」

明井戸「…そりゃ、カテナチオ戦の反応とか見てりゃそうなるだろ。」

時任「そうなると成神…球児とも可能性がありそう?」

成神「あのバカともっスか!?ってだったら時任先輩は散々気にかけてるジーンとそうなりそうで…。」

時任「え!?そ、そうなるの…?」

明井戸「ま、それもオーガ戦見てりゃそういう考えに辿り着きそうだろうぜ。色々な組み合わせがあるもんだなぁ。」

成神「明井戸先輩が一番豊富過ぎるぐらいにあるかと思われますが。

葱野「何か色んな人と仲良さそうです!」

明井戸「俺が一番豊富って…なにがだよ?」

時任「…これは、本人が気づかないままに色々な組み合わせが生まれそうだ…。」

息抜きで遊園地!明井戸、大アンラッキー!?

時任「今日は息抜きで遊園地に…って此処どっかで見たような……?」

明井戸「遊園地と言えばやっぱ此処だろ、ナニワ遊園地。」

時任「思いっきりお世話になってた遊園地ー!

成神「何度も行き来してたっスね、特訓目的で。」

葱野「でも、今回は遊ぶんだよね!?特訓じゃなくて!」

マルコ「へえ、これが日本の遊園地……。」

バダップ「…お前達は普段こうやってリフレッシュしているのか?」

アツヤ「いつもって訳じゃねーけど、…基本あの人の気まぐれだからなぁ。」

成神「じゃ、まずはやっぱ…ジェット行きますか。」

明井戸「!!!…あ、お前らだけで行って来い。俺はその辺でのんびりしてるんで。」

マルコ「何でお前だけ行かないんだよ?やっぱり全員で行った方がいいだろ?」

バダップ「一人だけ団体行動から外れるというのは感心しないな。」

明井戸「な!?お、お前ら…バカ!離せ!俺はいい!」

成神「やっぱり全員で乗るという事でジェットコースター行くっスよー。」

時任「あ、明井戸…高い所死ぬ程怖いのに大丈夫かな?」

明井戸「離せぇぇー!俺はヤダー!!

そして全員でジェット。

明井戸「…………うわああああーーーーー!!ぎゃああああーーーーーー!!」

終了。

葱野「ナニワランドのジェットは久々に乗ったなぁ、怖いけど面白かった!」

バダップ「……どうした、明井戸。さっきより顔が真っ青だぞ。」

明井戸「………生きてる…俺は生きてる……。」

時任「そこまでのダメージを…!僕ジュース買って来るね。」

マルコ「もしかして…高所恐怖症だったか?」

成神「…まあね。高い所がすっごい苦手な人だよ。」

葱野「でも、付き合ってくれてやっぱり良い人だ明井戸先輩…!苦手な乗り物なのに…。」

成神「それと、過ぎてたアツヤ先輩の誕生日の為って事もあるかな…?」

アツヤ「え?……この遊園地に急に行こうっつーのは…俺の誕生日!?」

時任「まあ……ちゃんと祝えなくてゴメン、こういう感じになっちゃって。」

アツヤ「…いや、遊園地で遊ぶっつーのは凄ぇ久々だから嬉しい。よし、もっと楽しむか!明井戸先輩、ほら!次はあっち行こうぜー!(また絶叫系)」

明井戸「!!な、さ…さっきのジェットよりハードそうじゃねぇか!殺す気かー!?」

マルコ「明井戸にとっては……災難かもしれないな。」

バダップ「高い所程度であそこまで真っ青になるとは、相当嫌な思い出でもあるのかあいつは?」

意外な強さ。

成神「うぐっ…!こ、これ…無理……。」

時任「えええ!?ど、どうしたの成神!?」

明井戸「お前がハンバーガーを前にして口押さえて無理って…なんだ、明日は槍でも降るのか!?洪水でも起きるか!?

葱野「えー?ちょっと大きいけどこれぐらいのバーガーぐらい僕にだって…(パクっとハンバーガーを食べ)」

成神「あ。」

葱野「……………辛いいいぃぃぃぃぃーーーー!!!!!

時任「葱野!?か、辛いって…そんな辛いハンバーガーなの…?」

成神「それは……激辛のハバネロソースをたっぷりと使った特製バーガーっス…。」

明井戸「ハバネロ…!そりゃ辛い、っつか何でそんなのを食う事に?食えないくせにそんなもん頼んだのかよ?」

成神「いや、完食したら普通に美味い巨大ハンバーガーを3つとドーナツをサービスしてくれるってあったんで。

時任「それに釣られたんだ!」

明井戸「普通に頼めよ!なんでわざわざこっち食ってそれ手に入れようとしてんだ!?」

葱野「(ゴクゴクと水を飲みまくり)はぁっ…はぁっ…こんなの食べられないよー!」

成神「だから食えなくて困って…先輩方2人は食えますかこれ?」

時任「無理だよ!さっきの葱野の反応を見たら食べる勇気が…。」

明井戸「右に同じ…!ハバネロなんざ食える訳がねぇ。立向居呼んで食わせるしか…」

ビーター「おい、何やってんだ?」

時任「あ、範…。」

ビーター「あ、美味そうなハンバーガーじゃん。食わないなら俺貰うぞ?」

明井戸「!?おい、それは…!」

葱野「激辛ハンバーガーですよ!?」

ビーター「…これ美味いな!こんな美味いの久々に食ったよ!」

成神「……あれ?」

葱野「普通に…食べてる?」

時任「そういえば……範って辛いもの大好きなんだった。」

明井戸「え、そうだったのかよ?」

時任「小学校の時も激辛ラーメンを全然平気な顔で全部食べてたよ。…一口で口の中が燃える程だったのに。」

葱野「意外な強さ発見です…!辛いのにめちゃめちゃ強い!」

明井戸「立向居の他に居るもんだなぁ、そういう奴。」

ビーター「はー、美味かった。お前ら勿体ない事すんな?こんな美味いのほったらかしなんて。」

成神「じゃ、これで…ハンバーガーとドーナツが食えるっス。」

時任「結局まだ食うかキミは!」

ゆっくり御飯も食べられる!

明井戸「さーて…そろそろ飯でも食いに行くか。」

成神「何処にします?虎ノ屋と各国のエリアとありますけど。」

明井戸「そーだな、アメリカ辺りにしとくか。昨日イタリアだったし。」

時任「各国の食べ物が食べられるって、この島ぐらいしか無いよね。」

明井戸「日本から此処まで来る時の移動とかは面倒で嫌だけどな。

成神「だから網海先輩といい3年の人はジェットとか高いのが苦手なんスか。

時任「僕は別に平気だけど…。」

葱野「ホント、良い島を作ってくれましたよね!」

アツヤ「作ったのってガルシルドの奴だけどな…確か。」

明井戸「ま…今はもう居ないんだ、野望が消えた今この島は各国で交流を深める…本当のサッカーアイランドになった、と思うぜ?」

成神「…明井戸先輩、何か悪いものでも食いました?」

明井戸「はあ?何でそうなるんだよ…変なのは一切食ってねーよ。」

葱野「いや、何か…明井戸先輩にしてはジーンと来るような事言いましたから!」

明井戸「………お前等、飯抜きにされたいか?

成神「すみませんでした、冗談っス。

葱野「ゴメンなさい、御飯抜きは嫌です!

マルコ「育ち盛りに御飯抜き程きついものはないよな…。」

アツヤ「けど、各国っつってもドイツエリアとかフランスエリアとかスペインエリアは見ねーな?」

時任「うーん、探せばありそうだけど…。無いね?」

成神「残念っス、ドイツのソーセージにスペインのパエリアにフランスのカヌレを食いたかったのに。」

明井戸「壁山かお前は。発想が似てるぞ。

マルコ「食べ物目当てばっかりだな、成神らしいと言えばらしい…。」

やっとゆっくりと休養。

成神「…ホントに怒濤の日々だったっスね、此処数日は。」

明井戸「オーガとの戦い、アツヤの風邪、カテナチオとの死闘、時任の怪我、そして旧友との勝負。色々な事が有り過ぎだ。

マルコ「本当にゆっくり休む暇も無かったな、これだけの出来事が起きてて…。」

葱野「でも、ちょっとは休んでたけどね?合間合間に。」

アツヤ「時任センパイの怪我…ってもう平気なのかよ?」

時任「だからそれは元々たいした事なかったから、もう大丈夫だよ。」

明井戸「退院って時に勘違いな旧友が来ちまった訳だ。で…向こうはガルシルド撃破と。」

成神「やっと全部終わりっスね。何も心配が無くなった訳で。ホント…安心っス。」

マルコ「まだ残ってるよ。…コトアールとの試合、今の状態で勝てるのか?」

明井戸「……正直無理そう。」

時任「あ、明井戸!?それを言っちゃったら…!」

明井戸「だって絶対チームガルシルドより強いだろ?アドバイスくれた大介さん敵にして勝てるかって言えば…無理じゃん。」

成神「まあ、そうっスね…伝説の男が作り上げたチームに勝とうなんて事は容易じゃないはずですし。」

葱野「うう、改めて聞くと物凄いチームですコトアール…。」

アツヤ「その凄いチームに俺ら2桁以上の差をよく付けてんだけどな、試合の時は。

時任「アツヤ…そういう事はコトアール戦終わってからで…!彼らが最強って空気なのにそれ言ったら台無しになるから!」

明井戸「確かに差は付けてるけど、特訓法は到底マネ出来ねぇな…。何十キロって重りを身につけてのサッカーだろ?…動けねぇって。」

成神「そんな特訓帝国でもやってないっスね。」

アツヤ「白恋でも…ねーな。スノボによる特訓はあっても。」

マルコ「オルフェウスでも無いな、そういうの…。」

時任「秋葉では…うん、無いよねそれ。」

明井戸「あのアイドル追っかけてスイカ食いまくってるだけのオッサンがそんな特訓法考える訳がねぇ。

成神「やっぱ大介さんって凄い特訓考えるんスね。それに耐えるコトアール選手も凄いけど。」

葱野「…必ず穴はあると言うけど、その穴は何処なのあのチーム!?あったとしても物凄いチームワークの良さで埋め合ってしまいそうで…。」

マルコ「俺達は穴も分からず8-0の完敗だったけど…思い出すと悔しい…。」

明井戸「ま、そこまで悩む事ねーだろ。戦うの俺達じゃなくイナズマジャパンの奴らだ、今頃コトアール対策に頭を悩ませてるだろうぜ。」

勝利して新しく仲間が。

マルコ「やったな時任!新技プライムレジェンド凄いな?」

葱野「僕達の前の試合で見せた新技より凄かったです!」

時任「いや…明井戸が協力して撃ってなかったら負けてたからね…。」

ビーター「信…寵児…何故だ、何故俺が負ける…!あれだけ練習に練習を重ねて俺は驚異的な強さを身につけたと言うのに!」

龍野「…自力でそこまで強くなったキミには驚かされました、が…僕達も負ける訳には行かなかったので。」

ビーター「こんな、こんな…俺に黙って雷門に2人揃って行きやがった裏切り者達に!」

時任「だから範、僕達は…誘おうとしたよキミを。」

ビーター「え?」

時任「でも、その頃にはキミはもう帝国への入学手続きとか済ませていたし…。無理に雷門に誘って高い授業料を無駄にさせてキミやその親に迷惑かける訳にも行かなかったからさ、だから2人だけで雷門に…。」

ビーター「俺は……帝国にお前達も行くと思ったから一足先に入学しておこうと…。」

明井戸「…おい待て、これは…全部は…お前の勢いとか勘違いかよただの!?

龍野「そういえば彼は小学校の通信簿にこう書かれてました「そそっかしくて落ち着きが無い、人の話はおちついてよく聞きましょう。」、と。

成神「…………人騒がせな先輩っス。」

アツヤ「…葱野と違う意味でバカに見えて来たぞあのセンパイさん。」

ビーター「でも、なんだ…お前らも俺と一緒にサッカーやりたかったのか。俺はてっきり…嫌になって2人とも離れたのかと思ったのに。」

時任「そんな訳ないでしょ!何で急に嫌になるのさ、誰もそんな事言ってないからね?」

龍野「…とりあえず、範。キミも…僕達と一緒に来ますか?」

ビーター「あ、いいのか!?あのチョウテイコクに俺も入れるのか、それなら良いぞ。」

成神「いいんスか、あっさり入ったっスね。

明井戸「勘違いの末結局俺らのチームに参加って事かよ、なんつー無茶苦茶な…まあ役に立ちそうなヤツだから良いけどよ。」

時任「改めて…よろしく範。」

ビーター「ああ、3人揃えば怖いもの無しだな!」

龍野「またこの3人が揃うとは、人生どこでどうなるのか分からないものですね。」

明井戸「…もうこれ以上トラブル持ってくんじゃねーぞ…?」

明井戸の策、そして時任の新技。

時任「まさかタマシイをキミが習得していたなんて…!」

ビーター「お前のサッカーを潰す為に俺が必死に身につけたものだ!もはやお前のシュートは何も通じないぜ!」

明井戸「…やべぇなこれ、3本目。」

時任「っ…………真エクスカリバー!!」

時任のエクスカリバー

ビーター「無駄無駄、効かないって言ってるだろ!タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

11-02-06_004.jpg

葱野「あああ!またガッチリと止められた!」

成神「エクスカリバーじゃ…タマシイを打ち破れない…。」

時任「く………。」

龍野「これで2本止められて…追いつめられましたね。」

ビーター「ハハハ!思い知ったか裏切り者め!」

時任「範………。」

ビーター「このぐらいのシュートしか撃てない、所詮お前は親父の足元にも及ばない出来損ないだな!

時任「!!………僕は…………。」

葱野「ちょ、言い方酷過ぎじゃないですか!?」

明井戸「…なあ、これ…ちょっと俺も協力していいか?」

ビーター「何…?」

明井戸「こいつはな、前の試合で怪我して入院してそして退院したばっかの…病み上がりなんだよ。だからちょっと協力ぐらいが丁度良いかな?って。」

ビーター「…それで何か撃つつもりか、別に構わないぞ。何をしようが3本目を決める事は出来ないんだからな!」

明井戸「(よし)時任、そういう訳だ。これで…アレ撃てるぞ。」

時任「明井戸、そんな…これは僕と範の問題だよ。キミが関わる事は…。」

明井戸「分かってねーな。うちのチームのリーダーがその辺りのヤツに負けちまったらチョウテイコクやカテナチオの名に傷がつくだろ…それで舐められちまうのは嫌だから。」

成神「勝利の為に手段撰ばないっスね先輩。」

明井戸「そういう訳だからほら、やろうぜ?」

時任「………うん。」

ビーター「何ブツブツ言ってんだ、さあ来い!」

龍野「では4本目……。」

時任、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-02-06_006.jpg

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!……うわああああ!?」

葱野「あ、入った!入りました!」

アツヤ「プライムレジェンド!?そんな技覚えてたのかよ時任センパイ!」

マルコ「明井戸と協力で撃つ技か…タマシイをも突き破る程なんて。」

時任「やった、決まった…!」

明井戸「これでタマシイ攻略だな。」

ビーター「バカな…俺の切り札が…!こんなはずはない…俺の3年間がお前の3年間に負けるはずがない!」

時任「範………。」

明井戸「…トドメと行くか。あいつがどんな気持ち持ってようがこんな所でつまづく訳にも行かねーし。」

龍野「では、ラスト5本目。」

時任、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-02-06_006.jpg

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

ビーター「うわあああー!」

アツヤ「決まった、3本目!時任センパイの勝ちだな!」

葱野「うーん、2VS1でしたけど…。」

明井戸「勝ちは勝ちだ。

因縁の対決。

アツヤ「おいおい、偉い事になっちまったぞ。まさか此処でやり合うなんて…。」

葱野「退院して早々に時任先輩大丈夫なんでしょうか…?」

明井戸「おい、成神。あの飛江田ってヤツの実力はどうなんだよ?」

成神「後一歩で16人の中に入れていたって程だから…それなりに高いと思うっス。詳しくは分かんないけど。」

明井戸「ふーん……じゃ、2人とも。ルールはPK勝負で時任がキッカーで飛江田がキーパー、5本勝負でどっちかが3本決めるか3本止めりゃ勝ち。」

時任「分かった、それで良いよ。」

ビーター「さあ、勝負と行こうか信…3年の月日でどれだけ実力が開いたか教えてやる!」

龍野「……今は彼は…僕達に裏切られたと思い込んでますね。」

時任「…雷門に彼も誘うつもりだったけど、今の範はとにかく僕を倒そうとしてる…」

明井戸「じゃあ、行くか1本目。(明井戸が笛を吹く)」

時任「全力で……行くよ!真エクスカリバー!!

時任のエクスカリバー

ビーター「ワームホールV3!………っ!」

(ゴールへと突き刺さり)

葱野「やった!時任先輩が先に決めたよ!」

成神「ワームホール覚えてるなんて聞いてなかったっス。」

アツヤ「けど、そんな程度の技はエクスカリバーの前じゃ無意味みてーだ。こりゃ勝負見えたんじゃね?」

ビーター「………これが、これがお前の3年間か?この程度か?」

時任「……?」

明井戸「なんだ?自分の技を破られたってのに…笑ってやがる?」

ビーター「来い、その程度で…俺に勝てると思うなよ。」

明井戸「…2本目。(笛を吹く)」

時任「真エクスカリバー!!」

マルコ「ワームホールが通じなかったんだぞ?何を出してくるって言うんだ。」

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

明井戸「!!」

成神「あれってロココの…!?」

葱野「エクスカリバーが…止まった!」

時任「範…!いつの間にそんな技を……。」

ビーター「見たか信!これが俺の力、お前と寵児を倒す為に必死に身につけた力だ!!」

アツヤ「マジか、あんな技使って来るなんて予想外だぞ…!」

退院と旧友。明かされる過去。

葱野「思ったより回復速くて退院出来て良かったですね!」

時任「あれはだから大げさだっただけで怪我自体はたいした事ないよ。」

明井戸「ま、念のため…試合の時はお前はベンチだな。」

アツヤ「けど、驚きだよなぁ。時任センパイが…あの時任学の息子だなんてよ。」

葱野「凄いです!日本代表の父を持って…サッカーの指導を受けたりはするんですか?」

時任「たまに海外から家に帰ってくる時ぐらいに少し、ね…。」

マルコ「だからあの巧さ…父も凄ければやっぱり息子も凄いんだな。」

凄いのは親父だけさ、そいつは……違う。

葱野「!?誰…?」

明井戸「聞き覚えの無い声だな…?」

ビーター「…………。」

葱野「あの、誰ですか?貴方は?」

時任「!…………範。」

成神「あ…飛江田先輩じゃないスか。」

マルコ「時任に…成神まで知ってるのか!?」

成神「あの人は帝国の先輩なんだ、学年は3年。」

ビーター「随分と久しぶりじゃないか、こうして会うのは…信。」

アツヤ「あいつ、時任センパイの知り合いかよ!?」

明井戸「という事は同級生…にしては…穏やかな空気じゃねーぞ?」

ビーター「どんな気分だよ?…友人を捨てて色々な物を手に入れた感想は?」

葱野「ちょ、な…何言ってるんですか!?」

マルコ「友人捨ててってどういう意味だ!?」

ビーター「フン、知らなきゃ教えてやる。そいつは友人との誓いを破った最低野郎なんだよ!!」

時任「……………。」

成神「最低野郎って時任先輩が…?」

葱野「何で何も言い返さないんですか時任先輩!?」

ビーター「言い返せないだろうな。本当の事なんだからなぁ!」

時任「……範、キミはまだ…あの時の事を……キミと一緒に……帝国学園に行かなかった事を。」

アツヤ「な…なんだと!?帝国学園…?」

成神「時任先輩が…帝国学園に?」

ビーター「信だけじゃない、寵児…ヤツも同罪だ!2人揃って俺を裏切りやがって!!」

時任「違う!僕は……僕達はキミを裏切ってなんか………。」

ビーター「黙れ!裏切り者が!!

明井戸「どういう事だ…?俺らには全然どういう事なのか分かんねぇぞ。」

龍野「……飛江田 範。小学校の頃僕達3人は同じサッカーチームに居たんです。」

葱野「龍野先輩!そうなんですか!?」

ビーター「フン、寵児か。丁度良い…そいつの言う通り俺達は元々同じチームでサッカーをやって勝ちまくった。寵児が守り、俺が繋ぎ、そして信が叩き込む。そのパターンでな。」

龍野「範はFW以外の全てのポジションをこなす程のプレーヤーなんです。MFは勿論DFも、その気になれば…GKも。」

ビーター「3人揃えばどんなチームにも勝てると思った、そして…3人ずっと一緒のチームならどんな強豪チームでもレギュラーの座を取れると思った。3人で一緒にサッカーをやろうと…。」

時任「……………。」

ビーター「小学校を卒業して俺は3人で帝国学園でサッカーをやろうと提案した、なのに…お前らは雷門を取りやがった!そして、俺は帝国でレギュラーになれず落ちぶれてく一方で…お前らはFF優勝にエイリア学園の脅威から日本を救ってヒーローに…そして世界を相手に戦って世界一……俺を裏切ってのな!!」

時任「違う!だからキミを裏切ってなんかいない!範も雷門に誘ってい……」

ビーター「それが現役代表の息子の本性かよ!友人を蹴落として自分は成り上がる薄汚い本当の顔が!!」

アツヤ「おい、あのセンパイさん全然話し聞こうともせずに凄ぇ興奮してるぞ!?」

龍野「…怒りで冷静さを欠いてますね、…でもこうなった事は僕に責任がある。」

時任「龍野、…僕のせいだ。僕が…範の気持ちをもっと考えればよかったんだ。」

明井戸「ストップ、ストップ、あんまり飛ばしたらこっちがついて行けねぇよ。」

葱野「うう、結局何がなんなのか…。」

明井戸「おい、そこの…飛江田範だっけ?帝国3年の。今こうして出て来て何が狙いだ?ただ悪口が言いたいだけかよ?」

ビーター「……俺と勝負しろ、信、寵児、お前らの手に入れ築き上げてきたサッカーを俺のサッカーで粉々にぶっ壊してやる!!」

マルコ「そ、それってつまり……2人への復讐!?」

ビーター「そうだよ、ずっと一緒だった俺を裏切ったその苦しみ…何百倍!何千倍にもして返すんだ!」

葱野「だから!裏切った裏切ったって2人はそんな人達じゃありません!思い込み過ぎですよ!?」

ビーター「黙れチビメッシュが!関係無いキサマは黙ってろ!!」

葱野「ひ!?」

時任「………分かった、その勝負……僕が受けて立つ。」

明井戸「時任が退院した途端に…またとんでもねぇトラブルが来ちまった。」

しまった!!

明井戸「今日、昨日の活動を忘れてた…!一日ゲームに夢中に鳴り過ぎちまった!!」

成神「やっぱゲーマーっスね。」

葱野「ああ、連続の回数がこれで終わり…!リセットだ…。

お見舞い。明らかになる時任の父親。

明井戸「……なんだあれ?強化に強化を重ねておいて…挙げ句の果てに撃ったシュートがガンショットって何だそれ!?

成神「どうせならイナズマジャパンの使う最大の技を使ってビックリさせてほしいっス、「こいつら俺達の技を!?」…みたいな感じで。」

葱野「あるね…グランドファイアに皇帝ペンギン3号にクロスファイアとか。」

明井戸「ホント、世界一の策士であるこの俺に言わせりゃ甘い!甘過ぎる!」

バダップ「そもそも、わざわざ強化プログラムを使わなければそこまで強くなれないか。軟弱極まりないな。オーガの訓練を受けていればあの程度の力など自然とすぐに身に付くものだ。」

マルコ「強化プログラム使ってあの程度って言い切った…!オーガの訓練ってどういうのやってるんだ?」

バダップ「バカか、軍の情報をそんな簡単に喋るはずがないだろう。」

明井戸「…ま、そりゃそっか。それよりも見舞い行くぞ。時任の見舞いに。」

葱野「軽傷って言ってたけど大丈夫なんでしょうか?」

稲妻総合病院

アツヤ「時任先輩具合どうだー?」

時任「あ、皆。僕は平気だよ、医者の人達が大げさなだけでたいした事ないからさ。」

成神「デカい個室っスね…此処。」

明井戸「ほら、見舞い品。早く戻って来いよ?」

マルコ「そうだよ、時任は俺達にとって欠かせないからさ。」

時任「ありがとう、そう言ってもらえると嬉しいね…。」

明井戸「…あ、そういや今の時間って日本代表…大人の方の試合やるんだっけか。」

マルコ「おい、明井戸…勝手にテレビ…!」

時任「全然良いよマルコ。あ、でも音は小さくね…?」

葱野「そういえば気になってましたけど…あの日本代表に「時任学」って右サイドバック居ますよね?あれ、もしかして…時任先輩のお父さんか何か、だったりとか?」

明井戸「まさか、確かに34歳のベテランだけどよ…たまたま同じ名字ってだけだろ?」

時任「うん、そうだよ?

明井戸「ほら、そう……………マジか!?

成神「全然知らなかったっス…!時任先輩、現役日本代表のサイドバックの息子っスか…。」

アツヤ「そうだったのかよ!だからあのサッカーセンス…。」

マルコ「えーと…時任学ってどんな選手かな?俺ちょっと知らなくて…。」

明井戸「16歳からプロの世界に飛び込んだ天才、そして僅か1年後に代表入り。抜群のテクニックと脅威のスピードで数々のゴールをアシストして来た「アシストキング」でクラブでも代表でも不動の右サイドバックだ。」

マルコ「大介さんも日本サッカー界の伝説と言われてるけど…その人も中々凄いな!」

時任「………………。」

成神「クラブは海外…だから時任先輩の家に行っても会えなかったんスね。」

アツヤ「海外に単身赴任…か。」

バダップ「あの円堂守は祖父である円堂大介譲りのサッカーセンスを持ってるなら時任は父親譲りという事か。」

明井戸「やっぱ円堂の事調べ上げて来てんだな、大介さんの事も知ってたか…。」

マルコ「とりあえず…試合は帰ってから見るか?此処で見ていたら時任に迷惑かかるし。」

成神「だね、じゃ時任先輩。失礼します。ゆっくり休んでくださいねー。」

明井戸「じゃーな、急いで戻るぞ。」

時任「うん………。」

テレビで父親の姿が移り

時任「……もっと、父さんみたいに速く、巧かったら…」

激闘を終えて休息。

明井戸「あーあ…あんな事があって流石に疲れたなぁ。当分の間休んどこーぜ。」

成神「それは勿論OKっスけど何時また試合とかやるんスか?」

明井戸「気が向いたら。

マルコ「そこは明井戸の気分次第なんだな…!」

葱野「ところで…時任先輩は大丈夫なんですか?足を負傷してましたけど…。」

明井戸「それなら豪炎寺の親父さんに見てもらってるよ。聞いた話じゃ軽傷だけど…一応入院って事に。」

成神「ああ、あの豪炎寺先輩のお父さん…名医なんスよね。その人に見てもらえるなら安心っス。」

マルコ「時任が居ない間…リーダーどうするんだ?」

明井戸「そりゃ俺がやるよ。時任が居ない時は俺がやってんだからな。」

アツヤ「あの人はちょっとチーム離れちまうけど、その穴はバダップが充分に埋めてくれるよな?」

成神「時任先輩のツッコミと優しさがバダップに勤まるんスか?

明井戸「バダップのツッコミと優しさ…想像出来ねぇ!」

成神「……自分で言ってあり得ねぇって思いました。」

アツヤ「そういうのじゃなくサッカーの方だっての!」

葱野「大丈夫なんでしょうか…時任先輩不在の間に練習試合とかする事になっちゃったら…。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。