FC2ブログ

明井戸の策、そして時任の新技。

時任「まさかタマシイをキミが習得していたなんて…!」

ビーター「お前のサッカーを潰す為に俺が必死に身につけたものだ!もはやお前のシュートは何も通じないぜ!」

明井戸「…やべぇなこれ、3本目。」

時任「っ…………真エクスカリバー!!」

時任のエクスカリバー

ビーター「無駄無駄、効かないって言ってるだろ!タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

11-02-06_004.jpg

葱野「あああ!またガッチリと止められた!」

成神「エクスカリバーじゃ…タマシイを打ち破れない…。」

時任「く………。」

龍野「これで2本止められて…追いつめられましたね。」

ビーター「ハハハ!思い知ったか裏切り者め!」

時任「範………。」

ビーター「このぐらいのシュートしか撃てない、所詮お前は親父の足元にも及ばない出来損ないだな!

時任「!!………僕は…………。」

葱野「ちょ、言い方酷過ぎじゃないですか!?」

明井戸「…なあ、これ…ちょっと俺も協力していいか?」

ビーター「何…?」

明井戸「こいつはな、前の試合で怪我して入院してそして退院したばっかの…病み上がりなんだよ。だからちょっと協力ぐらいが丁度良いかな?って。」

ビーター「…それで何か撃つつもりか、別に構わないぞ。何をしようが3本目を決める事は出来ないんだからな!」

明井戸「(よし)時任、そういう訳だ。これで…アレ撃てるぞ。」

時任「明井戸、そんな…これは僕と範の問題だよ。キミが関わる事は…。」

明井戸「分かってねーな。うちのチームのリーダーがその辺りのヤツに負けちまったらチョウテイコクやカテナチオの名に傷がつくだろ…それで舐められちまうのは嫌だから。」

成神「勝利の為に手段撰ばないっスね先輩。」

明井戸「そういう訳だからほら、やろうぜ?」

時任「………うん。」

ビーター「何ブツブツ言ってんだ、さあ来い!」

龍野「では4本目……。」

時任、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-02-06_006.jpg

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!……うわああああ!?」

葱野「あ、入った!入りました!」

アツヤ「プライムレジェンド!?そんな技覚えてたのかよ時任センパイ!」

マルコ「明井戸と協力で撃つ技か…タマシイをも突き破る程なんて。」

時任「やった、決まった…!」

明井戸「これでタマシイ攻略だな。」

ビーター「バカな…俺の切り札が…!こんなはずはない…俺の3年間がお前の3年間に負けるはずがない!」

時任「範………。」

明井戸「…トドメと行くか。あいつがどんな気持ち持ってようがこんな所でつまづく訳にも行かねーし。」

龍野「では、ラスト5本目。」

時任、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-02-06_006.jpg

ビーター「タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

ビーター「うわあああー!」

アツヤ「決まった、3本目!時任センパイの勝ちだな!」

葱野「うーん、2VS1でしたけど…。」

明井戸「勝ちは勝ちだ。
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR