FC2ブログ

勝利して新しく仲間が。

マルコ「やったな時任!新技プライムレジェンド凄いな?」

葱野「僕達の前の試合で見せた新技より凄かったです!」

時任「いや…明井戸が協力して撃ってなかったら負けてたからね…。」

ビーター「信…寵児…何故だ、何故俺が負ける…!あれだけ練習に練習を重ねて俺は驚異的な強さを身につけたと言うのに!」

龍野「…自力でそこまで強くなったキミには驚かされました、が…僕達も負ける訳には行かなかったので。」

ビーター「こんな、こんな…俺に黙って雷門に2人揃って行きやがった裏切り者達に!」

時任「だから範、僕達は…誘おうとしたよキミを。」

ビーター「え?」

時任「でも、その頃にはキミはもう帝国への入学手続きとか済ませていたし…。無理に雷門に誘って高い授業料を無駄にさせてキミやその親に迷惑かける訳にも行かなかったからさ、だから2人だけで雷門に…。」

ビーター「俺は……帝国にお前達も行くと思ったから一足先に入学しておこうと…。」

明井戸「…おい待て、これは…全部は…お前の勢いとか勘違いかよただの!?

龍野「そういえば彼は小学校の通信簿にこう書かれてました「そそっかしくて落ち着きが無い、人の話はおちついてよく聞きましょう。」、と。

成神「…………人騒がせな先輩っス。」

アツヤ「…葱野と違う意味でバカに見えて来たぞあのセンパイさん。」

ビーター「でも、なんだ…お前らも俺と一緒にサッカーやりたかったのか。俺はてっきり…嫌になって2人とも離れたのかと思ったのに。」

時任「そんな訳ないでしょ!何で急に嫌になるのさ、誰もそんな事言ってないからね?」

龍野「…とりあえず、範。キミも…僕達と一緒に来ますか?」

ビーター「あ、いいのか!?あのチョウテイコクに俺も入れるのか、それなら良いぞ。」

成神「いいんスか、あっさり入ったっスね。

明井戸「勘違いの末結局俺らのチームに参加って事かよ、なんつー無茶苦茶な…まあ役に立ちそうなヤツだから良いけどよ。」

時任「改めて…よろしく範。」

ビーター「ああ、3人揃えば怖いもの無しだな!」

龍野「またこの3人が揃うとは、人生どこでどうなるのか分からないものですね。」

明井戸「…もうこれ以上トラブル持ってくんじゃねーぞ…?」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR