FC2ブログ

外で遊んでみよう。

明井戸「えー……?遊ぶなら建物の中でDSとかPSとかWiiやりてーよ。またはゲーセン行きたい、外で遊ぶなんて面倒くさくてやってらんねぇ…。」

成神「オタクを代表してのコメントっスね。

時任「まあ、少しぐらいは…付き合って良いと思うよ。抜けるのは自分の好きなタイミングで良いからさ?」

アツヤ「けど外でって、何やる気だよ?」

葱野「書かれてあるのは………鬼ごっこ。

明井戸「何だそれ!?中学生で鬼ごっこで遊ぶって……ありえねぇ。」

葱野「いや、あの…続きが。この遊びは某漫画によれば判断力、カバーリング能力を培い切り返しのスピードアップに繋がる………みたいですよ?」

時任「………それ、遊びっていうか…。」

アツヤ「結局練習じゃんか!よーするに!」

成神「鬼ごっこという遊びと練習っスね。

明井戸「あーもう!やるならとっととやって終わらせるぞ!マジでそんな効果あんのかよ…。」

時任「この場合は何か捕まえる人を数人決めて残りが鬼で捕まえに行く…って感じかな?」

明井戸「じゃあ逃げんのは時任にアツヤに葱野…FW3人で試してみるか。残りはそいつらを全力で捕まえに行く。」

成神「残りのメンバーも呼んでおいたっス、皆で3人を捕まえに行きましょうか。」

マルコ「なんだ…?特訓と遊び?」

ジーン「また妙な事を始めたな。」

バダップ「…変わった特訓法だな、オーガではこういう事はしなかった。」

葱野「よーし、じゃあ逃げるよー!そう簡単には捕まらな…………。」

バダップ「捕まえたぞ。(葱野のスピードにバダップあっさり追いついて葱野に触れていた)」

葱野「え……は、早過ぎるよー!!」

ジーン「捕らえる…!(長い手のリーチを生かして時任を捕まえに行き)」

時任「っ!結構スリルあるかもしれない…!(その手をかろうじてかわして逃げて行き。)」

明井戸「囲め!挟み撃ちで捕まえろ!!(指示を出して手っ取り早く捕まえるつもり)」

ジーン「そっち行ったぞマルコ!」

マルコ「任せろって、これでどうだ!」

時任「そうは……行かない!(マルコの頭上を飛び越えてかわし)」

マルコ、ジーン「!?」

時任「やった……!」

明井戸「はい、タッチと。(待ち構えてた明井戸が時任に触れ)」

時任「え!?ま、待ち伏せ……?」

明井戸「2重でも駄目なら3重ってな、俺の策を舐めんな。」

マルコ「な、ナイス明井戸…!これで後はアツヤだけか…。」

成神「てっ!この!」

アツヤ「遅ぇよ!そんなんで捕まるか!」

明井戸「苦戦してんな成神は…流石アツヤはNo.1のスピードを持つストライカーって所か。」

バダップ「中々…早そうだ。」

時任「あ、バダップが向かった!」

アツヤ「お前に俺のスピードについて来れんのか?(風の如く早さで走り)」

バダップ「速度向上訓練なら既に積んでいる。(その早さに対応してアツヤをピタリとマーク)」

アツヤ「っ!?」

バダップ「これまでだな、ミッションコンプリートだ!(手を伸ばして捕まえに行き)」

アツヤ「……させるかよ!真風神の舞!!

10-12-10_003.jpg

バダップ「!?」(触れる前に吹き飛ばされてしまい)」

成神「アツヤ先輩必殺技使ったっス!ああいうのアリだった…!?」

アツヤ「どんなもんだ!誰も俺を捕まえらんねぇよ!」

明井戸「それが許されるっつーなら、デーモンカットV3!!

11-01-16_005.jpg

アツヤ「うわああ!?(デーモンカットでアツヤ吹っ飛ばされて倒れ)」

明井戸「はい、タッチと。(倒れて起き上がられる前にすかさずタッチ)」

アツヤ「ああ!く、くっそ……。」

成神「抜け目ないっスね…アツヤ先輩の走るコースにこっそりと先回りしてた…。」

明井戸「じゃあ終わったから俺建物の方でゲームやってるわー。

マルコ「早く終わらせてそっち行きたかったからあんな一生懸命だったのか!」

時任「……でも、彼の策…読みは流石だ……………やっぱ手強そうだね…。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR