スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

激闘を終えて。

明井戸「………疲れた…!」

成神「……何かしようって気が起きないっス。」

ロココ「皆疲れ過ぎだよー!」

アツヤ「元気なのは出番の少なかったロココぐらいじゃねぇ?

葱野「時任先輩とかもまだ寝てるし、皆激しい激闘で物凄く疲れたんですね。」

バダップ「なんだ、だらしのない連中だ。」

明井戸「軍人と一般人一緒にすんな…!

成神「加えてこの人は貧弱なオタクなんで。

明井戸「とにかく今日は何もしない!ひたすら休息しまくる!!」
スポンサーサイト

明井戸VS時任V11 決着、MVPは…?

試合終盤で3点目が生まれたチョウテイコクー!!これはカテナチオに止めを刺す1点だ!

球児「ああ、この時間でこの1点は…もう駄目だ…!」

栄田「まさかハットトリック決められるなんて……。」

時任「っ……………」

カテナチオのキックオフ、全体的に意気消沈と言った感じか…?

時任「終われない、このままじゃ終われない!!

あーっと!!時任いきなりドリブルで中央を真っ直ぐ駆け上がるー!誰にもパスせず単独突破だ!!

成神「時任先輩!?」

明井戸「…いーぜ、最後の勝負だ時任!」

これに対して明井戸が迎え撃つ!これが最後の対決か!?

時任「真エクスカリバー!!

明井戸「デーモンカットV3!!

両者最大の技が真っ向からぶつかるーーー!!シュートかブロックか!?

(ボールは2人の頭上を空高く舞っていた)

これは…威力互角!

ピッ、ピッ、ピィー

長い激闘についに終止符!結果は………チョウテイコク3-0!カテナチオを下しました!!

前半29分 得点アツヤ アシスト バダップ

後半10分 得点アツヤ アシスト バーン

後半28分 得点アツヤ アシスト 八神

時任「……終わったね。」

明井戸「…決着はこれで付けた、俺の勝ちだぜ時任。」

時任「うん、でも…近いうちにまたリベンジさせてよ。」

明井戸「ふん…当分はゴメンだね。お前等との試合が一番しんどかったっての。」

成神「チョウテイコクVSカテナチオってのは前にやったっスけど、あの時と比べれば楽しいもんでしたね。」

龍野「ああ、余計な悪魔が居ない分そうですね。

おっと、此処でMVPが決まったようです。MVPは………ハットトリックを決めた吹雪アツヤ!!

アツヤ「俺!?」

葱野「アツヤ先輩かぁ、まあ当然と言えば当然か…3点決めたし。」

栄田「シャドウとかなり競ってそうだったんじゃないか?ほぼ完璧な守りで俺達を止めていたし。」

シャドウ「………興味無い。チームが勝てればそれで良い。」

明井戸「さて、MVPの賞品って言えばプロの世界では車とかそういうのだけど中学生で運転なんて出来るはずねぇから…これやるよ。何処の高級スィーツ店でも使えるペアのタダ券。」

シャドウ「!!」

龍野「今明らかに興味が出ましたね。

アツヤ「何処のでも…ねぇ。何処行こうかそれ迷うぞ。」

葱野「ペアならお兄さんと一緒に行けますね!」

明井戸「…行く相手がそれとは限らねぇだろ。」

明井戸VS時任V10 勝者はどっち!?

カテナチオの怒濤の攻めを防いだチョウテイコク!反撃なるか?!

マルコ「そうはさせるか!カテナチオカウンター!!

11-01-04_015.jpg

あー!此処で名前の象徴であるカテナチオカウンターだ!オルフェウスのマルコがボールを取って特大ロングパスー!!そしてボールを受けたのは…時任!

明井戸「させるか時任!!」

時任「!明井戸!」

しかし明井戸が時任のシュートを阻止に向かう!終盤でまたしてもキャプテン同士の対決!!

明井戸「デーモンカットV3!!

時任「うわぁ!!」

11-03-28_003.jpg

奪った!明井戸、此処は策ではなく実力で時任からボールを奪い取った!!

明井戸「此処で決めてやる…、皆攻め上がれ!!」

明井戸レオナルドへパスした後前線へと上がるー!

チョウテイコク、終盤に来てこのパス回し!カテナチオボールを取れない!

成神「真イリュージョンボール!!

11-03-15_001.jpg

マッハ「くっ!」

成神「バダップ頼んだ!」

ドリブル突破からのバダップへのパスだ成神!

亀石「行かせないよ、真旋風陣!!

11-03-10_030.jpg

バダップ「…明井戸!」

明井戸「何時でもいーぜ!」

バダップ、明井戸「キラーフィールズV3!!

11-01-26_004.jpg

11-01-05_003.jpg

亀石「うあ!」

バダップと明井戸のキラーフィールズー!!超天才DFの亀石を持ってしても止める事は出来ず!

時任「不味い!此処で取られたら…」

ジーン「来い、3点目はやらん!」

バダップ「…。」

おっと、なんとバダップ撃たない!?横に流してそこにいたのは…シャドウ!!シャドウまで上がっていた!

シャドウ「これが最強の闇の力……。」

成神「!これは俺の出番…!」

葱野「撃つよ!」

シャドウ、成神、葱野「デスゾーン2G5!!

11-03-10_032.jpg

これは強烈なシュートぉー!デスゾーン2がカテナチオゴールに襲いかかる!

八神「この程度では終わらない!」

明井戸「やってやるぜ!」

八神、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-03-10_031.jpg

ああー!更にそこに究極奥義!!八神と明井戸によるプライムレジェンドでシュートチェイン!!

アツヤ「これだけの事されて…決められなきゃ最大にカッコ悪いだろ!ノーザンインパクトV3!!

11-03-22_005.jpg

11-03-22_006.jpg

何とそこにアツヤのシュートチェインだぁー!!究極奥義の上に更にノーザンインパクト!!

ジーン「オメガ・ザ・ハンドG5!!

11-03-15_011.jpg

ジーン「ぐわああーーーー!!」

(オメガ破られゴールに突き刺さる…どころかゴールネット突き破りコンクリートの壁に減り込み)

き、き、き…決まったぁぁーーーー!3点目!終盤に3点目が生まれた!強烈なシュートが次々とチェインされて最後に凄まじい威力のシュートをアツヤが決めたぁー!!アツヤこれでハットトリック達成ー!

アツヤ「やったやった!俺ハットトリック決められたぜーーーー!!

明井戸「よーし、3点目!いいぞ、思い通りの展開だ!」

シャドウ「………入った。」

ジーン「ぐ……ううう………。」

時任「ジーン、大丈夫!?」

龍野「……無理そうですね、あんなシュート受けたんですから。」

白虎「…僕の出番だね。」

明井戸「まだチャンスあったら4点、5点と狙ってくぞー!」

勢いに乗ってるチョウテイコク!アツヤはついにハットトリック!そしてジーンが負傷して白虎がGKに入りますカテナチオ。

明井戸VS時任V9 諦めない気持ち、負けられない気持ち。そして新たな技。

時任「2-0……」

龍野「…向こうの守備を考えると厳しい点差になりましたね。」

球児「どうしましょう…なんとか2点取らないと!」

時任「………球児、違うよ。2点じゃない、3点だ。僕は引き分けに持ち込む気なんか全く無い。」

栄田「あ、熱いですね時任先輩…!普段はそういう事言わなかったはずなのに…。」

ビーター「信の奴、それだけ明井戸にだけは負けたくないとか思ってんのか。」


さあ、試合再開!カテナチオ一体どういう攻めで得点を返していくか!?

時任「一気に攻めてくよ!無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

此処で出た!この試合初めての必殺タクティクス!無敵のヤリで一気にチョウテイコクゴールへと迫るー!!

時任「よし…此処だ2人とも!!」

マッハ、龍野、時任「グランフェンリルG5!!

11-03-10_003.jpg

11-03-10_004.jpg

無敵のヤリからグランフェンリルの連続技!!試合再開早々にカテナチオの最強シュートだー!

シャドウ「今度は通す気はない……真ダークトルネード!!

11-03-17_002.jpg

11-03-15_007.jpg

マッハ「な、な…何!?弾き返されただと?!さっきは突破出来たはずだ!」

龍野「これは、恐らく…明井戸が投入してリードしているので選手達の力を存分に引き出しているせいですね。」

沖田「簡単に言えばみんなイケイケ!ですね。

マルコ「まだだ!攻めろ!」

マルコがボールを取ってすぐ前線へとパス!カテナチオ再び攻撃だ!

マッハ「あいつめ…!シュートブロックでシュート出来ないならドリブル突破してシュートしてやる!!」

マッハがドリブルでゴール前へと切れ込んで行くー!

マッハ「行くぞ俺の新技!風神の舞・改!!

11-03-10_010.jpg

おーっと!これはライバルの風丸が得意とする風神の舞!マッハも習得していた!

マッハ「よーし、もらった!…………うわああ!?」(シュートしようとしたら転倒し)

シャドウ「………真影縫い。

11-03-10_042.jpg

シャドウ、シュートだけでなくドリブルも止めた!なんという鉄壁の守り!電撃のFWからDFの転向でしたが此処までMVP級の活躍を見せています闇野カゲト!

明井戸「シャドウばっかに負担かけんな!チャンスあったらカウンター!」

成神「了解っス、アツヤ先輩もう1点!」

明井戸、成神と繋いでそしてアツヤへと渡った!

栄田「これ以上はホントにやれない!真裁きの………」

アツヤ「潰されてたまるかよ!真風神の舞!!

11-03-10_028.jpg

栄田「わーーー!!」

潰す前に栄田吹っ飛ばされたー!マッハの改を上回る風神の舞をアツヤが使った!!

球児「まだですよ!」

亀石「もう突破は許さないよ!」

しかしすぐ球児と亀石DF2人が詰めて行く!カテナチオ必死のディフェンスだ!

アツヤ「ち……流石にきつい。」(無理せず此処は成神へバックパス)

成神「何処かに………」

マルコ「此処で取るぞ!」

龍野「分かってます!」

マルコ、龍野「真ブロックサーカス!!

11-03-10_013.jpg

成神「わっ!し…しまった!」

取った!マルコ調子が戻ってきたのか成神からボールを奪う!再びカテナチオの攻撃だ!攻防が此処に来て激しさが増す!

ボールを持つマッハ!今度こそグランフェンリルをゴールに叩き込めるか!?

シャドウ「……通すか。」

マッハ「ち……悔しいが此処は!」

おっと、横の時任へとパス!シャドウを引きつけてるのでこれはチャンス!」

時任「行くよ!真エクスカリバー!!

11-03-15_009.jpg

龍野「ドラゴンスレイヤーV3!!

11-01-21_017.jpg

おっとこれは!時任、龍野、親友コンビによるシュートチェイン!互いの最大の技を合わせた!!

明井戸「させねーよ!デーモンカットV3!!

11-03-28_004.jpg

しかしブロックー!立ち塞がったのはキャプテンの明井戸達人!策士自らゴールを阻止!チョウテイコクことごとくカテナチオの攻撃を弾き返す!

明井戸「お前らが必死なのは分かってるけど、こっちも負けられないんだよ。此処でつまずく訳には行かねぇから。」

時任「それは…僕達もそうだよ。」

再び続くカテナチオの攻撃!これは波状攻撃だ!!マッハまたしても切れ込む!

成神「…もう攻撃は此処でストップっスよ。」

マッハ「何言ってる、お前に俺が止められるか!?風神の舞・改!!」

成神「ゴー・トゥ・へブンV3!!

11-03-24_001.jpg

マッハ「うわーーーーーー!?」

止めたぁぁーーー!!なんとあの天空の使徒の技を成神が習得していた!チョウテイコクの司令塔も進化しているぞ!

成神「俺も、此処で負けてられないんスよ。鬼道さんを超える司令塔になる為には!」

もうすぐ終盤という所で激し過ぎる攻防戦!次の得点はどちらが取るのか!?

延長の休息。

成神「あれ、長いっスね休憩が。」

明井戸「バカントクが浮かれ過ぎたせいで時間縮まってギリギリの時間になっちまったらしい。

バダップ「駄目な司令官だな。

葱野「今は2点リードでこのまま一気に押し切っちゃいましょう!」

明井戸「早まんな、まだ気は抜けないって。此処は確実に勝っておきたいからさ…。」

アツヤ「機会がありゃ当然狙うぜ、ストライカーの証であるハットトリック!」

一息のベンチメンバー達。

パンダ「おおー!やった!2点目のゴールだ!」

神野「流石明井戸先輩です!」

パンダ「…って決めたのアツヤだぞ?2点とも。」

神野「そこまでの展開にしたのは明井戸先輩の力です、フォーメーション変えたりメンバー代えたりと。それがこの結果に結びついてるんですよ!」

青龍「な、何故だ…!何故此処まで圧倒される!?俺がやはり出てないせいか!」

白虎「多分そうじゃないと思うけど。…大分過酷な戦いをくぐり抜けて来てるんだね、向こうの方が。」

明井戸VS時任V8 直接対決。

時任が明井戸を抜きにかかる!そして明井戸は時任を止めに行く!どっちがこれを制するのか!?

時任「っ!」

明井戸「つ…この…!」

サイド際でボールの取り合い!時任渡さない!必死のキープ!

時任「く……それ!」

おっと、これは時任前へと高くパス!苦し紛れか!?

沖田「良いパスです!ストライクサンバV3!!

11-01-23_019.jpg

これは沖田!そのままストライクサンバ!ナイスパスとなった時任!

シャドウ「真ダークトルネード!!

11-03-17_002.jpg

しかしシャドウまたしても打ち返したー!沖田のストライクサンバ通用せず!

時任「だったら…通るまで何度でも撃つ!真エクスカリバー!!

11-03-15_009.jpg


シャドウ「!!」

時任ボールをキープしてすぐに撃ったロングシュートー!!カテナチオの波状攻撃!シャドウ反応しきれない!

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

止めたロココ!つい先日もイナズマジャパンの怒濤の攻めを止めた技ゴッドハンドX、此処でも時任のエクスカリバーを止めた!

ロココ「それ!」(ロココからのキックでバダップへとパス)

再びバダップだー!これはまさか…!?」

バダップ「デスレイン!!

11-03-22_003.jpg

またデスレインだ!先程のアツヤとのシュートチェインでゴールをしている、再現なるか!?

亀石「させない!真旋風陣!!

11-03-10_030.jpg

亀石此処は意地のブロックー!超天才DFが此処で立ち塞がる!!

亀石「グラディウス………!!」

(その前に葱野が居てグラディウスを撃つ足が止まり)

マルコ「亀石躊躇するな!来てる!」

バーン「遅ぇ、真イグナイトスティール!!

11-03-10_021.jpg

あーっと南雲が此処で奪い取ったー!これはビッグチャンス!!

バーン「さあ覚悟しな…アトミックフレアV3!!」

11-03-10_039.jpg

ジーン「これ以上得点は許すか!オメガ・ザ・ハンド!!

撃ったアトミックフレア!しかしジーンもオメガ・ザ・ハンドで迎え撃つ!!

バーン「…バカが、まんまとかかりやがって。」

アツヤ「ノーザンインパクトV3!!

11-03-22_005.jpg

11-03-22_006.jpg

これは!?またもシュートチェイン!南雲直接ゴールを狙ってなかった!炎と氷のストライカーの競演だ!

ジーン「しま……ぐわあああ!!」(オメガ・ザ・ハンドを突き破られてゴールネットが揺れ)

入ったぁーーー!!後半2点目が生まれたーーーーー!アツヤなんと今日2ゴール目!チョウテイコクこれは貴重な追加点となった!

アツヤ「へへ、やった!」

バーン「ちぇ…俺の得点になんねぇのかよ。」

龍野「2点目………!」

時任「絶対取らなきゃいけない時に、これ以上失点出来ない時に…」

栄田「これは痛過ぎますよ…!」

明井戸「よーし、良い感じに追加点奪えたな。まさに思い通りの展開だ。」

成神「ちょっと前の俺達なら多分こういう展開は無かったかもしれないっスけど…強くなりましたね俺達。」

明井戸VS時任V7 怒濤の中盤戦

さあ、後半にいよいよ入ります。スコアは1-0でチョウテイコクがリード。カテナチオ追いつけるかそれともチョウテイコク更に突き放すか!?メンバーの交代はありません。

パンダ「おい、お前出ねーの?」

明井戸「今は得点して流れがこっちに向いてるだろ、交代で有利な流れを変えたくないんで。」

パンダ「はあ…最初の頃は流れとかそんなの言わずベンチで見てるだけの監督だったのが…変わったな?」

時任「まだ1点、30分もあれば充分逆転可能だよ皆!」

龍野「こうなると攻めざるをえないですね。危険なリスクがあろうと。」

今度はチョウテイコクからのキックオフで試合開始です!

ピィー

成神を中心にチョウテイコクのパス回し!これは早い!カテナチオ内へとどんどんと攻め込む!

時任「!ビーター、八神だ!」

ビーター「おう!」

八神「!しまった…」(八神へのパスをビーターがパスカット)

おっと、ビーターこのパスを読んだのかボールカット!

ビーター「よーし、今だ玄武走れ!」

ビーター、サイドへと長ーいパス!そこに玄武走り込む!

葱野「此処で止めないと…!」

しかし葱野が下がってこの突破を阻止しにかかる!

玄武「分身フェイントV2!!

11-03-10_009.jpg

玄武「(抜けた!此処で時任先輩か龍野先輩にパス…)」

バーン「甘いぜ!真イグナイトスティール!!

11-03-10_021.jpg

玄武「うっ!?」

おーっとこれは!玄武が葱野を突破したかと思えば南雲のイグナイトスティールがすぐさま襲いかかって来た!玄武これには対応が出来ない!

青龍「こらー!それでも四天王の一角か!」

白虎「いや、ドリブル技持たないキミだと葱野も抜けてなかったと思うよ。

カウンターのピンチを切り抜けたチョウテイコク!また攻撃に出る!レオナルドのドリブル!

球児「俺だって成長して強くなってるんだ!真ローリングスライド!!

11-03-10_015.jpg

球児のローリングスライド!更に技に磨きをかけて真に進化しているぞ?!

レオナルド「それは俺もそうだ、スーパーエラシコV3!!

11-03-10_024.jpg

球児「うわ!?しまった!」

此処はレオナルドが一枚上手ー!ブラジル得意のスーパーエラシコで抜き去る!

ビーター「隙有り!真プラネットシールド!!

11-03-24_003.jpg

レオナルド「うあ!!」

しかしすぐビーターがプラネットシールドで阻止!カテナチオも突破を許さない!これは激しい中盤の攻防となってこの立ち上がり、中々シュートまで持っていけない!

明井戸「…行くか。」

パンダ「お、やっとお前動き出すか!」

ラインを割ってカテナチオボールになり…おっと?チョウテイコク此処で選手交代、ゾーハンに代わり…明井戸達人!

時任「!明井戸…此処で来たんだ。」

ゾーハン「ズズ…。」

明井戸「お疲れ、後は俺に任せな。」

成神「もうちょっと巻いていたかったけど…明井戸先輩。」(キャプテンマークを投げ渡す)

明井戸「(それを左手で取って腕に身につけ)結構さまになってたと思うぜ?」

龍野「出て来ましたね、…待ち望んでた彼が。」

時任「うん。………やっと本当のキックオフが出来るよ。」

さあ、カテナチオのスローインでボールは時任へ……!?

明井戸「!」

あー!これは時任、交代したばかりの明井戸の方へと向かっている!抜き去りにかかるつもりか!?

時任「行くよ明井戸!」

明井戸「来い時任!」

明井戸と時任、これは両チームのキャプテン同士の直接対決だー!!

11-03-24_004.jpg

ハーフタイム。

明井戸「よーし、皆此処まではほぼ作戦通り。思い通りの展開になってんな。」

成神「ジーンがオメガ覚えてるってのは想定外だったっス。」

明井戸「あれはビックリした…けど嬉しい誤算だ。アツヤがそれを破って得点したんだからな。」

アツヤ「何かバダップばっかにあいつら目行っててこっちが無視されてるみたいでムカついてたんだよ、俺も得点出来る力が充分あるってこれで証明されたぜ!」

葱野「いいなぁ、アツヤ先輩。僕も取りたい…!」

明井戸「で、あっち…遅かったなゴッドキャッチの完成。」

バダップ「あれがそうか。見た限りまだまだ荒削りだな。」

パンダ「そりゃ覚えたばっかでまだG1だからそう見えちまうだろ。

成神「不安があったけど互角に戦えてるっスね、イナズマジャパン。俺らが心配するまでもなかったみたい。」

葱野「で、得点がヒロトさんの天空落とし!マキシマムファイアよりあっち覚えた方がよかったかな…格好良いから!」

バダップ「しかし…あの老人、円堂大介は得点されて何であんなに豪快に笑えるんだ。不利な状況になったと言うのに。」

明井戸「やっぱそこは百戦錬磨の人だからそういう試合も経験してきてんだろ、だから心から楽しめるかもな。」

成神「俺達には真似出来ないっスね…そこまでの領域まではまだ全然辿り着けてないんで。」

アツヤ「けど、ゴッドハンドXに皆手こずり過ぎだ。俺ならエターナルブリザードの一撃で充分ゴール出来るっての!」

成神「アツヤ先輩、また大きく出たっスね。…これ聞いてロココが怒っても知らないっスよ?」

アツヤ「こっちは本気で可能って思ってるぜ?ザゴメルのハイボルテージをその一発で沈めたんだからな。」

バダップ「それに関しては驚いた、オーガとの練習試合で強化を計っていたが…あいつも「この前のシュートとまるで威力が違う!」と驚いていた。」

明井戸「此処に来て一番急成長してんなアツヤのヤツ……さ、俺達は俺達で今の試合にケリを付けるか。このリード最後まで守り切っちまおーぜ。」

明井戸VS時任V6 前半戦終了……!?

さあ、前半30分まで残り僅かとなって来た!終了間際に試合は動くのか?

マッハ「あとちょっとか…じゃあ一気に行ってやる!」

おっと、ボールを受け取ったマッハはパス回しはせず此処は個人技で勝負に出た!

明井戸「!シャドウ止めに行け!」

そのマッハに立ち塞がるのは…またしてもシャドウ!未だ破れぬ闇の守り、これをどう突破するか!?

龍野「今です!」

時任「うん!」

マッハ「準備良いですか先輩達!」

マッハ、時任、龍野「グランフェンリルG5!!

11-03-10_003.jpg

11-03-10_004.jpg

シャドウ「ぐっ!」

此処で出た!マッハの持つ究極奥義グランフェンリル!!流石のシャドウもこれはダークトルネードで打ち返せないー!

時任「通った!行けー!!」

ロココ「やっと僕の出番!タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-03-22_001.jpg

11-03-22_002.jpg

止めたぁー!!シャドウをついに突破して得点かと思えば小さな守護神ロココが此処でグランフェンリルをストップ!カテナチオゴールならず!

マッハ「何だと!?あれだけ苦労して鍛えたグランフェンリルが…。」

龍野「くっ……後ろにまだ厄介なのが居ましたか。前で言うテレスの後の源田、と言った所でしょうね。」

バダップ「…寄越せ!こっち!」

ロココ「え?…わ、分かった!」

ロココからバダップへと一気にロングパスー!しかしバダップの前には数人DFについてるぞ!?

球児「こいつだけはしっかり見ておかないと!」

ビーター「ドリブル突破はさせるなよ!?」

バダップ「……甘い、誰がドリブルで行くと言った。デスレイン!!

11-03-22_003.jpg

なんと此処からロングシュートだバダップー!

龍野「遠いですね…いくら強力とはいえ今のジーンなら充分捕れるでしょう。」

ん!?おっと!このシュートにアツヤが迫っているぞ!

時任「!!これって…!狙ったんじゃなく……。」

龍野「しまった!アツヤへのシュートチェインですか!」

ビーター「心配すんな、あいつはバダップを上回るシュートなんか持ってない。ジーンが止めて終わりさ!」

ジーン「何でも来い、止めてやる!オメガ・ザ・ハンドG5!!

アツヤ「それが何だってんだ!俺を舐めんじゃねぇ!ノーザンインパクトV3!!

11-03-22_005.jpg

11-03-22_006.jpg

ジーン「うっ…………ぐおおおお!!」(オメガ・ザ・ハンドを破られ吹っ飛ばされてゴールネットが揺れ)

明井戸「!!おい、マジか…!?」

時任「せ、先制……?」

き……決まったぁぁぁーーーーー!!待ちに待った先制ゴールを決めたのはチョウテイコク吹雪アツヤだー!!バダップからのシュートチェインを見事に決めた!

アツヤ「やった!やったぜ!どうだ、俺の実力!!」

葱野「凄い!アツヤ先輩!先制点決めちゃいましたね!」

龍野「まさか……この前試合した時と全然シュート力が違うじゃないですか…。」

時任「バダップだけに気を取られ過ぎた…!もっと他も注意しておけば……。」

明井戸「このまま0-0で行くつもりでの予定を立ててたけど嬉しい誤算だなこれ。でかしたアツヤ。」

そして此処で前半が終了!1-0、チョウテイコクが1点リードしています!

明井戸VS時任V5 前半終盤。

ジーンの好セーブでまたピンチを防いだカテナチオ、此処までは一進一退…いや、ややチョウテイコク有利か?

玄武「回せ回せ!単調になってきてる!」

アツヤ「お…頂き!」(ボールカット)

甘くなったパス回しをアツヤがカットー!そしてレオナルドへパス!

栄田「させるか…!真裁きの鉄槌!!

レオナルド「ぐあ!?」

11-03-10_020.jpg

此処で出たぁー!!チーム内の誰もが震える栄田得意の裁きの鉄槌!

葱野「ふえ~…相変わらずの凄い威力だ…!」

カテナチオ再び攻める!今度こそ得点なるか!?

時任「よし!チャンス……」

シャドウ「…………」(再び目の前に立つ)

時任「!(だ、駄目だ!撃ったらまたピンチになる……)」

成神「時任先輩、隙だらけっス!」(躊躇してる間にボール奪い取り)

時任「あっ!」

撃てない時任!シュートを躊躇してしまった、ストライカーに強烈なプレッシャーを与える…恐るべし闇野カゲト!

成神「葱野、頼んだ!」

亀石「通さないよ。」(パスカット)

成神、葱野へのパス!しかし亀石それを読んでいたかこれをカット!

明井戸「今だ…突っ込め葱野!

葱野「は、はい!!」

おっと、葱野!?亀石のボールを奪いに襲いかかるー!

亀石「さっきので学習してなかったのかな?それで僕からはボールを奪う事は出来ない!グラディウスアーチ!!

11-03-10_043.jpg

明井戸「…分かってねーのはお前だ、何の為に葱野をお前に当てたと思ってんだ?イメージしてみな、自分の技が破れる所を。

葱野「止める!真空魔!!

11-03-21_006.jpg

亀石「葱野!?」

葱野、亀石のクリアーを阻止したぁ!グラディウスアーチでまたしてもクリアーかと思えば真空魔でボールを奪い取った!!

玄武「虎丸の技が来たかと思えば次は飛鷹の技か…!」


これはチャンス、チョウテイコク!逆にカテナチオはピンチだ!

葱野「真ディバインアロー!!

11-03-15_004.jpg

ジーン「オメガ・ザ・ハンドG5!!

11-03-15_011.jpg

葱野「あ!…だ、駄目だ!ジーン強い…!」

また防いだジーン!葱野のディバインアローも防いだ!まだ均衡が破れない!

龍野「…時任、やっぱり撃ちましょう。躊躇せずにシュートを。」

時任「でも、撃ったらカウンターを喰らうピンチが…」

龍野「まだあるでしょう、うちで…見せていない究極奥義のシュートが。」

ちょっと一息、ベンチーズ。

青龍「ええい…この青龍の出番はまだ訪れないのか!?」

明井戸「あー、もしかしたら一生出番無いんじゃねぇの?そのまま試合終了したりと。」

青龍「何ぃぃぃ!?あり得ん!俺が出られず終わるなどあり得ん!!ありもしない事を言うな5流の凡人が!四天王と貴様では圧倒的に格が違うというものだ!」

明井戸「久々に見てみりゃ変わってねーな、威勢だけは良い。」

神野「というかあいつ、寝言ほざいてばっかりですよね。明井戸先輩が5流なんて100%あり得ない事を言ったりと…いい加減にそれは自分だって気づけ雑魚が。」

ロゼオ「中には変わった日本人も居るんだな。」

パンダ「…あいつらが特別なだけで日本人がそうって訳じゃないんで、そこは勘違いすんなよ?」

明井戸「つかあいつら最近喧嘩ばっかなんだよな、いつの間にそこまで仲悪かったんだよ1年同士で。」

パンダ「………お前関連って気づきやがれ明井戸、鈍い策士ってなんだ…!?」

マルシャ「試合再開するぞ、そろそろ位置に戻った方がいい。」

パンダ「え!?もうそんな時間っスか…?」

明井戸「すみません、マルシャ先輩!すぐ戻りますから!」

クララ「フフ……不良コンビも高校の先輩に対して礼儀正しい…。」

明井戸VS時任V4 駆け引きと進化した守護神。

マルコ「……くそ!俺のせいで…俺のせいでこんな…!」

龍野「…自分を追いつめ過ぎないように。まだリードを許した訳でもなんでもありません。止めれば良いですから。」

さあ、絶好の位置からのFK。これはやはりバダップが蹴るか?それとも葱野とアツヤ辺りが行くか?

明井戸「壁は関係ねぇ…あいつらのシュート力ならシュートブロックを貫けるはず。」

位置には…おっと、バダップに八神、そしてアツヤと葱野の4人が立ってるぞ!?全員強烈なシュート技の持ち主!いずれもゴールを狙う力を持っています。

バダップ「いいか、作戦は………。」

八神「………。」

アツヤ「……おう、それで行くか。」

葱野「よし、やろう…!」

時任「向こうで一番強いシュートを撃つのは…おそらくバダップのデスブレイクだ。キックもあの中で一番強いし。」

栄田「じゃあ必ず…バダップで来ますね。その時に………シュートブロックすれば行けるはず。」

龍野「そうですね、前の試合でもバダップはMVPの活躍を後半だけでしましたから。…彼に集中しましょう。」

さあ、FK!一体誰が蹴って来るか!?…おっと、八神がボールに向かって走る!

八神「(シュートせずに軽く後ろへヒールで流す)」

バダップ「(そのボールに対して猛ダッシュ)」

凄まじい勢いでバダップが来たぁー!最強FWのシュート早くも炸裂か!?

玄武「よし、来た!狙い通りだ!」

栄田「皆シュートブロックー!!」

バダップ「(シュート…かと思ったらボールを飛び越えるだけで撃たず)」

マルコ「!?バダップじゃないだって!?」

葱野「ワイバーン!!

11-03-10_036.jpg

アツヤ「ブリザードV3!!

11-03-10_035.jpg

ついに撃った必殺シュートー!葱野とアツヤの合体シュートワイバーンブリザード!!バダップが完全に来ると思っていたカテナチオイレブン完全に意表をつかれたぁー!!

明井戸「決まり、だな。ジーンのプロキオンネットじゃ止めようがない。」

マルコ「しまった…!俺のせいで……!」

ジーン「絶対決めさせるかぁ!!オメガ・ザ・ハンドG5!!

11-03-15_011.jpg

葱野「え…ええええーーーー!?

明井戸「な、な………オメガ・ザ・ハンドだってぇ!!??

バダップ「バカな!?円堂守にしか使えない究極のゴッドハンドを!?」

と、と…止めたジーン!なんとなんとあの円堂の使うオメガ・ザ・ハンドをいつの間に習得していたんだ!?しかも最高のG5に進化済み!

時任「やった!いいぞジーン!!」

マルコ「た、助かった…またありがとうジーン!」

龍野「…キミの策には驚かされ、恐ろしいものでしたが明井戸。ジーンの進化までは読めなかったようですね。」

明井戸「あんなデータ全然聞いてない…!チッ、得点すんのが難しくなってきたか。…まあ、それぐらい手強くなきゃ張り合いがねーけどな。」

ジーン「まだまだこれからだ!攻めてけ!」(ボールを大きく前へと蹴る)

ちょっと一休み。

パンダ「凄ぇな、序盤から飛ばし過ぎじゃねーの?」

神野「俺まだ何もやれないうちに交代…。」

明井戸「悪いね神野、俺の作戦成功の為にはこうするしかなかったんで。」

神野「いえ!明井戸先輩の偉大なる作戦の為なら光栄です!」

白虎「久々に彼の顔は見たけど、変わらず憧れてるな。」

青龍「あんな凡人の何処に憧れる要素があるのか全く理解できん!」

神野「…ああ?何で理解出来ないんだよ!お前こそ四天王のくせにシュート技しか能のない役立たずだろ!」

青龍「この四天王の青龍を役立たずだと貴様!四天王に対する挑戦状と受け取ったぞ!」

白虎「僕達に対してじゃなくキミ個人に対してだと思うから…。」

パンダ「こっちも変わらずだねぇ……。」

明井戸VS時任V3 策士を舐めんな!

龍野「こんな前半早い時間にもう交代ですか?…仕掛けるのが早いですね明井戸。」

時任「どんなのが来るか分からない。皆、気を引き締めて!」

八神「皆、伝言だ。いいか……。」

葱野「…え!?それで行く…?」

アツヤ「そんなのにして平気なのかよ、一気に押し込められんじゃねぇか…?」

バダップ「あいつがそれがベストだと判断した事だ。だったら…俺達はそれをやるまでだ。」

さあ、八神が投入されて流れを一気に引き寄せにかかるのか?っと、これは…こ、このフォーメーションは今までと違うぞ!?

11-03-17_001.jpg


栄田「あれ、さっきまでのデスゾーンじゃなく…これスーパー☆5じゃないか!?」

マルコ「…?なんだそれ?」

球児「あ、スーパー☆5っていうのは秋葉名戸…つまり明井戸先輩の居る学校の得意とするフォーメーションだよ。」

マルコ「しかし5トップ…逆の5-3-2なら分かるけどこれは…此処で自分の学校の使うヤツにするって何を考えてんだ?」

此処で自分の学校である秋葉名戸得意の超攻撃フォーメーションにしてきたチョウテイコク明井戸!何を狙っている!?

バーン「おいおいおい、これでホントに大丈夫かよ?弱小学校の使うフォーメーションなんてよ…。」

八神「達人は今の流れを見てこれがベストだと判断したんだ、信じろ。」

龍野「守備が薄くなりましたね、…これならシュートに持ち込むのはそう難しくない。」

時任「逆に向こうは攻撃が厚くなってきた…守備には負担をかける事になりそうだ。」

明井戸「……さてと、此処からは俺達が圧倒する時間だ。」

カテナチオ、DFの減ったチョウテイコクゴールへと襲いかかる!ボールは…龍野へと渡った!

龍野「やはり、さっきより簡単にシュートへと持ち込める。墓穴を掘りましたね明井戸!ドラゴンスレイヤーV3!!

10-12-11_002.jpg

シャドウ「真ダークトルネード!!

11-03-17_002.jpg

龍野「!?僕のドラゴンスレイヤーまでも…。」

これまたブロックだぁー!打ち返したボールを成神が拾ってまたカウンターのチャンス!!

明井戸「向こうの攻撃はそんなに脅威って訳じゃない、…シャドウが居れば後は少ないDFで充分対処出来るんだよ。下手なシュートならむしろいくらでも撃ってほしいぐらいだぜ。」

成神「今度の攻撃は絶対シュートまで持ち込んでくよ!」

またしても一転してのチャンス!今度はどうする!?

成神「………こうだよ。」

これは成神、真っ直ぐマルコの方へと突っ込んで行くぞ!ドリブルで1VS1で抜く気か!?

マルコ「っ!?」

明井戸「そして攻撃の時はマルコの居る中央の突破をどんどん狙う、一度ファールになってPK取られたDFっていうのはそれ以降ビビってプレーに精彩を欠くもんだ。行ったらまたファールを取られてしまうかもしれない…そんな不安のせいでな?」

マルコ「く……この、通すか!」

成神「うわ!?」(スライディングで倒されてしまう)

ピィー

あーっと!またしてもファール!PKではないですが…かなり近い位置からFKのチャンスを与えてしまった!

マルコ「あ、あああ!ゴメン皆………ホントにゴメン!」

これは苦しいカテナチオ!シュートを撃てば一転してピンチに変えられ、そしてマルコが絶不調!いや、むしろ明井戸の作戦恐るべしと言うべきか!?悪魔をも騙す策士の異名は伊達ではない!

明井戸「言ったろ?俺達の圧倒する時間だって。天才策士の俺を敵に回した時点で勝敗は決まったも同然さ。」

明井戸VS時任V2 亀石の本気。

マルコ「た…助かったホントありがとうジーン!!」

カテナチオ、マルコの痛恨のファールでPKを与えてしまったがジーンのビッグセーブで失点の危機を凌いだ!

龍野「それでは、この流れに乗って攻めさせてもらいましょうか。」

パスが繋がってどんどんとチョウテイコク内へと攻め込む!

成神「俺が引っ張るって言ったから…その流れ一撃で断ち切る。」

沖田「真サザンクロスカット!!

11-03-10_016.jpg

成神「通じないよ、真フローズンスティール!!

11-01-04_004.jpg

沖田のサザンクロスカットを今回キャプテンを任された成神が破ったー!

時任「しまった!皆戻って!カウンター注意!!」

成神ボールを取ってアツヤへとパス!このままシュートか!?しかし球児が前に居るぞ!

アツヤ「今度こそ…頼んだぜ!」

球児「!?」

ああ!シュートじゃない、これは…葱野へのパス!球児これは読めなかった!

葱野「はい!ディバイン………わ!?」(シュートを撃とうとしたらいきなり凄いスピードで来る人物にボールを奪われてしまい)

奪ったのは…亀石!葱野からあっという間にボールを奪い取ってこのピンチを防いだ!

亀石「簡単に……撃てるとは思わない事だね、後輩クン。」

葱野「か、亀石先輩……いつもと雰囲気全然違いますけど…のんびりした感じが何処にも無くて…」

明井戸「あいつめ…此処で超本気になりやがった。」

さあ、再びカテナチオの攻撃!

時任「とりあえずシュートが欲しい所だ…勢い付けるために……こっち!」

龍野「時任、…必要な事ですね。任せます。」

龍野から時任へ、親友ラインでチャンスを掴めるか!?

時任「真エクスカリバー!!

11-03-15_009.jpg

まだ距離がある中で時任エクスカリバーを放った!長距離の騎士の剣が襲いかかるー!!

シャドウ「真ダークトルネード!!

11-03-15_007.jpg

しかしこれも通らない!本来ストライカーであるはずのシャドウがDFで鉄壁の守備を見せているぞ!?

明井戸「ダークトルネードはシュートブロックとしても使えて加えてあいつのキックも強い、DF起用大当たりだな。」

パンダ「何で本来のFWでバダップと2トップにしねぇんだって思ったら…こういう事かよ。」

ロココ「僕ヒマだけど……でも出番無いのが1番理想って言われてるんだったっけ。」

打ち返したボールは…一気に成神へと渡った!再び得点チャンスか!?

成神「!…亀石先輩。」

亀石「通れると思うなら通ってみてよ、通す気は更々ないけど。」

成神「言われなくても…通る気っスよこっちは。真イリュージョンボール!!

11-03-15_001.jpg

成神、帝国得意のドリブル技で抜きにかかる!

亀石「…成神、その程度の技で突破出来るとでも?甘い!甘過ぎる!!真旋風陣!!

11-03-10_030.jpg

成神「うわ!やば……。」

奪い取った亀石!成神の突破をも阻止してしまった!いつもののんびりした顔は何処へ消えた!?

アツヤ「隙有り…!取ってシュートしてやるぜ!」

あー!亀石がボールを取ってすぐアツヤがスライディングー!!此処で奪われたらカテナチオ大ピンチ!!

亀石「浅はかだね。僕が何の対策も立てていないとでも?グラディウスアーチ!!

11-03-10_043.jpg

なんとぉ!?亀石此処から超ロングシュートー!!ボールを奪えない!

ジニスキー「ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg

これはジニスキーがブロック!しかしこれは両チームのDF物凄い!放ったシュートをチャンスへと変えている!これが無失点を支えるDFの力か!?

成神「なんて人…亀石先輩が此処でデカイ壁で阻んで来るなんて。」

明井戸「…………よし。」

おっと?チョウテイコクのベンチに動きが…明井戸早くも動き出すか?

明井戸「…これで、玲名頼んだ。」

八神「任せておけ達人。」

これはチョウテイコク、前半まだ半分にもなってない時間に早くも選手交代です!神野に代わり八神、八神玲名が出ます!一体悪魔をも騙す策士、明井戸達人何を考えているのか?

明井戸VS時任 いきなり大失敗。

さあ、カテナチオからのキックオフでいよいよ…試合開始です!

11-03-15_014.jpg

ピィー

沖田「行くぞ!!」

バーン「威勢良く来て悪ぃけどいきなり奪わせてもらうぜ!」

南雲、沖田を止めに向かった!

沖田「真サザンクロスカット!!

11-03-10_007.jpg

バーン「うわ!?」

沖田迫り来る南雲を吹き飛ばしたー!

沖田「よし…今!」

っと、沖田誰もいないサイドへとパスを出してしまった。そこには誰もいない!

明井戸「!?違う……」

マッハ「よーし、良いパス!」(マッハがそこに居てトラップ)

なんといつの間に居たんだマッハ!?流石音速のストライカー!チームNo.1のスピードを持つのはアツヤではなく彼なのか!?

アツヤ「っち……!」

マッハ、サイドを風の如くスピードで駆け上がって切り裂くー!これはチャンス!

マッハ「今回は任せた!」

さあ、上げた先には…沖田が走り込む!

沖田「ストライクサンバV3!!

11-01-23_019.jpg

開始早々早くもカテナチオ最初のシュートぉー!キーパーロココ止められるか!?

明井戸「…キーパー?そこまで届きゃしないって。」

シャドウ「……真ダークトルネード!!

11-03-15_007.jpg

ああー!ブロック!マッハ同様にシャドウも何時からそこに居た!?得意のダークトルネードで一気に前線まで打ち返したー!

成神「チャンス、一気に行くよ!」

チョウテイコク、ピンチから一転チャンスへと変わったー!カテナチオはこれはピンチー!

マルコ「バダップ絶対フリーにさせるな!」

カテナチオはバダップに対して強い警戒!栄田がしっかりと付いている!

成神「…じゃ、こっちで。」

あ、成神は…葱野へのパスを選択!バダップへの警戒が強過ぎて誰も付いていない!

マルコ「!!ヤバい!」

マルコ必死のダッシュで葱野を止めに行くー!間に合うか!?

マルコ「でやあぁーー!!」

葱野「うわぁ!」

これは激しいスライディング!マルコ何とか間に合って葱野からボールを強奪!

ピィー

っとこれは……ファール!そして位置は……エリアの中、PK!PKです!カテナチオ序盤いきなりPKを取られてしまった!

時任「PK!?」

龍野「序盤から…これは痛過ぎますね…。」

明井戸「よし!まずは一点いただきっと。」

マルコ「しまった…とんでもない事を、ゴメン皆!!」

ジーン「…まだだ、まだ得点されてない。俺が止めて帳消しにする!」

時任「ジーン……頼む。もうキミに守ってもらうしかない。」

葱野「よーし、僕に任せて!」

成神「何か張り切って勢いありそうだね、じゃ…任せた葱野。」

さあ序盤から重要な局面となるPK…キッカーは葱野、守るGKはジーン。

葱野「………此処は……こうだ!」

葱野ゴール左へと向けて思いっきり助走つけて蹴ったぁー!

ジーン「序盤から許すかぁ!!」(そのコースに反応して両手でボールをガッチリとキャッチし)

葱野「あ…!」

止めたぁぁーーーー!!ジーン、大ファインセーブ!最大のピンチを見事防いだ!葱野PK失敗!

時任「や、やった!ジーン凄いよ!」

龍野「なんとか…救われましたね。」

明井戸「クソ!……これで勢いに乗られちゃ厄介だ…。」

捧げる祈りと想い。

此処タイタニックスタジアムでついに始まろうとしています!再び激突するこの2チーム、カテナチオVSチョウテイコク!しかし前回と違うのは…今回は2人のリーダーと監督の激突!カテナチオを率いるのは2つのチームを引っ張ってきた心優しきキャプテン時任信、一方チョウテイコクを率いるのは誰よりも勝利に拘る悪魔をも騙す策士明井戸達人!この2人のチームが直接対決という今回の驚くべきカード!一体どうなるのか!?

そして此処で両チームのスタメンが発表されました。

11-03-10_001.jpg

キャプテンマーク 時任

11-03-10_008.jpg

明井戸「おっと、忘れてた…成神!」

成神「わ!?」(何か投げつけられてとっさにそれを右手でキャッチ)

葱野「あ、これ…キャプテンマーク!」

明井戸「俺とか判とかがスタメンじゃないんで、それまでの間は成神…お前にチョウテイコクを託した。」

成神「………1年の俺に任せていいんスか?」

明井戸「1年がチーム率いてる所ぐらい他だって居るじゃんか?…様々な戦いを一番多く経験してるお前だから任せてんだよ。」

成神「明井戸先輩、分かりました。でも…先輩達の出番なく最後まで俺がこれを巻いて試合を決めてみせます。」

明井戸「譲らねぇ気かよ…まあ、そうなったらそれはそれでいっか。」

おっとこれは…チョウテイコクを率いるのは1年の司令塔成神健也だ!両チームを通じて1年がキャプテンマークを付けるのはこれまでの歴史で無かった事です、これは珍しい!

龍野「10番でキャプテンマークで司令塔…帝国に居た頃の鬼道とまるで同じ位置に今居ますね。」

亀石「あはは~、だからって~……鬼道とは重ならないよ。」

さあ、いよいよ試合開始……の前に今回試合前にとても大きな災難が日本に降り掛かってしまいました。
選手全員の腕には喪章が付けられ、そしてこれからその人々に捧げる黙祷が始まろうとしています。

それでは、1分間の黙祷を始めます。

龍野「……」

マッハ「……」

玄武「……」

沖田「……」

栄田「……」

ビーター「……」

球児「……」

亀石「……」

マルコ「……」

ジーン「……」

青龍「……」

朱雀「……」

白虎「……」

ロゼオ「……」

クララ「……」

時任「……」



葱野「……」

アツヤ「……」

バダップ「……」

神野「……」

成神「……」

バーン「……」

シャドウ「……」

レオナルド「……」

ゾーハン「……」

ジニスキー「……」

ロココ「……」

パンダ「……」

マルシャ「……」

カード「……」

八神「……」

明井戸「……」

……………………………(静寂に包まれ全員が目を閉じるタイタニックスタジアム)

1分間の黙祷をこれで終わります。


龍野「では…行きますか。」

時任「うん。」

カテナチオ勢「我ら!サッカー界の覇者カテナチオ!!」


成神「皆、今回は…俺が引っ張ってくんでよろしく。」

アツヤ「しっかりやれよな、1年リーダー。」

チョウテイコク勢「全てを凌駕する無敵の軍団!チョウテイコクに死角無し!!」

試合開始が刻一刻と近づいてきます!これは…かつてない激しい試合になりそうな予感です!

涙を堪えるか堪えないか。

成神「それで何時になったらやるつもりっスか?俺達の試合。」

明井戸「何時になったら…もう少し引き延ばしになるか間もなく始めるか、どっちとも言えねぇ…。予定としては今頃始まってる時間だったんだけどな。」

マルコ「それはそうと、あいつ姿を見せないぞ。」

ロココ「葱野、葱野は何処…!?」

ゾーハン「ズズ……。」


個室

葱野「………………………。」

(長椅子の上で体育座りしてるとノック音が響き渡り)

マルシャ「葱野、入るぞ。…大丈夫か?」

葱野「マルシャ先輩………。」

マルシャ「…やっぱり泣いているな。」

葱野「う…………カッコ悪いですよね、男のくせにすぐ泣くなんて。もうちょっとしたら止まりますから…。」

マルシャ「私は何も言ってない、それに男でも泣きたい時はあると思うし。…泣きたい時は泣いておけ。」

葱野「マルシャ先輩………。」

マルシャ「…人の分まで泣いてくれる、私は…そう思っている……言葉少なくて申し訳ないけど…」

葱野「っ…………うぅ…ひっ……グス……。」

マルシャ「泣いておけ、堪える必要は…無い。(葱野の背中に両手を回して優しく叩き)」


しばらくして。


葱野「……すみません、もう…大丈夫です。」

マルシャ「そうか、…どうするこれから?」

葱野「僕は……サッカー選手ですから、やるべき事は1つ。そう、思ってます。」

マルシャ「それがお前の答えなら…頑張れ。私も葱野、いや…………刻。お前を応援してる。」

葱野「マルシャ先輩…行ってきます。」


時任「…ん?あ、葱野!」

明井戸「何?戻ってきたのか…?」

アツヤ「おい、お前…大丈夫か?」

葱野「心配かけてごめんなさい!平気って言ったらウソになりそうだけど…行けます。僕はサッカー選手だから、今のやるべき事をやらなきゃ…駄目だと思うから!」

成神「……お前、今日はそんなバカっぽくないね。」

ロココ「何か知らないけど張り切ってて頼もしいね!」

明井戸「これは…やって大丈夫か。此処タイタニックでの決戦を。」

時任「皆が大丈夫なら…やろう。出来る事を。」

あまりにもささやかで小さな事だが…。

マルコ「これから試合…どうなるんだ…?」

明井戸「……やるよ、予定より遅れる事になりそうでも…。それでその事についてちょっと提案があるんだ。」

龍野「提案…ですか、なんでしょうか?」

明井戸「ネットの情報で海外のイタリアプロリーグじゃ喪章を付けて試合を行ったらしいから、…俺達も付けようって考えてた。」

成神「喪章…スか。皆が付けるの賛成だったら良いかと…。」

時任「…それが出来る事で助けになるなら付けよう皆で。中学生の僕達にはこれを付けて試合ぐらいしか出来ないけどね…。」

アツヤ「葱野とかやれんのか…?あいつ凄ぇ大号泣してそんな状態じゃ……。」

明井戸「…今はなんとも…けど、本人がやるっていうなら…。」

時任「皆…言葉が何も思い浮かばないけど、僕達も無事を祈り願います…!」

物凄い地震が!

明井戸「マジびっくりした!あんな揺れるのを体験すんのは初めてだった…!」

成神「リアルアースクェイクかメガクェイクかグランドクェイクだったっスね…。」

時任「今回の所はちょっとお休みで、また明日ぐらいに試合かな多分…皆気をつけて!」

決戦の時………ついに来る。

タイタニックスタジアム 時任側

時任「ついに来たね…この時が。長いようで短かった。」

球児「此処で試合がやれるって究極の贅沢ですよホント!」

沖田「世界的に無名な俺達が此処の立てるって誰も想像出来ないだろ、これ…。」

龍野「しかし、この場に立つ…そして最大の相手との激闘。それは夢でもなく現実ですからね。」

マルコ「人生どうなるか分かんないもんだよな、まさか俺達が此処に…!」

栄田「流石に緊張してくるよ…。」

心配無用だ!!

沖田「?」

青龍「この四天王4人が此処に居る!何も不安に思う事はない!あの5流の凡人率いる連中を叩き潰すのは目に見えてるからな!」

白虎「世界に来ても落ち着かないなキミは。」

朱雀「しかし高ぶる気持ちは大いに分かるぞ!」

玄武「時任先輩達、俺達も……戦いますよ。」

時任「あ、はは……ありがとう。」

龍野「…一部頼りになるのかならないのか…まあ使える人だけ使う事にしますか。」


明井戸側

明井戸「戦う準備は…聞くまでもねーよな?」

葱野「何時でも行けます!」

アツヤ「とっくに準備出来てるっての。」

パンダ「改めて見ると今までのスタジアムと…格が違うって感じすんなぁ。」

成神「そりゃそうっス、世界大会のそれも決勝の舞台なんスからね此処。」

明井戸「で…どうにか今日まで隠し通して来たな。向こうにバレてなきゃいいけど…お前らの事は。」

バーン「向こう知ってる顔じゃんかよ。」

レオナルド「俺達の事そこまで秘密にする必要あるか…?」

明井戸「まあまあ、情報は可能な限り与えない事に損はねぇし…。後は……」

ジニスキー「……………」

葱野「うわ!?いつの間に居たの!?」

成神「確かオーガの人だっけ…バダップに続いて入ってくれるなんて、とりあえず雷門で言うなら影野先輩みたいな感じっスかね?」

アツヤ「あんまり、つか全然喋らないなこいつ…?」

明井戸「強けりゃペラペラ喋ろうがずっと黙ってようがどっちでもいいんだよそんな事は。というかズズしか言わない奴も居るから今更…。」

葱野「え?結構色々な事喋りますよゾーハンは?

パンダ「それが分かってんのはこの中でお前一人だけだ葱野!

バダップ「おい、話してる場合か?そろそろ時間だ。」

明井戸「そうだった、行くか。」



両チーム控え室を出てそこで顔を合わせ。


龍野「………見慣れないのが居ますね、確かオーガの選手ですか。」

成神「………向こう四天王まで入ってたんだ、想定外…。」

明井戸「なあ、時任。」

時任「何?」

明井戸「俺達は強いぜ?」

時任「言われなくてもそれは知ってるよ。」

一番破壊力持ってそう。

明井戸「今回は両方居るな、ま…水曜だからな。

成神「水曜だからっスね。

龍野「水曜なら仕方有りません。

アツヤ「誰も反対出来ねーよな。

時任「皆水曜だからってだけで納得してるー!

明井戸「で…ゴッドキャッチってのはそこまで習得に時間かかる難易度の高い技だったのか。」

龍野「そのようで、それよりも強力なオメガ・ザ・ハンドをすぐ覚えたのとは大違いですね。」

ロココ「あの、あれって…未来の僕?」

葱野「そうだよ、数年であれぐらい大きくそして凄まじいまでのキック力を持つようになるんだ。」

明井戸「実はドラゴとかゴーシュよりも全然高い攻撃力持ってんだろあいつ?あの距離の素のシュートであれだぜ?

成神「必殺タクティクス破られて逆にタクティクスで失点して…この先どうするつもりっスかイナズマジャパン。」

時任「流石…やっぱり強いなリトルギガントは。」

明井戸「でも、俺達はこれぐらいの差で下してるからな。」

11-03-02_001.jpg

時任「引っ込めて引っ込めて!強いコトアールが一気に崩れちゃうから!

アツヤ「それでコトアールの連中は全員雷門に似てるとか言うけど…俺にはあのドラゴって奴は染岡とは重ならなねーな。坊主じゃねーし。

龍野「それだけですか元相棒。

ロココ「ていうかコトアールの皆も数年したらあんなカッコ良くなるんだ…ゴーシュにウィンディも。」

明井戸「じゃ、馴れ合いは此処で終わりで…戻るぞ。」

時任「僕達も行こう。」

球児「もう別々かぁ…折角話しても僅かな間ぐらいなんだ。」

神野「当然だろ、敵と慣れ合う気なんかない!」

龍野「…確かに今は互いに敵同士。あまり仲良くするのは得策ではありませんね。」

明井戸「よく分かってんじゃん。…じゃ、またな。次は…フィールドの上かな?」

時任「まだ分からないけど…そうなる事を願うよ。」

両者の特訓風景、飴と鞭。

雷門中

沖田「(ゴール左上へと狙ってシュートを放ち)」

ジーン「(反応してそのボールに飛びついてガッチリとキャッチ)」

時任「うん、中々良い感じ!」

龍野「これはやっぱりスタメンGKはジーンという事で決まりでしょうか。範も悪くないですが…。」

時任「範ならMFもDFも出来るから、ゴールはジーンで範はフィールドの方にした方がいいかと思うんだけど…。」

亀石「あはは~何時でもいいよ~。」

球児「なんだかのんびりしてて調子狂うなぁ…いや、気は抜けない!行きます!(ドリブルで亀石を抜きにかかり)」

亀石「…………甘い。(のんびりした表情から一転、目つきは鋭くなってあっという間に球児からボールを奪い)」

球児「わわわ!?いつの間に……?」

マルコ「亀石って…二重人格か?」

栄田「いや、そうじゃないと思うけど…多分。あいつの場合は何かと謎が多いんで…。」

時任「まあ頼れるけどね…。」

帝国学園

明井戸「お前ら何やってんだよ!パス回すのが遅過ぎんだ!そんなんじゃカットされんだろーが!」

葱野「す、すみませんー!」

明井戸「DF!んなタックルが通用するか!相手をブチ殺すつもりでボール奪いに行けよ!」

成神「殺すつもりって無茶苦茶言うっスね…。」

アツヤ「いつもよりスパルタで言い方過激になってねぇかあれ?」

パンダ「ま…俺らを更に強くさせようと凄い一生懸命なんだろーな。あんな立派なスタジアムで無様に負けられまいと必死で。」

成神「やっぱ勝つ事に一番貪欲なのはあの人っスね。」

戦う場所が決まった。

時任「今日は、どうしたの…?両チーム呼び出しって。」

明井戸「さーな、なんでも戦う場所が決まったらしいみたいだぞ。」

アツヤ「また帝国でやるんじゃねーのか?」

成神「どんだけ帝国で試合やるつもりっスか。

龍野「皆静かに、…何処でやるか決まったようです。」

栄田「何処ですか?雷門?それともやっぱり帝国…?」

龍野「場所は………タイタニックスタジアムです。

明井戸「タイタニック!?」

時任「FFIの決勝舞台じゃん!?そんな所で僕達試合するの!?」

マルコ「なんて豪華な…!よく使わせてくれる許可降りたな。」

成神「何処まで凄まじい財力及び権力を持ってるんスか?

葱野「そんな決勝の舞台でやれるなんて楽しみだなー!」

ロココ「あの大きなスタジアムで試合出来るの!?なんか夢みたいだ!」

龍野「キミの場合は数年後に決勝のタイタニックに立ってる事決定ですけどね。

明井戸「これ………下手な試合は許されねーな。」

時任側、喫茶店。

龍野「……喫茶店に来るのは構わないですが、何故メイド喫茶ですか?それも秋葉名戸のアジト有りのあのメイド喫茶に。

時任「あまりに他の所が人がいっぱいでこれぐらいの人数で入れる所が…此処ぐらいだったせいなのか…?」

球児「久しぶりですねー。この場所も、元々此処は明井戸先輩が通っていた所なんですよね?」

栄田「うん、それであっちは此処も拠点の1つにするかと思ってたけど居ないなぁ…。」

時任「というか最近の彼は此処に全然通うどころか店の前を通るような事すらしてないよ。」

沖田「オタク卒業ですか?超次元の夕香ちゃんルートのオタク集団チームにも明井戸先輩の名前がありませんでしたし。

龍野「オタクじゃなくなったら彼は何者ですか、そんな簡単に卒業しないと思います。

沖田「いや、まあ久しぶりだけど…やっぱメニューとか頼み難いよこれ…!指差して撰んだ円堂先輩の気持ちが分かる。」

龍野「とりあえず明井戸、彼が必ず頼んでいたと言われるメイドさんと一緒萌え萌えココアでも頼んでおきましょうか。

栄田「何の抵抗も動揺も無く撰んでる!龍野先輩凄いな…。」

時任「えーと、皆それでいっか…。それで今後はどうして行こうかっていう……。」

栄田「……………。」

球児「……………。」

沖田「……………。」

龍野「時任………多数が落ち着いて話せないみたいです。

時任「みたいだね、というか誰!?メイド喫茶に行こうとか言ったのは?!

沖田「考えようにもメイドさんの姿が目に入って集中出来ない!

栄田「この中で動じてないの龍野先輩ぐらいだ…何処まで女性に興味無いんだあの人?」

明井戸側、雷雷軒で御飯。

明井戸「そういや、虎ノ屋とかライオコットの各国エリアに来たけど…此処の事すっかり忘れてたな。

成神「響木監督の前じゃ言わないようにした方がいいっス。でも久しぶりに来ますよね、このラーメン屋。」

ロココ「此処は?」

葱野「ラーメンは…食べた事あるから分かるよね?此処は雷雷軒っていう名前のラーメン屋さんでね、響木監督っていう雷門の監督がやってるお店だよ。」

パンダ「確か円堂もよく通って食ってるっけ……?」

明井戸「その辺は知らねぇけど、食べてるんじゃねぇ?おにぎりとどっちが好物か知らないけど。」

バダップ「それはおにぎりである確率が高い、今までの行動でそっちの方が食べている回数が多かった。」

アツヤ「そういうデータまであんのかよ。」

バダップ「俺が集めたんじゃないからな、文句は上に言え。

成神「ってそれよりお腹空いてるんで御飯御飯、すいませーん。ラーメン(大盛り)30人前とチャーハン(大盛り)40人前でー

パンダ「!!??く、食うなお前…代表になっても変わんねぇな。」

明井戸「今更だな、俺はもう慣れた。

葱野「じゃ、僕達は普通にラーメンとか餃子とかチャーハンでー…。」

こっそり偵察。

パンダ「それで明井戸、これから何をやるんだ?特訓は当然として…。」

明井戸「雷門行くぞ。」

パンダ「…は?雷門?っていうと……。」

明井戸「決まってんだろ、向こうの情報について徹底的に調べるんだよ。知ってる顔っつってもどんなの集まってるか知らねぇし。あ、こっち手の内晒したくねぇから成神だけ来い。他は待っててくれよ。」

成神「俺は行っていいんスか?」

明井戸「あっちに成神は居ないってなったらこっちにもう成神は入ってるって事ぐらいは全然バレてそうだからそれぐらいは隠す必要ねぇだろ。」

アツヤ「隠しまくってんなぁ…。」

明井戸「ほら、行くぞ成神!」

成神「了解っス。」

神野「流石明井戸先輩だ、向こうの考えを読んで少数人数で出向いてそして向こうを丸裸にするという…鮮やかな策!」

八神「それぐらい達人はやるぞ。いちいち大げさに言っては本人に迷惑だ。」

神野「何…!?何だよ青髪デカ乳女!自分の事のように自慢して!明井戸先輩の全てを知ってるかのように!」

八神「偉そうに達人の右腕のような位置にいるお前などよりはよく知っているつもりだが?付き合っている恋人なんだからな。」

アツヤ「おーい…やっぱ俺ら連携とかそういうのガタガタじゃねぇ?

パンダ「なんてメンバーが集まったんだよこっち…バダップは何時の間にかどっか行っちまうし!」


雷門中

明井戸「さあ、あいつらはどんな調子でそしてどんなメンバーがいるか…。」

成神「居たっス。ランニング中みたい。」

明井戸「あー初日から頑張ってんなぁ向こうは。精一杯努力してますって感じで。」

成神「完全に立場的に向こうが善で俺らが悪っスよ。

明井戸「いいじゃん、悪上等。正義の時代は終わりだ。

時任「ふう、じゃあ次はパス練ねー。」

明井戸「さて…メンバーは……球児に沖田に栄田にマッハ…あんまり見てねぇ久々な奴らが集まってんな。」

成神「海外勢じゃジーンとマルコが居るっス。後龍野先輩が。」

明井戸「何気に亀石とクララも居たのか、あの辺り不気味な存在だ…。」

成神「んー…大体このくらいっスね。」

明井戸「ざっと把握は出来た、引き上げるぞバレる前に。」

龍野「…やっぱ来てましたね。」

時任「うん…調べるだろうなとは思ってたけどホントに来た。」

龍野「来るでしょう、彼は…策士なんですから。」

これからどうする?

帝国学園

明井戸「じゃあメンバー揃って…これからは俺達と時任達2チーム別れて行動する事になるから。」

葱野「完全に別々なんですね…。」

明井戸「当たり前だろ、一緒に居てこっちの手の内がバレたらどうすんだよ。拠点はまあ…此処帝国って事にしとくか。」

アツヤ「けど、それで向こう了承してくれんのか?帝国ってのは誇りとかプライドが凄ぇ高いってイメージあるんだけど…。拠点としての許可下りるか?」

明井戸「それは問題なく許可貰ってるんで問題無し。

葱野「よく貰えましたね!?」

神野「当たり前だろう、明井戸先輩の前では天下の帝国も無様にひれ伏すしかないんだよ!」

成神「(ピク)……ねえ、今の暴言は聞き捨てならないんだけど……。」

神野「あ?1年小僧が文句あんのかよ。」

成神「お前も1年だろ、あんまり帝国バカにしたらぶっ飛ばすよ!」

神野「なんだやる気か!?てめぇなんぞにぶっ飛ばされるか!」

パンダ「そこまでにしとけよ1年!小さい子供も居るんだからあんま喧嘩すんな。」

八神「…達人、チームワークが乱れ気味のような気がするが。」

明井戸「何だろ…あいつが俺の事慕ってくれて強いとか思ってくれんのは嬉しいけど、……凄ぇ熱烈過ぎる気が…。」


雷門中

時任「これからは2チームに別れて行動するからね。」

マルコ「じゃあ特訓は勿論食事まで別々なのか…。」

沖田「完全に分けての行動だ…。まあ、明井戸先輩の事だから「敵と慣れ合う気なんざねぇよ」とか思ったからこうなったんだろうな。」

龍野「では、拠点はこの雷門中という事になりますね。僕の家とかも使ってもらっても良いですが。」

時任「出入りの度に竜の銅像に祈りを捧げなきゃいけないからそれは丁重にお断りしておく。

ビーター「ああー…今でもあのルール変わってなかったんだな寵児の家。」

龍野「変わりませんよ、というか変わるはずがありませんし。」

球児「向こうって強力なの揃ってる予感がします…。」

時任「成神が向こう行っちゃったからね、でも…このチームも強力だよ、負けてないと思う。」

ジーン「そうだな、勝とう。明井戸達に。」

マルコ「まあ、あいつの事だから…絶対勝つって凄い執念で来そうだけど…それ以上の気持ちで行かなきゃ勝てそうにないぞ。」

時任「分かってる…数多く一緒に試合経験してきたからね。」

どっちに付く成神!?

時任「あんなに多くの人が入部してたのか雷門!」

球児「というか沖田居たじゃん!?」

沖田「あ、俺……テレビ出演出来たんだ…!何か凄い!」

球児「いいなぁー、俺もテレビ出たかった!」

栄田「凄い増えてたんだな…これで来年も安泰だ。」

龍野「まあ、その来年に3年。すなわち時任と僕はもう雷門には居ない訳ですが。

ビーター「俺も帝国卒業してんな、ま…成神とか佐久間とか源田が居るから安心だけどな。」

沖田「雷門だけでなく帝国も主力がほぼ残ってますね…!」


帝国学園

明井戸「凄ぇ多く居たな雷門、小さく映って誰なのか確認は出来なかったけどよ。」

パンダ「つか円堂が居ない時もスカウトやってた…いや、あいつらは自分から入部したんだっけか。」

葱野「自分から売り込んでの入部もあったんですね、声かけなきゃ無理としか思ってなかったけど…。」

明井戸「…で、お前は良かったなアツヤ。兄貴が更に何か成長してそうで活躍しそうで。」

アツヤ「よ、良かったって何がだよ!?シロウの力なら当然だろうし、んなガキみたいに喜んで…。」

明井戸「さっきテレビの前で喜んでただろーがツンデレ2年小僧。

ロココ「お兄さん大好きっ子だね!」

アツヤ「2人揃ってなんだー!つかロココまで!」

成神「………………。」

葱野「ん?……ああ!成神!」

パンダ「え?あいつ……こっち来たのか!」

成神「…遅くなって申し訳ないっス明井戸先輩。」

明井戸「……遅ぇよ、遅れた分の活躍はしてもらうぜ?司令塔クン。」

成神「分かってるっスよ、俺に任せてください。時任先輩達は…俺が倒します。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。