FC2ブログ

これからどうする?

帝国学園

明井戸「じゃあメンバー揃って…これからは俺達と時任達2チーム別れて行動する事になるから。」

葱野「完全に別々なんですね…。」

明井戸「当たり前だろ、一緒に居てこっちの手の内がバレたらどうすんだよ。拠点はまあ…此処帝国って事にしとくか。」

アツヤ「けど、それで向こう了承してくれんのか?帝国ってのは誇りとかプライドが凄ぇ高いってイメージあるんだけど…。拠点としての許可下りるか?」

明井戸「それは問題なく許可貰ってるんで問題無し。

葱野「よく貰えましたね!?」

神野「当たり前だろう、明井戸先輩の前では天下の帝国も無様にひれ伏すしかないんだよ!」

成神「(ピク)……ねえ、今の暴言は聞き捨てならないんだけど……。」

神野「あ?1年小僧が文句あんのかよ。」

成神「お前も1年だろ、あんまり帝国バカにしたらぶっ飛ばすよ!」

神野「なんだやる気か!?てめぇなんぞにぶっ飛ばされるか!」

パンダ「そこまでにしとけよ1年!小さい子供も居るんだからあんま喧嘩すんな。」

八神「…達人、チームワークが乱れ気味のような気がするが。」

明井戸「何だろ…あいつが俺の事慕ってくれて強いとか思ってくれんのは嬉しいけど、……凄ぇ熱烈過ぎる気が…。」


雷門中

時任「これからは2チームに別れて行動するからね。」

マルコ「じゃあ特訓は勿論食事まで別々なのか…。」

沖田「完全に分けての行動だ…。まあ、明井戸先輩の事だから「敵と慣れ合う気なんざねぇよ」とか思ったからこうなったんだろうな。」

龍野「では、拠点はこの雷門中という事になりますね。僕の家とかも使ってもらっても良いですが。」

時任「出入りの度に竜の銅像に祈りを捧げなきゃいけないからそれは丁重にお断りしておく。

ビーター「ああー…今でもあのルール変わってなかったんだな寵児の家。」

龍野「変わりませんよ、というか変わるはずがありませんし。」

球児「向こうって強力なの揃ってる予感がします…。」

時任「成神が向こう行っちゃったからね、でも…このチームも強力だよ、負けてないと思う。」

ジーン「そうだな、勝とう。明井戸達に。」

マルコ「まあ、あいつの事だから…絶対勝つって凄い執念で来そうだけど…それ以上の気持ちで行かなきゃ勝てそうにないぞ。」

時任「分かってる…数多く一緒に試合経験してきたからね。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR