FC2ブログ

時任側、喫茶店。

龍野「……喫茶店に来るのは構わないですが、何故メイド喫茶ですか?それも秋葉名戸のアジト有りのあのメイド喫茶に。

時任「あまりに他の所が人がいっぱいでこれぐらいの人数で入れる所が…此処ぐらいだったせいなのか…?」

球児「久しぶりですねー。この場所も、元々此処は明井戸先輩が通っていた所なんですよね?」

栄田「うん、それであっちは此処も拠点の1つにするかと思ってたけど居ないなぁ…。」

時任「というか最近の彼は此処に全然通うどころか店の前を通るような事すらしてないよ。」

沖田「オタク卒業ですか?超次元の夕香ちゃんルートのオタク集団チームにも明井戸先輩の名前がありませんでしたし。

龍野「オタクじゃなくなったら彼は何者ですか、そんな簡単に卒業しないと思います。

沖田「いや、まあ久しぶりだけど…やっぱメニューとか頼み難いよこれ…!指差して撰んだ円堂先輩の気持ちが分かる。」

龍野「とりあえず明井戸、彼が必ず頼んでいたと言われるメイドさんと一緒萌え萌えココアでも頼んでおきましょうか。

栄田「何の抵抗も動揺も無く撰んでる!龍野先輩凄いな…。」

時任「えーと、皆それでいっか…。それで今後はどうして行こうかっていう……。」

栄田「……………。」

球児「……………。」

沖田「……………。」

龍野「時任………多数が落ち着いて話せないみたいです。

時任「みたいだね、というか誰!?メイド喫茶に行こうとか言ったのは?!

沖田「考えようにもメイドさんの姿が目に入って集中出来ない!

栄田「この中で動じてないの龍野先輩ぐらいだ…何処まで女性に興味無いんだあの人?」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR