FC2ブログ

決戦の時………ついに来る。

タイタニックスタジアム 時任側

時任「ついに来たね…この時が。長いようで短かった。」

球児「此処で試合がやれるって究極の贅沢ですよホント!」

沖田「世界的に無名な俺達が此処の立てるって誰も想像出来ないだろ、これ…。」

龍野「しかし、この場に立つ…そして最大の相手との激闘。それは夢でもなく現実ですからね。」

マルコ「人生どうなるか分かんないもんだよな、まさか俺達が此処に…!」

栄田「流石に緊張してくるよ…。」

心配無用だ!!

沖田「?」

青龍「この四天王4人が此処に居る!何も不安に思う事はない!あの5流の凡人率いる連中を叩き潰すのは目に見えてるからな!」

白虎「世界に来ても落ち着かないなキミは。」

朱雀「しかし高ぶる気持ちは大いに分かるぞ!」

玄武「時任先輩達、俺達も……戦いますよ。」

時任「あ、はは……ありがとう。」

龍野「…一部頼りになるのかならないのか…まあ使える人だけ使う事にしますか。」


明井戸側

明井戸「戦う準備は…聞くまでもねーよな?」

葱野「何時でも行けます!」

アツヤ「とっくに準備出来てるっての。」

パンダ「改めて見ると今までのスタジアムと…格が違うって感じすんなぁ。」

成神「そりゃそうっス、世界大会のそれも決勝の舞台なんスからね此処。」

明井戸「で…どうにか今日まで隠し通して来たな。向こうにバレてなきゃいいけど…お前らの事は。」

バーン「向こう知ってる顔じゃんかよ。」

レオナルド「俺達の事そこまで秘密にする必要あるか…?」

明井戸「まあまあ、情報は可能な限り与えない事に損はねぇし…。後は……」

ジニスキー「……………」

葱野「うわ!?いつの間に居たの!?」

成神「確かオーガの人だっけ…バダップに続いて入ってくれるなんて、とりあえず雷門で言うなら影野先輩みたいな感じっスかね?」

アツヤ「あんまり、つか全然喋らないなこいつ…?」

明井戸「強けりゃペラペラ喋ろうがずっと黙ってようがどっちでもいいんだよそんな事は。というかズズしか言わない奴も居るから今更…。」

葱野「え?結構色々な事喋りますよゾーハンは?

パンダ「それが分かってんのはこの中でお前一人だけだ葱野!

バダップ「おい、話してる場合か?そろそろ時間だ。」

明井戸「そうだった、行くか。」



両チーム控え室を出てそこで顔を合わせ。


龍野「………見慣れないのが居ますね、確かオーガの選手ですか。」

成神「………向こう四天王まで入ってたんだ、想定外…。」

明井戸「なあ、時任。」

時任「何?」

明井戸「俺達は強いぜ?」

時任「言われなくてもそれは知ってるよ。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR