FC2ブログ

ハーフタイム。

明井戸「よーし、皆此処まではほぼ作戦通り。思い通りの展開になってんな。」

成神「ジーンがオメガ覚えてるってのは想定外だったっス。」

明井戸「あれはビックリした…けど嬉しい誤算だ。アツヤがそれを破って得点したんだからな。」

アツヤ「何かバダップばっかにあいつら目行っててこっちが無視されてるみたいでムカついてたんだよ、俺も得点出来る力が充分あるってこれで証明されたぜ!」

葱野「いいなぁ、アツヤ先輩。僕も取りたい…!」

明井戸「で、あっち…遅かったなゴッドキャッチの完成。」

バダップ「あれがそうか。見た限りまだまだ荒削りだな。」

パンダ「そりゃ覚えたばっかでまだG1だからそう見えちまうだろ。

成神「不安があったけど互角に戦えてるっスね、イナズマジャパン。俺らが心配するまでもなかったみたい。」

葱野「で、得点がヒロトさんの天空落とし!マキシマムファイアよりあっち覚えた方がよかったかな…格好良いから!」

バダップ「しかし…あの老人、円堂大介は得点されて何であんなに豪快に笑えるんだ。不利な状況になったと言うのに。」

明井戸「やっぱそこは百戦錬磨の人だからそういう試合も経験してきてんだろ、だから心から楽しめるかもな。」

成神「俺達には真似出来ないっスね…そこまでの領域まではまだ全然辿り着けてないんで。」

アツヤ「けど、ゴッドハンドXに皆手こずり過ぎだ。俺ならエターナルブリザードの一撃で充分ゴール出来るっての!」

成神「アツヤ先輩、また大きく出たっスね。…これ聞いてロココが怒っても知らないっスよ?」

アツヤ「こっちは本気で可能って思ってるぜ?ザゴメルのハイボルテージをその一発で沈めたんだからな。」

バダップ「それに関しては驚いた、オーガとの練習試合で強化を計っていたが…あいつも「この前のシュートとまるで威力が違う!」と驚いていた。」

明井戸「此処に来て一番急成長してんなアツヤのヤツ……さ、俺達は俺達で今の試合にケリを付けるか。このリード最後まで守り切っちまおーぜ。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR