FC2ブログ

明らかとなる出場チーム。フロンティアスタジアムへと迎え!

時任「!?メール……来た。」

葱野「え!?…あいつですか?」

シャイン「……連城直樹……黒幕からか…。」

マルコ「…なんてメッセージが?」

時任「トーナメントに出て来るチームの事だって。出場チームはレインブラッドは勿論、僕達チョウテイコクに……。!!…チーム・ガルシルド、それと………世字子中。」

成神「ガルシルドに…世字子。」

アツヤ「…後は書かれてねえぞ?」

シャイン「4チームだけ…後のチームは既に下し済みなのかもな。」

葱野「少ない……ですね。」

時任「どっちでもいい…やっとレインブラッドと決着付ける時が来たんだ。皆を救いに行くよ!」

成神「……本来の8チームトーナメントよりも少ないっスよね、…まあいいか。…あいつらと戦えるなら。」

出撃、脅威の軍団レインブラッド。

(ある建物の広々とした一室)

連城「…やっと、全ての準備が整ったよ…。これで、全てが終わる…!」

明井戸「………」

連城「達人……キミは、もう僕の所から去ったりはしないよね?」

明井戸「…何で去るんだよ、俺の居場所は…お前の所だけだから。直樹。」

連城「嬉しいよ達人!…さあ、皆……今こそチョウテイコクを完全に潰す時。……首洗って待ってなよ、時任信…!」

円堂「よし…皆、サッカーやりに行こうぜ今日も。」

アフロディ「フフ…了解。」

南雲「今度は楽しめるんだろーな。弱いのはもうゴメンだぜ?」

涼野「……いかなる敵でも結果は変わらないだろうけどな。」

連城「クククク………あはははははははは!!!!」

(一室で高笑いが響く、そして…連城の首に紫色の石のペンダントが下がっており)

衝撃の再会。

成神「……!時任先輩、皆…怪しいのが居たっス!」

時任「…本当…!?」

(黒フードの5人組が陽花戸中に入る所を見て)

アツヤ「…あいつらがまさか、レインブラッド!」

葱野「行きましょう!此処で止めないと!」

(時任達も後を追って陽花戸へ)

時任「待て!レインブラッド!!」

「!………お前ら、チョウテイコク……。」

アツヤ「この学校も潰してやろうってつもりだろうけど…そうは行かねーな、此処でてめえらの暴走は終わりだぜ!」

成神「残念だったね、今回は……待ち伏せさせてもらったよ。」

「へえ、まさか此処でキミ達に会えるなんてね。」(時任達の背後から声がして)

時任「!!その声…。まさか連城!(後ろを振り返り)」

連城「ご名答、初めましてチョウテイコクのキャプテン。僕がお探しの連城直樹だよ。」

成神「この女っぽい世間で言う美少年が………黒幕。」

葱野「こら!明井戸先輩を何処へやった!返せ!今すぐ返せ!」

連城「…ああ、まだ気づいてなかったんだ。」

アツヤ「…ああ?何言って……。」

連城「…顔、見せてやってよ達人。」

明井戸「……(フードを取るとそこには明井戸の顔があった)」

時任「!!!!あ、あけ……い……ど……?」

明井戸「……よお、ちょっと久しぶり…。」

成神「…どういう事っスか、何で…!」

連城「うん、ついでに…皆も顔見せてあげてよ彼らに。」

(残りの4人がフードを取るとそこにはアフロディ、南雲、涼野、そして円堂が居た。)

葱野「え!?ファイヤードラゴンに……………円堂先輩!!」

アフロディ「やあ、こうしてまた会えるなんてね。」

南雲「ちょっと久しぶりって所かこれ?」

涼野「…予想通り、驚いてるな。」

円堂「………皆、久しぶり。」

時任「明井戸…円堂…これは……これはどういう事!?連城!お前何をした!答えろ!!」

連城「何って……見ての通り、彼らはレインブラッドの一員となったんだよ。達人は監督と選手両方ね。」

葱野「そんな、こんな…!知ってる皆だったなんて………レインブラッドが…!」(今にも泣きそうな表情)

アツヤ「明井戸先輩!悪ノリでこういう事してないで早く戻って来いよ!円堂も!」

明井戸「戻って来い?…何処に。」

時任「何処って…僕達のチームにだよ!此処は明井戸の居場所でしょ!円堂達も…。」

明井戸「…俺の居場所は直樹の所だけだ。」

アフロディ「僕達はマスターの元でサッカーしたいんだよ。居場所も此処だけ。…戻るも何もないだろ?」

成神「こんな……まさか、操られてる……!?」

連城「現実を見なよ、彼らは僕の元に居たいってハッキリ言ってるんだからね…?」

葱野「こんなの嘘だよ!明井戸先輩…明井戸先輩を返して!」

連城「……返す?達人は……元々僕のだ、返すも何もない…。」

アツヤ「ふざけんな!…レインブラッドと試合してでも連れ戻してやる!」

連城「此処でやるつもりは無いよ。楽しみはとっとかないと。」

時任「…もうほとんどの学校倒してるでしょ。……そろそろ僕達と戦っても良い頃じゃない?」

連城「………そうだね、もう残り少ない。じゃあそうだね…アジア予選のあったスタジアムで数日後そこでトーナメントをやる。それに参加してそこで決着をつけようか。」

アツヤ「トーナメントだ…?回りくど過ぎるだろ!今すぐ戦え!」

連城「これぐらいじゃないと遊びは面白くないでしょ、何より…ギャラリー多い方が楽しいだろうし。」

円堂「大勢の観客が居る前でサッカー…俺はそっちの方が良いな。」

アフロディ「僕もそっちの方が好きだね。」

南雲「俺も賛成だな!」

涼野「……私もそれでいい。」

時任「…反対出来そうにないね。」

連城「……決まりだね。じゃあ詳細はそのうち連絡させてもらおう。それじゃあ。」

明井戸「じゃあな…時任。」

時任「……明井戸…!」

葱野「こんな事に……なるなんて…。」

脅威はまだ続く…。

レオーネ「う、嘘だろ………俺達が…此処まで失点するなんて!?」

11-05-20_001.jpg

連城「なんだ、イナズマジャパンに唯一黒星をつけたその相手も…こんなものか。」

「物足りない試合が続き過ぎだ…連城。」

連城「まあまあ、今回はそうだったけど次こそは…出番あるかもしれないよ。じゃあ次は…ちょっと日本の学校の方に戻ろうか。」

先回り。

(福岡、陽花戸中)

時任「……此処で、待っていよう。」

アツヤ「ホントにあいつら此処に試合挑みに来んのかよ…?気が変わって来ないとか…。」

葱野「確かに気まぐれだから、来るっていう保証何処にもないですよね!」

成神「…けど、他に何か出来るかって言えば…無いから。」

時任「…まだ行ってない中学に先回りして待ち伏せするしか無い。そして…どんなチームかこの目でしっかりと確かめる。…隙が有れば明井戸を救出するよ。」

アツヤ「………切羽詰まってるよな。此処まで来たら…マジで来いよレインブラッド…!」

時任「…………。」

これからの策。

葱野「み、皆ー…!こ、今度は……傘美野が!」

時任「レインブラッド…次はそこを…!電話が来なくなったかと思ったら知らない間に潰し回ってるんだ!」

葱野「それにこれ……この点差!!」

11-05-19_001.jpg

成神「これ…ちゃんと撮れてないじゃん、何がどうなってこうなったのさ。」

アツヤ「……それでもスコアは見えてるけどな、55-0……!」

時任「………こんな大差が……。」

葱野「大丈夫なんでしょうか傘美野…そしてこのままじゃ…黙って見てるしかないですよ!」

時任「…………皆、待ち伏せしよう。」

成神「待ち伏せ…ヤツらをの先を読んでそして突き止めるんスね。」

葱野「で、でも何処を!?気まぐれで試合しまくってますし…。」

時任「気まぐれで確かに何処と試合するかはしらないよ、でも…まだ試合していない所には行くと思うよ。帝国と世字子、エイリアを抜いての残りの学校の何処かに…。」

マルコ「まだ試合してない所…日本だと今の所は大海原、秋葉名戸、陽花戸、木戸川。この4チームぐらいだ。」

時任「この4つに……手分けして待ち伏せするよ。いい?」

アツヤ「ああ!振り回されっぱなしはもう沢山だぜ!こっから反撃してやろうじゃんか!」

成神「……やってやりましょう。」

葱野「どんなチームが尻尾を掴んでやりましょうよ!」

続く圧倒的な大差の試合。

連城「あーあ…まるで手応えが無いね。野生、尾刈斗、御影と試合してきたけどどれも必殺技を使う必要も無しに勝っちゃったよ。」

野生 25-0 尾刈斗 29-0 御影 37-0

連城「まあ、キミと一緒なら楽しいから良いけどね?」

明井戸「……………。」

連城「さて………そろそろ世界の相手も混ぜても良いかな、そして…楽しみは最後まで取っとこうか……チョウテイコク。」

連城直樹について。

成神「……あいつ、次は何処を今頃潰してるんスかね。」

時任「…分からないよ………。」

アツヤ「あいつら、白恋まで潰しやがって!許せねぇ………」

龍野「出ました、連城直樹についての情報。」

時任「!どんな奴……?」

龍野「…連城財閥の御曹司、ですね…連城財閥は鬼道財閥に匹敵する程力を持っているようです。」

時任「財閥の御曹司…!?」

葱野「それって鬼道先輩と同じ立場の人なんじゃあ……。そんな金持ちな奴だったんですか!」

成神「財閥の…そんな人と何で明井戸先輩知り合いになれたんスか?」

龍野「…それは本人に聞かないと何とも言えませんね。」

時任「そう……!?(再び携帯が鳴り出し)」

アツヤ「時任センパイ、もしかしてあの野郎が…!」

時任「……もしもし(出来る限り冷静な対応で)」

「…次は伊賀島だよ。32-0。」

時任「伊賀島……!ただの金持ちの道楽でこういう事やったりしてるの…?」

連城「ああ、僕の事もう…というかやっと知ったんだ。金持ちの道楽……か。まあ別にそう思ってもらっても構わないよ。キミ達にどう悪く思われようがどうでもいいから。……楽しければ。」

成神「…楽しければ後はどうでもいいって事…?」

アツヤ「おいてめえ!白恋潰すなんて舐めた真似してくれんじゃねーか……俺達と試合する時その借りを何倍、何十倍にもして返してやるから覚悟しやがれ!!」

連城「そんな興奮しないでよ、そのうち僕のチームメイト共々実際に会えるから…必ず。」

アツヤ「………絶対ひねり潰してやるからな!」

連城「ああ、それと…帝国と世字子とエイリア学園に試合は申し込まないからその学校警戒しなくていいよ。」

時任「…その学校には挑まないの?日本でトップクラスの力を誇る学校だから試合して損は無いと思うけど。」

連城「僕が必要無いって判断したから挑まない。…まあ、向こうから敵意剥き出しで挑んで来たら返り討ちにはしてあげる。…じゃあまた。チョウテイコクの諸君。」

成神「何でその3チームには……?」

アツヤ「ハッ!凄ぇ強いチームだけは避けて他のと試合挑んで勝ちを増やして満足してやがるんだろーよ。とんだ腰抜けチームだぜレインブラッド!」

龍野「…………本当に、そうなんでしょうか……?」

時任VS謎の少年。

合宿所 時任の部屋

時任「……(何処だと思う、それっきりかかって来ない…これじゃあ次どう動けばいいのか…手がかりは…!」

(その時携帯が鳴り響く)

時任「!…もしもし。」

「…その様子だと、詰まってるみたいだね?」

時任「お前…一体次は何処と試合やるつもりだ…!」

「さてね?帝国かもしれないしエイリア学園かもしれない、まあ気分次第だよ。」

時任「ちゃんと答えて…!何者なんだよお前は。」

「連城直樹。」

時任「………え。」

連城「だからそれが僕の名だよ、何者か分かったでしょ?連城直樹…秋葉名戸3年。」

時任「明井戸と一緒に居た……!あれから明井戸の行方が分からない、まさか…お前明井戸をさらった!?」

連城「さあ?知らないよそんな事。もっとも知ってたとしても…教えないけどね。」

時任「何が目的だ…何が目的で…!」

連城「ん?……千羽山や漫遊寺とかを倒した理由なら…実験と遊びだよ、ただの。」

時任「実験と遊び…だって?」

連城「怒らないでよ、エイリア学園程酷い事なんかやってないから。学校破壊も無いし重傷者も特に無し。…心のダメージは知らないけどね?」

時任「…お前が謎のチームを指揮してるのか。」

連城「指揮だなんて、僕はただのチームの一員。選手としても出ていないし。レインブラッドを指揮してるのは…もっと最高の監督さ。」

時任「レインブラッド……それがチーム名…物騒過ぎる名前を付けたね。」

連城「…ああ、この辺で失礼しとこうかな。最後に1つ…言い忘れてたけど白恋にも行って37-0で勝っといたから。」

時任「!!白恋にまで……。」

連城「おやすみ、キャプテン。」

時任「……連城…直樹……あいつが…。」

感想と次のターゲットは…?

成神「こんな時になんスけど、今日水曜っス。」

アツヤ「ああ、水曜ならしょうがねぇや。

シャイン「どんな事態だろうがこれはやるべきだろ。

時任「これだけは変わらないのがむしろホッとするよ僕。

葱野「化身同士の激突かと思えば…試合止まりましたね。」

時任「本当に雷門と帝国を思わせる展開だね…ただ、人数がサッカー部は一気に人数ギリギリぐらいまでになっちゃったよ。」

アツヤ「あの1年小僧3人が入るから…12人だな。名門とは思えねぇ人数だろこれは……つか情けねぇのばっか集まったんだな。」

シャイン「10年後の雷門は半分以上が骨の無い連中か。そして…12人はまだ早い。あいつらテストがあるだろ?」

時任「…でも、彼らならやれると思うよ。もう一人の子の実力がまだ全然未知数で分かんないけど…。」

葱野「そして…木野先輩天馬と同じ所に住んでたんですね!

成神「………あのクッキー食いたい………マジ良いな10年後…。」

アツヤ「後、あの女番長みてぇなのもマネージャーやんのかな。…やる姿がイメージし難いけど。」

時任「さ、さあ…ね?まあ見守っていよう。まずは天馬達が入部テストに合格出来るかどうかだよ。」

シャドウ「…こんな所でいいだろう。それよりも…謎のチームは何処に消えたのかそして何者なのか。」

成神「…今言える事は…とても強いっていうのとそして炎を纏った空中回転シュート……。」

葱野「……手がかり二つぐらいしかないよ、ああどうしろって言うのさ…!」

時任「……!!(時任の携帯が鳴り響く)」

シャイン「!おい、まさか…………。」

時任「……もしもし。」

「………次は…何処だと思う?」

時任「!…誰だよ、何で僕の番号知ってる…そして何でこういう事をする!?」

「自分のチームの強さを試す為に練習試合をする……基本だろ?そして…遊びって事もある。」

時任「遊び……!?」

「誰なのかは気が向いた時にでも教えてやってもいいよ。それじゃあまた……キャプテン。」

時任「っ!待て!僕の話はまだ終わってない!!」

葱野「と、時任先輩……?」

時任「………切られた。多分あいつ、謎のチームの一員かもしれない…この事態を楽しんでるよ…!」

アツヤ「……ふざけた野郎だ!」

シャイン「…本当に何者なんだ、そいつは。時任の携帯番号を知っているとは。」

密かに動くチーム。

「あーあ…手応えの無いチームばかりでつまらないなぁ。さて、次は何処を当るかな…。」

(資料を見る少年、その瞳は………赤く楽しげだった)

アツヤの報告。

時任「…連城直樹?」

アツヤ「そう!それが明井戸先輩と一緒に居た赤い瞳の奴だよ!」

成神「名前は分かったっスけど、その人が何処に居るとかそういうの聞かなかったんスか?」

アツヤ「………あ、名前聞いて収穫だって思って引き返しちまった…。」

シャイン「…何やってるんだお前。」

葱野「一体何処に居るんでしょうか。」

時任「けど、彼がどれくらい関わっているのか分からないし謎のチームと関連があるのかすら………」

(その時突然時任の携帯が鳴り響く)

時任「これ……全然知らない番号だ。誰だろ……。」

成神「ただの間違い電話とかじゃないスか?」

時任「はい………。」

「………………………次は漫遊寺。」

時任「!?だ…誰ですか貴方は!?漫遊寺って…!………切れた。」

葱野「なんですか一体、漫遊寺って……。」

時任「……ちょっと京都行ってみる!」

京都 漫遊寺

シャドウ「…特に変わった所はないが…」

成神「やっぱりただのイタズラじゃないスか?」

葱野「ただ漫遊寺の人達が凄い特訓しまくってるぐらいで…ちょっと聞いてみようかな。最近試合したのかって…。」

時任「………何も無い…あの電話やっぱりイタズラ……?」

葱野「み、皆ー!!」

マルコ「葱野?どうしたんだよ一体。」

葱野「今漫遊寺の人から話聞いて…最近試合したみたい!そのスコアが……30-0で漫遊寺が大敗。」

成神「漫遊寺が!?…って俺達もそれぐらいの大差で勝った事あるから驚きが特に無いや。

葱野「それで自分達が未熟だからって、あんな特訓しまくってるんだ…。」

シャイン「…中々の力を持つ奴らみたいだ。それでどんなチームか分からなかったか?」

葱野「えーと…それがよく分からないって。」

アツヤ「分からない!?そんな事あんのかよ、試合で顔見るだろ!」

葱野「強く印象に残ってるのは高く上がったボールに対して空中回転して炎を纏ったシュート…て言ってました。」

時任「!!く、空中回転の炎を纏った……ってそれまさか……豪炎寺得意のファイアトルネード!?」

成神「…情報はまた1つ増えたっスね、謎チームの誰かが炎を纏ったシュートを撃てるっていうのが。」

アツヤ、単身で秋葉調査。

(皆と離れてアツヤは一人で秋葉名戸へと来ていた)

アツヤ「なんだこれ…何処見てもオタクだらけ!」

(周りの生徒はオタク風の人々ばかり)

アツヤ「…こんな所で調べられんのか、あの…皆気になってる赤い瞳の奴の情報。」

(あてもなく辺りをキョロキョロと見て歩いていると見覚えのある2人がアツヤへと近づく)

自作「…そこのキミ、もしかして…吹雪アツヤか?」

アツヤ「あ?確かにアツヤは俺だけど…ってお前ら!秋葉のサッカー部の奴らじゃんか!?」

木内「話した事はありませんよね、試合じゃ顔合わせたぐらいで。」

自作「やっぱり…そのマフラーとか色々目立つ姿をしているからすぐ分かったよ。」

アツヤ「………(お前らのチームメイトの方が色々と目立つじゃねーか、そして俺この中で目立つ方なのかよ!と言いたかった)」

自作「それで、明井戸先輩の今のチームメイトの人が秋葉にどんな用で来たんだ?遊びに来たという風には見えないけど。」

アツヤ「じゃあ…単刀直入で、お前らの学校に女っぽくて紫色の髪に赤い瞳の奴居ねぇ?」

木内「赤い瞳………それって連城先輩の事ですか?」

アツヤ「連城先輩?」

自作「ああ、連城 直樹(れんじょう なおき)。3年の先輩でキミの言った条件に一致する…」

アツヤ「…どんな奴なんだよ?その連城直樹って奴は。」

木内「どんな人かは…僕達もよく知らないですよ。同じサッカー部じゃないし、穏やかそうな人って印象だけど…。」

自作「…一度だけだが、明井戸先輩と仲良さそうに喋ってたのを見た事があるな。俺が1年の時だけど…。」

アツヤ「!(………間違いねぇ…あの時明井戸先輩と一緒に居たのは……連城直樹って秋葉3年の男子か!)」

木内「でも何で連城先輩の事を?」

アツヤ「あ、もう行くんで!情報サンキュ!」(情報を聞いてその場を疾風の如く駆け出し)

自作「……何なんだあいつ。そういえば連城先輩ずっと学校休んでたな。」

木内「そういえばそうでしたね…FFで僕達負けたぐらいの時期から……最近まで。」

謎の噂。

ウィンディ「なあ、聞いたか!?」

マルコ「な、なんだ!?ウィンディ…。」

ウィンディ「何かどっかの学校とチームが試合して……圧倒的な強さでその学校を下したって噂!」

マルコ「…何処と何処が試合したんだ。」

ウィンディ「いや、それ…分かんないんだよな。」

マルコ「何だそれ…!けど、圧倒的な強さのチーム…どんなだろう?」

普段通りの日常…。

シャドウ「……行くぞロココ。」

(シュートを右隅へと放ち)

ロココ「させないよー!」

(飛びついてボールをキャッチ)

成神「…時任先輩?どうしたんスか。」

時任「あ、成神。……いや、明井戸どうしたのかなって思って…。」

成神「…心配し過ぎっス。ちょっとの間留守とか今回に限った事じゃないでしょ。今度の予定を一人で考えたりとか…。」

時任「………だと良いんだけど。ん?メール……明井戸!」

葱野「え?……「今度何処と練習試合やろうか思い浮かばないから直接チーム見に行って決めてくる。しばらく留守にするんで後はお前らで勝手にやっとけ」……次の練習試合の相手ですか!どんなんだろう…?」

時任「な、なんだ……次の練習試合の相手決める為に色々な所行ってるんだ明井戸…。」

成神「だから言ったじゃないスか、心配し過ぎって。ていうか俺らで勝手にやっとけって…それなら勝手にやらせてもらいましょうよ。」

葱野「えーと、えーと…まずどうしよう!?」

狂気が策士を飲み込む。

明井戸「此処も久々だな、よく考えりゃ。」

来た場所は秋葉名戸の集うメイド喫茶。いつも通りの光景。

「あれ、そうなんだ?前はいつも此処に来てたのに。」

明井戸「あいつら…今の奴らと行動するようになってからは全然行かなくなっちまったよ。」

「…………そう。あの秋葉サッカー部より今の彼らと一緒の時が圧倒的に多いんだね。」

それを聞く少年の顔は俯き気味になっていた。

明井戸「まーな。あいつらと一緒の方が色々あって面白いしさ。もう色々な奴が居るんだぜ?」

(自分のチーム、時任の事を話したり成神の事を話したりとその表情は少年の目から見ればかなり楽しそうに映っていた、明井戸のチームメイトへの敵意や憎しみを増幅させる程に)

「へえ…………そのチームで色々な強豪相手に勝ちまくってるんだね。達人が監督をして…。」

明井戸「そういう事。」

「あ、チームと言えばさ…僕もサッカーチームを作ってみたんだよ。出来たばかりだけどね。」

明井戸「お前が?マジかよ!チーム作ったんだ!?どんなチームだよ?」

「すぐに分かるよ。………………キミが今のチームを抜けて僕達の仲間になるなら。」

明井戸「え………………。」

(その言葉に次の言葉が出て来ず言葉を失い、そして少年の赤い瞳と目が合い吸い込まれるような感覚が)

「達人が僕のチームで、僕の側で監督をやったら強くなれるんだよ…誰よりも…圧倒的に…。」

明井戸「………………。」

「また、昔みたいに一緒に遊ぼうよ……今度はずっと……一緒に…」

明井戸「…………ナオキ………。」

(その言葉に対してコクンと頷いてしまう明井戸。そしてそれを見て満面の笑みを浮かべる少年。)

「フフ……決まりだね、じゃあ行こうか……。」

迫り来る狂気。

明井戸「ふああ…つまんねぇな。」

(ゲーセンにて格ゲーで対人戦をして難なく圧勝)

明井戸「……帰ろ。」

(つまんなそうにして席を立ちゲーセンを後にする、そこに謎の少年は居た)

「やあ、久しぶりだね…達人。」

明井戸「ん?……………!お前……凄ぇ久しぶりじゃんか!ずっと学校来てなかっただろ?」

「あはは、色々とあってね?最近また通ってるよ。」

明井戸「その色々ってのが気になるけど、まあいいや。ホント久しぶりだよな。」

「うん…でもその間に達人の事は全部耳に届いてるよ、FF優勝にその後日本を救って…そして世界一。秋葉のサッカー部代表として凄い活躍してるんだね?」

明井戸「まーな。俺にかかりゃざっとこんなもんだ。」

「凄いね…!前の達人を思うと想像出来ないよ、いつも家やゲーセンでゲームしかやってなくてその相手を僕がいつもやってて…。」

明井戸「ああ…あれから早いもんだよな。そして人生分かんないもんだぜ、サッカーで此処まで来れるなんて。」

「ねえ…色々と話したい事がお互いにあると思うからあの喫茶行かない?」

明井戸「そうだな、このまま道で話してるよりそっちの方がいっか。じゃあ行こうぜ………ナオキ。」

「うん。(……やっと、この時が来た………もうキミをこのまま離す気はないよ……達人。)」

(明井戸に付いていく少年の赤い瞳は怪しく輝いていた)

試合が終わって。

成神「はぁ~…終わったっスね。」

時任「とりあえず今日はしっかり休んでおかないとね、思ったよりずっと女子チーム強かったなぁ…。」

シャドウ「…なんとか、勝利を収めて良かった…。」

葱野「またマルシャ先輩達とは試合したいですね!面白かったし!」

時任「まあ、何時かまた機会があれば…って明井戸は?姿見えないけど。」

成神「…そういえば、何処行ったのか…ま、あの人の事だからゲーセンかどっかに行っちゃったんでしょ。」

男子VS女子V8 波に乗る攻撃

八神「これは、なんとしても得点しなくてはいけなくなったぞ…!」

レアン「ち……いちいちあのDFかいくぐってのシュートは面倒ね!此処から撃ってやるわよ!!2人共!」

舞「!待ちなさいレアン!そんな所から撃っても……!」

レアン、八神、マルシャ「グランドファイアG5!!


11-05-08_015.jpg

あっとこれはー!?レアン、キックオフでいきなりのグランドファイアを放ったー!!

明井戸「ふん…強力なシュートなのは認めるけど、決まる訳ねぇ。マルコ!」

マルコ「真グランドクェイク!!

11-05-10_018.jpg

これも止めたマルコー!ジ・アースに続いて超強力シュートを2本シャットアウトー!!

明井戸「向こうはもう相当焦ってるはず、本当の怒濤の攻撃見せてやれお前ら!」

成神を中心にパスを繋ぐ繋ぐ!女子チーム対応が遅れている!

舞「此処は…バダップ?それともアツヤ………」

成神「さ、後は……頼みます時任先輩!」

時任「うん!……真エクスカリバー!!

11-05-10_004.jpg

11-05-09_002.jpg

木野「ムゲン・ザ・ハンドG5!!

11-05-09_013.jpg

木野「…っ!」(また手を全部弾き飛ばされてゴール)

ゴォーーーーール!!男子チーム追加点!時任のエクスカリバーが炸裂ーーー!

夏未「2失点……!」

舞「完全に……波に乗られてしまったわ…。」

八神「……」

さあ、再び女子チームのキックオフで……あっと、八神いきなりドリブルで攻め込む!!

八神「達人、勝負だ!!」

真っ直ぐこれは明井戸へと向かっているー!

明井戸「玲名……………相手が誰でも抜かせらんねぇよ!!」

明井戸も八神へと向かっている!!

八神「スーパーエラシコV3!!

11-05-09_033.jpg

明井戸「デーモンカットV3!!

11-05-10_007.jpg

11-05-10_019.jpg

八神「っ!」

これは…明井戸がボールを取った!そしてすぐに速攻!

明井戸「そろそろ決めちまえ……アツヤ!!」

アツヤ「言われなくても…ノーザンインパクトV3!!

11-05-10_003.jpg

11-05-09_011.jpg

木野「きゃ!」

追加点ー!アツヤのノーザンインパクトも炸裂してこれで3-0!男子チーム攻撃が止まりません!

アツヤ「へ…当然。」

八神「皆……あのオーガ戦の時よりもずっと強くなってる。私達を此処まで圧倒するとは………。」

舞「明井戸君に信君……どうやら心配する事はなかったみたいね。」

ピッ、ピッ、ピィー

試合終了ー!3-0で男子チームの勝利!後半一気に3得点と後半の爆発力を見せての勝利となりました!

夏未「……完敗、ですわ。」

時任「いや、女子チームも…凄い強くてビックリしたよ。」

シャイン「世界代表よりも強い、かもな…?」

そしてこの試合のMVPは…DFマルコ・マセラッティ!

マルコ「え、俺……?バダップとかじゃなくて?」

成神「いいじゃん、今回女子チームの攻撃止めまくってくれたし。」

明井戸「やっぱ女子相手には強いなイケメンUP。」

八神「達人。」

明井戸「ん?……玲名。」

八神「……私の負けだ。本当に上手くなった。」

明井戸「………気抜いてたら俺の方が負けてたよ、あの勝負紙一重だったし。」

ロココ「……あああーーーー!!

葱野「!?ど、どうしたのロココ?」

ロココ「今回僕の出番が無かったー!一度もシュート止めてないよ!」

成神「ああ、前のマルコにシャインにシャドウと…DF達が全部止めちゃったからね。」

ロココ「僕ただ立ってただけだよー…。」

ウィンディ「まあ、出番無い方が一番だからさGKって。次の試合じゃお前救世主になれるかもしれないだろ?」





明井戸「(そういえば……気のせいか何処からか視線を感じたような……それも、覚えのあるような…)」

時任「明井戸、どうしたの?行くよー。」

明井戸「あ…分かってる。今行くって!」

見えた。

男子チームが先制して謎の少年が楽しげに笑みを浮かべる、その視線の先には……明井戸。

「フフ………これが今のキミって訳だ…達人。そして……その仲間達か。」

明井戸以外の仲間に対して見る目はまるで憎しみや恨みを持つような目で見ていた。

「………達人は僕の元に居るべきなのに、あいつら…ムカつくね。」

「…やりますか、マスター?」

「そうしたいけど、此処は耐えておくよ。折角の達人の勝ち試合なんだ、台無しには出来ないよ。……引き上げよう。僕達に気づいたのも居るみたいだからね…。結果は見えた。帰るよ。」

そして黒い影達は何時の間にか姿を消していた。

男子VS女子V7 始まる後半戦

さあ、いよいよ後半戦!後半からは神野に代わって明井戸が入ります!

八神「とうとう出て来たか、達人…。」

舞「皆、後半は今まで以上に気を引き締めなさい!」

後半女子チームからのキックオフで試合開始!

レアン「何時までもこっちも守ってばかりじゃないからね!無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

開始早々にいきなりの必殺タクティクスー!!女子チーム後半からエンジン全開だー!

レアン「さあ、決めなさい…夏未!」

葱野「!あの人が撃ってくるって事はまさか……まさか!?」

夏未、音無、八神「ジ・アースG5!!

11-05-08_013.jpg

11-05-08_014.jpg

出たぁーー!!究極奥義ジ・アース!!この試合最大のシュートがついに火を噴くー!!

明井戸「マルコ、行ったぜ!」

マルコ「真グランドクェイク!!

11-05-10_017.jpg

11-05-10_018.jpg

夏未「う、嘘!?ジ・アースが止められるなんて!!」

なんとぉ!?ジ・アースをマルコが完全にシャットアウト!!

マルコ「よし、防いだ…カウンターのチャンスだぞ皆!」(ボールを大きく蹴って何時の間にか上がってたシャインに渡り)

バダップ「……此処だな。」

舞「!バダップがあんなに下がってる……。」

シャイン「今なら…バダップ!」(バダップへとパス)

そして男子チームついにこの男にボールが来た!オーガ最強の男、バダップ・スリード!

バダップ「作戦通り…行くぞ明井戸。遅れるな。」

明井戸「偉そうに…!考えたの俺だってのに!」

おっと、明井戸とバダップ見事な連携!2人だけでパスを繋いで女子ゴールへと迫ってるぞ!

舞「……マルシャ!アツヤマーク!私が止めに行く!」

しかし此処でキャプテン舞が立ち塞がる!!またしても止めるか!?

舞「ザ・タワーV3!!

11-05-08_006.jpg

バダップ、明井戸「キラーフィールズV3!!

11-05-09_037.jpg


11-01-05_003.jpg

舞「うっ!?」

あーっと!ザ・タワーを明井戸とバダップのキラーフィールズで破ったぁー!!ついにSPの壁を超えた!!

葱野「やった、チャンスだ!」

アツヤ「此処まで来りゃ…取るっきゃねーぜ!」

バダップ「……準備は良いようだな。」

バダップ、アツヤ、葱野「デスブレイクG5!!

11-05-09_045.jpg

男子チームついに最強にして最大のシュート!!

木野「ムゲン・ザ・ハンドG5!!……きゃーーーー!」(無数の手が吹き飛ばされてゴールに突き刺さり)

決まったぁぁーーーー!!後半についに男子チームが先制点を取りました!やはり決めてくれたチョウテイコクNo.1ストライカーのバダップ!!

バダップ「これで最初のミッションはクリアーだ。さあ、次に移るとするか。」

葱野「クールだなぁ……。」

アツヤ「ゴール決めて当然って感じかよ…!」

明井戸「よーし、1点っと。まだまだチャンスあったら取ってくぞー。」

連城直樹(れんじょう なおき)

明井戸と同じ秋葉名戸3年でサッカーチームレインブラッドの一員。肩に付くか付かないか程度の長さの紫色の髪に赤色の瞳。身長や体格は明井戸とほぼ同じぐらい。パッと見は女?と思う程の美少年。
首に紫色の石のペンダントを下げている
明井戸の事を知っているようだが彼の目的は……?今の所遊びとだけ言っている。
その仲間達、時任や成神等に対しては憎しみのような感情を抱いている。
FFの秋葉敗退ぐらいの時から学校を休んでいて最近になって通い始めている。
鬼道財閥に匹敵する連城財閥の御曹司。

レインブラッド
突然現れた謎のサッカーチーム。
日本の各学校に現れては大差で相手チームを下して回っている。
その正体は明井戸と円堂率いるチームだった。

デーモンフォース
立向居率いる脅威のチーム。
その実力は圧倒的でオーガですら歯が立たない。

竜堂巧(りゅうどう たくみ)

デーモンフォースの監督にして影山の元側近。
長い黒髪を1つに束ねており身長は180㎝、年齢は20代ぐらいで白いスーツを着ている。
立向居の中の魔王に魅せられ、その立向居をトップとしたデーモンフォースを作り上げた。
立向居を魔王と慕って心酔すらしているように見えるが彼の真の目的は…?

謎の黒い影。

男子チームVS女子チームの試合を遠くの観客席から見守っている10人以上の影。

その影の中心人物に居る謎の少年。

「彼の率いる男子が圧倒するかと思いきや…女子チームも中々やるじゃん?」

「……今すぐ潰しますか、マスター?」

「まだ早いよ。今はまだ……ね。」

「……そうですか。」

「こんな所でつまずくのは無しだよ、軽く勝って何時か僕と遊んでよ…………明井戸達人。

男子VS女子V6 ハーフタイム 動き出す策士。

葱野「はぁ~。前半攻め込んでたんだけど…得点出来なかったな。」

シャイン「守りはどうも思ったよりやるらしい。女子チームは。」

成神「バダップには何もさせなかったし。」

バダップ「………。」

明井戸「…後半、神野交代だ。俺が出る。」

神野「あ、はい!了解しました!」

シャドウ「ついに出るのか明井戸。…まだ1点入れてないが。」

葱野「もう此処まで来たら絶対入れましょうよ一点!力合わせれば必ず勝てると思いますから!女子チームも…連携で僕達を止めてるし。」

明井戸「!………そっか、葱野良い事言った。」

葱野「え、僕…ですか?」

明井戸「目には目を、連携には…連携。バダップ…………。」

バダップ「…………分かった、それで行くか。」

男子VS女子V5 始まる怒濤の攻撃、SPは守りのエキスパート

神野「ぐあ!」

11-05-08_012.jpg

神野もスノーエンジェルの前にどうする事も出来ず!男子チーム、超ロング以降中々攻める事が出来ない!

八神「…此処で待っていても仕方が無い。こっちだ!」

時任「あ…!」

おっと、八神これは…ゴール前ではなく中盤まで下がってボールを受け取る!ついに攻撃の要にボールが渡ったー!

時任「…突破は許さない!真フローズンスティール!!

11-05-10_013.jpg

なんと時任までフローズンスティールー!今日は氷の技が多いぞー!?

八神「甘いな…スーパーエラシコV3!!

11-05-09_033.jpg

時任「!!」

かわした八神ー!華麗にして高度なテクニックで時任を鮮やかに突破ー!

マルコ「撃たせるな!その前に止めるんだ!」

男子チーム、八神へと数人で向かっていくー!

八神「ふん……それだけ来るという事は…他がガラ空きになりやすいという事だ!」

おっと、これはパス!誰にも付いていないレアンへ………。

シャイン「何処をガラ空きって言ってるんだ?」(レアンへのパスをカット)

あっ!インターセプト!今までおとなしかったシャインが此処でカットです!

八神「っ……読まれたか…!」

シャイン「そろそろ2本目のシュート撃ってけ!」(ウィンディへとパス)

ウィンディ「おう、任せろ!」

これはウィンディ再びスピードを生かした突破にかかる!

夏未「何度やっても同じ事……冬花さん!」

冬花「あ、わ…私…!?うん…真スノーエンジェル!!

ウィンディ「同じ事って…決めつけない方がいいぜ!エアライドV3!!

11-05-09_021.jpg

冬花「あ!」

ウィンディ、スノーエンジェルを破ったぁー!!氷の守備が崩れた!

葱野「やった!チャンスだ!」

ウィンディ「これで決めてやる……アツヤ行くぞー!」

アツヤ「分かってるっての!先制はこれで頂きだ!」

ウィンディ、アツヤ「ザ・ハリケーンV3!!

11-05-09_030.jpg

11-05-09_029.jpg

これは2人のスピードスターによる合体シュート、ザ・ハリケーン!!凄まじい勢いで女子ゴールへと襲いかかるー!!

舞「ザ・タワーV3!!

11-05-09_022.jpg

11-05-09_031.jpg

これは舞のブロックだー!!しかしまだ勢いを残してシュートはゴールに向かってるぞー!

舞「これで…充分ね。」

木野「此処で止めなきゃ…先制は許さない!ムゲン・ザ・ハンドG5!

11-05-09_013.jpg

11-05-09_025.jpg

止めたぁぁー!!シュートの弱まった所で木野がムゲン・ザ・ハンドでガッチリとキャッチー!!これはDFとGK上手い連携プレー!

ウィンディ「ハリケーンが…!マジかよ…。」

時任「でもシュートは撃てた、流れはこっちに向いてるから攻めて行こう!」

此処でボールを支配してるのは男子チーム!再び攻め込んで行く!

アツヤ「こいつでどうだ…!ノーザンインパクトV3!!

11-05-10_003.jpg

11-05-09_011.jpg

舞「ザ・タワーV3!!

11-05-09_031.jpg

木野「ムゲン・ザ・ハンドG5!!

11-05-09_025.jpg

アツヤのシュートも止めたぁー!前回ハットトリックを達成した渾身のシュートも女子チーム、舞と木野の連携プレーで止めた!

時任「これ…舞さんがゴール前に居る限り得点出来ないよ…!」

明井戸「……流石命がけで総理を守るSP。守りのエキスパートだな、あれ。」

葱野「というか木野先輩もいつの間にムゲン・ザ・ハンド覚えてたんですか!?立向居があれだけ苦労して覚えた技を…。」

ピィー

此処で前半終了!男子チーム、押し気味に試合を進めていましたが女子チームの連携プレーの前に得点出来ず。両チーム無得点のまま後半戦を迎えます。

男子VS女子V4 氷の守備

試合は序盤男子チームがまず先制のシュートを放ってます!この先はどうなるか…

明井戸「ストップ!」

!?こ、今度は何ですか…!?

明井戸「いや、ほら。水曜だし。

夏未「ああ、それならちょっと中断ですわね。

冬花「水曜なら……そうだよね…。

シャイン「水曜なら中断だろ。

時任「こっちはちょっと慣れたけど……女子チームまで中断大賛成ー!?

成神「…10年経つと此処までサッカー変わるもんなんスか?」

葱野「支配とか格差とか………そんなサッカー嫌だよ僕。」

シャドウ「……新しい闇が生まれたみたいだ…10年後。」

時任「そうだけど…シャドウ、闇があるなら光もあるよ。松風天馬、彼が光になると思うから。」

シャイン「そして化身か、騎士や指揮者のような奴らの他にまだ色々な化身が居るのか…?」

アツヤ「そりゃ居るんじゃねぇ?戦士とか僧侶とか魔導師とか武道家…。」

成神「アツヤ先輩、完全に思考RPGっス。

明井戸「その前に…そんな実力差あるならもっと大差付けられるだろ、生温いぞ黒の騎士!

時任「何でキミは敵側の応援してるのさー!?

明井戸「だって、前半がたったの10-0だぜ?帝国ならもっと大差つけてた。…あいつらのサッカーは温いって事さ。どっちも。」

マルコ「どっちのサッカーも温いって言い切ったなお前…!大抵を敵に回しても知らないぞ?」

時任「え、えーと………10年後の後輩達。何か次はもう終わっていて大変そうだけど…もっと強くなってリベンジだよ。」

マルシャ「そろそろ、試合戻るか?」

明井戸「あ、待たせてすみませんマルシャ先輩達。」

さ、さあ気を取り直して…女子チームGK木野のボールからスタート!

木野「それ!(一気に前線へとキック)」

ウィンディ「いただき!」

夏未「あ!」(夏未へのパスをウィンディが横から物凄いスピードで来てインターセプト)

ウィンディパスカットー!流石メンバーで1、2を争うスピードを持つプレーヤーだ!

夏未「っ…そのボール寄越しなさい!」

ウィンディ「おっと、分身フェイントV3!!

11-05-09_036.jpg

かわしたウィンディー!これは止まらない!

夏未「くっ!………なんてね。」

冬花「真スノーエンジェル!!

ウィンディ「うあ!?」

11-05-08_012.jpg

あー!これはかわしたと思ったらすぐに冬花の真スノーエンジェルが待っていたー!

冬花「此処は……音無さんに…!」

成神「おっと。」(音無へのパスを成神がカット)」

しかしすぐに奪い返した男子チーム!

成神「………行くよ葱野!」(葱野へとロングパス)

これは、何時の間にか此処まで上がってきていた葱野!

葱野「やった、今なら冬花さんの守備も無いぞー!」

マルシャ「お前は私が止める。」

葱野「!?マルシャ先輩……!」

マルシャ「真フローズンスティール!!

11-05-10_012.jpg

葱野「わああ!」

音無「私達の守備は簡単に攻略させませんよー!」

葱野もボールを取られたー!スノーエンジェルにフローズンスティールとまさに女子チームこれは氷の守備だ!

レアン「~~~~~!味方のこっちまで寒くなるわよ氷の技ばっかり!」

おっと、レアンにボールが渡ったー!

レアン「寒さを吹っ飛ばして焦がしてあげる…8歳の子供だからって容赦しないから!真ヘルファイア!!

11-05-08_005.jpg

出たぁー!ザゴメルを一発で沈めた真ヘルファイア!!

シャドウ「……真ダークトルネード!!

11-05-09_019.jpg

あっとブロック!シャドウ跳ね返したぁー!

ウィンディ「よーし、ナイスシャドウ!」(跳ね返ったボールをウィンディがキープ)

音無「ああ!ロココ君に届く前に…!」

明井戸「悪いけど、守備力自慢なら俺らだって負けてねーよ。おいお前ら、この試合も…無失点で勝つ!

成神「了解っス。」

時任「勿論勝つつもりだよ。」

男子VS女子V3 先にシュート

さあ、オフサイドとなりボールは男子チームからとなります。

ロココ「皆先にシュートだよー!」(ロココがボールを蹴ってシャインへ)

シャインへと渡りシャドウ、葱野と繋いで行く!

葱野「バダップは…ああ、ガッチリとマークされたままだ…!」(バダップの方を見るがマークされたまま)

音無「ボーっとしてるとそのボール貰っちゃうよ!?」(葱野に音無がボールを奪いに迫る)

葱野「わわ!?ウィンディ!」(それに気づいて慌ててウィンディへとパス)」

ウィンディ「よし…一気に突破するぜ!」

ボールを受け取ったウィンディ!アツヤのようにスピードドリブルで一気に突破か!?

冬花「させない…!」

つむぎ「同じ手は何度も通じないから!」

ウィンディ「……と、思ったけどやっぱこっちだ!」(ドリブルすると見せかけて成神へとパス)

冬花、つむぎ「!!」

女子チーム、ウィンディのドリブルが来ると思ったら成神へのパス!これは逆を突かれた!

成神「バダップはマークされてるから此処は……」

クララ「フフ…何かする気…?させない……真フローズンスティール!!

11-05-10_014.jpg

成神「!真イリュージョン……うわ!」

クララの身も心も凍らせるスライディングが炸裂ー!成神技を出す暇もなくボールを取られた!

時任「しまった、戻らないと!」

女子チーム、守備から一転して攻撃に一気に移る!音無へとボールが渡る!

神野「ちっ…止めに行くぞ葱野!」

葱野「うん、分かってる!」

音無、冬花「キラーフィールズV3!!

11-05-08_011.jpg


葱野「わー!?」

神野「ぐっ!き、キラーフィールズ……!?鬼道先輩や不動先輩が得意とする技を覚えてたのか…!」

強力なドリブル技を持ってた女子チーム!これはチャンスだ!

音無「今度こそ、八神さん!」(八神へとパス)

時任「させないよ!」(そのパスを飛び出してカット)

っと、八神へのパスを時任インターセプト!ゴールにまで下がってキャプテン自らこのピンチを守った!此処までの攻防でまだ両チーム、シュートにまで持っていけません!

時任「とにかく勢いつける為にシュートが欲しいけどあそこまできっちりと守られると…………」

さあ、時任此処は誰にパスを出すか…………

時任「真エクスカリバー!!

11-05-10_004.jpg

11-05-09_002.jpg

舞「!」

な、なんとぉ?!時任自軍ゴールのほぼ近くからの超ロングシュートー!!

夏未、クララ「真シューティングスター!!

11-05-10_021.jpg

此処で夏未、クララのシューティングスターによるブロックー!しかし…威力は完全には抑えきれていない!ゴールへ向かっているー!

舞「……此処まで弱められれば後は大丈夫ね。木野さん。」

木野「真ゴッドハンド!!

11-05-08_007.jpg

11-05-09_026.jpg

止めた木野ー!光り輝くゴッドハンドで時任のエクスカリバーをキャッチしました!

木野「ふう…まさかあんな所から来るなんて、時任先輩…。」

舞「…先にシュートしてなんとしてもチームに勢いをつけようっていう考えね。」

明井戸「ま…先にこっちがシュート出来たから良しとしとくか。これで流れ来てくれりゃいいけど。」

男子VS女子V2 試合開始!

さあ、それでは改めて…チョウテイコク男子のスタメンです!

11-05-09_001.jpg

時任「初めてだな…アウェーのユニフォームを着る事になるのって。」

葱野「新鮮ですね、こういうのって。」

キャプテンマーク 男子 時任
         女子 舞

明井戸「お前ら、ゴール前は玲名要注意だ。」

マルコ「八神を?」

明井戸「さっきの試合見たろ、…ほとんど攻撃に絡んでたんだよ。間違いなく攻撃の要は決まり。」

時任「うん…分かった。」

ウィンディ「さ、行くか!ロココ今日も頼むぜ?」

ロココ「任せて!皆安心して攻めて行ってー!」

舞「向こうはやっぱりバダップ要注意ね。No.1ストライカーに間違いないから。…絶対にマークは外さないように。」

ピィー。

さあ、男子チームのキックオフで試合開始!

成神「それじゃ、いつも通り…行っとこうか。」

成神、早速アツヤへとパス!

アツヤ「……バダップあんなガッチリとマークかよ…。だったらこうするまでだぜ!!」

あーっと!これはアツヤ単独のドリブル!スピードを生かしてゴールへと切れ込む!

舞「此処は私が!」

そこへ立ち塞がるのは…チーム唯一の大人であるSP館野舞!

アツヤ「加減はしねーぜ舞さん!真風神の舞!!

11-05-09_017.jpg

舞「ザ・タワーV3!!

11-05-08_006.jpg

アツヤ「うわぁ!?」

11-05-09_016.jpg

止めたぁー!アツヤの風神の舞を舞がザ・タワーで完璧に阻止!!やはり大人は強い!

葱野「うそ…あのアツヤ先輩の風神の舞が…!?」

舞「さあ、反撃よ!」

(クララへとパスし、そしてそのままパスで繋いで行く)

これは上手い連携!男子チームボールを取る事が出来ない!

音無「よーし、このまま…レアンに!」

ゴール前レアンへとラストパス!これは大チャンス………

ピィー

レアン「!?」

あ、これは…オフサイド!咄嗟にマルコ、上がっていた!女子チームのチャンスを見事に阻止しました!

マルコ「ふうー…危ないな。」

両者共にまずはDFが活躍しております!

明井戸「舞さん……あの人どうにかしなきゃ得点厳しそうか…。」

男子VS女子V1 明らかとなる女子イレブンの力。

さあさあ、やってまいりました!恒例のチョウテイコク練習試合!今回はなんと同じチームの女子選抜チームが相手とあって全てが男子のイレブンとしてはいつもとは違う感じに思えてくるかもしれません!今回は此処、帝国学園で激闘が始まろうとしてます!

亀石「あはは~、これも恒例だけどさ~……あんた誰~?

それでは女子選抜チームのスタ……………

夏未「ストップ。」

…………え?

夏未「その前に…貴方達、こう思ってないかしら?心の中で…「女子、それもマネージャーの居るチームが自分達の相手が勤まるのか?」と。」

時任「い、いや!そんな事思ってないよ!ねえ皆!?」

シャイン「……当たりだ。イナズマジャパンのマネージャーまでわざわざ入れた急造チーム如きに俺達と対等に戦える力があるとは思えないな。」

シャドウ「…………俺も、そこまでの強さを持っているとは思えない…。」

時任「そんなシャイン!シャドウまで………。」

音無「私達を甘く見ない方がいいですよ!」

冬花「皆に迷惑は……出来る限りかけずに頑張るから…。」

夏未「言葉だけではそこの小さい子達を納得させられそうにないから…あれを見なさい。(帝国のモニターを指差し)」

明井戸「……モニター?」

11-05-08_001.jpg

葱野「あ、あれ…女子チームのスタメンですか!?」

成神「此処でスタメン発表……?」

シャドウ「相手も出るな…………!」

マルコ「おい、あれってオーガじゃないか!?」

時任「えええ!?バダップ、試合やってたの!?」

バダップ「………ああ。」

ウィンディ「!始まるみたいだぜ…。」

夏未「確か貴方達がオーガと試合した時は5-0…でしたわね時任先輩?」

時任「え?あ、うん…。前半中々得点出来なくて後半明井戸投入で一気に5得点で勝てたんだよね。」

成神「……あ!」

レアン「燃え尽きなさい!真ヘルファイア!!
11-05-08_005.jpg

ザゴメル「小娘が!ニードル……ぐおおおおお!!」
11-05-08_016.jpg

アツヤ「最初のシュートでもうザゴメルからゴール奪ってやがる…!」

冬花「真スノーエンジェル!

11-05-08_012.jpg

時任「止めた冬花さん!あんなおとなしそうな子があんなにも強い技を覚えるなんて…。」

アツヤ「何でシロウと同じ技覚えんだ…?」

八神「XブラストV3!!

11-05-08_009.jpg

ザゴメル「これ以上は許さん!ハイボルテージG3!!

11-05-08_018.jpg

時任「またゴール……!僕達前は前半0-0だったのに…。」

マルシャ、八神「二百烈ショットV3!!

11-05-08_020.jpg

レアン、マルシャ、八神「グランドファイアG5!!

11-05-08_015.jpg

八神、レアン「プライムレジェンドG5!!

11-05-08_002.jpg

葱野「わわわ、す…凄いシュートが続々と…グランドファイアにプライムレジェンドまで……。」

夏未、音無、八神「ジ・アースG5!!


11-05-08_013.jpg

11-05-08_014.jpg

時任「ジ・アースまで出た!」

明井戸「こいつは………。」

シャイン「……強烈な必殺技の連発だな。」

11-05-08_021.jpg

アツヤ「9-0…俺らの倍近くの差で勝ってんじゃねーかオーガに!」

マルコ「バダップ、負けたのか!?」

バダップ「…言い分けする気はない、シュート1本も撃てないまま完敗した。」

夏未「これで…ご理解頂けたかしら?」

シャイン「どうやら……手加減の必要は全くなさそうだ。」

クララ「フフ…本気で来ても私達に勝てるとは限らない………。」

舞「キミ達の練習相手をする相手の強さならこれぐらいでなければね、私達は甘くないわよ?」

ロココ「あの強力なシュートを何発も僕の方へ……が、頑張ろう!」

明井戸「…舞さん、俺は…俺達は此処でつまずく訳には行かないですから。勝利は貰います。」

成神「お、明井戸先輩大胆発言っスね。舞さんを相手に勝利宣言…。」

舞「……見せてみなさい、明井戸君。キミ達の力を全て。」

男子VS女子。

時任「まさか……こういう日が来るとは思ってませんでしたね、舞さん。」

舞「信君、キミの力はよく知ってる……今日は簡単にシュートが撃てると思わない事ね。」

シャイン「……女子との試合は別にこれが初めてという訳じゃないが、何を緊張してる明井戸。」

明井戸「……………してねぇよ。」

成神「あっちを見たりこっちを見たりと明らかに緊張してるっスよ?

八神「どうした、達人。試合の時のお前はそんな様子ではなかったぞ?」

明井戸「!玲名………。」

八神「どんな相手にも容赦はしない、それがお前のサッカーのやり方だろう。…全員が女子だからって甘く見て手を抜くなんて真似をしたら怪我するぞ。」

明井戸「…………。」

八神「では…今日の試合を楽しみにしてる。」

バダップ「何だ、あいつは。わざわざ敵に塩を送るような事を言うとは…。あれが命取りにならなければいいが。」

時任「…本調子じゃない明井戸よりも本気の明井戸と戦いたい、それが八神の明井戸に対する気持ちだと思うよ。」

ウィンディ「本気の方が倒しがいがあるから、だな!?」

明井戸「……………ふう。(一旦深呼吸して落ち着き)………お前ら、今日のスタメンこれで行くぞ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR