スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

遅れた祝い。

葱野「あ…明井戸先輩退院したから何か祝いとかしません!?」

成神「それいいね、何か美味しいのが食えそうだし。」

時任「やっぱそれか…遅れちゃったけど、今日は明井戸の復帰祝いと行こうか。」

明井戸「え?…………何か恥ずいかも。」

アツヤ「だったら行く所は…雷寿司だな!」

ウィンディ「雷寿司?そこ初めてだな。大抵は虎ノ屋とかライオコットだし。」

シャドウ「…たまに行くんだ。そこは。祝い事とかで。」

霧隠「な…!チョウテイコク、贅沢だな…!」

成神「まあとにかく早く行きましょうよ、一刻も早く。」


時任「……え、あ……あれ…!」

舞「やっと来たわね、信君達。」

音無「遅いです!女の子待たせるものじゃありませんよ先輩達!?」

マルコ「じ…女子イレブン達……?何で此処に…。」

夏未「祝いの席に私達も居たら何か不都合でも?」

まこ「もう、それだけじゃなくあたし達に今度の事黙ってたなんてー!ちゃんと話してよ健也お兄ちゃん達!」

成神「まこちゃん…!それは…ゴメン。巻き込みたくなかったし俺達だけで片付けようと…。」

音無「私達そこまで頼りない!?こっちも戦える力はあるんだからね!男子だからって何もかも抱えて背負わない!」

マルシャ「私達も同じメンバーだ。少しは頼ってもいいんじゃないのか?」

葱野「うう、ご…ごめんなさい。」

時任「皆の言う通り…だね。次は皆に…頼るよ。」

舞「それでまた抱え込まないように。優し過ぎるキミの悪いクセよ。」

明井戸「なんだ、一体…例の俺の知らない間に起きた大事件かよ…。」

八神「達人!!」

明井戸「!?れ…………!」(名前を言う前にぎゅうっと強く抱き締められ)

八神「心配した…本当に心配した…!お前がいなくなったら私は………私は…!お前達!私を何故あの時の戦いに誘わなかった!」

時任「そ、それについては…本当にごめん…!」

八神「……無事で良かった…達人…!」

明井戸「~~~~~~!」(抱き締められて顔が八神の胸の中に埋まったまま)

八神「よし、もう同じ事が起きないように私は常に隣に居よう!…文句は無いな?」

時任「え!?それは………な、ない…です。」(八神の迫力に押されて承諾)

アツヤ「…これは…断れねぇだろ…!そうなったらどんな目に俺ら遭わされるのか…!」

霧隠「チョウテイコク……女子に対しては全然頭の上がんないイレブンっと。

八神「決まりだな!私がお前を絶対守るからな!」

マルコ「それより……そろそろ明井戸が窒息するかもしれないからちょっと離した方がいいと思うぞ!?

シャドウ「幸せな最期だな。
スポンサーサイト

最強の戦士。

バダップ「口程にもない…。」

ご、ゴォール!!バダップ早くも前半でダブルハットトリック!全く容赦ありません!まさに鬼!

葱野「うわー、凄い……バダップやっぱ強い!ナイスゴール!」

バダップ「この程度の相手なら当然の結果だ、それより位置に付け。」

アツヤ「…クールな奴、全然喜んでやしねぇ。」

龍野「キミの妄想していたピンチの展開が全然ありませんね。」

明井戸「何処にも無ぇ…まあ勝ってりゃいいけど。」

時任「ああ、何時かのバダップのような事したかったんだね…」

明井戸「誰がバダップの真似するか…!そりゃ凄ぇカッコ良いとか思ったり真似したいとか思ったけど!

龍野「真似する気満々ですね。

帰って来た策士。

時任「はあっ……はあっ……!」

成神「つ、強い…こいつら……。」

葱野「何とか凌いでるけど、僕達の攻撃が通じない…!」

アツヤ「畜生…このままじゃいずれ破られちまう!」

シャイン「得点出来なければどうする事も…。」

チョウテイコク大苦戦ー!此処まで0-0で何とか凌いではいるが圧倒されている!

明井戸「お前ら、こんな所で何てこずってんだよ。」

葱野「え、あ…あれ……。」

成神「まさか、嘘でしょ…。」

時任「明井戸!!

これはなんと!チームの危機に悪魔をも騙す策士、明井戸達人が登場ー!まさかの復活だ!!なんというドラマチック!

明井戸「さて…決めてやるとするか、時任。」

時任「うん!」

時任、明井戸「プライムレジェンドG5!!

11-02-06_006.jpg

ゴーーーーール!!ついにチョウテイコクが先制点ー!!明井戸達人の復活ゴールだ!

マルコ「やった!やっと決まった!明井戸、お前のおかげだ!」

シャドウ「…凄い先輩だ…。」

ウィンディ「お前凄ぇな!」

ロココ「やった!勝てたー!」

明井戸「俺は世界最強の策士だからこれぐらい当然だって!」






明井戸「…………ていう復活にしたかったんだけどなぁ。」

成神「長い妄想だったっスね。

マルコ「現実は普通に退院して出て来ただけだろ。

時任「まあ、とにかく退院出来たから…。でもまだ試合は出ちゃ駄目だ。」

明井戸「病院で結構休ませてもらったってのに、特に病気でも怪我でもなかったし。」

シャイン「退院して早々にお前の妄想に付き合わされるとは思ってなかったぞ。

アツヤ「つか相手チーム何処だよ!?そこまで追いつめる程のチームって!

一休み

葱野「はあっ………何回サッカーバトルやったかな?」

時任「えーと…数えてないから分かんないよね。」

成神「俺達他にやるべき事ないんスかね?

続くサッカーバトル

ウィンディ「意外と面白い、もう一回行こうぜー!」

スピードスターチーム

アツヤ、ウィンディ、霧隠、GKジーン

チビッ子チーム

時任、葱野、シャイン、GKロココ

成神「…GK同士の身長差が特に凄いね。じゃ、スピードスターチームからキックオフ。」

ウィンディ「行こうぜー。」

霧隠「この素早さ、お前らに付いて来れるか!?」(霧隠がドリブルでサイドから攻める)

時任「早っ!?」

葱野「まさに…スピードスターチームです!」

霧隠「そら、アツヤ決めろ!」(アツヤへとパス

シャイン「…そう来ると思った。」(アツヤへのパスを読んでカット)

アツヤ「っ!やば、戻れ戻れ!」

葱野「よーし、チャンス…!真ディバインアロー!!

11-01-02_009.jpg

ジーン「オメガ・ザ・ハンドG5!!

11-03-15_011.jpg

葱野「あ…止められた!」

シャイン「…まあ、あれぐらいは当然だな。」

ジーン「そら、カウンター!」

アツヤ「おい霧隠、そのままシュート!」

霧隠「いきなりなんだよ!?遠過ぎだろ…なんだってんだ!」(言われた通りシュートを撃つ)

アツヤ「ナイス…ノーザンインパクトV3!!

11-01-03_002.jpg


ロココ「タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-03-22_001.jpg

11-05-22_076.jpg


アツヤ「ああ、くっそ…!」

時任「うん、よく止めたロココ!次は……。」

成神「…時間切れっス。」

(ピィーと笛を吹く)

葱野「あ…今度は引き分けかぁ。」

アツヤ「はあ、こういう練習法もあるもんだな。」

シャイン「…悪くはないな。」

紅白バトル開始!

時任「それじゃあメンバーは…こうなったから!」

海外チーム

マルコ、シャイン、ウィンディ、GKロココ

国内チーム

アツヤ、成神、葱野、GK神野

マルコ「おい、向こうの方がバランス取れてるだろ!こっちDFばっかだぞ!?

シャイン「まあ、とにかくこれでやってみるか。案外違った展開になるかもしれないぞ?」


時任「では海外チームから…キックオフ!」

シャイン「…よし、ウィンディ。ボールを持って攻めるのはお前だ。」

ウィンディ「分かった、行くぜー!」

成神「ゴー・トゥ・へブンV3!!

11-03-24_001.jpg

ウィンディ「うああ!く…いきなり!」

成神「じゃ…とっとと済ませますか。葱野。」(ボールを奪ってすぐ葱野へとパス)」

葱野「よーし…!」

マルコ「そうは行かないぜ!」(葱野を止めようとボール持つ瞬間を狙って詰める)

葱野「!…アツヤ先輩!」(それに気づいてアツヤへとダイレクトでパス)」

アツヤ「貰ったぜ!ノーザンインパクトV3!!

11-05-22_053.jpg


シャイン「ボルケイノカットV3!!

11-05-22_044.jpg

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

時任「連係プレーで止めた…!得点ならず、だね。」

ロココ「それぇ!」(ウィンディへとパス)

ウィンディ「貰ったぜカウンター!!」

成神「だから行かせないって…」

ウィンディ「…何度も同じ手で行くと思うか?」(そう言った直後、ちょんとパス)

成神「!!」

シャイン「いいパスだ…。シャインドライブV3!!」

11-04-02_004.jpg


神野「ぐぅ!?」(眩し過ぎて技出す前にゴール)

マルコ「よし、決まった!俺達の勝ちだな!」

ロココ「やった、勝ったー!」

成神「…何やってんの、神野。」

神野「…眩しくて何も見えなかった…!」

葱野「あれロココは防げたのに…!」

ウィンディ「よーし、面白いから…もう一回やろーぜ!」

新たな提案。

成神「ふう、好き勝手にやれって言っても…。」

葱野「…練習やったり遊んだりはしてるけど、何か足りないような…。」

霧隠「何弛んでんだよお前らー!超強豪チームだろー!?」

成神「これが普段のチョウテイコクの日常っス、新人の先輩。

霧隠「凄ぇ厳しい訓練を休まず24時間積んでるかと思ったら…違うのかよ…!」

シャイン「…俺もその辺驚いていた…。」

時任「…うーん…どうしよう……考えるのがいないんじゃ僕が考えるしか…あ。」

マルコ「時任?何か思い浮かんだのか?」

時任「多分、明井戸なら言いそうかなって事…かな?ちょっとこれやってみる?」

成神「これ…って?」

時任「紅白サッカーバトル。

葱野「紅白の…4VS4ですか?!」

時任「そうなるね。彼なら提案しそうかなって…。練習と遊びを兼ねてね。」

ウィンディ「それはやってみたい!」

ロココ「僕も!出番ありそう!」

アツヤ「それは、一回やってみるか!」

成神「食いついてるっスね。じゃ…準備しますか。」

やっと入部

葱野「やっと…入部ですね!」

アツヤ「小せぇあいつの取り柄なんだろうって気になったけどジャンプ力か!」

時任「でも、天馬のドリブルもその彼のジャンプ力も全部神童に止められて通じなかったね…。」

成神「あんな強かった…まあキャプテンだからそりゃそれぐらいの強さはあるっスね。」

シャイン「……ムカつくな、他の3人の奴ら。あんなのでサッカーやられちゃこっちが迷惑だ。」

アツヤ「同感、今回は「お前等はそのへたくそ以下ってことだ」に大いに賛成だぜ。」

時任「他の3年がキャプテンやってないなと思っていたら…そういう事か。」

成神「神童の方がチームの為になるって託した、うちじゃ託さないっスよね。3年しかキャプテンをやってはいけないという決まりっスから。」

葱野「え、ええと…あとマネージャーの人も入りましたよね!」

シャドウ「…結局そっちはテスト無しか。」

時任「久遠監督が何考えてるのかは分かんないけど…とにかく入部出来た訳だね。」

成神「案外円堂先輩と同じ雰囲気感じたから入部、なんて理由だったりして?」

これから先は…?

明井戸「………ん……?」

成神「あ、明井戸先輩。お目覚めっスか?」

葱野「やば…起こしちゃった…!?」

明井戸「…直樹どうした?帰っちまったか?」

時任「ああ、彼なら忙しいからって帰ったよ。色々やる事があるって。」

明井戸「何だ。此処から出たら何処遊びに行こうかについて話したかったけど、忙しいんじゃしょうがねーや。」

シャイン「その様子じゃ元気そうだな。」

明井戸「だからそう言ってんじゃねーか。なのに念のため入院なんてよ。」

時任「それ以前にも色々と忙しくてゆっくり休む暇なかったでしょ、この機会に休んどいてよ。」

明井戸「…ま、楽出来るから別に良いけど。って…何でお前居るんだ?」

霧隠「俺は今日からチョウテイコク入りしたんだ!此処で鍛え直す!」

明井戸「…お前2年だよな?先輩にタメ口使うんじゃねーよ。」

霧隠「!?(そういえば……3年かこの人!忘れてた…)」

ウィンディ「時任は良いって言ってるけどお前も良いよな!?」

明井戸「霧隠………霧隠か……まあ役に立ちそうだから入れてやる。」

葱野「やりました!これで正式にチョウテイコクです!」

成神「で、この先は…どうしましょう?」

時任「うーん………特に予定が……。」

明井戸「だったらまたどっかとの練習試合でも考えといてやろうか?」

時任「いやいやいや、今は…互いにゆっくり休む時だと思うから今の所はこのままで!」

激闘が終わり。

時任「えーと…明井戸の病室は……。」

(病室を確認して、それから向かい)

成神「あ………。」

葱野「貴方は…。」

連城「ああ、キミ達か…達人の見舞いだね。彼なら寝てるよ。」

霧隠「連城……直樹……。」

連城「!……伊賀島の…。ごめん。」

霧隠「勘違いすんな…責めに来たんじゃないから、ああなったのはこっちの力不足な訳だし。」

成神「明井戸先輩の見舞いっスか?」

連城「そう、…すぐ帰るけどね。まだまだやらなきゃいけない事が沢山あるんだ。」

時任「…そっか。」

連城「ああ…良ければこれからは僕もチョウテイコクを陰から色々とサポートさせてもらえないかな?達人の、キミ達の力になりたいんだ。」

時任「勿論、是非お願いするよ。明井戸も賛成すると思うから。」

シャイン「…レインブラッド動かしていた時とはまるで違うな。」

葱野「良い人だ…!」

ウィンディ「エイリア石に取り憑かれるとあんなにも違って来るのかよ…!」

連城「じゃあ、僕はこの辺で。」

マルコ「色々大変そうだけど…頑張れよ。」

連城「うん、ああ…時任?」

時任「ん?」

連城「………達人を頼んだ、達人の親友。」

時任「…………分かった。」

突然の新戦力。

時任「じゃ、行こうか。明井戸の見舞いに。」

葱野「それなら僕も行きます!様子気になるし…。」

成神「俺も…とりあえず顔見ておくっス。」

アツヤ「いっそ皆で行くか!」

ウィンディ「皆か…そっちの方が良さそうだな!」

シャイン「…大人数でぞろぞろと向かう事になるのか。」

病院への道を歩いてる途中で。

「おい、チョウテイコク!」

時任「え…?」

霧隠「……………。」

成神「あ……霧隠先輩じゃないスか。」

シャイン「霧隠?」

葱野「って、海外の人は初めてだっけ。あの人は戦国伊賀島の2年キャプテンで霧隠 才次って言う忍者だよ。」

成神「ちなみに俺と同じネオジャパンでもあるんで。」

マルコ「に、忍者!?」

ウィンディ「あれが日本の忍者…初めて見るぞ!」

ロココ「やっぱり手裏剣使ったり剣で戦ったりするのかな…!?」

シャイン「…イメージと違うな黒頭巾被ったりしてないし。」

霧隠「どんなイメージ持ってんだよ忍者に対して!そりゃ伊賀島の中にはそういう人居るし授業でそういうのあるけど、ってんな事はどうでもいい!」

成神「いきなりどうしたんスか。俺達に何か用事でも?」

霧隠「あるよ、ある!……俺もチョウテイコクに入れてくれよ。」

時任「え、僕達のチームに!?」

成神「いきなりっスね。」

霧隠「その、レインブラッド…いや、イナズマジャパン……ああどっちでもいいや!とにかく大敗したのが悔しかったんだよ!伊賀島が全く手も足も出ない完敗…!」

時任「……霧隠、その事は……。」

霧隠「分かってますよ!エイリア石のせいって事は、けどこっちの力不足も感じた。このままじゃ駄目だ…そこで強いチームに鍛え直そうと思って此処に来たんだよ!」

成神「やっぱり……いきなりっスね。」

マルコ「今は明井戸は居ないから…入れるの時任次第だな?」

時任「僕?あ、僕は入ってくれる事は反対しないよ。よろしく。」

霧隠「あ…いいんですか!?よし!」

葱野「また早い人増えちゃいましたね!アツヤ先輩やウィンディに続いて。」

ウィンディ「あいつも早いんだ?そりゃ楽しみだ…。」

霧隠「ん?……あああ!お前風丸か!?日焼けしたりバンダナしたりとイメチェンかよ!?」

ウィンディ「へ?お前何言ってんだ?」

成神「霧隠先輩、盛り上がってる所すいませんけど…あれウィンディ・ファスタと言って風丸先輩じゃないっス。
コトアールの選手なんで。」

霧隠「!?か、海外……?大胆なイメチェンかと思えば、いくらなんでも似過ぎだろ!」

シャイン「………騒がしいのが入ったな。」

シャドウ「………別に嫌いじゃない。」

それからして。

時任「ぐー……………んん?もう朝………ってお昼過ぎてるよー!」

成神「あ、時任先輩おはようっス。」

時任「…あ、あれ…皆いない…?」

龍野「半数ぐらいの人達が寝てます。」

ウィンディ「そりゃ、あれだけの戦いだったから全員凄ぇ疲れただろ。身体も心も…。」

ロココ「皆まだ寝てるんだ…どうしようかなぁ…。」

成神「どうしようも何も、とりあえず昼飯でしょ。」

時任「………(あれから、連城は被害者だけど自分から罪を償う為各学校の復活を目指して色々と手伝い動き回っていて…イナズマジャパンの皆は普段通りまた何処かサッカーしに行ったか特訓しに行った…そして明井戸は……念のため病院で入院という事になった、まず心配は無いだろうけど)」

龍野「時任?」

時任「ん?あ……食べたら病院の方に行ってみようと思ってね。」

ついに決着。

連城「エイリア石が……砕けた…!」

成神「皆…倒れちゃって…これ、どうなったんスか…!?」

シャドウ「…これは……この感じは…覚えがある……俺自身が前に……。」

鬼道「う…………く……。」

成神「あ…鬼道さん!」(鬼道の所へと駆け寄り抱き起こす成神)

鬼道「成神……何故お前が…?それに此処は……アジア予選の行われたフロンティアスタジアム……?」

成神「…覚えてないんスか?俺達と試合した時の事。」

鬼道「試合…?チョウテイコクと試合をするという予定は無かったはずだが…。」

佐久間「つ………なんで俺フィールドで寝てたんだ…?」

成神「佐久間先輩………いえ、2人とも…今は………ゆっくり休んでください。」

不動「ってて……何だってんだよ一体…。」

アツヤ「おい、シロウ!大丈夫か?!」

吹雪「ん……アツヤ?此処は………。」

アツヤ「…良かった………ホントに…!」

シャドウ「……豪炎寺、風丸……。」

豪炎寺「何で何時の間にこんな所に…?」

風丸「知らない間に此処に歩いてきたのか俺達?」

シャドウ「……いや、いい…お前らに闇は似合わない。それが分かっただけでいい…。」

デメテル「アフロディ!無事か!」

ポセイドン「無事で何よりだ…!」

アフロディ「??何で世字子の皆が此処に…?」

南雲「…何で俺らこんな所に居るんだ?」

涼野「私に聞かれても知らん。」

緑川「寝ぼけてたのかな……?」

ヒロト「それで此処まで…?いくらなんでも寝ぼけ過ぎだと思うけどな。」

虎丸「どういう事なんでしょう…よく眠れたって感じはしますけど…。」

飛鷹「…俺は雷雷軒にいたはず…何時の間にこんな所まで。」

シャイン「おい、円堂…無事か?」

円堂「ふあ?……うーん……なんかよく寝たなぁ…って何でフィールドに!?こんな所で寝てたっけ…?」

連城「達人、しっかり!」

時任「明井戸…!」

明井戸「っ…………直樹……時任…?何でお前らが此処に……。」

連城「達人…本当にゴメン!皆も……僕のせいでああなって…。」

時任「…連城、キミも……被害者だ。エイリア石の…。今回は……研崎の残した、エイリア学園の亡霊によるものだった…そういう事だね…。」

明井戸「……何だ一体……話がさっぱり見えて来ねぇぞ…。」

時任「…いいんだよ、今はゆっくり休んで。」

成神「とりあえず試合は俺達がゴール奪っての優勝……。」

龍野「違いますよ。」

葱野「…え?龍野先輩?」

龍野「キミ達のあの怒濤のシュートチェイン…全員を救う事に成功はしました、しかし…完全なるオフサイドでゴールは認められてなかったです。」

アツヤ「な、なんだとーー!?あれだけ綺麗に決めたのに!」

時任「ま、まあ皆元に戻れたからいいよ…。」

成神「…となると……0-0で決着付かずっス。」

シャイン「…おい、どうなんだ連城。」

連城「え!?」

シャドウ「え、じゃない。考えたのはお前だ…この場合はどうする。」

連城「そ、それは……どうしたものか…。」

龍野「…では、今回の所は同時優勝という事にしましょうか。」

ウィンディ「同時優勝…そういうの初めてだな!」

成神「じゃあ…そういう事で。」

え、えー…それでは……優勝はチョウテイコクとレインブラッド……!

円堂「って、待った待った!」

!?な、なんですか円堂君…!?

円堂「俺達、そんなチーム名じゃないよ!俺達は……イナズマジャパンだ!

龍野「…どうやら、完全に戻ったようです。」

時任「うん…本当に良かった。」

それでは改めて…優勝はチョウテイコクとイナズマジャパンです!!

豪炎寺「何がなんだか分からないまま…何故か優勝のタイトル1つ手に入れたな。」

円堂「まあ、とりあえず喜んでおこう!やったぜー!」

そして大会MVP……。

成神「あ、そういうのもあったんスね…。」

MVP……時任信!

時任「え!?僕が…MVP!?」

葱野「やった、流石キャプテン!」

明井戸「…まだ付いて来れてねぇけど、おめでと。時任。」

連城「キミが…ふさわしいと思うよ。」

時任「……ありがとう!」

皆の力を1つに、放て渾身のシュート!!

マルコ「まずはあいつらからボールを奪わないと…そして…ゴール前まで持ち込まなきゃいけない。」

アツヤ「けど、また更に力が増していて…出来んのか?」

ウィンディ「………いや、あった…二つの事を同時にやる事が可能な方法が!」

時任「ウィンディ?」

風丸のスローイン!南雲がボールを持つ。

南雲「何か知らねぇが…漲るぜ、力がよ!誰にも…誰にも負けないぐらいに!!」

ウィンディ「今だ行けー!!」

サークルプレードライブ!!

11-05-22_067.jpg

南雲「な!?うわあああ!!」

これは南雲を巻き込んで一気にゴール前へ全員が行くー!此処で必殺タクティクスだ!

ロココ「そうだよ、これがあった…!リトルギガントの必殺タクティクス!」

ウィンディ「ああ、大介の編み出した…最高のな!」

鬼道「し、しまった!円堂ー!!」

明井戸「絶対守れ!負けなんか許さねぇ!!」

円堂「大丈夫…力がみなぎる…誰にも全然負ける気がしない!!」

時任「総攻撃だ皆ー!!

バダップ、シャドウ、葱野「デスブレイクG5!!

11-05-22_047.jpg

アツヤ「ノーザンインパクトV3!!

11-01-03_002.jpg

時任、成神「プライムレジェンドG5!!

11-05-22_084.jpg

これは…連続シュートチェイン!強力シュートが1つとなりゴールに向かっていくー!!

円堂「俺は負けない!!ゴッドキャッチG5!!

11-05-22_061.jpg

円堂「ぐ…!?う、う………うああーーーー!!」(ゴッドキャッチを突き破り、円堂の胸のエイリア石へとボールは命中し、禍々しい光が消え)

(そして次々と石が砕ける音がし)

明井戸「う……………(どさぁっと崩れ落ちるように倒れ)」

(そしてフィールドに居るレインブラッド全員が倒れていき)

時任「はあっ………はあっ………、お…終わった…?」

暴走と共闘

おっと、ボールはラインを割ってスローイン!

時任「どうなってるの……!?」

成神「…皆、胸の辺り……紫色の強く禍々しい光が見えるっス…!」

マルコ「って、皆攻めてくるぞ?!しかも…早い!」

連城「皆気をつけてくれ!あれは……エイリア石の、力の暴走!」

シャドウ「連城…!?何で敵であるあいつが……!」

時任「…戻った……?本当の彼に…。」

葱野「ど、どうなってるんですか…力の暴走……!?」

連城「僕にも訳が分からない…でも、早くなんとかしなきゃいけない!」

バダップ「!円堂守……ヤツが一番…禍々しい光が感じられる!」

連城「…もしかしたら……彼のエイリア石を壊せば…!彼の石を壊せば全員戻るかもしれない…!」

成神「かもしれないって100%じゃんか…!それに敵の言う事なんて……。」

時任「…信じるよ。」

アツヤ「時任センパイ?」

時任「今の彼を見れば分かるよ、…嘘は感じられない。その言葉乗った。」

シャドウ「…大介さんの…心のその4、仲間の全てを信じられる「ゼッタイテキシンライ」か…?」

葱野「…僕も、乗ってみます…元に戻るなら。」

マルコ「俺も…乗る。」

シャイン「…どういう船か知らないが乗ってみる価値はありそうだ。」

ゾーハン「ズズ……(乗るらしい)」

ウィンディ「俺も賛成!」

ロココ「僕も!」

シャドウ「……それしかないな。」

バダップ「…リーダーの決めた事なら反対はしない。」

アツヤ「それでシロウ助けられるなら…やるよ。」

成神「……此処まで来たら付き合いますよ時任先輩。」

時任「…ありがとう、…皆を取り戻そう!」

心の中、悪夢から目覚める時

再び勢いが戻ってきたチョウテイコク!DF陣の奮闘で此処まで0-0とレインブラッドと互角の勝負をしております!

連城「ぐ………うう……!」(頭を抑えたまま苦しみ)

連城「何故邪魔をする……!僕の目的達成はもう目の前だと言う時に!」

(それが、本当に僕の望む事…?復讐が目的?)

連城「ああ!達人と僕を引き離した奴らに思い知らせてやる!それが僕の…!」

(違う…本当は……達人と一緒にいたかった。復讐は…望んでいない。)

連城「バカな!復讐だよ…ヤツらが憎い……引き離しただけでなく達人と常に喜びを分かち合う奴らが…!」

(……それは偽り、昔のように…ただ達人と一緒にいたい、また共に遊びたい、喜びを分かち合いたい。本当の望みはそれ…)

連城「!………本当の………望み……」

(そろそろ…しっかりと前を向いた方がいい、これ以上堕ちちゃ駄目だ。)

連城「…………僕は………ただ…また達人と………昔のように……!!」

時任「真フローズンスティール!!

11-05-22_056.jpg

時任、ボールを奪ったー!此処も守り切る!

連城「!此処は………フロンティアスタジアム……!」(足元には砕けたエイリア石があり)

明井戸「……………。」

連城「達人……そうだ、もう終わらせないと…早く。」(ベンチに座る明井戸へと歩み寄り)

連城「………ごめん、キミを…キミ達を此処まで巻き込んでしまって……終わりにしよう…。」(催眠術を解こうと指をパチンと鳴らす)

明井戸「………何やってんだ、直樹。」

連城「え………!?(そんな、催眠術が解けない!?そんなはずは…!)」

明井戸「もう終わりだ、一気に畳み掛けろ…全員総攻撃!!」(ベンチを立ち上がり指示を出す)

連城「まさか…エイリア石の…………暴走!?」

反撃の時

風丸「真風神の舞!!

11-05-22_083.jpg

風丸のスピード!!これも止められずチョウテイコク攻め込まれている!

アフロディ「本当に此処まで得点出来ないなんて…でもそれも此処で終わり、風丸君こっち!」

時任「!…そこだ…!」(風丸からアフロディへのパスを読んでカット)

風丸、アフロディ「な!?」

おっと、時任ボールカット!そしてドリブルで上がっていく!

時任「今やんなきゃ…一生後悔する…!」

葱野「!…………。」

ヒロト「それ以上先には行かせない!」

時任「っ、葱野!」

葱野「わ…?!」

ヒロト「…へえ、キミか。」(そして葱野に向かってスライディング)

葱野「(怖い!でも………負けたら皆永久に元に戻らない、嫌だ…!)」

(ヒロトのスライディングを葱野、ジャンプしてかわす)

ヒロト「!!」

ヒロトにボールを奪われてばかりの葱野、此処でかわしたー!!

葱野「アツヤ先輩!」

吹雪「おっと…またおとなしくしていてもらうよ、アツヤ。真スノーエンジェル!!

11-05-22_007.jpg

アツヤ「…悪いけど、おとなしくしてる場合じゃねーんだ!真風神の舞!!

11-05-22_021.jpg

11-05-22_079.jpg

吹雪「うああ!!」

今度はアツヤが兄を吹っ飛ばしたぁー!!これはチャンス、チョウテイコク!!


シャドウ「今だ……!」

シャドウ、アツヤ、葱野「デスゾーン2G5!!

11-03-10_032.jpg

後半初めてのシュートを撃ったチョウテイコクー!!」

円堂「ゴッドキャッチG5!!

11-05-22_061.jpg

11-05-22_068.jpg

おーっと!しかし円堂これを止めた!!レインブラッドもゴールを許さない!

時任「く………流石円堂…。」

円堂「それ!!」

ボールは再び鬼道へと行った!!

アフロディ「今度こそ…鬼道君、僕に!」

鬼道「ああ!」

今度は邪魔はなくアフロディへと渡った!

アフロディ「最強のシュートを皇帝ペンギン3号と言ったけど…そうじゃない事を見せてあげるよ。2人とも!」

南雲「へ…待ちくたびれたぜ!」

涼野「ようやくか…!」

シャイン「!これは………」

アフロディ、南雲、涼野「カオスブレイクG5!!

11-05-22_028.jpg

11-05-22_030.jpg

11-05-22_029.jpg

11-05-22_031.jpg

ああー!!まだこれがあったファイアードラゴン最強のシュート技カオスブレイク!!

シャイン「ブロックが間に合わな……!ロココ!頼む!!」

ロココ「此処で止めなきゃ…!!タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-03-22_001.jpg

11-05-22_076.jpg

と、ととと止めたぁーーーー!!なんというお子様!アフロディ達の放ったカオスブレイクをもガッチリとキャッチした!!

南雲「マジかよ!?あんなチビに…!」

ロココ「僕が守る限りゴールはさせないよ!得点さえされなきゃ絶対負けないんだ!」

心に呼びかける。

連城「得点は出来てないけど…圧倒的だね。これならいずれは行けるよ。」

明井戸「後半はあっちは一本もシュート撃ててないんだ、…円堂のやった事はあいつらに致命的なダメージを与えたって事か。」

葱野「うあ!」

ヒロトのスライディングが葱野の突破を阻止!!ボールはラインを割りました。

マルコ「相当なまでに苦しいぞ…バダップのシュートを止められ、ボールを今圧倒的に支配されて葱野はヒロトに恐怖してキレがなくなって…」

時任「はあっ…はあっ……スローイン……。」

明井戸「…ほら。」(明井戸が時任にボールを軽く蹴って渡す)

時任「…………。」

連城「(どうせ達人にどんな言葉なら元に戻るのかって考えてそうだけど…無駄だよ。)」

時任「……早く、目を覚ました方がいいよ…連城。」

連城「!……何、言ってるのかな…?キミが元に戻したいのは達人だろ?何で僕に……。」

時任「…本当のキミは、こういう事を望んでいないんじゃない?これで勝って…その先はあるの?」

連城「……やめろ………。」

時任「キミはただ…エイリア石の持つ驚異的な力によって支配されてるだけなんだ…本当の連城は……こんなのは望んでいない。」

連城「知った風な口を叩くな…!お前に、お前なんかに僕の何が分かる………!」

時任「…電話越しばかりでキミの心…中々見えなかったけど、今なら見えるような気がする。」

連城「うるさ……!(その時頭痛がして右手で頭を抑え)望んで………な……い……こんな…酷い事…。」

時任「!連城、やっぱりキミは………。」

連城「黙れぇ!!!!僕から達人を引き離したお前達を許さない…復讐する…それが…本当の僕の気持ちだ!!その為に力も得た!」

時任「…………(ボールを持ちスローインへ)」

連城「はあ………はあ………そうだ、復讐が僕の本当の気持ちだ…達成は迫ってるんだ……迷いなんか……迷いなんか…!」

劣勢。

両チーム出て来ました、これから後半戦…この30分で勝敗は決まるのか?!レインブラッドは豪炎寺、飛鷹に代わり不動と佐久間が入りました。

ピィー

今度はチョウテイコクからのボールでキックオフ!

南雲「貰ったぜ!!真イグナイトスティール!!

11-05-22_078.jpg

ゾーハン「ズ…!」

後半開始早々南雲の燃えるような激しいスライディングー!!ボールを奪った!

ヒロト「こっちだ!」

南雲「そんじゃ…任せた!」(ヒロトへとパス)

時任「ヒロトだ…皆止めろ!」

ヒロト「……俺に来る?面白いね、真サザンクロスカット!!

11-05-22_014.jpg

成神「うあ!!」

ヒロト、向かって来る成神を吹き飛ばしたー!そして次々と突破していく!!

葱野「うわああ!!」(葱野も吹っ飛ばされて地面に倒れ)

ヒロト「この程度か…あまりに貧弱過ぎる、弱いよキミ。」

葱野「っ!?………ひ………。」

(倒れる葱野、それを見下ろすヒロトの目が怖くてそれに対して恐怖し)

マルコ「…怯むな!来るぞ!」

ヒロト「行くぞ!……佐久間。」

マルコ「?!パスだと……」

佐久間「行くぞ鬼道、不動!」

不動「偉そうにお前が指示すんなっての!」

佐久間、鬼道、不動「スペースペンギンV3!!

11-05-22_017.jpg

これはジェネシス最強のシュート技スペースペンギンー!またしても強力シュートが飛んで来る!

シャイン「俺が止める、ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg

シャイン守ったぁー!超強力シュートを完全に止めてしまった!チョウテイコクまたまたピンチを凌ぐ!

シャイン「時任…!」

時任「うん…真エクスカリバー!!

11-05-22_042.jpg

涼野「何度も同じ手が通じると思うな…真グランドクェイク!!

11-05-22_033.jpg

11-05-10_018.jpg

時任「あ!」

再び時任の超ロング、かと思ったら涼野これをブロック!!

涼野「此処は…鬼道!」(鬼道へと高いパスを上げ)

鬼道「此処だ……行くぞ佐久間、不動!!」

成神「!あの3人って事は……!」

鬼道、佐久間、不動「皇帝ペンギン3号G5!!

11-05-22_010.jpg

11-05-22_011.jpg

今度はレインブラッドの最強シュートぉー!!これを止められるかロココ!?

シャドウ「……弾き返す、真ダークトルネード!!」

11-05-22_070.jpg

鬼道、佐久間、不動「な?!」

こ、これはー!シャドウ皇帝ペンギン3号をダークトルネードで弾き返してしまった!!そして成神がボールを取った!

成神「これはチャンスだね、向こうも最大の技を破られてるし…!葱野!」

葱野「うん…!」

ヒロト「行かせないよ。」

葱野がボールを持った!とそこにヒロトが向かう!

葱野「っ!(ヒロトの姿に怯み、さっきのサザンクロスカットの恐怖が頭に焼き付き恐怖し)」

ヒロト「もらった!」(あっという間にボールを奪い去る)

成神「葱野、どうしたんだよ…!パスも出さずに。」

葱野「……怖い…!」

再びヒロトがボールを持って突進ー!!チョウテイコク危ないぞ!

ヒロト「これなら…どうかな!天空落としV3!!

11-05-22_013.jpg


シャイン「ち……ボルケイノカットV3!!

11-05-22_044.jpg

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

ヒロトの天空落としに対してシャイン、ロココの2人がかりで守り切った!!ちびっ子コンビ強し!

時任「さっきから…押されてばかりだ……!反撃を……。」

両チーム ハーフタイム

レインブラッド

南雲「はあっ………1点も取れねぇなんて。」

アフロディ「…彼らもやるものだね。これほどとは。」

明井戸「…けど、円堂のおかげで勢いは無くなったはず。豪炎寺に代わって佐久間、後半行って来い。」

佐久間「はい。」

明井戸「で、飛鷹に代わって不動。」

不動「はいよ、やっと俺の出番ですか監督さん。」

明井戸「…これで、後半戦う事にする。」

連城「フフフ…もうすぐ…もうすぐ奴らは敗北する…そして復讐が終わる………!?」
(これが…本当に望んでいた事か、その先はどうなる)

連城「ぐ……また………しつこい……!まさに僕の望んでた事なんだ、これが…何も問題はないんだ…!」

明井戸「…直樹、お前大丈夫か?」

連城「え?あ、ああ…大丈夫だよ達人。キミは試合に集中してて…。」


チョウテイコク

時任「…どうすれば…いいのかな…。」

成神「…時任先輩、まだっス。まだ…諦めるの早いっスよ。30分残ってますから。」

葱野「円堂先輩…強い…そして他の人達も…。」

アツヤ「…平気だって、何とかなるって!…って松風天馬ならそう言いそうだろうぜ。」

成神「何でそこで10年後の子の名を出すんスかわざわざ。」

マルコ「こっちもなんとか守り切ってる、それに…デスブレイクはギリギリで止められたんだ。もう一度撃てば…決まるかもしれない。」

シャイン「100%確実に止められるという訳じゃないな、流石に。」

時任「…うん、そうだね…一度防がれたぐらいで……バダップ。」

バダップ「…それがミッションコンプリートに繋がるなら、何度でも撃とう。」

時任「よし…行こう、後半戦だ!」

円堂守VSバダップ・スリード

こ、これはとんでもない事に…折角防いだアツヤのノーザンインパクトを円堂、バダップへと渡してしまった!

シャドウ「あいつがあんなプレー……あり得ない。」

バダップ「…加減する気はないぞ円堂守、本気のシュートを撃つ」

円堂「手加減のシュートなんかこっちは望まないさ!…本気のシュートにしか用は無い。」

バダップ「……葱野、アツヤ!」

葱野「うん、行くよ!」

アツヤ「これで先制して折り返しだ!」

バダップ、葱野、アツヤ「デスブレイクG5!!

11-05-22_047.jpg

チョウテイコク最強の威力を持つシュート技がついに出たぁぁーーー!!これは決まりでしょう!

円堂「やっと…出せる!ゴッドキャッチG5!!」

11-05-22_061.jpg

円堂「ぐっ………く……!」

円堂、ゴッドキャッチで対抗!しかしこれは…押されている!このまま押し切られるか!?

葱野「やった、これ先制……。」

円堂「っ…はああーーー!!」

11-05-22_068.jpg

と……止めたぁぁーー!!なんとデスブレイク破れるーー!止めたのは円堂守!恐るべしゴッドキャッチ!!

バダップ「!!デスブレイクを………」

時任「円堂……!」

連城「ふう、ちょっと焦った…イナズマジャパンのキャプテン危ない事をしてくれるよ…。」

明井戸「けど、これで…ヤツらは勢いを失った。最大の決め技が防がれたんだからな。」

ピィー

前半終了!0-0、両者譲らずの攻防戦でしたが…最後バダップのデスブレイクを円堂が止めた事にチョウテイコク内で動揺が激しいかもしれません。

時任「バダップのシュートが通じないんじゃ…どうすれば……!」

牙を剥くレインブラッド。

此処まではほぼ互角の両者!先に主導権を握り先制するのはどっちか!?

時任「…此処は、なんとしてもバダップに……!」

時任、ドリブル!誰にパスを出す?

時任「!今ならバダップのマーク緩い…よし!」

(バダップのマークが甘いと読み、パスを出す)

バダップ「来たか…。」

おっと此処でボールはバダップだー!!彼の身体能力は流れを掴む力を充分に持っているぞ!

明井戸「………今だ。」

カテナチオカウンター!!

11-05-22_077.jpg

バダップ「ぐっ!?」

これは必殺タクティクスー!バダップボールを奪われ更に速攻でピンチ!!ボールを持ったのは豪炎寺!

豪炎寺「悪く思うなよ、真爆熱スクリュー!!

シャドウ「させるか…真ダークトルネード!!

爆熱スクリューとダークトルネード…二つの竜巻が激突ー!!

(ボールは真上へと上がり両者体勢を崩し)

南雲「へ、貰ったぜ!アトミックフレアV3!!

11-05-22_026.jpg


あー!!そこに南雲のアトミックフレア!!浮き上がったボールをそのまま撃った!!

マルコ「真グランドクェイク!!

11-05-10_018.jpg

しかしこれもマルコ、グランドクェイクで防いだ!チョウテイコクのDFやはり守りが堅い!!

(ボールを大きく蹴り出す)

成神「ふう、なんとか……。」

鬼道「守り切った…と言うのは早いぞ成神、真旋風陣!!

11-05-22_004.jpg

成神「な!?くっ……!」

鬼道「豪炎寺、今度は邪魔は誰も居ない!行け!」(豪炎寺にパス)

豪炎寺「ああ、真爆熱スクリュー!!

11-05-22_015.jpg

今度はブロック誰も居ないー!!豪炎寺の超強力必殺シュート炸裂だー!!

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

ロココ「…やった、止めたぞ!」(ボールはロココの手に)

止めたぁぁー!!豪炎寺の爆熱スクリューをロココ、ガッチリとキャッチしたー!!

連城「今のは決まったかと思ったら…あんな小さい子があそこまでやるんだね…。」

明井戸「……不味い、このまま取れなきゃ流れ悪くなりそうだ…。」

ロココ「皆、頑張れー!シュート2本目!」

時任「シュート…うん、そうだね…行こう!」

成神「一気に此処で攻めるっス。」

チョウテイコク、此処で素早いパス回し!これは早い!!

緑川「っ……取れない…!」

円堂「…やっと、次のシュート来そうかな?」

時任「よし、それ!」

アツヤ「今度こそ!」(アツヤにボールが渡り)

吹雪「だからさせないって…。」

アツヤ「今度はおとなしくなんかしねーよ!ノーザンインパクトV3!!

11-05-22_053.jpg

吹雪「!!」

兄の吹雪士郎、これはブロック出来ないー!氷のシュートで敵ゴールを凍らせにかかる!

円堂「真イジゲン・ザ・ハンド!!

11-05-22_065.jpg

あーっと!円堂、アツヤの威力溢れるボールを逸らしてゴールを許さない!!チョウテイコク得点出来ない!

アツヤ「くっそぉ…。」

円堂「…………。」

さあ、残り時間も少なくなってきました、息付く暇もなく………

円堂「ほら。」(ポイっとバダップの方へとボールを投げる円堂)

バダップ「!(そのボールを胸で受けて足元に落とす)」

!!こ、これはどういう事だ!?円堂敵にボールを渡してしまった!それも…最も危険であろうバダップに!

バダップ「…何の真似だ、円堂守。」

円堂「遅かれ早かれ何時か撃ってくるんだろ?…今来いよバダップ、お前のシュート受けてやる!」

バダップ「…………。」

連城「これはこれは…面白い事になってるね…。」

最大の攻防戦。

円堂「それ!」

エクスカリバーを防いだ円堂、長いパスでその先に居る鬼道へ渡る!

成神「……鬼道さん、…勝たせてもらうっス。」

鬼道「俺を倒せるのか…?出来るものならやってみろ!真イリュージョンボール!!

11-05-22_016.jpg


成神「今の鬼道さんに負ける訳には行かないんスよ!キラースライド改!!

11-05-22_069.jpg

ぶつかり合う帝国の必殺技に先輩と後輩!どっちがボールを取る!?

鬼道「ぐぅ!」

おーっとこれは成神が取った!鬼道を相手にボールを奪う!

葱野「やった成神!今がチャンスだよ!」

成神「頼むっス…アツヤ先輩。」

アツヤ「よし、来た!」(アツヤへとボールが渡り素早いドリブル)

吹雪「アツヤ。」

アツヤ「!!シロウ………。」

吹雪「此処から先はいくらアツヤでも行かせないからね、可愛い弟が相手でも。」

アツヤ「っ………お前の目覚まさせてやる!真風神の舞!!

11-05-22_021.jpg

吹雪「……悪い子はちょっと懲らしめる必要があるね。真スノーエンジェル!!

11-05-22_007.jpg

アツヤ「ぐ!?」(凍ってしまい、ボールを奪われる)

吹雪「おとなしくしててね、アツヤ。」(そしてボールを前線へと蹴り)

マルコ「っ…!チャンスかと思えばカウンターか…。」

緑川「ライトニングアクセルV3!!

(中盤を光のような速さで駆け抜け)

速い速い緑川ー!誰も止める事が出来ない!!

ウィンディ「調子に…乗り過ぎだぜ!」(スライディングで緑川へとボールを奪いにかかる)

緑川「わっ!」(ボールを奪われ)

ウィンディ「本当の速さ、見せてやる!」(お返しとばかりに疾風のようなスピードドリブルで攻め込む)

風丸「それが本当のスピードか?」(ウィンディに追いつき立ち塞がる)

ウィンディ「!…お前、ホント俺と似てるよな。でも関係ない今は、エアライドV3!!

11-05-22_080.jpg



風丸「来たな、緑川!」

風丸、緑川「ダブルサイクロン改!!

ウィンディ「!?わーーーー!!」

11-05-22_024.jpg

ボールを奪ったり、奪われたりとこれは目が離せない攻防戦だ!

決戦!チョウテイコクVSレインブラッド

(チョウテイコク、控え室)

時任「…皆、ついに…この時が来たよ。」

葱野「っ………き、緊張するよ…負けられない……絶対!」

シャドウ「…力むな。普段通りの力を発揮出来ないぞ。」

神野「…必ず明井戸先輩を取り戻してやる!連城の好きにはさせるか!」

成神「…相手が相手に…1秒も気が抜けないっスよ。」

ウィンディ「ロココ、やってやろうぜ…俺達!」

ロココ「うん、全部シュート止めるよ!」

葱野「…ゾーハン、勝とうね?」

ゾーハン「ズズ…。」

アツヤ「…シロウ、待ってろ……。」

時任「………行こう!」

(レインブラッド、控え室)

明井戸「やる事は1つ…勝て、絶対。」

鬼道「勿論そのつもりです。相手が誰でも…」

円堂「よし、皆行こうぜ。」

連城「フフフ…達人、頑張ってねこの試合。」

明井戸「言われなくても…レインブラッドの負けはあり得ない。」

11-05-22_034.jpg


ついに此処まで来ました決勝戦!激突するのは互いに圧倒的な強さで勝ち上がってきたこの2チーム、チョウテイコクとレインブラッド!勝利を手にして優勝の栄冠を掴むのはどちらか!?

11-05-22_035.jpg

キャプテンマーク 時任

11-05-22_036.jpg

キャプテンマーク 円堂

不動「ちっ…ベンチスタートかよ。」

立向居「まあまあ…どっちでも結果は変わりませんから。……俺達の勝ちっていう結果は。」

成神「……鬼道さん、此処で戦う事になるとは思ってなかったっスね……。」

鬼道「俺達からのボールか…なら最初から行かせてもらう。」

時任「…皆、絶対集中するように。」

マルコ「ああ、分かってる…。そっちも1点頼んだ。」

さあ、いよいよ決勝戦キックオフです!

連城「始まるね……クライマックスのショーが!」

ピィー。

南雲「行くぜぇ!」(シュートは撃たずドリブルで攻めて)

時任「今度は撃ってこない…!」

南雲「そら!」

涼野「ふっ!」

アフロディ「ナイス…2人とも」(3人のパス回しでボールはアフロディの元へ)」

これは速く見事な連携!流石ファイアードラゴンの3人だ!

ウィンディ「簡単には行かせないぜ!」

ゾーハン「ズズ……。」

アフロディ「……真ヘブンズタイム。」(指をパチンと鳴らして時を止め、2人の間を歩いて通り抜け)

11-05-22_027.jpg

アフロディ突破ー!これはチャンスとなるか!?

時任「しまった…!」(アフロディへと迫る)

アフロディ「ガラ空きだよ。」(すかさずヒロトへとパス)

ヒロト「よし…流星ブレードV3!!

11-05-22_012.jpg

ヒロト得意の流星ブレードぉー!先制シュートはレインブラッド!

シャドウ「…甘い、真ダークトルネード!!

11-05-22_070.jpg

ヒロト「!」

弾き返した!!シャドウ、流星ブレードをダークトルネードで撃墜ー!

ウィンディ「よーし、ナイスだシャドウ!」(もう何事もなかったようにボールを受け取るウィンディ)

マルコ「行け!反撃だ!!」

チョウテイコクも負けていない!成神を中心にパスを繋いで攻め……

鬼道「甘いぞ。」(成神へのパスをカット)

成神「!鬼道さん……!」

鬼道「お前のサッカー、見抜けないとでも思ったか?」

成神「っ!」

成神ボールを奪いに行く!しかし鬼道がかわす!

時任「…ボールを支配されてる…!先にシュートも撃たれるし……」

明井戸「どうした、こんなもんじゃねぇだろ時任。……本気見せろよ、」

鬼道「此処は突破するぞ!」

アフロディ「フフ、了解。」

葱野「!あ、あれ…まさか…」

鬼道、アフロディ「キラーフィールズV3!!

11-01-05_003.jpg

葱野「うわ!?」

時任「不動がパートナーじゃなくても出来るのか…!」

これは2人の司令塔による協力技!止まらないレインブラッド!そして緑川へ!」

マルコ「これ以上調子に乗せられない!ブロック……」

緑川「遅いね、ライトニングアクセルV3!!

11-05-22_022.jpg

マルコ「う!?」

緑川、眩い速さでマルコを抜き去るー!チョウテイコクピンチだ!

緑川「もらった!アストロゲートV3!!

11-05-22_020.jpg

シャイン「簡単に通す訳ないだろ、ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg


緑川のアストロブレイクの強化版、アストロゲート!しかしシャインがボルケイノカットで完全にブロック!!

緑川「な!?くそぉ…。」

鬼道「怯むな!すぐ取りに行くんだ!」

時任「!不味い、シャインこっち!」

シャイン「…任せた。(時任へとパス)」

時任「…真エクスカリバー!!

11-05-22_042.jpg

ああー!時任超ロングシュート!!一気にレインブラッドのゴールまで来たー!!

飛鷹「これぐらいでこの距離なら!しんくう……!」

円堂「飛鷹!此処は俺に任せろ!」

飛鷹「!キャプテン……分かりました。」

円堂「怒りの鉄槌V3!!

11-05-22_064.jpg

11-05-22_073.jpg

円堂防いだ!距離があったとはいえ真エクスカリバーを簡単にシャットアウト!!

明井戸「…決めるんじゃなくクリアーの為に撃ったな、あいつ。…けど、流れはこっちのもんだ。」

そして現在へと繋がり。

(サッカーも大分覚えて来た、そして催眠術も…完全に物に出来た。)

(テレビではイナズマジャパンVSコトアールの試合が映っており、そこに…達人とそのチームメイトは居た。)

鬼道、佐久間、不動「皇帝ペンギン3号!!」

豪炎寺「真爆熱スクリュー!!」(シュートチェイン)

ケーン「ゴッドハンドX…!うわあ!」(爆熱スクリューのパワーがゴッドハンドXを上回りゴール)

葱野「やったやった、ゆ…優勝が見えて来ました!」

アツヤ「興奮すんな!まだ……分かんねぇ!」

明井戸「最後まで…気は抜かないで喜びは取っとけ!」

(そして試合終了、優勝が決まり喜びを爆発させる達人と時任や成神とかいうチームメイト)

連城「…おめでとう達人、そして………そろそろだね。」

(それからカテナチオやチョウテイコクといったイナズマジャパンとは別のチームを自分で作り出し、連戦連勝の圧倒的実力を誇る)

(そしてあの喫茶店)

連城「フフ、嬉しいよ達人。こうしてまた一緒に居れるなんて……。」

明井戸「…………。」

(再び達人と出会い、そしてまた一緒になれた。喜びに震えた…たまらなく嬉しかった。)

連城「…後は僕と達人を切り離したあいつらに…………復讐しないとね。どんな顔をするか今から楽しみだなぁ…。」

(レインブラッドとして活動し、各チームに実験と遊びを兼ねて試合。全チームのあらゆる能力、技、戦術は前もって調べており加えて自分の用意したトレーニングルームでの特訓で強化されたチーム、勝つ事はたやすかった)

フロンティアスタジアム

連城「っ……はあ……………」(やっと頭痛が収まってきて、手を離す)

連城「邪魔はするなよ…後1試合で……完全勝利すれば…ヤツらへの復讐は完了だ。潰す…………叩き潰してやる…絶対に!」

(狂気と憎悪に満ちた赤い瞳、その場を後にして自分のチームの控え室へと戻る)

過去。

連城「予定通りだね、この勝利は…。」

(観客席、時任達とは離れた場所で見ていた)

連城「これで後はチョウテイコクを倒せば……達人、やっとこの時が来たよ…………!?」
(本当に……これでいいのか)

連城「ぐ…!?(頭痛がして右手で頭を抑え)」
(こんなの本当に望んでた事……?)

8年前

(何も不自由は無かった、何でも物を与えてくれる連城家の裕福な生活。ただ………孤独だった)

連城「今日も…仕事か……。」

(父と母、共に連城財閥の為に日々働いている。その為帰りが遅い事なんか当たり前、食事を共にする事は滅多に無い。そして学校でも孤独……)

連城「……(教室から外で遊ぶクラスメイトを眺めており、自分から遊ぼうとか入れてほしいとか言い出せずにいた)」

(溜息を深くついて帰ろうかと思って立ち上がった時、一人の少年に目が止まる)

連城「(何だ…あいつ?学校にゲーム機持ち込んで……)」

明井戸「…………。」

連城「(先生に怒られそうなのに……)」

明井戸「……お前もやりたいの?」

連城「え?」

明井戸「これだよ、これ。(自分のゲーム機を指差し)」

連城「あ、えーと…。」

明井戸「丁度良いや、もう1つの貸してやるよ。一人で暇だったんだ。」

連城「………。」

(初めてその日同い年の子と遊べた、…凄く楽しかった。こんな事は初めてだ)

明井戸「お前本当に初めてか?上手いじゃん!俺は明井戸達人だ。」

連城「本当だって、僕は……連城直樹。」

(それをきっかけに僕と達人は友達になった、彼も両親が共働きで家に帰っても一人…似た者同士だった)

明井戸「此処が俺の通ってるゲーセン!」 (遊びに出かける時が増えた)

明井戸「!?お前……凄い家に住んでたんだな!」(家にも初めて招待した)

(小学校時代に出会って沢山遊んだ(主にゲームだけど)この楽しい日々がずっと続いてほしい、心からそう願った。)

連城「秋葉名戸?達人、そっちに行くの?」

明井戸「その学校って格ゲーとかシューティングとか上手いのが凄ぇ居てさ、ゲーマーとしちゃ黙ってらんねぇだろ。俺の頭なら入れるし!」

(確かに当時の達人は学校の中でトップの成績を誇っていた、学力トップの秋葉に入るのも可能だろう。)

連城「…僕も行くよ、そこに。」

明井戸「お前も?雷門行くんじゃなかったのかよ。」

連城「うん、気が変わった。秋葉に行く!」

(達人と一緒の方が良い、楽しい時間を過ごしたい。そして2人揃って秋葉名戸に入学)

明井戸「俺はサッカー部入るわ、そこに強いの集まってるって聞いてるからさ。」

連城「あ、じゃあ僕も……「そこのキミ!是非漫研部へ!何か底知れない物を感じるぞ!?」え、ええ!?」

明井戸「な…なんだぁ?底知れない物って…秋葉ワケ分かんねぇ事言うな…。」

(強引に漫研部へとスカウトされた、まあ部活終わった後で会えるからいいかな。サッカーで身体動かすの得意じゃないし…小学校時代と変わらず一緒に帰ったりと遊んだりとした。部が違ってもやっぱり関係無かったな、と思った)

(時が過ぎて3年となったある日。僕は風邪でそれが長引いて学校を休む日々が続いていた。)

連城「…よし、下がった。これでまた学校行ける…!最近連絡無いから久々に会える…。」

(学校へ行けば達人に会える。そう思っていたら……。」

連城「…え、雷門サッカー部へ?」

自作「ええ、引き抜かれたみたいです。」

木内「…ってそういえば今日決勝戦が!雷門VS世字子の試合です!」

連城「!(その言葉を聞いてテレビを付けると…そこに達人の姿があった)」

明井戸「これで決めてやるか、時任、成神!」

時任「分かった!」

成神「了解っス。」

明井戸、時任、成神「デスゾーン!!」

ポセイドン「津波ウォール!!…うおおおお!?」(津波を突き破ってポセイドンの守るゴールが揺れ)

木内「凄い…!圧倒的な力を見せてた世字子に対して…。」

アフロディ「神の力を手に入れた僕達が……。」

龍野「…これで勝利は決まりましたね。」

葱野「やった!勝ったー!」

試合終了ー!優勝は雷門中!

連城「達人………僕の前以外であんな楽しい表情浮かべてた……。」

(自分の前以外で楽しそうな達人は初めて見た、彼のチームの優勝は勿論嬉しい。でもチームメイトと仲良いシーンが映ると…寂しく思えた。)

連城「…あのまま、あのチームメイト達と一緒に居るのかな……高校も…この先も。もしかしたらこのまま会えず…」

(風邪は治ったがなんとなく学校に行く気になれず、達人と連絡も取っていない。ベッドでただ横になってる日々が続き…そして明るい中で流れ星のような物が見えたのが気になり、そして外に出てみると……変わった紫色の石が庭に落ちていた。)

連城「…なんだ、この石……変わってるな…。(何の石かも知らず、ただその石を手に持つ)」

(そしてその直後エイリア学園が雷門を襲撃)

連城「!!これは………」

(身体の中から力が湧いて来る、溢れ出そうなぐらいに。そして…頭の中で声がする)

(大切な者を奪われたくないなら取り戻せ…どんな手段を使ってでも。)

(この世は力が全て、力のある者が全てを得る。力を得る事は素晴らしい)

連城「……大切な者……力…………達人…………キミを取り戻すよ…!」

(この瞬間狂気が生まれる。)

(それからはサッカーに関してほぼ知識が無かった僕はサッカーの勉強をしまくった。そして…興味のあった催眠術も尾刈斗を参考に詰めに詰め込んだ、まずは充分な準備の必要がある。学校は休んだまま)

連城「…………達人。(テレビの方に目を向けるとジェネシス戦がやっており、円堂、豪炎寺、吹雪のジ・アースがネロのプロキオンネットを破る所が見え)

時任「や、やった!ついにジェネシスから先制出来た!」

成神「やっと…っスね。」

明井戸「行ける!これ行けるな!」

連城「!…………(仲間と盛り上がる達人、そしてそのチームメイトに対し…憎悪と憎しみの籠った目で睨む)」

(今のうちに喜んでおけ……達人はすぐに取り返す。)

圧倒する力。

葱野「こ、これ……!」

成神「………。」

時任「分かってはいたけど……。」

これは…まさに怒濤の攻撃レインブラッドー!

11-05-22_001.jpg

11-05-22_002.jpg

11-05-22_006.jpg

11-05-22_012.jpg

11-05-22_025.jpg


11-05-22_009.jpg

ヘンク「こんな…こんな相手にどうやって勝てと…!」

フォクス「強過ぎる……。」

30-0 レインブラッド

明井戸「…まだ甘いな、もっと取れてただろ。」

時任「……戻ろう。」

試合開始!

さあ、ついに始まりましたチョウテイコクVS世字子!白熱するトーナメント戦が此処から始まります!

亀石「あはは~…何回もアンタ誰~?とは言わないよ~。今回はスルー。

試合の方は…世字子押されに押されまくってます!やはりアフロディという攻めの大黒柱を失ってる事が大きく響いてる!

成神「…やっぱいつものチームじゃない…けど、情けはかけないよ。」(迫り来るヘルメスやディオを難なく突破)

葱野「それぇ!!」(全力の力をこめてシュート)

ポセイドン「うおお!?」(飛びつくが取れずにゴール)

決まったぁー!やはりチョウテイコクも圧倒的な力を見せてます!葱野これでダブルハットトリック!!

葱野「ふう………よし!」

ピッピッ、ピィー。

試合終了ー!チョウテイコクあっという間に勝負を決めて完全勝利!アフロディの居ない穴を埋めようと健闘はしましたが世字子破れています!

デメテル「負けた……!」

アテナ「此処まで力の差を見せられちゃ…負けを認めるしかないな。」

ポセイドン「…お前達、アフロディを頼む。もう救えるのは…お前達だけだ!」

時任「うん、任せて!」

アツヤ「元からそのつもりだって!」

ロココ「また僕の出番無しー…。」

葱野「…ロココ、次は…必ず出番はあると思うから。絶対に集中力切らさないように。」

遠くから見つめる影達。

連城「…やっぱり勝ったみたいだね、チョウテイコク。」

明井戸「……わざわざトーナメントやる必要やっぱり無かっただろ?あいつらなら…必ず上がって来るし。」

連城「だから、これはゲーム。遊びだって。さあ僕達も…そろそろ行こうか。」

試合までの合間、亡霊。

成神「…まさか、鬼道さんと佐久間先輩が…イナズマジャパンが……。」

マルコ「こんな形で…また戦うなんて、フィディオとか見たらなんて言うんだろう……。」

シャドウ「………あいつらに闇は似合わない。」

龍野「…これで、ハッキリしましたね。レインブラッドとは…イナズマジャパンにファイヤードラゴンの主力3人を加えたチームだったという事。」

時任「………………そして明井戸も居る。」

葱野「イナズマジャパンと戦うなんて、想像もしてませんでした…。それもこんな形で。」

シャイン「……お前ら、情けとかそういうのは捨てろ。それであいつらに勝てる程甘くないぞ今回は。」

成神「分かってるよ……どんな相手にも容赦なく叩く。それがチョウテイコクだからね…。」

マルコ「それに…明井戸、あいつなら…どんな親しいのが敵に居たとしても敵になった時点で情けとかそういうの捨てそうだな。誰よりも勝利に拘るし。」

時任「…それよりも………僕はあの連城のペンダントが気になった。」

葱野「ペンダント?ただのアクセサリーじゃ…。」

時任「あの紫の石…何か見覚えあると思わない?」

龍野「紫の石…………!!まさか……あれは…。」

時任「そうだよ、あれは……エイリア石!

成神「エイリア石…!?エイリア学園……研崎が捕まって全部無くなったはずじゃあ…。」

龍野「…樹海チームが確か拾って所持してましたね、それを考えると…連城、彼も……拾った可能性があるのでは…?」

シャドウ「…エイリア石……まだ、完全に終わってなかったのか…。」

時任「研崎……エイリア学園の亡霊はまだ残ってた…!」

対面する2チーム、そして…真のレインブラッド。

(フロンティアスタジアムへ向かう途中)

時任「…龍野、本当なの…?」

龍野「ええ、連城直樹……どうも彼は催眠術とかそういった物が好きで得意のようです。調べによると。」

葱野「催眠術って…何時だったかの御影の機械で御影が洗脳されていたような…ああいう感じですか?」

アツヤ「機械っぽいの付いてなかったけど…そういうの使わずにあいつは催眠術で操ったってのかよ…!?」

時任「普通の人にそんな事……可能なのかな?」

龍野「…催眠術に関してはあまり詳しくないので何とも言えませんね。」

バダップ「………着いたぞ、フロンティアスタジアム………。」

フロンティアスタジアム。

葱野「な…なんだかアジア予選とはまた違った緊張感が…!」

成神「…あ、世字子は…アフロディ抜けた状態で全員いるね。」

デメテル「アフロディが…レインブラッドに居ると聞いた…!」

ポセイドン「このまま黙って見てられるか、俺達が救出する!」

時任「……世字子もアフロディを救おうと必死なんだ…。」

龍野「そしてあれは……チーム・ガルシルド、姿を消してましたがまさか此処で会うとは。」

フォクス「我々の居場所を突き止めてそしてこのような所に招待するという日本人…どういうのか興味ありましてね。」

ヘンク「もしかしたら、我々の次の主人になるかもしれませんからね?」

葱野「!またガルシルドの時みたいな悪事を考えてる…!?」

龍野「…今はそこは追求しないでおきましょう。それよりも…レインブラッドは何処ですか?」

ようこそ皆さん。

全員「!!(その言葉を聞いて全員が一斉に声のした方へと向く、そこに…ペンダントを下げた連城直樹は居た)

時任「……来たよ、連城直樹。決着を付けに。」

ポセイドン「お前か、レインブラッドを率いる連城直樹というのは。アフロディを返してもらうぞ!」

連城「やだな、勘違いしてない?そこの大きいGK君。彼は自分から協力してくれているし、僕は別に率いてないよ。マネージャーみたいなもの…と思ってくれればいいよ。」

フォクス「…なんだ、あいつの赤い瞳は…とてつもない狂気を感じる……日本人があんな目をしているのか…?」

連城「そして…本当に率いるのは彼らさ。」

(そこに現れた円堂、そして明井戸)

成神「…明井戸先輩………。」

マルコ「円堂まで…話には聞いていたけど、信じられない!」

円堂「へー…お前らか。うん、楽しいサッカー出来そうだな?」

アテナ「あれが円堂守だと…?前とはまるで雰囲気が違うじゃないか!」

スコーピオ「…全然違う…!」

明井戸「……直樹、他の奴らも準備出来てるぞ。」

連城「了解、じゃあ…此処で改めて紹介しようかな。これが……僕達レインブラッドさ!!」

(連城の後ろからぞろぞろと出て来る残りの選手達。そこに居たのは…)

葱野「あ、ああ!」

ウィンディ「嘘だろ、おい……!」

(メンバーは風丸、豪炎寺、鬼道、佐久間、吹雪、ヒロト、緑川、虎丸、飛鷹、不動、立向居)

ポセイドン「い…………イナズマジャパンだと!?」

成神「鬼道さん…佐久間先輩……!」

アツヤ「シロウ……お前まで…!」

フォクス「…彼らがあんな強さを持っていた…!?」

連城「彼らはね、僕の元で更なるパワーアップをしたのさ。そして…その成果は皆もご存知の通り。」

マルコ「あいつらを使ってレインブラッド結成したのか…連城…!」

連城「さてと、それじゃあ…トーナメントの組み合わせと行こうか。こうだよ。」

(チョウテイコクVS世字子、レインブラッドVSチーム・ガルシルド)

アテナ「…あいつらじゃないのか、アフロディ救う為だチョウテイコク、加減はしないぞ。」

時任「うん…本気で行くよこっちも。」

鬼道「……お前達か、前は強化プログラムによる身体能力で苦戦を強いられたが…今回はどうかな?」

吹雪「まあ、僕達が圧勝する事は目に見えているけどね。」

フォクス「…あいにくこっちも前と同じという訳じゃありませんからね。」

連城「フフフフ、良い感じで盛り上がって来てるね。さあ、始めようよ…最高の遊びを、最高のショーを。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。