FC2ブログ

迫り来る狂気。

明井戸「ふああ…つまんねぇな。」

(ゲーセンにて格ゲーで対人戦をして難なく圧勝)

明井戸「……帰ろ。」

(つまんなそうにして席を立ちゲーセンを後にする、そこに謎の少年は居た)

「やあ、久しぶりだね…達人。」

明井戸「ん?……………!お前……凄ぇ久しぶりじゃんか!ずっと学校来てなかっただろ?」

「あはは、色々とあってね?最近また通ってるよ。」

明井戸「その色々ってのが気になるけど、まあいいや。ホント久しぶりだよな。」

「うん…でもその間に達人の事は全部耳に届いてるよ、FF優勝にその後日本を救って…そして世界一。秋葉のサッカー部代表として凄い活躍してるんだね?」

明井戸「まーな。俺にかかりゃざっとこんなもんだ。」

「凄いね…!前の達人を思うと想像出来ないよ、いつも家やゲーセンでゲームしかやってなくてその相手を僕がいつもやってて…。」

明井戸「ああ…あれから早いもんだよな。そして人生分かんないもんだぜ、サッカーで此処まで来れるなんて。」

「ねえ…色々と話したい事がお互いにあると思うからあの喫茶行かない?」

明井戸「そうだな、このまま道で話してるよりそっちの方がいっか。じゃあ行こうぜ………ナオキ。」

「うん。(……やっと、この時が来た………もうキミをこのまま離す気はないよ……達人。)」

(明井戸に付いていく少年の赤い瞳は怪しく輝いていた)
スポンサーサイト



試合が終わって。

成神「はぁ~…終わったっスね。」

時任「とりあえず今日はしっかり休んでおかないとね、思ったよりずっと女子チーム強かったなぁ…。」

シャドウ「…なんとか、勝利を収めて良かった…。」

葱野「またマルシャ先輩達とは試合したいですね!面白かったし!」

時任「まあ、何時かまた機会があれば…って明井戸は?姿見えないけど。」

成神「…そういえば、何処行ったのか…ま、あの人の事だからゲーセンかどっかに行っちゃったんでしょ。」

プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR