FC2ブログ

謎の噂。

ウィンディ「なあ、聞いたか!?」

マルコ「な、なんだ!?ウィンディ…。」

ウィンディ「何かどっかの学校とチームが試合して……圧倒的な強さでその学校を下したって噂!」

マルコ「…何処と何処が試合したんだ。」

ウィンディ「いや、それ…分かんないんだよな。」

マルコ「何だそれ…!けど、圧倒的な強さのチーム…どんなだろう?」
スポンサーサイト



普段通りの日常…。

シャドウ「……行くぞロココ。」

(シュートを右隅へと放ち)

ロココ「させないよー!」

(飛びついてボールをキャッチ)

成神「…時任先輩?どうしたんスか。」

時任「あ、成神。……いや、明井戸どうしたのかなって思って…。」

成神「…心配し過ぎっス。ちょっとの間留守とか今回に限った事じゃないでしょ。今度の予定を一人で考えたりとか…。」

時任「………だと良いんだけど。ん?メール……明井戸!」

葱野「え?……「今度何処と練習試合やろうか思い浮かばないから直接チーム見に行って決めてくる。しばらく留守にするんで後はお前らで勝手にやっとけ」……次の練習試合の相手ですか!どんなんだろう…?」

時任「な、なんだ……次の練習試合の相手決める為に色々な所行ってるんだ明井戸…。」

成神「だから言ったじゃないスか、心配し過ぎって。ていうか俺らで勝手にやっとけって…それなら勝手にやらせてもらいましょうよ。」

葱野「えーと、えーと…まずどうしよう!?」

狂気が策士を飲み込む。

明井戸「此処も久々だな、よく考えりゃ。」

来た場所は秋葉名戸の集うメイド喫茶。いつも通りの光景。

「あれ、そうなんだ?前はいつも此処に来てたのに。」

明井戸「あいつら…今の奴らと行動するようになってからは全然行かなくなっちまったよ。」

「…………そう。あの秋葉サッカー部より今の彼らと一緒の時が圧倒的に多いんだね。」

それを聞く少年の顔は俯き気味になっていた。

明井戸「まーな。あいつらと一緒の方が色々あって面白いしさ。もう色々な奴が居るんだぜ?」

(自分のチーム、時任の事を話したり成神の事を話したりとその表情は少年の目から見ればかなり楽しそうに映っていた、明井戸のチームメイトへの敵意や憎しみを増幅させる程に)

「へえ…………そのチームで色々な強豪相手に勝ちまくってるんだね。達人が監督をして…。」

明井戸「そういう事。」

「あ、チームと言えばさ…僕もサッカーチームを作ってみたんだよ。出来たばかりだけどね。」

明井戸「お前が?マジかよ!チーム作ったんだ!?どんなチームだよ?」

「すぐに分かるよ。………………キミが今のチームを抜けて僕達の仲間になるなら。」

明井戸「え………………。」

(その言葉に次の言葉が出て来ず言葉を失い、そして少年の赤い瞳と目が合い吸い込まれるような感覚が)

「達人が僕のチームで、僕の側で監督をやったら強くなれるんだよ…誰よりも…圧倒的に…。」

明井戸「………………。」

「また、昔みたいに一緒に遊ぼうよ……今度はずっと……一緒に…」

明井戸「…………ナオキ………。」

(その言葉に対してコクンと頷いてしまう明井戸。そしてそれを見て満面の笑みを浮かべる少年。)

「フフ……決まりだね、じゃあ行こうか……。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR