FC2ブログ

試合開始!

さあ、ついに始まりましたチョウテイコクVS世字子!白熱するトーナメント戦が此処から始まります!

亀石「あはは~…何回もアンタ誰~?とは言わないよ~。今回はスルー。

試合の方は…世字子押されに押されまくってます!やはりアフロディという攻めの大黒柱を失ってる事が大きく響いてる!

成神「…やっぱいつものチームじゃない…けど、情けはかけないよ。」(迫り来るヘルメスやディオを難なく突破)

葱野「それぇ!!」(全力の力をこめてシュート)

ポセイドン「うおお!?」(飛びつくが取れずにゴール)

決まったぁー!やはりチョウテイコクも圧倒的な力を見せてます!葱野これでダブルハットトリック!!

葱野「ふう………よし!」

ピッピッ、ピィー。

試合終了ー!チョウテイコクあっという間に勝負を決めて完全勝利!アフロディの居ない穴を埋めようと健闘はしましたが世字子破れています!

デメテル「負けた……!」

アテナ「此処まで力の差を見せられちゃ…負けを認めるしかないな。」

ポセイドン「…お前達、アフロディを頼む。もう救えるのは…お前達だけだ!」

時任「うん、任せて!」

アツヤ「元からそのつもりだって!」

ロココ「また僕の出番無しー…。」

葱野「…ロココ、次は…必ず出番はあると思うから。絶対に集中力切らさないように。」

遠くから見つめる影達。

連城「…やっぱり勝ったみたいだね、チョウテイコク。」

明井戸「……わざわざトーナメントやる必要やっぱり無かっただろ?あいつらなら…必ず上がって来るし。」

連城「だから、これはゲーム。遊びだって。さあ僕達も…そろそろ行こうか。」
スポンサーサイト



試合までの合間、亡霊。

成神「…まさか、鬼道さんと佐久間先輩が…イナズマジャパンが……。」

マルコ「こんな形で…また戦うなんて、フィディオとか見たらなんて言うんだろう……。」

シャドウ「………あいつらに闇は似合わない。」

龍野「…これで、ハッキリしましたね。レインブラッドとは…イナズマジャパンにファイヤードラゴンの主力3人を加えたチームだったという事。」

時任「………………そして明井戸も居る。」

葱野「イナズマジャパンと戦うなんて、想像もしてませんでした…。それもこんな形で。」

シャイン「……お前ら、情けとかそういうのは捨てろ。それであいつらに勝てる程甘くないぞ今回は。」

成神「分かってるよ……どんな相手にも容赦なく叩く。それがチョウテイコクだからね…。」

マルコ「それに…明井戸、あいつなら…どんな親しいのが敵に居たとしても敵になった時点で情けとかそういうの捨てそうだな。誰よりも勝利に拘るし。」

時任「…それよりも………僕はあの連城のペンダントが気になった。」

葱野「ペンダント?ただのアクセサリーじゃ…。」

時任「あの紫の石…何か見覚えあると思わない?」

龍野「紫の石…………!!まさか……あれは…。」

時任「そうだよ、あれは……エイリア石!

成神「エイリア石…!?エイリア学園……研崎が捕まって全部無くなったはずじゃあ…。」

龍野「…樹海チームが確か拾って所持してましたね、それを考えると…連城、彼も……拾った可能性があるのでは…?」

シャドウ「…エイリア石……まだ、完全に終わってなかったのか…。」

時任「研崎……エイリア学園の亡霊はまだ残ってた…!」

対面する2チーム、そして…真のレインブラッド。

(フロンティアスタジアムへ向かう途中)

時任「…龍野、本当なの…?」

龍野「ええ、連城直樹……どうも彼は催眠術とかそういった物が好きで得意のようです。調べによると。」

葱野「催眠術って…何時だったかの御影の機械で御影が洗脳されていたような…ああいう感じですか?」

アツヤ「機械っぽいの付いてなかったけど…そういうの使わずにあいつは催眠術で操ったってのかよ…!?」

時任「普通の人にそんな事……可能なのかな?」

龍野「…催眠術に関してはあまり詳しくないので何とも言えませんね。」

バダップ「………着いたぞ、フロンティアスタジアム………。」

フロンティアスタジアム。

葱野「な…なんだかアジア予選とはまた違った緊張感が…!」

成神「…あ、世字子は…アフロディ抜けた状態で全員いるね。」

デメテル「アフロディが…レインブラッドに居ると聞いた…!」

ポセイドン「このまま黙って見てられるか、俺達が救出する!」

時任「……世字子もアフロディを救おうと必死なんだ…。」

龍野「そしてあれは……チーム・ガルシルド、姿を消してましたがまさか此処で会うとは。」

フォクス「我々の居場所を突き止めてそしてこのような所に招待するという日本人…どういうのか興味ありましてね。」

ヘンク「もしかしたら、我々の次の主人になるかもしれませんからね?」

葱野「!またガルシルドの時みたいな悪事を考えてる…!?」

龍野「…今はそこは追求しないでおきましょう。それよりも…レインブラッドは何処ですか?」

ようこそ皆さん。

全員「!!(その言葉を聞いて全員が一斉に声のした方へと向く、そこに…ペンダントを下げた連城直樹は居た)

時任「……来たよ、連城直樹。決着を付けに。」

ポセイドン「お前か、レインブラッドを率いる連城直樹というのは。アフロディを返してもらうぞ!」

連城「やだな、勘違いしてない?そこの大きいGK君。彼は自分から協力してくれているし、僕は別に率いてないよ。マネージャーみたいなもの…と思ってくれればいいよ。」

フォクス「…なんだ、あいつの赤い瞳は…とてつもない狂気を感じる……日本人があんな目をしているのか…?」

連城「そして…本当に率いるのは彼らさ。」

(そこに現れた円堂、そして明井戸)

成神「…明井戸先輩………。」

マルコ「円堂まで…話には聞いていたけど、信じられない!」

円堂「へー…お前らか。うん、楽しいサッカー出来そうだな?」

アテナ「あれが円堂守だと…?前とはまるで雰囲気が違うじゃないか!」

スコーピオ「…全然違う…!」

明井戸「……直樹、他の奴らも準備出来てるぞ。」

連城「了解、じゃあ…此処で改めて紹介しようかな。これが……僕達レインブラッドさ!!」

(連城の後ろからぞろぞろと出て来る残りの選手達。そこに居たのは…)

葱野「あ、ああ!」

ウィンディ「嘘だろ、おい……!」

(メンバーは風丸、豪炎寺、鬼道、佐久間、吹雪、ヒロト、緑川、虎丸、飛鷹、不動、立向居)

ポセイドン「い…………イナズマジャパンだと!?」

成神「鬼道さん…佐久間先輩……!」

アツヤ「シロウ……お前まで…!」

フォクス「…彼らがあんな強さを持っていた…!?」

連城「彼らはね、僕の元で更なるパワーアップをしたのさ。そして…その成果は皆もご存知の通り。」

マルコ「あいつらを使ってレインブラッド結成したのか…連城…!」

連城「さてと、それじゃあ…トーナメントの組み合わせと行こうか。こうだよ。」

(チョウテイコクVS世字子、レインブラッドVSチーム・ガルシルド)

アテナ「…あいつらじゃないのか、アフロディ救う為だチョウテイコク、加減はしないぞ。」

時任「うん…本気で行くよこっちも。」

鬼道「……お前達か、前は強化プログラムによる身体能力で苦戦を強いられたが…今回はどうかな?」

吹雪「まあ、僕達が圧勝する事は目に見えているけどね。」

フォクス「…あいにくこっちも前と同じという訳じゃありませんからね。」

連城「フフフフ、良い感じで盛り上がって来てるね。さあ、始めようよ…最高の遊びを、最高のショーを。」

明らかとなる出場チーム。フロンティアスタジアムへと迎え!

時任「!?メール……来た。」

葱野「え!?…あいつですか?」

シャイン「……連城直樹……黒幕からか…。」

マルコ「…なんてメッセージが?」

時任「トーナメントに出て来るチームの事だって。出場チームはレインブラッドは勿論、僕達チョウテイコクに……。!!…チーム・ガルシルド、それと………世字子中。」

成神「ガルシルドに…世字子。」

アツヤ「…後は書かれてねえぞ?」

シャイン「4チームだけ…後のチームは既に下し済みなのかもな。」

葱野「少ない……ですね。」

時任「どっちでもいい…やっとレインブラッドと決着付ける時が来たんだ。皆を救いに行くよ!」

成神「……本来の8チームトーナメントよりも少ないっスよね、…まあいいか。…あいつらと戦えるなら。」

出撃、脅威の軍団レインブラッド。

(ある建物の広々とした一室)

連城「…やっと、全ての準備が整ったよ…。これで、全てが終わる…!」

明井戸「………」

連城「達人……キミは、もう僕の所から去ったりはしないよね?」

明井戸「…何で去るんだよ、俺の居場所は…お前の所だけだから。直樹。」

連城「嬉しいよ達人!…さあ、皆……今こそチョウテイコクを完全に潰す時。……首洗って待ってなよ、時任信…!」

円堂「よし…皆、サッカーやりに行こうぜ今日も。」

アフロディ「フフ…了解。」

南雲「今度は楽しめるんだろーな。弱いのはもうゴメンだぜ?」

涼野「……いかなる敵でも結果は変わらないだろうけどな。」

連城「クククク………あはははははははは!!!!」

(一室で高笑いが響く、そして…連城の首に紫色の石のペンダントが下がっており)

衝撃の再会。

成神「……!時任先輩、皆…怪しいのが居たっス!」

時任「…本当…!?」

(黒フードの5人組が陽花戸中に入る所を見て)

アツヤ「…あいつらがまさか、レインブラッド!」

葱野「行きましょう!此処で止めないと!」

(時任達も後を追って陽花戸へ)

時任「待て!レインブラッド!!」

「!………お前ら、チョウテイコク……。」

アツヤ「この学校も潰してやろうってつもりだろうけど…そうは行かねーな、此処でてめえらの暴走は終わりだぜ!」

成神「残念だったね、今回は……待ち伏せさせてもらったよ。」

「へえ、まさか此処でキミ達に会えるなんてね。」(時任達の背後から声がして)

時任「!!その声…。まさか連城!(後ろを振り返り)」

連城「ご名答、初めましてチョウテイコクのキャプテン。僕がお探しの連城直樹だよ。」

成神「この女っぽい世間で言う美少年が………黒幕。」

葱野「こら!明井戸先輩を何処へやった!返せ!今すぐ返せ!」

連城「…ああ、まだ気づいてなかったんだ。」

アツヤ「…ああ?何言って……。」

連城「…顔、見せてやってよ達人。」

明井戸「……(フードを取るとそこには明井戸の顔があった)」

時任「!!!!あ、あけ……い……ど……?」

明井戸「……よお、ちょっと久しぶり…。」

成神「…どういう事っスか、何で…!」

連城「うん、ついでに…皆も顔見せてあげてよ彼らに。」

(残りの4人がフードを取るとそこにはアフロディ、南雲、涼野、そして円堂が居た。)

葱野「え!?ファイヤードラゴンに……………円堂先輩!!」

アフロディ「やあ、こうしてまた会えるなんてね。」

南雲「ちょっと久しぶりって所かこれ?」

涼野「…予想通り、驚いてるな。」

円堂「………皆、久しぶり。」

時任「明井戸…円堂…これは……これはどういう事!?連城!お前何をした!答えろ!!」

連城「何って……見ての通り、彼らはレインブラッドの一員となったんだよ。達人は監督と選手両方ね。」

葱野「そんな、こんな…!知ってる皆だったなんて………レインブラッドが…!」(今にも泣きそうな表情)

アツヤ「明井戸先輩!悪ノリでこういう事してないで早く戻って来いよ!円堂も!」

明井戸「戻って来い?…何処に。」

時任「何処って…僕達のチームにだよ!此処は明井戸の居場所でしょ!円堂達も…。」

明井戸「…俺の居場所は直樹の所だけだ。」

アフロディ「僕達はマスターの元でサッカーしたいんだよ。居場所も此処だけ。…戻るも何もないだろ?」

成神「こんな……まさか、操られてる……!?」

連城「現実を見なよ、彼らは僕の元に居たいってハッキリ言ってるんだからね…?」

葱野「こんなの嘘だよ!明井戸先輩…明井戸先輩を返して!」

連城「……返す?達人は……元々僕のだ、返すも何もない…。」

アツヤ「ふざけんな!…レインブラッドと試合してでも連れ戻してやる!」

連城「此処でやるつもりは無いよ。楽しみはとっとかないと。」

時任「…もうほとんどの学校倒してるでしょ。……そろそろ僕達と戦っても良い頃じゃない?」

連城「………そうだね、もう残り少ない。じゃあそうだね…アジア予選のあったスタジアムで数日後そこでトーナメントをやる。それに参加してそこで決着をつけようか。」

アツヤ「トーナメントだ…?回りくど過ぎるだろ!今すぐ戦え!」

連城「これぐらいじゃないと遊びは面白くないでしょ、何より…ギャラリー多い方が楽しいだろうし。」

円堂「大勢の観客が居る前でサッカー…俺はそっちの方が良いな。」

アフロディ「僕もそっちの方が好きだね。」

南雲「俺も賛成だな!」

涼野「……私もそれでいい。」

時任「…反対出来そうにないね。」

連城「……決まりだね。じゃあ詳細はそのうち連絡させてもらおう。それじゃあ。」

明井戸「じゃあな…時任。」

時任「……明井戸…!」

葱野「こんな事に……なるなんて…。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR