FC2ブログ

ちらっと出て来た!

時任「さ、今日も始まったね。アニメ!」

成神「…って、何なんスか今のサッカーって。見てて嫌になる…」

葱野「……全然楽しくもなんともなさそうだよ。」

アツヤ「あんなもんただの八百長じゃねーか!あれじゃレベルアップどころか大幅レベルダウンで…取り返しのつかない事になっちまうだろ!」

霧隠「俺の伊賀島までまさかそうなってないだろうな…!?」

成神「それ言うなら帝国も…。」

アツヤ「……白恋も。」

時任「やっぱりおかしい、勝敗まで決められるのは…そんなサッカーおかしいよ。」

明井戸「…じゃ、乗っ取るしかないだろーよ。今のサッカー粉砕して俺達が作り変える、みたいな決断がこの先あるかもしれねぇな?」

時任「って暗い事続きじゃ駄目だね!切り替えよう…。」

成神「初めて色々技が出たっスね、あっちは…あれスーパースキャンでしょどう見ても。」

明井戸「全体通してスーパースキャンっぽかったぞ。で…力はそんなに無いと。御影と秋葉がちょっと融合したような感じかな?」

葱野「そして…久遠監督電話した相手って…あれ目金先輩ですよねどう見ても!」

成神「何か10年経ってもそんな変わってなさそうだったっス。」

時任「で、10年後と言えば……彼がちらっと…出てた。」

葱野「……で、出て来るんですか…!?円堂先輩が!」

明井戸「…次から監督やるとしたら見せてもらおうじゃん、10年経ってどういう指示を与えたりするのかを。」

成神「あれが…10年後の円堂先輩っスか。」

葱野「凄いカッコ良い……!僕もああいう風になれるかな?10年後!」

時任「葱野、目が凄いキラキラ輝いてる…!円堂の事ホント好きなんだなぁ。」

明井戸「お前の10年後?…バカは変わってなさそうでチビのまま。」

葱野「そうと決まってませんからー!」

時任「そして思ったのは天馬私設応援団を作ったえーと…水鳥さんだったっけ?彼女2年だったんだ!」

成神「3年の先輩っぽかったら2年だったっス。」

明井戸「女子の3年はホント中々いねーもんだな。」

葱野「でも、僕達の雷門と比べて3年の人は多くなりました!」

明井戸「…これは来たかな?3年の時代が!」

時任「そ、そうなのかな……スポットライトは1、2年に集まってるけど…。」

八神「終わったら行くぞ達人。」

明井戸「あ、玲名…うん。終わり。今行くー。」

成神「…彼女のお迎えが付くようになったっスね、あの事件から。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR