スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新必殺タクティクス炸裂!

「おっと、此処でビッグウェイブスが反撃に出た!キャプテンのニース攻め込むー!」

ニース「此処で確実に得点すれば勝利は我らのもの…ミスターツナミ、真似させてもらうよ!」

ロココ「!」

ニース「ザ・タイフーンV3!!」

葱野「あ、あれ!網海先輩の技を!?」

大介「今だ!皆!」

ウォルター「真グランドクェイク!!

11-07-27_001.jpg

「此処でウォルターのブロックだ!しかし勢いを弱めたがゴールへと向かっているぞー!」

時任「でも、ロココならあの弱ったシュートはキャッチ………」

ロココ「これが……アルティメットカウンターだ!!」(キャッチに行かず弱ったタイフーンをそのまま蹴り返し)

ニース「なんだと!?」

「これはロココ、威力を弱めたザ・タイフーンをそのまま蹴り返しー!凄まじい勢いでビッグウェイブスのゴールへと向かってる!!」

シャイン「何がアルティメットカウンターだ…そんな距離のシュートが通じるか!」

ロココ「……シュート、じゃないよ?」

ウィンディ、リュー「ザ・ハリケーンV3!!

11-05-09_029.jpg

シャイン「な!?」(完全に意表をつかれ、ブロック間に合わず)

ジーン「シュート…!?津波ウォールV3!!ぐうう!?」(津波を突き破り豪快にネットが揺れ)

「ご、ゴォォーーール!!ニースの得点チャンスかと思えば超速攻カウンターで逆にウィンディがゴールを奪ってしまったー!何だこのカウンターは!?」

大介「得点チャンスで最大の攻撃の時こそこっちに最大のチャンスがあるもんじゃ。」


時任「最大のピンチを…チャンスに変えちゃった。」

成神「サークルプレードライブに続いてまた編み出しちゃったんスか…カテナチオカウンターも超えるカウンターを。」

「1-0、リトルギガント準決勝進出ー!」
スポンサーサイト

独り言

栄田「…俺最近喋ってもいないような…

ハーフタイムの合間 

メアリー「明井戸先輩ー、飲み物どうぞーv」

明井戸「ん?あ、悪いね。ってわざわざ買ったのかよ…それぐらい自分で行くって。」

メアリー「いいんです!明井戸先輩は色々やる事あるんですからー。」

時任「好きな男子には尽くすタイプなんだなぁ…あの子。」

続く2回戦、そしてコトアールの新技…!?

「おーっと、此処で吹雪が飛び出した!風丸にも負けないスピードでオルフェウスDFを切り裂きにかかる!」

マルコ「っ…速い、こいつが撃ってくる…!?いや、そう見せかけて豪炎寺にパスかも……」

「オルフェウスDF捕まえきれない!マルコは豪炎寺をマークしたままだ!」

吹雪「じゃ、遠慮なく……ウルフレジェンドG5!!

11-07-24_011.jpg

ブラージ「真コロッセオガード!!……ぐおお!」(その威力に巨体を押し込まれてゴール)

「決まったぁーーー!!吹雪のシュート見事にブラージを攻略!」

連城「マルコのブロックが一番強力だけど、イナズマジャパンは何人ものシューターが居るからね。誰が撃ってくるのか分からなくてそりゃ迷うか…。そして守りは……フィディオ徹底マーク。今の彼らの能力なら行ける」

フィディオ「くっ……!」

「フィディオをイナズマジャパンが集中マーク!」

時任「すっかりイナズマジャパンのペースになっちゃった……」

成神「勝つだろうと思ったの、こういう事っスか。連城…さんが居るから。」

明井戸「…あいつ知らねぇ間に凄ぇサッカーの勉強してきてな、それがまさか此処まで…つか監督まで務めるまでになったし。いや、見た時は俺もすっげぇ驚いた。」

葱野「か、監督ですか!?どうりで久遠監督や響木監督も居ないと思ったら…」

マルシャ「まるで明井戸みたいだな。中学生で監督というのは。」

明井戸「とりあえずこれで勝負は決まりですよ、このままイナズマジャパンが準決勝進出で。」

(その言葉通りイナズマジャパンが3-0でオルフェウスを下し、準決勝進出)

フィディオ「負けた…流石イナズマジャパン、そしてマモルだ。」

円堂「俺はほとんど何もやってないって!頼れる仲間のおかげだよ。」

フィディオ「俺達の分も…頼んだ!」


ウミヘビスタジアム リトルギガントVSビッグウェイブス

「リトルギガントVSビッグウェイブス!試合はリトルギガントが優勢!またしても攻め込むドラゴ!」

ドラゴ「うおおおー!ダブルジョーV3!!

11-07-24_002.jpg

シャイン「フン………そんなシュートでゴールが割れるか!ボルケイノカットV3!!

11-03-10_027.jpg

「またしても止めたシャインー!リトルギガントの点取り屋ドラゴを完全に封じている!攻めきれません!」

葱野「シャインが凄い頑張ってる…!リトルギガントを此処まで0点に抑えてるよ!」

成神「やっぱ言うだけの事はあるね、生意気な奴だけど。」

メアリー「それアンタが言う……?」

「前半終了!0-0のままリトルギガントVSビッグウェイブスは後半戦へと入ります」

ロココ「手強いな…オーストラリアのチームってあんな強いんだ。」

ウィンディ「そ、特にシャインとジーンって守備の要2人が凄いんだ。」

大介「ふむ……そろそろ使う時かもしれんな。お前達!後半使うぞ!ドラゴに代わりリューをまず投入!」

リュー「はい!」

大介「さあ初のお披露目じゃ、超必殺タクティクス「アルティメットカウンター」!」

2回戦開始!

葱野「やっと、皆協力してくれましたね!皆大暴れしてくれましたよ!」

明井戸「つかなんだ……ビバ!って、本当の技名なんだろうなあれ?」

時任「そうなら覚える人言わなきゃなんないよね…というか彼はああいう感じなんだなぁ。」

メアリー「後どう見ても…ホーントレインでしょあれ。そうしか見えなかったわ。」

成神「というか化身はやっぱ体力凄い使うんスか。最後の辺り明らかにTP切れか何か起こしてましたし」

八神「あれだけの事を言って結局はあの程度か、最初から全員でかかってれば敵ではなかったという事だな。」

メアリー「最後のあいつらなんて震えちゃって、ああいい気味ー!胸のつっかえが取れてスッキリしたわね!」

時任「そこまで言ったら酷いって…!」

明井戸「で、次が…西園の新技?」

マルシャ「そうみたいだな、やはりジャンプ系の技と予想されるが…。」

成神「ぶっちゃけ俺達はストライカーズの方で見たんでもうとっくに知ってるっスけどね。

アツヤ「そうそう、確か……」

時任「勝手に大ネタバレは流石に止めておこうか。次回の楽しみ無くなるから

シャドウ「…いいのか、そろそろ…イナズマジャパンとオルフェウス始まるぞ。」

葱野「あああ!忘れてたー!」


オルフェウスVSイナズマジャパン コンドルスタジアム

「さあ、白熱のトーナメントは2回戦へと突入!この試合に勝って一番に準決勝進出を決めるのはどのチームか…FFI以来の対戦が続きますイナズマジャパンとオルフェウス!」

フィディオ「マモル。」

円堂「あ、フィディオ!」

フィディオ「……いや、止めておこう。マモル、此処からはサッカーで語ろう、そして決めようか…どっちが先に進むか!」

吹雪「なんかオシャレだなぁ、サッカーで語るか……」

不動「……フン、カッコ付けだな。白い流星さんはよぉ。」


明井戸「……どっちでもいいから早く試合終われ…!

成神「わざわざ高いコンドルスタジアムに来なくても良かったでしょ。そんな顔が青ざめるなら。

明井戸「…ちょっと見といた方が良いと思ってよ……」


鬼道「先手必勝だ、虎丸!」

虎丸「はい!」

「此処は虎丸のドリブルで攻める!」

カテナチオカウンター!!

11-07-27_005.jpg

虎丸「うわ!?」

「ああーっと!いきなりオルフェウスの必殺カテナチオカウンターが炸裂ー!!あっという間のカウンターでピンチだイナズマジャパン!」

フィディオ「行くぞマモル!真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

飛鷹「させるかよ!真空魔V3!!

11-07-27_004.jpg

円堂「いいぞ飛鷹!怒りの鉄槌V3!!

11-05-22_064.jpg

11-05-22_073.jpg

「此処は円堂、飛鷹の連携プレーで止めたー!オルフェウスのカウンターを防ぎ切りました!」

緑川「だったらこっちだって…ライトニングアクセルV3!!

11-05-22_022.jpg

「ボールを持った途端に緑川、電光石火のドリブルー!そして虎丸へとボールを渡す!」

虎丸「今度は良い所見せなきゃ!タイガードライブV3!!

11-05-22_002.jpg

ブラージ「真コロッセオガード!!

11-07-27_002.jpg

「これは防いだー!ブラージ、虎丸のシュートを見事止めました!」

豪炎寺「まだだ、真爆熱スクリュー!!

11-05-22_015.jpg

マルコ「お前は俺が止めてやる!真グランドクェイク!!

11-05-10_018.jpg

「イナズマジャパンの波状攻撃!しかしオルフェウス、跳ね返す!これは互角の展開だ!」

時任「これは、どっちが勝つか分かんなくなってきた……」

明井戸「……俺はもうあいつらが勝つって思ってるよ。」

メアリー「え、ど…どっちですか?」

明井戸「………あいつが居るんだし。」

ボールがラインを割りました、イナズマジャパンボール!

「ねえ、そこをね………。」

成神「…!あれ、見間違いじゃないっスよね……?」

アツヤ「!!あ、あいつなんで……!?」

明井戸「………」

連城「そろそろ、勝ちに行こうか。」

時任「!!………連城……直樹………」

1回戦ラスト

ヤマネコスタジアム チョウテイコクVSローズグリフォン

「さあ、出て来ました!ビクトリーロード開催チームのチョウテイコク!今大会では日本人だけでの参戦、要となる海外選手無しで一体どんなサッカーをするのか!?」

明井戸「多分要が居なくなって俺達は今回不利で優勝無理とか思われてそうだろ。」

時任「皆に頼って勝ってたからなぁ……」

明井戸「けど、1時間後にはそういう声も消えるだろーぜ。さっさと叩き潰すか。」

葱野「よーし…やりますよ!」

ピィー


アツヤ「貰ったぜー!」(ミドルでゴールを狙い、ゴールネットを揺らし)

「ああー!決まった!チョウテイコク開始から僅か1分でゴールを奪った!」

葱野「僕も!」

メアリー「私が一番得点してやるわよ、明井戸先輩の前だし!」

マルシャ「……前線大暴れだな、我々の出番が無い。」

村上「ホントそうですよねぇ…。」

クララ「フフ…暇なのが一番………」


八神「フン!」(思いっきり蹴り込んで豪快にネットを揺らす)

「ち、チョウテイコクこれで26点目ー!オーガの得点を上回った!」

明井戸「ま……こんなもんか。ホントならもっと得点出来てたけど。」

ピッ、ピッ、ピィー

「試合終了ー!チョウテイコク今大会最多得点差の26-0!海外が居なくてもこの強さ!これは一気に優勝候補の筆頭か!?」

成神「まずは軽く1回戦突破っスね、こんな所でつまずく訳にはいかないし。」



明井戸「まだ、あいつを出すまでも無いな。」

やはり圧倒的

ウミガメスタジアム ダークエンジェルVSブロッケンボーグ

デスタ「はっ!脆い、脆いねぇ!」

セイン「全く相手にならん。本当に世界レベルか?」

「し………試合終了ー!ダークエンジェル、10-0でブロッケンボーグを粉砕!」

なゆ「凄い、今の所最大の大差で勝ってるよ!?」

成神「…いや、あんまり凄いって感じしないっス。10-0じゃ。」

シャドウ「俺達は感覚が麻痺してきているかもしれないな。


もう1つの試合 オーガVSザ・グレイトホーン クジャクスタジアム

時任「これは……!」

マルシャ「…また、派手にやったもんだな。」

バダップ「戦闘終了だ。」

「な、なんとこれは…先程終わったばかりのダークエンジェルも圧倒的だったが………オーガ25-0でグレイトホーンを下しました!これは強過ぎる!!」

葱野「やっぱり最大の強敵は……オーガになりそうです!」

続々と決まる2回戦進出。

クジャクスタジアム リトルギガントVSユニコーン

マーク「今度こそ得点だディラン!」

ディラン「OKマーク!」

マーク、ディラン「真ユニコーン……!」

ウィンディ「遅いぜ!」(あっという間にボールを強奪)

マーク「速い?!」

「これはなんというスピード!ウィンディ、マークとディランの必殺シュートを潰した!そしてリトルギガントチャンスだ!」

ドラゴ「ダブルジョーV3!!

11-07-24_002.jpg

キッド「フラッシュアッパーV3……ぐあ!!」(アッパーを当てるも顔面にヒットしてゴール)

「ゴォール!!リトルギガントこれで4点目!これは圧倒的!一方のユニコーンはやはり一之瀬や土門の抜けた穴は大きかったか!?」

葱野「一之瀬先輩…今病院ですもんね。土門先輩も付き添っていて……。」

時任「その中でよく健闘してるよユニコーンは。ただ……相手が悪いねこれ。」

アツヤ「ロココの出番もねぇもんな。」

「試合終了ー!リトルギガント4-0でユニコーンを下して2回戦進出!」

ウミヘビスタジアム ナイツオブクイーンVSレッドマタドール

「ゴォォール!!サムエルのドラゴングランド炸裂ー!!2-2!レッドマタドール再びナイツオブクイーンに追いついたー!!」

サムエル「うおおー!見たか!!イギリスなんか目じゃないぜ!」

エドガー「ぬう……!此処で負けられん……」

さあ、再びナイツオブクイーンからのキックオフ……

エドガー「騎士達よ!今こそ力を解き放て!無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

エドガー「受けるがいい…騎士の誇りをかけた一撃!エクスカリバー改!!

11-01-23_001.jpg

フェルミン「ぐおおおーーー!!」

「き、決まったぁー!!あっという間の出来事!エドガー、レッドマタドールをすぐにまた突き放したー!」

エドガー「はあっ……私とした事が少し熱くなりすぎてしまったな。」

「試合終了!ナイツオブクイーン点の取り合いを制して2回戦突破!3-2」

イナズマジャパンVSジ・エンパイア

イナズマジャパンVSジ・エンパイア ヤマネコスタジアム

「イナズマジャパンVSジ・エンパイア!FFI以来の対戦となりましたこの試合、前回はエンパイアの勝利で終わりましたが今回はどうなるのか!?」

テレス「もらったぜ!!」(豪炎寺へのパスをカット)

「おっと、テレス此処はカット!簡単にパスは通させない!そして一気にロングで前線へー!」

レオーネ「よし、…………!?ぼ、ボールが無い!?」

風丸「こっちだってパスは簡単には通させないさ。」

風丸だ!目にも止まらぬスピードでレオーネ知らない間にボールを奪われた!

鬼道「繋いでくぞ!」

「これは中盤、鬼道を中心に不動、緑川と繋いで攻めていく!」

緑川「アストロブレイクV3!!

11-05-22_006.jpg

テレス「甘い甘い、真アイアンウォール!!

11-01-21_007.jpg

「緑川のシュートー!しかしテレスの鋼鉄の壁に跳ね返されてしまう!そして速攻!」

立向居「………」

レオーネ「へっ、あの坊やか。また得点させてもらおうか!!真ヘルファイア!!」(炎を纏ったキックで勢いつけてシュート)

立向居「ムゲン・ザ・ハンドG5!!


11-05-09_013.jpg


「おお!?これは完璧に止めた立向居ー!エンパイアゴールならず!」

レオーネ「嘘だろ!?あの技前に完全破ってるってのに!」

立向居「こっちだって無失点で予選勝ち上がって来てるんだ、簡単に得点はやらない!」(前線へとキック)

時任「やっぱり、前のようには行かないみたいだね。」

成神「そりゃそうでしょ。あいつも優秀なGKっスから。」

メアリー「アンタらー!また負けたりしたら承知しないわよー!」

時任「かえってプレッシャーかけちゃうってその応援は!」


吹雪「え?……うん、分かったよ。」

「おっと、イナズマジャパン此処で選手交代。虎丸に代わって吹雪が入ります。」

吹雪「皆、あのね…………」

鬼道「……よし。分かった。」

テレス「ふん、どんな作戦で来ようがこの壁は破壊出来ねぇぜ!」

吹雪「ううん。破壊はしないよ?」

テレス「……なんだと?」

「イナズマジャパン、緑川のドリブル!」

緑川「今度こそ…!」

テレス「またお前か、通じねぇよ!」

緑川「それ!」(豪炎寺へとパス)

「おっと、シュートと見せかけこれは豪炎寺へとパス!」

テレス「なーんてな…やっぱりお前が撃って来るか。」

豪炎寺「………フ」(パスを受け取らずそのまま見送る)

テレス「なぁ!?あれじゃライン割る……」

ヒロト「流星ブレードV3!!

11-05-22_012.jpg

テレス「し、しまったー!!」

ホルヘ「ミリオンハンズV3……ぐわああ!!」(流星ブレードに身体が押し込まれてゴール)

「決まったぁぁー!!イナズマジャパン先制ゴール!エンパイアからついに得点したー!!」

アツヤ「何だあれ…?あいつら急に動き良くなってねぇ?兄貴が入ってから……。」

葱野「良くなってるように…思えます。」

「イナズマジャパン、テレスをフェイントで翻弄!」

マルシャ「これはもう勝負あったな。イナズマジャパンの勝ちだ。」

その後豪炎寺、吹雪が得点し3-0

「試合終了ー!イナズマジャパン、完勝!2回戦進出!」

時任「凄いなぁ、イナズマジャパン…また強くなってるよ。流石優勝候補筆頭だ。」


その頃 コンドルスタジアム ビッグウェイブスVSチームガルシルド

「おーっと!此処もシャインがカット!攻めきれないチームガルシルド!」

ジャッカル「ぐ………なんて堅い守りだ!」

「得意のボックスロックディフェンスでの守り、その前にシュートに持っていく事が出来ない!」

ジーン「出番はどうも無さそうだ…。」

「試合終了ー!1-0、前半の1点を最後まで守り切りました!ビッグウェイブス2回戦進出!」

ライオコット島探索+観戦

時任「またあの時みたいに盛り上がってるね、この島。結構な人が……ていうかダークエンジェルとかチームガルシルドとかオーガが来てる事については皆何も思ってないのかな。

成神「変わった奴らだけど強いチームなんだな、と思ってる程度じゃないスか?

葱野「大会が本当に始まったんだなぁ、こうして見ると…それも今回僕達が実現させちゃったし。」

マルシャ「しかし今回は正直苦しいな、バダップを始めマルコ、シャイン、ロココ(子供)といった優秀なプレーヤーが居ない…どころか敵の方になってしまったんだからな。」

時任「苦しい戦いになりそうですね…今まで勝てたのは彼らに助けてもらってた事が大きかったですし。」

メアリー「でも、大丈夫です!私たちには明井戸先輩が居ますから!」

成神「とりあえずまずは各国のエリアの美味いのを食べ尽くして……」

時任「試合観戦の方が先だから、それやってる間に終わっちゃうから。

ウミガメスタジアム オルフェウスVSザ・キングダム 開幕戦

なゆ「開幕戦がいきなりオルフェウスとキングダムなんて豪華だね!」

村上「どっちが勝つんだろこれ?」

時任「…さあ。どっちも強豪だからね…」

アツヤ「やっぱ此処はチョウテイコクに居るマルコの方に勝ってもらいたいぜ、オルフェウス負けんなー!」

成神「いやレオナルドもチョウテイコクの一員っスからね?

葱野「…どっちの応援すればいいのこれ!?」

「開幕戦はなんといきなりの強豪同士の試合!イタリア、オルフェウスVSブラジル、ザ・キングダム!試合はキングダムペースで進んでおります!」

アンジェロ「こんのぉ!」(スライディングでボールを奪いに行き)

レオナルド「おっと」(小さくボールごとジャンプして難なくかわし)

「流石チームNo.1のキープ力を持つレオナルド!ボールを渡さない、此処はなんとしてもエースのロニージョにボールを集めたい!」

フィディオ「ロニージョを徹底マークだ!!」

「おお!」

ロニージョ「っ……(でも、これで他がフリーで撃ちやすい…!)」

レオナルド「てぇ!」(ロニージョにパスは出せないと判断すれば自分でシュートを放ち)

ブラージ「よぉし!」(ほぼ正面でレオナルドのシュートをガッチリとキャッチ)

レオナルドそのまま持ち込んでのシュート!しかしこれはGKブラージがキャッチ!」

成神「…これ、確かにキングダム押してるけど…ロニージョが徹底マークにあってて中々エースのシュートが撃てないっス。」

時任「うーん…今みたいな感じだとブラージから得点するのはちょっと厳しいかな?」

メアリー「オルフェウスも押し込まれててフィディオがシュート撃てない状態だからねぇ……」

「後半に入ってもキングダム、押している!しかし未だ得点にまでは行っていない!」

レオナルド「!此処だ!」

時任「あ…!」

「レオナルド、これは針の穴を通すかのような正確なパス!ロニージョに渡ったぞー!!」

ロニージョ「貰った……!ストライクサンバV3!!

11-01-23_019.jpg

マルコ「俺に任せろ!!真グランドクェイク!

11-05-10_018.jpg

ロニージョ「な!?」

「止めたぁー!ロニージョのシュートをマルコが見事防いだ!!キングダム得点ならずー!」

マルコ「チャンス…フィディオ!!」(防いですぐロングパス)

フィディオ「よく防いだマルコ!」(トラップして素早いドリブル)

「これはオルフェウスのカウンター!一転してキングダムがピンチ!」

フィディオ「真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

ファルカオ「カポエィラスナッチV3……ぐぅあ!!」(防ぎきれずゴールネットが揺れる)

「ゴーーーール!!先制点が決まったー!押されていたオルフェウス、カウンターからの得点!ビクトリーロード初の得点はフィディオ・アルデナから生まれた!!」

マルシャ「押されてたオルフェウスが先制か、やっぱりマルコの守備がデカかったな。」

アツヤ「エースのシュートを完全に潰しちまっちゃ向こうもそりゃ勢い無くなるわ。それが大きな頼りなら尚更な。」

「そして試合終了ー!1-0でオルフェウスの勝利、フィディオの1点を守り切って2回戦進出!イナズマジャパンVSジ・エンパイアの勝者と当る事になります!」

一回戦の組み合わせ。

「さあ、それでは注目の一回戦の試合の組み合わせを発表いたします!」

時任「まさかいきなりイナズマジャパンとかオーガとかじゃないよね……?」

成神「…そうなったら俺ら相当なまでにくじ運悪いっス。」

「組み合わせは…こうなりました!」

一回戦

オルフェウスVSザ・キングダム

イナズマジャパンVSジ・エンパイア

ビッグウェイブスVSチームガルシルド

リトルギガントVSユニコーン

ナイツオブクイーンVSレッドマタドール

オーガVSザ・グレイトホーン

ダークエンジェルVSブロッケンボーグ

チョウテイコクVSローズグリフォン

テレス「よおーし!!イナズマジャパンとだ!今度こそぶっ倒す!」

レオーネ「だから前勝ってるだろ俺達!?」

鬼道「アルゼンチンか…あの時は俺達4人は間に合わずチームは負けてしまったな……」

不動「今回それはねーな、せいぜい初失点まであがいてくれよ要塞さん達よ?」

テレス「ふん…デカい口叩く野郎だな、試合楽しみにしとくぜ!」

ロニージョ「いきなりオルフェウス…フィディオ達か。」

フィディオ「キングダム……悪いけど勝たせてもらうよ。イナズマジャパンと戦うのは俺達だ。」

ロニージョ「それは譲れないな。」

フォクス「アジアの国が相手ですか…イナズマジャパン以外のアジアがどの程度が見せてもらいましょうか。」

シャイン「……フン。」

ディラン「り、リトルギガントー!?いきなり超強豪ネー!!」

マーク「これは厳しそうだ…でも、遅かれ早かれ何時かは当るんだ。今のうちに勝っておこう…と考えるしかないな」

バダップ「相手と場所と時間は確認した、チームオーガこれより帰還する。」

デスタ「ち…オーガの奴ら気に入らねぇ、目の前の相手はさっさと潰してあいつらの魂喰らってやる…!」

明井戸「とりあえずオーガとかイナズマジャパンといきなり当らなくて良かったな。」

メアリー「いきなりああいうチームはキツいですよね!」

時任「いや、目の前の相手が楽勝みたいな言い方止めておこうよ…。相手も予選を勝ち上がってきたんだし。」

とうとう開幕、ビクトリーロード!

メアリー「ああもう!何なのよ化身2人って!そこまで強かったのあの学校!?」

明井戸「つか相変わらず何もしてくんねぇんだなぁ。雷門の他の奴ら、いっそフィールド外に引っ込んでてもらいたいもんだぜ。やる気ないんなら。」

メアリー「ホントそうです!SPとの試合みたいに他の人抜けて…今回の場合はごっそりとメンバー外れちゃいそうですけどね。」

葱野「というか…あの剣がやっと仲間になってくれましたね!」

時任「重なったんだなぁ…お兄さんと天馬が。」

明井戸「……つか俺はあの剣兄の方が何より気になる。今の試合なんかよりも。」

メアリー「気になるって…そこまで気にさせる程の人ですか?」

明井戸「…何か、何とも言えないような雰囲気が感じるような気がすんだよな。……俺のカンだとあいつが多分最強の仲間となるかそれとも……最大の敵となるか」

時任「いや、考え過ぎだから。」

葱野「そうですよ!ああいう人が最大の敵なんて無いですって!」

明井戸「…ま、いいや。とりあえずあんまり腰抜けの雷門の連中と相手チームの事は正直コメントもしたくねぇからさっさと終わらすぞ。」

メアリー「コメントする価値も無いって事ですね!分かります!」

時任「2人ともその人達に酷いからそれは!

明井戸「それより大事なのが間近に、もうすぐ間近にあるだろ!そっち行くぞ!」


タイタニックスタジアム ビクトリーロード開会式

「さあ、ついに…ついに始まります!真の世界最強のチームを決める大会、ビクトリーロード!!今回は女子も年齢も関係無し!あらゆる世界から此処タイタニックスタジアムに予選を勝ち抜いた強豪が集います!」

「まずは……いきなり出ました!FFIでイナズマジャパンと激闘を繰り広げたコトアール、リトルギガント!予選を全く危なげなく勝ち進みこのビクトリーロードに参戦です!」

ロココ「帰ってきたんだなぁ…また大舞台に。」

ウィンディ「何かあの時と違って俺達への歓声凄いぜ?」

「続いて、一番乗りで予選突破を決めたFFIを制した王者…イナズマジャパン!優勝候補No.1と呼び声高いのもあってかこの大歓声!このビクトリーロードも制覇するのか!?」

円堂「おお!?あの開会式の時と違って俺達に凄い歓声だぞ!?」

不動「へっ……当然だろ、優勝してこれで歓声なきゃおかしいぜ。此処が最強なんだからよ。」

「そしてFFIでもおなじみのオルフェウス、ナイツオブクイーン、ジ・エンパイア、ユニコーン、ザ・キングダムといずれもが強豪揃い!」

ロニージョ「出来ればまたボーイと戦いたいな、今度は最初から思いっきり……ね。」

テレス「ああ?させるかよ!あいつらは俺達が無失点に抑えて勝つんだよ!」

ディラン「テレスやロニージョもギンギンに燃えてるネー!」

マーク「片方燃え過ぎかもしれないけどな。」

エドガー「変わらず品のない………」

フィディオ「でも、またあの時が戻ってきたって感じがするな、頂点への挑戦が…」

「そして新鋭も見逃せません!イナズマジャパンと同じアジアからビッグウェイブス!カタールや韓国もいた激闘の予選大会を見事に制して本戦出場を決めております!」

シャイン「……これが世界か。イナズマジャパンの経験した……」

ジーン「今…俺達もその舞台に居るんだな。」

「あ、こ…これはなんと…ダークエンジェル!天空と魔界が融合した脅威のチームまで此処に参戦!これは一波乱起きそうか!?」

フィディオ「話には聞いてたけどあいつらまで…!」

デスタ「ふん、この際だ。優勝して活きのいい魂を喰うのも良いかもなぁ?」

ベルゼブ「…その点においては明井戸の奴に感謝しておかないとな、世界をこの手に掴めるチャンスをくれたんだからな」

「変わらずくだらん望みを抱えたままだな、お前らは。進歩の無い」

ベルゼブ「!」

「ああ!つ、ついに出ました!今回の予選を全チーム中唯一全試合2桁得点で通ったオーガ!脅威のFWバダップは今大会一体何点荒稼ぎするつもりだ!?一波乱どころか大波乱が起きそうです!」

エドガー「天使や悪魔が来たかと思えば未来人まで…あの日本人本当に誰が来ても良いらしい……」


「そして最後のチームが登場、大会開催枠からチョウテイコク!チームを率いる時任を先頭に入場して来ました!成神、葱野、アツヤ等中心選手達も勢揃い!今大会ではどんな戦いを見せてくれるんでしょうか!?そしてやはり優勝候補の一角!」

時任「…僕達、全チームから凄い見られてるような気が……」

成神「そりゃ、俺達がこの大会を実現させちゃいましたからね。」

葱野「……緊張する………。」

「此処に全チームが揃いました!それでは、大会主催者からの挨拶をどうぞ!」

円堂「主催者…ってまさか!」

風丸「あの人がこういう舞台でこういう事するの…想像出来なかったぞ。」


明井戸「……まずはようこそビクトリーロードへ。此処に居る皆はまぎれもなく世界のベスト16と言っていい強豪揃いです、何処が優勝してもおかしくは……」

デスタ「明井戸ぉー!らしくねぇ口調で話してんじゃねーよ!」

アスタロス「何時ものお前はそんなんじゃないだろ!」

時任「わわ、悪魔達の野次が……!」

明井戸「…っ、るせぇな!悪魔共黙ってやがれ!

なゆ「ああ、思いっきりいつもの口調で……!」

明井戸「さて…ビクトリーロードってのはその名の通り勝ち続けてこそ道が開かれる大会だ。FFIの時のような…一回負けてもまだチャンスはあるなんて思わない事だぜ?負けたらそこで…全て終わり。そもそも大会で一度でも負けてそれで優勝、そんなのは真の最強、世界一なんかじゃない。」

ロココ「負けたら………」

フィディオ「……もうそこで終わり…」

時任「…これって、イナズマジャパンの事言ってる…!?」

豪炎寺、鬼道「…………」

明井戸「此処でお前らのやる事は1つだ、一度も負けずに勝ち続ける事。真の世界最強が欲しかったら………勝て。…俺からは以上。此処から…ビクトリーロード開幕だ。」

続・報告

時任「明井戸ー、また成神からメール来てるよー。」

明井戸「あいつ今度はなんだ?毎日毎日タイヤ引きばっかで嫌になるとか愚痴じゃねーだろうな?」

時任「「今は女子チームの舞さん達にめっちゃビシバシと鍛えられてるっス。」

明井戸「うん、御愁傷様。

葱野「わー、明井戸先輩完全に「俺ストライカーズ行かなくて良かった!!」って顔してますー。」

報告

時任「明井戸、成神からメール来てるよー。」

明井戸「あ?あいつ、俺じゃなく時任のメールの方に送りやがったのか…まあいいけど。」

葱野「何て書いてあるんですか?」

時任「「こっちではサッカーよりタイヤ引いてる事の方が多くてボールを蹴る機会があんまり無いっス」

マルシャ「ストライカーズの舞台で何が起こってると言うんだ。

明井戸「…良かったかも、俺向こうに行かなくて。」

メアリー「タイヤ引いてばっかりはこの暑さには辛過ぎますよねー、明井戸先輩はそんなのやる必要ありませんって!」

呼ばれたらしい。

明井戸「……どういう事だよこれ。大半の奴らの姿が見えないんだけど。」

時任「それについてなんだけど手紙の方が、「ストライカーズの方に呼ばれたんで行ってきます、ビクトリーロードまでには絶対戻るので」

葱野「ああー!どうりで成神、朝から姿見かけないと思ったらそっちだったんだ!狡いー!!」

マルシャ「アツヤに霧隠、舞さんの姿も無い…八神も。」

明井戸「シャドウも見ねぇ……俺にはそんな招待状何も届いてねぇし。」

時任「……落選だね。」

亀石の一言

亀石「……あはは~、最近僕出番が無いな~。

予想

「さあ、ビクトリーロードに向けて出場チームは全て出揃いました!この16チームの中で真の頂点に君臨するのはどのチームなのか!?」

葱野「これ見てると近づいて来てるんだなぁって思える…!」

「注目はやはり、FFIを制したイナズマジャパン!今回はアフロディ、南雲、涼野と行ったメンバーを加えての参戦となります。そして圧倒的な強さで予選を突破しており今大会優勝候補No.1と言えるでしょう!」

成神「ああー…あのレインブラッドの時とほぼメンバー同じなんだ、明井戸先輩が居ないぐらいで」

「そしてもう1チームはオーガ!言わずと知れた脅威のFWバダップ・スリード率いるチームは予選をなんと全て2桁得点で相手チームを叩きのめしておりバダップは予選を通った全チーム中一番得点を取っております!今大会では一体何点取るのか!?」

時任「あの頼れるバダップも今回は敵……辛いねこれは。」

メアリー「って、私たち優勝候補とか言われてないですよ…!?」

時任「…多分有力選手が多数抜けたから今回優勝の可能性は低いとか見られてるかもね。」

成神「何か気に入らないっスねそれ。…下馬評早く覆したいっス。」

とうとう揃った出場チーム。

時任「!!ちょ、これ……明井戸!」

明井戸「ん?何?」

時任「本戦出場決めたチームにダークエンジェルとかチームガルシルド入ってるけど!?彼らの参加も認められるの…?」

明井戸「当然、年齢制限も性別制限も無いし。トーナメントを勝ち上がって来れたら誰だって参加可能さ。天使でも悪魔でも暗殺者でも関係ねぇよ。」

成神「時任先輩、それぐらいで驚くのはまだ早いかと。こっちに…あのオーガの名前まで載ってますから。」

時任「未来のチームまで参加OKなの!?どんだけ制限が無いの!

なゆ「な、何か本当に本当のこの世界のサッカー界最強を決めそう…!」

メアリー「悪魔に天使に未来軍人まで来るぐらいだからね、凄まじいわ…。」

村上「そんな中で私達が出るってちょっと信じられないよね?」

八神「これで16チーム全て揃ったな、予選は全部終了した。」

葱野「あ、もう決まったんだ?どっかにチームの名前載ってるかなー…?」


ビクトリーロード 本戦出場チーム

イナズマジャパン リトルギガント オルフェウス ユニコーン

ジ・エンパイア ナイツオブクイーン ザ・キングダム ビッグウェイブス

ブロッケンボーグ ローズグリフォン レッドマタドール ザ・グレイトホーン

チームガルシルド ダークエンジェル オーガ チョウテイコク(開催チーム枠)


アツヤ「これってFFIの出場チームが主だぜ?やっぱあいつらに勝てるチームって早々には現れねぇもんなんだな。」

マルシャ「…これはやっぱりオーガが一番強そうか。何と言ってもバダップが居るんだからな。」

成神「やっぱイナズマジャパンじゃないスか?FFIを制しましたし。」

明井戸「さてと、これで全部揃った訳だ。ビクトリーロード……派手にやってやるとするか。」

2人の誕生日

葱野「止めちゃいましたね…南沢さん。」

時任「此処は自分の将来を取ったみたいだね。…フィフスセクターに屈したとも言えるけど。」

明井戸「ほっとけよ、辞めたい奴は辞めちまえば。やる気の無いのがフィールドに居たって邪魔以外の何者でもないぜ。足引っ張るザコなんていらねぇし。」

成神「完全に明井戸先輩、邪道の方を突き進んでるっスね。

メアリー「悪のカリスマである明井戸先輩…………イイv」

マルシャ「もはや何でも良いだろうお前明井戸だったら。

なゆ「でも、あんなお兄さんが居たんだなぁ…。」

成神「入院してる兄の為に頑張る弟、だったんスね。…オウンゴールを豪快に叩き込んじゃったけど。」

明井戸「…つか三国思わず手で取りに行きやがったな、取れたとしてもあれPKだぞ。味方のバックパスだから…強烈だけど。」

葱野「って、それよりも…明井戸先輩と八神さん!誕生日遅れてごめんなさい!!」

八神「ああ…気にするな、忙しくて自分自身も忘れていたし。」

明井戸「ビクトリーロードの方で凄ぇ忙しかったしなぁ…。」

マルシャ「まあ、今から祝おうか。ごちそうも用意してあるし。」

アツヤ「成神は調子に乗って他の奴の分まで食うなよ?」

成神「…俺毎回それ注意されてるっスね。」

次々と出場を決める参加チーム。

アツヤ「……………。」

成神「アツヤ先輩、暑さが最大の弱点なせいかぐだ~っとしてるっスね。

アツヤ「…シャレになんねぇ、アジア予選のカタールかっての……。」

メアリー「ああー、あの日も相当暑かったっけ。それでデザートライオン有利の…日本で出来過ぎなくらいの天候と思える程だったわ。

成神「予選の天気はイナズマジャパンに対して厳しかったっス。」

アツヤ「…とりあえず暇だからテレビ……」(リモコンにぐだ~っとしたまま手を伸ばして掴み)

「ビクトリーロード本戦出場を決める為の予選トーナメント!イナズマジャパン、リトルギガントに続いて次々と参加チームが決まっております!」

テレス「真アイアンウォール!!

11-01-21_007.jpg

ジ・エンパイア、キャプテンのテレス・トルーエを中心として鉄壁の守備で予選トーナメントを制覇!本戦出場を決めております。

エドガー「真エクスカリバー!!

11-05-09_002.jpg

続いてナイツオブクィーン、高いボール支配率で攻め続け見事切符を掴んでいます。

フィディオ「真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

オルフェウス今回はフィディオ・アルデナが正式にキャプテンとなりチームを率いて勝利に導いております。
FFIでも活躍したチームがご覧の通り続々と本大会出場を決め、今回はどんなプレーを見せるのか注目です!

葱野「皆…強くなってましたね技とか。」

時任「皆あの頃のままじゃないぞ、って言われてるみたいだね…」

マルシャ「…ユニコーンもザ・キングダムも出場を決めているようだ。この辺は…当然だろうな。」

あまりに暑いため。

時任「えー…あまりに猛暑過ぎるという事だから今日は練習中止で身体を休める事に専念、みたい。」

マルシャ「ふむ…休む事もまた特訓だな。」

葱野「そうなんですか!?じゃあ休まないと!」

アツヤ「……助かったぁー…流石にこの暑さで練習なんてやってらんねぇし。」

成神「…やっぱ兄貴と比べて不真面目な方っスね、弟は。」

特訓、ひたすら特訓

葱野「はぁっ、はぁっ、はぁっ……!」

成神「この暑さで走り込みってきつ……。」

マルシャ「…皆ラスト一周だ!」

メアリー「ああー、やっと終わり…!」


成神「疲れたー…さ、飯食いましょう飯。」

メアリー「その前にシャワーでも浴びたいわ。汗だくだし…。」

メンバーどうなる…!?

成神「まだ決まらないんスかね…俺達もまだ知らされてないし。」

時任「うん…ただ練習きっちりやっとけって言われただけで。」

葱野「どんなメンバーになるんだろ…」

八神「…とりあえずやるべき事は1つだ、何時でも出られるように準備しておく。」

メアリー「分かってるわよ、偉そうに…!」

なゆ「でも、ホントどういうメンバーになるのか…前もって教えてくれても。」

成神「それだけ悩んでるって事じゃないスか?…あ、ちなみに俺のメンバー予想こんな感じっスけどね。」

 アツヤ 葱野 時任 メアリー 八神

 明井戸 成神 霧隠 なゆ 沖田 

 マルシャ 村上 シャドウ ゾーハン 舞

 GKクララ

時任「うーん…大体はそんな感じになりそうだけど……。」

メアリー「クララで守りきれるかな、今回の大会で…?」

村上「失礼だよ、クララも腕の立つGKだから!この前は木野さんが出てたけどね。」

クララ「フフ…ていうか私目の前に居るんだけど………。」

メアリー「!!わ、私が悪かったからそんな目で見ないでー!」

成神「今の俺達の居る日本人を総動員させればベストはこうじゃないスか?」


その頃

明井戸「…で、お前に今回出てもらいてーんだよ。」

「…………」

明井戸「頼んだぜ、チョウテイコクの優勝…完璧な勝利の為に。」


葱野「ああ、疲れたぁー!」

マルシャ「大丈夫か刻、ほら。ドリンクだ。」

シャドウ「……そういえば今日は違う場所で予選行われてるんだったか。」

時任「あ、そうなんだ!テレビテレビ……。」

「圧倒的ぃー!!コトアール、リトルギガント優勝!ビクトリーロード本戦へのチケットを手にしました!」

成神「リトルギガント……まあこれも当然だね。」

「やはり強い!選手の高い身体能力に加え日本サッカー界伝説のGK円堂大介が指揮をとっており、付け入るスキを全く与えませんでした!」

ロココ「やったよ大介!本戦出場だ!」

大介「さて…あの小僧が何を思って大会を開いたか知らんが頂点を決めるとなれば黙っておれんわい。」

時任「…強くなってるね、コトアールも。」

アツヤ「そうでなきゃ張り合いねーよ。」

忘れていた七夕。

時任「そういえば昨日七夕だったっけ。」

葱野「え、そうだったんですか!?書くの忘れてたー!」

マルシャ「では…一日遅れだが皆何か書いておくとするか。」

アツヤ「よーし、そんじゃ……「この暑さが早く終わりますように」

成神「それは3ヶ月ぐらい待てば叶う願いっスね。

葱野「出来た!「もっと頭が良くなりますように」

時任「うん、勉強しようね葱野。

シャドウ「……「唐揚げ弁当食べたい」

時任「それで良いのキミの願い!?」

成神「シャドウ先輩、大分に行った方が良いっスよ。唐揚げの聖地に

アツヤ「おお?こっち凄ぇ短冊いっぱいだぜ!?」

時任「…ん?「明井戸先輩とデート出来ますように」「明井戸先輩の側に常に居られますように」「明井戸先輩と幸せで甘い生活が出来ますように」……」

成神「誰のか丸分かりっスね。

メアリー「まだまだ…!この程度じゃ足りないわ!」

時任「この執念をサッカーに向けてほしい所だけど……。」

アツヤ「で、成神は何か書いたのかよ?」

成神「勿論書きましたよ。「全世界の美味しい物食べられますように」

時任「完全に予想通り!食べ物関係と思ったよ…。」

葱野「時任先輩は何か書きましたかー?」

時任「あ、僕は………。」

アツヤ「この手に持ってるのがそうだな!(時任の持つ紙を奪い)どれどれ………「ロレックスが手に入りますように。」

成神「人の事言えないっス、やっぱ時計関連っスか。

アツヤ「あ、ちっちゃく……「オメガかパネライでも良い」」

時任「あ、はは………。」

成神「願い過ぎっス。メアリー先輩除けば唯一追加の願いしてるっスよ。」

悩む策士。

明井戸「……16人か…。」

葱野「明井戸先輩…資料見て相当考え込んでるね。」

成神「そりゃあね、開催する側としては初戦敗退なんてシャレになんないし。」

アツヤ「縁起でもない事言うなよ……。」

時任「女子や年齢高い人の参加もOKだから選択肢は広まった、けど…その分誰を16人に入れるのか考えさせられるんだね。」

予想通りの勝利。

時任「…10年後って結構皆化身出せるもんなのかな?」

成神「観客の人達、三国さんのお母さんとかあんま驚いてませんでしたし。一般的じゃないスか?」

アツヤ「なんつー世界だ…つか守護神がやる気出したのいいけど他が変わらず動かねぇなぁ。」

葱野「あのままじゃ優勝はキツいです!というか無理のような気がしますが…流石に4人だけでは。」

村上「それに控えがいなかったわ!誰か怪我でもしたらその時点で10人とかで戦う事になっちゃう。」

なゆ「人数のハンデまであるなんて…」

メアリー「もうあいつらも迷ってる場合じゃないっての!逆らっちゃったんだからどんな事やっても同じだし!どうせならとことん逆らって乗っ取る勢いでいきなさいよ!」

八神「珍しく同感だ。

マルシャ「あのフィフスセクターの坊やが仲間にでもなってくれれば助かるけど、そう甘くもないか。」

時任「何か抱えてそうな感じしましたけど……時間経過しなきゃ分かんないですね。」

葱野「って、そう言ってる間に予選進んでます………!」


円堂「行けー!皆!」

風丸「もう一点だもう一点!」

風丸猛スピードで抜き去るー!誰もその速さに着いて行く事が出来ない!!そして風丸のパスから…

豪炎寺「真ファイアトルネード!!

11-05-22_009.jpg

決まったぁー!豪炎寺ハットトリック達成ー!


葱野「圧倒的ですね!

マルシャ「彼らは日本代表だ、この日本で…彼らに勝てるチームは早々に現れないだろう。」

アツヤ「あいつらも張り切って大会臨んでんだなぁ。」


そして予選トーナメント決勝

飛鷹「真空魔V3!!

このシュートを飛鷹ブロックー!守り切った!

ピッピッ、ピィー

試合終了ー!イナズマジャパン優勝!ビクトリーロード行きを一番乗りで決めたぁー!他を寄せつけない強さで終始安定した試合を見せてくれました!

明井戸「…ああいう奴らに予選はいらなかったかな?」

時任「あ、明井戸……。」

明井戸「っと、まだ仕事残ってたわ。後でな。」

成神「…ま、鬼道さん達がそんな簡単に此処で負ける訳ないか。」


明井戸「優勝おめでとう、イナズマジャパン。」

円堂「明井戸先輩!ビックリしました、こういう大会を開いてくれるなんて!」

吹雪「FFIからそんな日が過ぎてない内に大きな大会に出られるって、信じられないよ。」

明井戸「ま、本戦もその調子で頑張りな。もっとも……その程度じゃ俺達に勝つ事は出来ないだろうけど。」

鬼道「!……それは、明井戸先輩からの挑戦状という事ですか?俺達、そして世界に対しての。」

明井戸「…どうだろうな?どう思おうがお前等の自由さ。」

「随分と自信満々だね。」

明井戸「ん?………!お前…………」

ビクトリーロード予選開幕。

日本 フロンティアスタジアム

葱野「…始まっちゃうんですね…本当に大会が!」

時任「本当にやるとは……そしてそれが可能なんて今でも信じられないよ。」

成神「CMもやる程っスからね。」

なゆ「凄い!アジア予選を思わせる盛り上がりだよ!?」

村上「ホントだ!これで私達が開催側って…夢見てるみたい。」

アツヤ「……此処含めて全部で16カ所、そこでトーナメントやって勝ち上がったチームが本戦出場なんだよな。」

時任「一度でも負けたらそこで終わりか……」

成神「とりあえず、此処で勝ち上がって来そうなチームは…やっぱあの人達でしょ。」


(開会式で集まるチーム、その中に円堂率いるイナズマジャパンの姿があり)

マルシャ「……イナズマジャパン…やはり出場か。」

葱野「やっぱりあの人達に勝ってほしいですよ!頑張れイナズマジャパンー!」

その頃の各国

イギリス

エドガー「……変わったルールになったものだ、しかも開催してるのが今回中学生とは。」

フィリップ「これが大掛かりだっていうのが信じられないな。」

エドガー「どちらにせよ、再び我らイギリスに世界一となるチャンスが与えられた。歴史と伝統、そして騎士の名にかけて今度こそ勝つ!」

アルゼンチン

テレス「はぁ~…明井戸、ねぇ。こういう奴を日本語で「ハテンコウ」って言うのか?」

レオーネ「凄いルールになってるぞ今回、出るのか俺達…?」

テレス「そりゃ当然だろ!また世界最強になれるチャンスが巡ってきてんだ、逃してたまるかよ!」

イタリア

アンジェロ「お帰りー、2人とも!日本で凄いレベルアップしてきたね!?」

フィディオ「ああ…そこで鍛えられて良かったよ。更なる領域に踏み込めた気がする。」

マルコ「何か今回はあいつが…明井戸が妙な大会開く事になったけど。」

フィディオ「彼には感謝しないとな。また皆と…真剣勝負出来る機会を与えてくれたんだ。さ、今から練習練習!」

アメリカ

ディラン「ビクトリーロード!これを中学生が開催なんてホントに信じられないよ!」

マーク「中々良い名を付けたじゃないか、これに勝って今度こそ…アメリカを世界一にしよう。」

ディラン「OK!ミーの調子もギンギンに上がってきたね!」

ブラジル

ロニージョ「ビクトリーロードか…まさか近いうちにまた彼らと戦える機会が来るとは思ってなかったな。」

レオナルド「今回はもうガルシルドの呪縛も何もない…最初から思いっきり好きなサッカーが出来るぞ。」

ロニージョ「…よし、やるか。この大会は王国ブラジルがもらった!」

コトアール

ドラゴ「はぁっ…!急にどうしたんだよ此処までの猛特訓を行うって!」

ロココ「ビクトリーロードに出る為だって大介言ってたよ。」

ウォルター「ひぃぃ、何時にも増してキツいっス!」

ウィンディ「これくらい、チョウテイコクに居た頃と比べればどうって事ないさ!」

ゴーシュ「何か向こうのチームに帰ってきてからウィンディ急成長したな…。」

ロココ「僕も負けられないね!よし、PK1000本!」

ウォルター「えええ!?マジっスかぁーーー!?」

残ったメンバー達

時任「海外勢、皆行っちゃったね…自分の国に。」

成神「これはある意味で第二回FFIっスから。それがまさかこっちで開かれるなんて夢にも思ってなかったっス。」

葱野「何か寂しいなぁ……一気に人が居なくなったし。」

アツヤ「って、んな事言ってる場合かよ!そんなデカい大会の予選があるっつーなら…急いでメンバー編成とか練習とか!」

明井戸「あ、慌てなくていーぞ。」

時任「明井戸!?今まで何処に……。」

明井戸「色々動き回ってんだよこっちは。それより…俺達は予選は無いから。」

葱野「え!?な、何でですか!?」

明井戸「俺達が主催側なんだぜ?ほら…よくあるだろ。プロの大会じゃ開催国は予選無しで出られるとか。」

成神「開催する上に予選まで…それは流石に持たないっスよね。」

アツヤ「…って、俺らが日本代表って事かこれ!?」

明井戸「俺達は別に日本代表って訳じゃねーよ、こっちは国籍無し扱い。ちゃんと他のチームが日本代表として出られるって。それがイナズマジャパンだろうがネオジャパンだろうが。」

時任「ちょ、滅茶苦茶でしょ!国籍無しって…色々問題起きない!?」

明井戸「いーよ、どうせ…国籍曖昧な連中も出て来るだろうし。」

成神「……まさか、あいつらまで大会に?」

アツヤ「ダークエンジェルとかチームガルシルドもかよ!」

明井戸「それどころか80年後のチームも参加OKになってるんで。」

時任「オーガまで!?道理でバダップの姿見えないと思ったよ!…というかもはやツッコミきれない!

明井戸「正真正銘の世界最強チームを決める大会だ、これでつまんねぇ縛りのせいで出られず俺達が大会出てれば勝てたとかそう言わずに済むだろ?」

時任「出場ルール無用だ…!キミ絶対こうすれば面白いと思って勢いのままにそういうの作ったよね…?」

成神「予選さえ勝ち抜けりゃ誰でも参加OKなんスか。」

葱野「凄い面白そうな大会になりそう!」

時任「…不安だらけの大会だよ……まあ、ガルシルドが開催したあのFFIよりは良い……のかな?」

一時的な別れ。

成神「…何か聞いた話によるとやるみたいっスよ大会?」

アツヤ「マジか!?もうFFもFFIも終わったってのに…。どんな大会だよ今度は?何時かの連城の企みのような…じゃねぇだろうな?」

成神「…予選まできっちりやるみたいで結構本格的らしいっス。それも、日本だけでなく海外各国で。」

葱野「世界中の人達も集めての大会!?FFIみたいだよ…!」

成神「それとは違うのは今回年齢制限無しの女子も参加OKって所だよ。…だから大人とか女性とか普通に居ても不思議じゃない今大会になるんだね。」

時任「本気だね……此処まで大きな事をやりたかったんだなぁ。」

マルコ「…そういう事なら俺達は一時チームを抜けさせてもらうぞ。」

葱野「え…!?」

シャイン「当然だろ、FFIのような大会なら…俺達は日本のチームに参戦は出来ないからな。」

成神「ま、そりゃそうだね。じゃあ終わるまでは敵同士。」

ウィンディ「お前らと当っても手加減なんかしないぜ?」

ジーン「加減は求めてないぞ。じゃ…またな。」

シャイン「その大会は俺達ビッグウェイブスが貰う。」

ウィンディ「いーや、リトルギガントだ!」

マルコ「今度はオルフェウスが勝つよ!それじゃあ!」

ロココ「あ、え…と……僕どうすれば………。」

時任「ロココ…向こうに現在のロココが居るからね……。」

葱野「行く所無いなら僕達と一緒に居ようよ!」

アツヤ「参加は出来ねぇだろうけどな。国籍違うし…。」

時任「…明井戸、皆本気になって来てるよ。キミの思いつきに振り回されてるけど…今回は世界をも振り回しそうだ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。