スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

早とちり…。

明井戸「鬼道…薄々気づいてはいたけどそうだったんだな、敵を欺くにはまず味方からって言うし。」

葱野「帝国の皆さん、やっぱりそんな簡単にはフィフスセクターに屈する訳ありませんよね!」

アツヤ「そりゃそうだろ。で…あのチビGKも一員って事はあの3失点わざとかよ!」

マルシャ「見た限りでは…そのような気がする。やはり帝国の守護神がそんな軟弱なはずがないな。」

葱野「じゃあ、あの人もっと強い…!?真の力見たいです!」

明井戸「で、懐かしいのが居たなぁ。響木監督に雷門の理事長に校長まで…」

シャドウ「……理事長や校長を辞めたと思ったら此処に居たのか。」

明井戸「まあ、オッサン達はどうでもいいとして円堂の奥さんがあのお嬢様ねぇ…勝者は向こうに輝いたんだな。」

八神「しかし………なんだあの奇妙な料理は。味が全くイメージ出来んぞ。」

明井戸「……栄養重視で味は完全無視って感じがしてくるぞ…円堂の奴家に帰ると苦労人かよ。」

メアリー「八神…アンタは明井戸先輩に変な物食べさせてないでしょうね!?」

八神「愚問だな、私は栄養も味も考えて作っている。それぐらい当然の事だ。」

メアリー「明井戸先輩!本当ですか!?」

明井戸「え?ああ…美味いぞ?疑うならお前も食べに来りゃいいじゃん。」

葱野「で、此処で成神が食いついたりするはずだけど……。」

成神「………………。」

アツヤ「記憶喪失のこの状態じゃあな…。」

明井戸「で、天馬がまた何か新技…DF技を編み出しそうだな。これで何でもOKな万能選手になってより使えそうか…俺としてはバーニングキャッチが全然決まらない三国を鍛えまくった方が良いと思うけど。

葱野「最後に明井戸先輩、辛口です…!どんどん天馬が成長してくなぁ……」
スポンサーサイト

新たなるキャプテンは?

明井戸「……まいったな…まさかビクトリーロード終わってこんな事になるって。」

葱野「時任先輩がイギリスに旅立ったり成神が記憶喪失になったり…どうすれば…!」

明井戸「とりあえず、新キャプテンを決めなきゃな。」

マルシャ「キャプテンか……」

明井戸「本当なら成神に渡そうと思ってたんですけど、本人が記憶喪失ですからね。…別の奴にします。」

メアリー「……誰?もしかして私…!?」

明井戸「新キャプテン……………吹雪アツヤ。

アツヤ「!!俺!?」

明井戸「そ、という訳でお前頼んだぞ。」

メアリー「アツヤー!?何か不安……。」

葱野「アツヤ先輩ですか!お願いします!」

アツヤ「何か一部文句飛んで来た気がするけど…ま、いーや。お前ら俺について来い!」

生還、しかし………。

マルシャ「成神が目覚めた?」

明井戸「そうみたいです、今聞いた話じゃついさっき目を開けたって。」

葱野「ホントですか!行きましょう!すぐ見舞い行きましょう!」

アツヤ「ふぅ~…心配かけやがってあのガキ。」


病院

メアリー「コラー、成神。心配かけさせんじゃないわよアンタ。」

成神「………」

明井戸「…どうした、なんかボケーっとしてるぞ。」

葱野「まだ何処か痛い?」

成神「……誰、アンタ達。」






全員「何ーーーーーーーーーーー!?」



アツヤ「こ、これ一体どういう…ふざけてんのかてめぇ!?」

八神「とりあえず全員ボリューム抑えろ…!此処は病院だ。」

明井戸「まさか…まさかゴールポストに衝突して頭ぶつけたせいで…記憶喪失かよ?」

メアリー「これが記憶喪失…!初めて見ます……」

葱野「そんな…成神ぃ………」

成神「…何で俺病院に居るんだろ………。」

キャプテン時任信の旅立ち。

大江戸国際空港

時任「飛行機の時間もそろそろか………皆ごめん。成神、キミの回復を心から願ってる。」

アツヤ「ちょっと待て時任センパイ!」

時任「!?アツヤ!?」

葱野「急にどうしたんですかイギリス行くって!」

メアリー「それも留学なんて…!」

時任「…………キミ達とはもう実力を離される一方なんだ。」

葱野「え…」

時任「僕は…ずっと足踏みしてばかり、大事な時に僕は…得点出来ないばかりだよ。シュートが決まらないし。テクニックもディフェンスも駄目…このまま足手まといになる訳にはいかない。」

明井戸「……ああ、そうだな。一番力が無いのはてめーだ時任。」

葱野「!!明井戸先輩、そんな…酷いですよ!」

アツヤ「葱野、ちょっと待て…!」

時任「………。」

明井戸「だから、お前がイギリスに強くなりに行って抜けても俺達は何も困らねぇ。行きたきゃとっとと行け。」

時任「………うん、分かった。」

マルシャ「…不器用だな、明井戸。」

八神「…いえ、あれが達人なりの…見送りです。」

葱野「ひぐ…時任先輩…う…ほんとに行くんですかぁ~」

時任「うん、後の事は頼んだ。大丈夫。キミは強いから葱野。」

アツヤ「…どうせならすっげぇ強くなって来いよ先輩。」

時任「そのつもり。…そろそろ時間だ、じゃ…また会おうね皆!」(飛行機の時間なのでその場を後にし)

メアリー「時任先輩気をつけてー!」

マルシャ「頑張って来い。」

八神「日本に帰って来たくなったら何時でも帰って来るんだ。」

葱野「時任先輩絶対また会いましょうね!!」
















明井戸「……………あばよ………………………親友。」

優勝決定、そして…

「優勝はチョウテイコクー!下馬評を覆して圧倒的な強さで優勝を手にしました!」

「惜しくも優勝を逃したイナズマジャパンが準優勝、そして3位がリトルギガントとなりました!」

「そして今大会MVP……葱野刻!得点だけでなく献身的な守備も評価されたようです!」

葱野「え、僕!?やったやったー!」

「得点王はバダップ・スリードを抑えて堂々のトップ、吹雪アツヤ!」

アツヤ「っし!」

明井戸「今大会はFWが輝いたみてーだな。」

「では、開会式…チョウテイコク明井戸達人前へ。」

明井戸「あー、今大会は俺達チョウテイコクが制したけど……リベンジしたけりゃ何時でも来い。超大差で負ける覚悟があるんならな?」

シャイン「締めの言葉としてどうなんだあれは。」

ウィンディ「あれをなんだろうな、日本で言う……破天荒?」

明井戸「じゃあこれで…開会式終わり!解散!」

マルコ「き、急だな……何か急いでる?」

葱野「そうだ…成神の身が心配だから!急ごう!」


病院

栄田「あ、明井戸先輩達!」

明井戸「栄田…!具合どうなんだよあいつ。」

栄田「医師の話では、命に別状は無いという事です。」

八神「…どうやら思ったより彼の身体は頑丈に出来ていたらしい。」

葱野「良かったぁ……後は目覚めるのを待つだけかぁ…!」

栄田「……成神は無事なんですけど、でも………。」

明井戸「何だよ?言い難そうにしてないで言え。」

栄田「いえ、その………時任先輩がイギリスに…旅立ちまして。」

アツヤ「……はあ?!時任先輩が!?」

運ばれてから。

時任「成神の容態は……あ、命に別状はない……」

栄田「良かった…!大事に至らなくて本当によかった!」

時任「うん…………後は目を覚ますの待つだけ…残念ながらそれを僕…待てそうにないかもしれないけどね。」

栄田「え…!?」

決勝戦!V8

「とうとう先制したチョウテイコク!さあ、ついに試合が動いた…残り時間があまり無いという時にこれはイナズマジャパンは苦しい!」

明井戸「もうアフロディのカオスブレイクも止めた、お前らじゃ得点の術は無いから諦めな………」

円堂「絶対諦めない!!最後まで戦うからな!」

明井戸「…って、言うと思った。」

南雲「このままで終われるかよ!!行くぞ!」

鬼道「ああ!真イリュージョンボール!!

11-05-22_016.jpg

「鬼道、逆転を目指してのドリブル突破ー!突き進んでいく……」

なゆ「貰った!」(鬼道からボールを奪い取り)

鬼道「!?此処まで上がってきていた……!」

円堂「鬼道のイリュージョンボールを技も使わずに…!?」

「ボールを取ってチョウテイコク一気に速攻ー!守らずにトドメを刺す2点目を取りに行く!」

葱野「こっち!ビッグバンならゴッドキャッチ破れるから!」

円堂「っ……させるかぁーーー!」(ゴールから思い切って飛び出し葱野のパスをインターセプト!」

「あああーーー!円堂なんという大胆な飛び出し!葱野へのパスをカットしてこの大博打大成功だ!!」

円堂「皆行くぞー!絶対ゴールを……。」

明井戸「そう来ると思ったぜ円堂!デーモンカットV3!!

11-01-16_005.jpg

円堂「うわあ!!」

「取ったー!明井戸、円堂の大胆な飛び出しを最初から読んでいたのかすぐに技を繰り出してボールを奪う!」

明井戸「惜しかったけど……此処までだぜ!」(ボールを奪った位置から左足でロングシュート)

(そしてゴールへと吸い込まれる)

「決まった駄目押しの2点目ー!!円堂の大胆な飛び出しで反撃かと思えば隙を見逃さない明井戸!」

葱野「やったー!明井戸先輩が決めてくれた!」

八神「流石だ達人。」

鬼道「っ……まだまだ…!」

ピィー

「おっと、此処で試合終了!2-0!チョウテイコクがイナズマジャパンを下してビクトリーロード優勝ーーー!!」

アツヤ「勝った……っしゃ!優勝だー!」

メアリー「No.1の座頂きー!!」

決勝戦!V7

緑川「アストロゲートV3!!

11-05-22_020.jpg

シャドウ「真ダークトルネード!!

11-03-17_002.jpg

「イナズマジャパン、後半に来てシュートの連続!しかしチョウテイコクDFことごとくそれをブロック!」

成神「ピンチの後にチャンスあり……此処でカウンター!」

「あ!ダークトルネードの跳ね返ったボールを成神が取ってすぐドリブルー!」

風丸「!不味い、このままじゃ……!そうはさせるか!」

成神「これで勝ちは貰ったね。」

「成神ゴール前まで来たー!さあ、そしてFWへとパスを……」

風丸、緑川「真ダブルサイクロン!!

11-05-22_024.jpg

成神「うっ!?…………うああ!!」(風に吹っ飛ばされてゴールポストに頭から激突し)

「ああーーー!これは…アクシデント!風丸と緑川がダブルサイクロンでボールを奪おうとしたら成神吹っ飛ばされてゴールポストに激突!!これは心配です……」

時任「!!成神……!」

葱野「な、成神!成神!しっかりして!」

マルシャ「下手に動かすな刻!頭を打ってるんだ…」

風丸「う、嘘だろ……成神………。」

アツヤ「てめーが責任感じんな風丸!アクシデントは誰にも予測なんか出来る訳がねぇ…」

「成神、担架で運ばれていきます!大丈夫でしょうか…そしてチョウテイコクは司令塔無しで此処からは試合していかなければならなくなりました!」

明井戸「…選手交代、俺が出る。」(キャプテンマークを付け)

葱野「明井戸先輩自ら……。」

明井戸「……とっとと勝って成神の見舞い行くぞ!」

鬼道「成神の事は俺達もとても心配です…だが負ける訳にはいかない!」

「このアクシデントに両チーム戸惑いましたが…此処で明井戸が投入!チョウテイコク一気に勝負をかけに来ました!」

アフロディ「…だったらその前にこっちから攻めに出るまで!」

「此処でアフロディが単独でドリブル!早い早い!」

なゆ「!させない……」

アフロディ「キミの守備は素晴らしく美しかったよ、でも…此処までだ!真ヘブンズタイム

11-05-22_027.jpg

「あー!聖山を突破した!流石アフロディ!やはり彼の実力は驚愕に値する!」

アフロディ「一気に決めるよ!」

アフロディ、南雲、涼野「カオスブレイクG5!!

11-05-22_028.jpg

11-05-22_030.jpg

11-05-22_029.jpg

11-05-22_031.jpg

「出たぁぁーーー!カオスブレイク!!ゾーハンとシャドウ、これをブロックに行けないー!」

明井戸「ち…………行ったぞ源田ぁ!!」

源田「ビーストファングG5!!

11-01-23_007.jpg

11-01-23_017.jpg

「これを止めた源田ーー!かつては明井戸のカオスブレイクを止めたがアフロディのまで止めてしまった!!」

アフロディ「っ…!源田君、此処まで力を付けて来たなんて…」

明井戸「此処だ……一気に勝負付けてやるからな直樹!」

連城「!」

アマゾンリバーウェーブ!!

11-08-04_003.jpg

「此処でアマゾンリバーウェーブ!チョウテイコクが自軍から一気に相手ゴールへと攻め込むー!」

葱野「行ける、今ならあのシュート……アツヤ先輩!明井戸先輩!」

円堂「!」

明井戸「このシュート…止められるもんなら止めてみな!」

葱野、アツヤ、明井戸「ビッグバンG5!!

11-07-23_012.jpg

11-07-23_013.jpg

11-07-23_014.jpg

円堂「ゴッドキャッチG5!!

11-05-22_061.jpg

円堂「ぐ………く……………うわああ!!」(ゴッドキャッチを突き破りゴールに突き刺さり)

「ご………ゴール!!決まりましたぁーーーー!ついに先制点!チョウテイコクが円堂から得点しました!イナズマジャパン今大会初失点!!」

葱野「やった決まったーーー!」

連城「っ………流石達人…やられた……!」

明井戸「さ、後は残り時間集中するだけだな。」

決勝戦!V6

「さあ、後半戦まもなくキックオフ…」

明井戸、円堂「ちょっと待った!!

「!?な、なんですか両チーム代表……」

明井戸、円堂「今日は水曜だからちょっと待て!

マルシャ「2人揃って今回はタイムを申し出たな。

葱野「勝ちましたね雷門!剣城が入って、一気に逆転ですよ!」

成神「……あり得ない………あり得ない………

メアリー「成神、暗い顔して何をブツブツ言ってんのよ?」

成神「何で一気に3点取られてんだー!あのチビGKちゃんと仕事しろー!!

明井戸「こいつにとっちゃ悪夢の逆転劇だったみてーだぞ。まあ、確かに脆過ぎだなあのGK。」

成神「天馬どころか西園にまで得点されて…源田先輩の跡継ぎ全然たいした実力持ってないっス!!ザル!雑魚!弱い!!何パワースパイクって!同じパワーでも源田先輩のパワーシールドに遠く及ばないぞそれ!」

葱野「滅茶苦茶悪口言ってるよー!成神クールダウンー!!」

明井戸「まあ、アルティメットサンダー完成したら後は守れるのGKぐらいだけど…やっぱ最後の砦が全てを決めるって改めて分かったよな。」

八神「雷門も後半力を発揮する所は10年経っても変わらないもんだな。」

成神「とりあえず「俺が一番総帥のサッカーを理解している」という言葉は即撤回してもらうっス。もう逆MVPあいつで決定。」

メアリー「…これ以上続けても成神が悪口言い続けるだけだから早く戻ると…」

成神「こら雷門1年勢!得点出来たからって調子乗るなよ!?源田先輩とかなら軽く止めるからな絶対ー!!」

明井戸「いーから早く戻れ!」


「さ、さあ…改めて後半戦キックオフ!イナズマジャパンは不動に代えて緑川を投入!これで試合の流れを変えるか!?」

八神「一気に得点と行くか…そして終わらせる!」

緑川「させないよウルビダ!ヒロト!」

緑川、ヒロト「デュアルストームV3!!

11-08-07_020.jpg

八神「ぐ!?」

「開始早々緑川とヒロトのコンビで八神からボールを奪い取ったー!」

鬼道「今だ!必殺タクティクス!!」

無敵のヤリ!!

11-01-27_001.jpg

「イナズマジャパン一気に中央突破ぁーーー!!これはチャンスだ!しかしゴール前には聖山が待ち構える!」

なゆ「誰が撃って来る…!?鬼道君?!」

鬼道「……ヒロト!」

ヒロト「天空落としV3!!

11-05-22_013.jpg

なゆ「!!」

「これは意表を突かれたか聖山ブロック出来ないー!!」

連城「よし…!」

明井戸「………甘い。」

ゾーハン「ズズ……(真グランドクェイク)」

11-05-10_018.jpg

ヒロト「!やるね、ゾーハン……」

「これはかつて同じジェネシスのゾーハンが完璧にブロック!!チョウテイコクのDF崩せず!」

明井戸「こっちはお前ら用にDFラインを組んで来てんだ、崩せるもんなら崩してみな?」

決勝戦!V5

ピィー

「此処で前半が終了!チョウテイコク優勢のまま前半が終わりました、イナズマジャパン巻き返しなるか!?」

鬼道「ふう……まさか皇帝ペンギン3号をあんな形で止められてしまうとは。」

不動「ち…あんな女がそんな力持ってるなんて誰も思わねぇよ。」

連城「じゃあ後半、不動に変えて緑川を投入させるから。」

緑川「!よし、頑張ろう!」

連城「とにかく中盤支配しなきゃ話にならない…流石達人のチーム相手となるときついな。」


明井戸「良い感じで鬼道は封じ込めてるな、けど…あのチームって言ったら諦め知らずの逆転してくるチームだから気は抜けないよな。」

葱野「それはもう!絶対気を抜いたら駄目です!」


明井戸「さて、後はいかに円堂から得点するかどうか……か。」

決勝戦!V4

「さあ、チョウテイコクの方は徐々にエンジンをかけて来たか?!再び攻める!」

風丸「させるか!」(ボールをカット)

「しかし風丸、前線のFWへのパスをカット!チャンスにはさせない!」

鬼道「何とか反撃をしなくては…!不動!」

鬼道、不動「キラーフィールズV3!!

11-08-07_003.jpg

成神「…させないっス、ゴー・トゥ・へブンV3!!

11-03-24_001.jpg

不動「ぐあ!」

鬼道「ぐっ!……やるな、成神……!」

「なんとダブル司令塔2人の技を成神が止めた!!チョウテイコクの司令塔恐るべし!」

明井戸「ドリブルのテクニックとかそういうのならやっぱ鬼道や不動の方が上だろうけど…守備なら成神が一枚上手だな。」

八神「そろそろ得点だ…」

円堂「!」

八神「XブラストV3!!

11-08-04_001.jpg

11-08-04_002.jpg

円堂「此処でゴールは割らせない!ゴッドキャッチG5!!

11-05-22_061.jpg

11-05-22_068.jpg

「八神強烈なシュートぉー!!しかし円堂がゴッドキャッチで防ぎ切る!チョウテイコクの攻撃をどんどんと止めている!」

緑川「中々得点が生まれないな…この試合も0-0のPKまで行く可能性大きくなって来たぞ?」

明井戸「……PK?こっちはそんな長々と試合をするつもりはねぇ、60分で終わらせてやろうじゃんか。」

観客席にて。

時任「…………」

栄田「時任先輩、足の負傷無かったらあそこに立ってたんですけどね…決勝の舞台に。」

時任「…いや、むしろこの方が良いかもしれない…チームにとっては。」

栄田「何言ってんですか…!貴方はキャプテンでしょ、居なきゃ困る存在ですから…」

時任「今は成神が上手くやってる。それに…いざって時はベンチに明井戸も居るし、彼なら僕より上手くやってくれそうだからね。」

栄田「…でも……」

時任「…それにね、貴重なストライカーとか言われてるけど…僕のエクスカリバーは通じそうにないよ。本当に強いGKやDFに対しては。現にその試合で僕は全然得点出来てないし…」

栄田「…………」

時任「……この辺で多分潮時かもしれないね。

栄田「!!時任先輩、それって…!まだ早過ぎます!」

時任「…………」

忠実なる舎弟。

神野「明井戸先輩ファイトーー!!俺は勝利を信じます!

決勝戦!V3

「今度はチョウテイコクの攻めだ!成神がボールを持つ!」

風丸「パスを出させる前に…!」

「おっと、風丸が成神に向かってく!」

成神「そんなんじゃ俺からボール取れないっスよ風丸先輩」

「しかし抜群のテクニックを見せる成神!ボールを取られない!」

鬼道「随分と腕を上げたようだが…簡単には行かせないぞ成神。」

成神「鬼道さん…どうっスかねそれは。」

「これは帝国同士の激突!鬼道と成神、今度は成神ボールを取られないが抜く事が出来ず先に進めない!」

成神「っ……流石にきつい…!」

佐久間「貰ったぞ成神ー!」

「あー!そこに更に同じ帝国の先輩、佐久間のスライディングー!」

成神「くっ!」(スライディングが来る前に強引にパスを出し)

「これは葱野へのパス!だがこれは長い、ラインを割るぞ!?」

成神「……」 (ボールはバウンドすると前には行かずラインを割らない)

鬼道「!(これは、バックスピン!あの状況であんなパスを出せるとは…やはり成長している)」

葱野「よーし、これで…」

メアリー「チャンス!葱野こっち!」

葱野「あ、メアリー先輩!」(メアリーへとパス)

メアリー「このチャンス、決めるっきゃないでしょ!皇帝ペンギン!

11-05-22_001.jpg


アツヤ、葱野「2号V3!!

11-08-18_003.jpg

円堂「真イジゲン・ザ・ハンド!!

11-08-07_005.jpg

11-05-22_065.jpg

「チョウテイコクも皇帝ペンギン2号で反撃!しかし円堂の真イジゲン・ザ・ハンドでゴールならず!」

成神「でも、乗ってきた。このゲーム俺達が支配しましたよ鬼道さんに佐久間先輩…」

決勝戦!V2

鬼道「行くぞ佐久間!不動!」

不動「はいよ。」

佐久間「何時でも良いぞ!」

鬼道、佐久間、不動「皇帝ペンギン3号G5!!

11-05-22_010.jpg

11-05-22_011.jpg

「開始早々早くも大技を撃ったぁー!!奇襲戦法成功だ!」

連城「(これはもらった……止められない)」

明井戸「…………バカが、甘い。」

なゆ「バーバリアンの盾V3!!

11-08-18_002.jpg

11-08-18_001.jpg

鬼道「!!」

佐久間「嘘だろ!?皇帝ペンギン3号をいとも簡単に……」

「と、とと、止めたぁー!!初スタメンの聖山なゆ、皇帝ペンギン3号を完璧にブロック!」

なゆ「それ!」(攻撃を防いで素早くロングパス)

成神「今がチャンス、カウンター!」

「一気にチョウテイコクが速攻ー!成神を中心として得意のパス回しでイナズマジャパンゴールへと迫る!」

成神「ラスト、アツヤ先輩!」

アツヤ「任せな!」

飛鷹「そんな簡単に撃たせてたまるかよ!真空魔V3!!

11-05-22_055.jpg

アツヤ「チ……!」

「飛鷹ボールを奪った!イナズマジャパンもそう簡単に撃たせない!」

鬼道「よし、もう一度立て直しだ…」

「ボールは再び鬼道、皇帝ペンギン3号をまさかのブロックと驚きの展開があったが今度はどうか?」

鬼道「!(吹雪が…完全にフリーだ!)」

「鬼道、ノーマークの吹雪にパス!これは再びチャンスだ!」

明井戸「(かかった…)」

吹雪「エターナルブリザードV3!!

11-05-22_025.jpg

なゆ「バーバリアンの盾V3!!

11-08-18_001.jpg

「あーっと吹雪のシュートもブロック!これも届かない!」

なゆ「それ!……あ!」

涼野「あまり調子に乗らない事だ、小娘。」(なゆのパスをインターセプト)

「涼野、至近距離で聖山のパスをカットー!イナズマジャパンのチャンスはまだ続く!」

涼野「ノーザンインパクトV3!!

11-07-24_008.jpg

「これが本家のノーザンインパクトぉー!!」

アツヤ「あいつ…!」

なゆ「バーバリアンの盾V3!!

11-08-18_001.jpg

「あああ!またしても止めた聖山ー!なんというDFだ!」

メアリー「やったー!その調子なゆ!」

村上「どんどんブロックしちゃってー!」

連城「この決勝までこんなDFを隠していたのか達人…。」

葱野「あんまり聖山先輩ばかりに頼る訳にもいかない、得点取るよー!」

成神「そうだね…俺達も良い所見せとかなきゃ。」

円堂「面白くなってきた、来い!」

決勝戦!

「さあ、それでは改めてスタメンを……」

明井戸「あ、待った!」

鬼道「水曜という理由なら待とう。

佐久間「それはしょうがない

豪炎寺「むしろ待つべきだな、水曜なら。

時任「もう明井戸がそれを言う前にイナズマジャパンの人々分かってたー!!

成神「わざわざ観客席からのツッコミお疲れっス先輩

葱野「えーと…西園君、緊張したまま試合挑んでたんですね。おかしいと思いました、得意のジャンプで負けてたし!」

明井戸「けど、たったあれだけのアドバイスで立ち直らせて…10年後の円堂やっぱちゃんと監督やってて安心した…でも先制点取った帝国を率いてる鬼道の方が一枚上手だったみてーだ。」

成神「皇帝ペンギンもついに7色に輝くようになりましたか、そりゃ取れませんね。普通のシュート程度で取るの苦労してる三国先輩じゃ絶対止められる訳ないっス。」

メアリー「成神アンタ…帝国の試合になってから雷門に辛口になってない?」

成神「事実を言ったまでっス、そして…あの小柄GKやりますね。必殺シュートをノーマルキャッチ…やっぱ源田先輩の後を継ぐならあれぐらいはやってくんないと」

明井戸「確か名前は雅野麗一、だっけか。だから言っただろ、あいつは身体小さいけど曲者GKだって。」

マルシャ「一番鬼道のサッカーを理解しているとか言っていて…心から鬼道に忠誠を誓ってるようだぞ。」

明井戸「これじゃアルティメットサンダーを完成させたとしても、DF蹴散らしてもまだ後ろにあれが居るんじゃな…マジで雷門負けるぞこれ。」

メアリー「えと…敗者復活のようなのありませんでした?」

明井戸「そんなもん無いだろ、あったとしてもそれは優勝者で雷門は準優勝だし。」

時任「何かこっち、もう帝国勝利と思ってるのが大半…」

成神「当たり前っス。流石にあの状態の雷門にいくら主人公チームだからって負けたくないっス。意地でも勝て俺の後輩達。

時任「もっと勝ちたいと思うのがOBで居たー!

連城「…もういいのかな?」

明井戸「あ、もういいぞ。決勝行くか。」

「では、改めてチョウテイコクのスタメンです!これは、前のオーガと同じスタメン…違うのは時任に代わりこの試合初スタメンの聖山が居るという事です!そしてキャプテンマークは1年の成神」

なゆ「私が…スタメン……!」

明井戸「……この試合、あいつがキーマンだ。」

成神「…此処は俺がチーム引っ張るしかないね。」

「一方のイナズマジャパンもリトルギガント戦と同じ…いや、豪炎寺の代わりに今回は佐久間がいます!」

不動「いっちょいいとこ見せるか…鬼道クン達よ、いきなり先手取ってやろうじゃんか。」

鬼道「先手必勝か……いいだろう。」

佐久間「…あれか!」

連城「達人………手加減はしないよ、キャプテンが居なくても!」

ピィー

「イナズマジャパンのキックオフで試合開始です!おーっと!鬼道と不動いきなり攻め込んでいく!」

成神「っ!?」

メアリー「いきなりですって!?」

「これは奇襲戦法で来たー!チョウテイコク不意をつかれたか!?」

鬼道「行くぞ!皇帝ペンギン3号だ!!」

源田「!来るか鬼道!」


明井戸「…来るなら来いよ、でもそのシュート………源田まで届くかな?

決勝、親友同士の対決。

「さあ、ついに決勝!此処まで勝ち上がってきたのはイナズマジャパン、そしてチョウテイコク!イナズマジャパンは前のリトルギガントとの大接戦を勝ち抜いての決勝!それまでは安定した戦いを見せております。対するチョウテイコクは…オーガとの一戦以外は大差での勝利と圧倒的な強さ!この試合は一体どうなるのか!?」

連城「…達人、やっと此処まで来たよ。キミと戦う為に。」

明井戸「直樹…最初お前がイナズマジャパンに居るの分かった時滅茶苦茶驚いたぞ。まさかお前が監督をやってるなんて。」

連城「うん。……悪いけど勝たせてもらうよ。やるからには負けたくないからね。」

明井戸「……へえ?俺達チョウテイコクに勝つつもりか、…やってみろよ。」

「さあ、それではスタメンは………!?こ、これは……キャプテンの時任信の姿がありません!ベンチにも登録はされてません!」

円堂「え!?時任先輩が…!?」

風丸「どうしたんだ、一体……。」

時任「…………。」

「あ、居ました!観客席です!えー、どうやら情報によると……時任は準決勝のオーガ戦で左足を痛めてしまいこの試合に出場は無理という事です。」

葱野「え…足痛めてたんですか!?」

明井戸「普段の生活なら大丈夫だけど、激しい動きとかとなると…影響出そうだからよ。あいつには此処は引っ込んでてもらう。」

「これはチョウテイコク、貴重なストライカーにしてキャプテン無しでの試合と苦しい勝負となりそうです。」

鬼道「…戦力ダウンか、だが手加減はしないぞ。」

明井戸「こっちが何か不利と思われてるけど、さて……本当にそうかな?」

決戦前

明井戸「出てきたのがイナズマジャパン……だったらこの布陣が効果的だな。」

時任「なんとか…決勝まで来たね。」

成神「まあ、開催チームとしての面目はこれで保った方確定っスね。だからって此処で負ける気ありませんけど。」

葱野「それは当然。イナズマジャパン相手でも勝つつもりだからね。」

メアリー「というか連城が率いてる方が驚きよ!」

マルシャ「知らない間に向こうまで中学生が監督をやるようになったんだな、こっちのように。」


明井戸「おい、お前ら。明日のスタメン伝えとくな。……………」

成神「……え、此処で………?」

イナズマジャパンVSリトルギガント!V7

ロココ「っ!(右腕を懸命に伸ばしてパンチングで弾き)」

「またまた止めたロココー!」

円堂「せぇ!(左足でシュートを止める)」

「円堂も防いだ!まだ……まだ両者決まらない!」

風丸「こんなにPKで入らないなんて…」

リュー「あの2人だからこそ可能…なんだろうね。」

「さあ…此処で決まらなければ一周する事になります!キッカーは両GK!まずは円堂から!」

円堂「………………」

ロココ「……………」

大介「これが正真正銘2人の一騎討ちとなるな。」

連城「此処まで来たらもう……円堂決めてくれ…!」

円堂「行くぞロココーーー!!」(思いっきりゴール左へと蹴り込む)

ロココ「そこか!」(同じ方向へとダイブ、両手を伸ばしてキャッチに行く)

不動「(野郎!完全に読んでやがった!駄目かよ…!?)」

ロココ「!!(ボールが上へと浮き上がりロココの手を掠め、そしてゴールへと突き刺さり)」

「き…………決まったーーーー!ようやく、ようやく動きました!11人目の円堂、此処でやっと決めたーー!!」

吹雪「やった!やった!キャプテンが決めてくれたよ!」

立向居「流石円堂さんです!俺じゃ……絶対決められる自信なかった!」

ロココ「っ………まだ、僕が此処で決めればサドンデスは続く……決めてやる!」

「さあ、今度は攻守交代でロココがキッカーで円堂がゴールに!これを止めればイナズマジャパンの決勝進出!」

ロココ「………だあああああーーー!!」(正面へと渾身の力を込めたパワーシュート)

円堂「ぐっ!?」(ガッチリと正面でキャッチするが威力に押されて後ずさり)

ウィンディ「行ける!入れ入れ!」

アフロディ「不味い…!踏みとどまってくれ円堂君!」

円堂「決め……させるか!!」(ロココのシュート力に負けじと全力で踏ん張り、シュートを止め切った)

「これは…止めた!円堂止めたーーーー!!イナズマジャパン決勝進出!!」

緑川「やった勝ったーーー!」

ヒロト「決勝進出だね!」

連城「やった…!こ、こんなにもドキドキしたのは何時以来だ………?」

大介「見事だ守。…決勝頑張るんじゃぞ。」

「これにより、決勝は…イナズマジャパンVSチョウテイコクとなりました!」

あるキーパー少女の一言。

クララ「フフ………私守ってたけどGKやってたシーンが無かった。

イナズマジャパンVSリトルギガント!V6

「さあ、勝負はPK戦……運命は今大会屈指のGK達、円堂とロココにかかってます!」

緑川「先だ…先に決めて一気に流れをこっちに持ってく…!」

(緑川のシュート、ど真ん中を狙う)

ロココ「…よし!」

(ど真ん中のシュートを動かずガッチリとキャッチ)

緑川「あ!」

「イナズマジャパン一人目失敗ー!緑川大胆にも真ん中を行ったがロココ、冷静にこれを読んでいたのかキャッチで防ぐ!」

マキシ「これは頂きだね、流れはこっちのもんだ!」(右ギリギリの際どいコースを狙い)

円堂「決めさせるか!!」(飛びついてパンチングで弾き飛ばし)

マキシ「ええ!?」

「あーっと!円堂も止めたー!あのコースに届くか!互いに一人目が失敗ー!!」

涼野「これでどうだ!」(左下隅を狙ってのシュート)

ロココ「(低く飛んでグラウンダーシュートを弾く)

シンティ「てぇ!」(上を狙ってシュート)

円堂「(両手でキャッチ)」

「何とこれは……4人共に蹴ってまだ一本も決まらない!円堂とロココ、互いに譲らない!プレッシャーが最もかかる5人目に突入!」

豪炎寺「…此処で一本決めれば…大きく勝利に近づく…!」

(豪炎寺が助走をつけて思いっきりシュート、が……ボールは僅かにゴールバーを超えてゴールならず)

豪炎寺「!!」

「ああーーっと!豪炎寺これはコントロールミスか、外してしまったぁー!これは痛い!」

ウィンディ「よし!これで決めれば勝ちだ!」

豪炎寺「すまん……円堂、俺のせいで…」

円堂「大丈夫だって、止めてくるからさ!」

「リトルギガント5人目はリュー!此処で決めて決勝進出を決めるか!?」

リュー「これで…決勝だ!」(ゴール正面を狙ってシュート)

円堂「あ…!」(左へと飛んでしまい)

連城「!!入る………!?」

円堂「まだだーーーー!!」(右足を懸命に出してボールに当てるとゴールバーに当たりゴールマウスから外れてゴールならず)

「こ、これは…止めたぁぁーーーー!!円堂ミラクルセーブ!!絶体絶命のシュートを右足で止めた!」

風丸「や、やった!まだ…負けてないぞ!」

連城「た……助かった…トーナメントからまだ…敗退はしてないんだ僕達…。」

大介「あれを防ぐとは、流石守と言った所か。」

「5人でも決着がつかず…サドンデス突入となります!互いに究極のプレッシャーがかかるこの試合を制するのはどっちか!?」

イナズマジャパンVSリトルギガント!V5

「ユームがボールを持つ!またリトルギガントのチャンスとなるか!?」

緑川「ヒロト、止めるよ!」

ヒロト「OK!」

緑川、ヒロト「デュアルストームV3!!

ユーム「うわあああ!?」

11-08-07_020.jpg

「これは二人掛かりで止めた!緑川投入から更にイナズマジャパンが加速してきたぞ?!」

円堂「よーし、行けぇー!皆!」

ロココ「此処は耐えるよ!」

緑川「アストロゲートV3!!

11-05-22_020.jpg

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-07-24_001.jpg

豪炎寺、ヒロト、鬼道「グランドファイアG5!!

11-08-07_014.jpg

ロココ「ゴールは絶対割らない!タマシイ・ザ・ハンドG5!!

11-02-06_005.jpg

11-07-24_003.jpg

「イナズマジャパン怒濤のシュートラッシュー!!しかしロココが止めまくる!超攻撃的な布陣でゲームを支配してはいるがゴールを奪うまでには至らず!」

連城「予想外の好セーブの連発だ………このままじゃ……」

後半も終了し、そしてトーナメント初の延長戦………しかし此処でも決着がつかず!

吹雪「駄目だぁ………流石ロココ。」

ロココ「よし!守り切った!!」

「これは勝負は………PK戦となります!」

大介「守とロココ、正真正銘2人の対決じゃな。」

連城「…駄目だ、今シュートを止めていて勢いに乗っているロココが有利…円堂は1本しか止めてきてない…正直苦しいな。」

鬼道「…1つ、教えておこう。」

連城「え?」

豪炎寺「円堂にそういう常識は通用しないぞ。」

立向居「お願いします円堂さん!」

円堂「任せとけって!」

ケーン「ロココ、頼んだ!」

ロココ「うん、全部止めれば負けはない!」

イナズマジャパンVSリトルギガント!V4

明井戸「向こうの試合中だけど、水曜って事で…。」

時任「うん、分かってるから早く行こうか。ちゃっちゃと。

成神「慣れてきたっスね時任先輩。

葱野「久しぶりに来ましたね鬼道先輩と佐久間先輩!」

明井戸「あいつ10年後イタリアリーグ…いわゆるセリエAで活躍してんのかよ。流石だなぁ…。」

成神「日本じゃ留まらずやっぱ海外まで行ったっスね。ていうか家を継ぐとかじゃなくサッカーの方を撰んだんスかあの人…。」

時任「で、佐久間は…コーチ役って所か。そして右腕。」

葱野「って、それより…10年後にもありましたね必殺タクティクス!」

明井戸「つかあれ…都合よく4人DF密集してたらの話だろ。それぞれマンツーマンで付いてたら味方も吹っ飛ばしちまうぞ。」

成神「完成どころか早くも弱点発見っスね。

明井戸「それに、あのDF4人を突破したとしてもその後ろ…あのGKにしちゃ小さい奴がどうも曲者のような気がする。」

時任「まあ…そうだよね。帝国のGKが弱いはずがないだろうし、剣城が来たとしても通用するのかって…。」

明井戸「で、加えて攻撃は向こうのただのシュートで防ぐの精一杯になってたし…こりゃ絶望的だな。」

葱野「投げるの早いですよ!……人数少ない上に個々の差がありそうなのはそうですけど…」

成神「とりあえず、帝国をどう攻略するつもりか見せてもらいましょうか。………絶対勝て帝国ー…未来の俺の後輩達ー…」

時任「小声だけどキミが帝国や未来の後輩達を応援してるの思いっきり聞こえるから成神。



「おっと、両チーム選手交代のようです!リトルギガントはドラゴに代わりリュー!そしてイナズマジャパンは不動に代えて緑川投入です!」

不動「ち……何で俺が。」

連城「勝つ為、だよ。」

鬼道「今の流れは俺達にある!この流れのまま攻撃行くぞ!」

「後半イナズマジャパン、鬼道がボールを持ってドリブルだー!」

マキシ「こんの!」

鬼道「真イリュージョンボール!!

11-05-22_016.jpg

「突破した!鬼道リトルギガント内へと攻める!前線には強力ストライカーが何人も居るぞ!!」

鬼道「よし……南雲!」

南雲「やっと来たか!待ちくたびれたぜ!!」

「此処でボールは南雲に行った!どうする!?」

南雲「…撃つぜ!力貸せ!」

涼野「変わらず騒がしい男だキミは。」

南雲、涼野「真ファイアブリザード!!

11-07-24_009.jpg

ロココ「来た…今だ!アルティメットカウンター!!

円堂「!?」

ウォルター「真グランドクェイク!!

11-07-27_001.jpg

ロココ「でやああ!!」(威力が弱まったファイアブリザードを思いっきりボレーで蹴り返し)

南雲「な!?」

涼野「ファイアブリザードを……!」

「出たぁぁ!アルティメットカウンター!ウォルターがシュートを弱めてロココが蹴り返しー!ロココのキックとそしてファイアブリザードのパワーを残しつつイナズマジャパンゴールへ向かってる!!」

ウィンディ「そしてこれで……」

リュー「終わりじゃないよ!」

「これにウィンディとリューが詰める!前の試合のビッグウェイブス戦の鉄壁の守備をぶち破るカウンター炸裂ー!!」

ウィンディ「ザ・ハリケ…………」

連城「だから、もうその技は見切ってるって言っただろ?

風丸、緑川「ダブルサイクロン改!!

ウィンディ「!!うわーーーーー!!」

11-05-22_024.jpg

大介「!!なんと………」

「と、止めたー!風丸と緑川がウィンディ、そしてリューを止めた!アルティメットカウンター失敗!!」

ロココ「うそ……一発目から破られた!?」

連城「あんなスピードパス…付いて来れる選手は身体能力の高いコトアールでも限られるさ、1、2を争うスピードを誇るウィンディとリューのみ。だったらこっちもスピードに自信ある風丸と緑川を向かわせるだけで良い。…円堂大介破れたり。」

大介「……ははは!たいしたもんじゃ!こんなあっさりと破ってくるか!」

連城「!?え、笑ってる……それも豪快に……決め技が破られたはずなのに。」

円堂「それでショック受けるじいちゃんじゃないって。」

鬼道「だな。どうやら必殺タクティクスを破っても勝負は決しないらしい。」

「白熱する後半戦!これは一体どうなるか!?」

イナズマジャパンVSリトルギガント!V3

「両チーム激しい攻防戦!しかし中々シュートまでは持って行けない!此処もウィンディ、豪炎寺を止めたー!」

ピィー

「前半終了、スコアは0-0!ほぼ互角のままハーフタイムに入り後半戦を待ちます。」

吹雪「ふう、やっぱり手強いなぁリトルギガントは。」

鬼道「俺達も強くはなっているが、向こうも前のままではなかった…更に強くなった。」

連城「…さて、後半向こうは多分来るかもしれないから……………」


ゴーシュ「思うように攻め込めなかった…強い。分かってはいたけどな。」

シンティ「…どうすればいいのか…」

大介「ふむ、よし。ドラゴ交代でリュー!お前入れ。」

リュー「あ、はい!」

ロココ「ていう事は……やるんだね!」

ウィンディ「よし、この後半で決めてやるか!あの時のリベンジを!」

イナズマジャパンVSリトルギガント!V2

「序盤からチャンスが来た両チーム、しかし得点出来ず!再びリトルギガントが攻撃!」

マキシ「どんどん繋いでくよー!」

「中盤、マキシを中心としたパスワーク!」

風丸「(此処だ!)」(ゴーシュに行ったボールをパスカット)

「あ、取った風丸!ボールを奪ったぞ!」

ドラゴ「っ!すぐ取り返してやる!」

風丸「取れるもんなら取ってみろ…真疾風ダッシュ!!

11-08-07_011.jpg

ドラゴ「な…!早ぇ!」

マキシ「だったらボクが!」

ユーム「止める!」

風丸「真疾風ダッシュ!!

11-08-07_006.jpg

「風丸一気に3人を抜き去るー!誰も風丸の早さに付いて行けない!」

ウィンディ「そいつは俺に任せろ!!」

風丸「!」

「おっと、此処でリトルギガントのスピードスター、ウィンディが立ち塞がる!」

風丸「これ以上は流石に無理か……アフロディ!」(突破せずアフロディにパス)

シンティ「簡単に行かすか!ウィンディ!」

シンティ、ウィンディ「シューティングスター改!!

11-08-07_012.jpg

アフロディ「フッ……真ヘブンズタイム。

11-05-22_027.jpg

「これはアフロディ突破!やはり簡単に止める事は出来ない!」

アフロディ「このまま行くよ…真ゴッドノウズ!!

11-07-24_012.jpg

「単独で突破してそして撃ったアフロディー!このシュートも強烈!!」

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

11-07-24_001.jpg

「しかしこれも止めたロココ!アフロディを持ってしてもロココの壁を破れない!だが此処でイナズマジャパンがペースを握り始めたか…!?」

イナズマジャパンVSリトルギガント!

クジャクスタジアム イナズマジャパンVSリトルギガント

「FFIのあの決勝再び!イナズマジャパンとリトルギガント、今度はどちらが勝つのか!?そして円堂とロココの今大会屈指のGK対決でもありますこの試合!」

「おっと、イナズマジャパンこれは大胆なフォーメーション!超攻撃的な布陣で臨む!」

11-08-07_001.jpg

11-08-07_002.jpg

ピィー

「さあ、イナズマジャパンボールでキックオフ!吹雪がボールを持つ!」

サークルプレードライブ!!

吹雪「!?」

11-08-07_004.jpg

「なんとこれは!?リトルギガントいきなりサークルプレードライブ!ほぼ全員がイナズマジャパンのゴール前だー!」

ドラゴ「頂きだ!!ダブル・ジョーV3!!

11-07-24_002.jpg

「大技から更にドラゴの必殺シュートー!リトルギガントの必勝パターンが早くも炸裂!」

円堂「真イジゲン・ザ・ハンド!!

11-08-07_005.jpg

11-05-22_065.jpg

「防いだ円堂ー!開始早々の失点のピンチを阻止!リトルギガントの必勝パターン破れる!」

鬼道「あまり円堂に負担をかけるな!俺達も行くぞ!」

「そして今度はイナズマジャパンの反撃!鬼道と不動を中心にボールを繋いでいく!」

鬼道「此処だ……ヒロト!」

「前線のFWに渡った!強力なストライカー揃いの中ヒロトにボールを託す鬼道!」

ヒロト「よし…天空落としV3!!

11-05-22_013.jpg

ロココ「真ゴッドハンドX!!

11-03-15_006.jpg

11-07-24_001.jpg

「これを止めたロココー!序盤にいきなりチャンスがありましたが流石大会屈指のGK同士、そう簡単にゴールは許しません!勝ってNo.1キーパーとなるのはどちらか!?」

FFIの決勝………再び。

円堂「次が……リトルギガント…!じいちゃんとまた戦う事になるんだ…」

鬼道「向こうは能力が上がってる上に新必殺タクティクスまで持ってる、FFIよりも手強い事は間違いないな。」

連城「でも、勝たないといけないよ。もっと上に親友が待っているからね。」

風丸「それって明井戸先輩……連城先輩、相手はあのオーガですよ?いくらチョウテイコクが強くても勝てるのは容易じゃないはず。」

連城「此処でつまずくような彼じゃないよ、明井戸達人は。」

大介「守…案外近い将来で再び試合する事が実現したもんだ、あの小僧に感謝せねばならんなぁ!」

円堂「じいちゃん!ロココも!」

ロココ「借りは返すよ、今度はゴールを許すつもりは無い。」

円堂「…それは俺だってそうだ、どんなシュートも絶対取ってやる!」

大介「お、お前さんかな?今度の監督は。随分と若いのに響木はチームを託したな!」

連城「初めまして大介さん、サッカー界の伝説にお会い出来て光栄です。」

ウィンディ「(本当にエイリア石を持ってた時と大違いだ!)」

大介「さ、そろそろ試合と行こうか。これじゃ何時まで経っても始まらんからな。…………」

ロココ「ダイスケ?どうかした?」

大介「いや、あの連城とかいう小僧…中々食えん奴と思ってな。」


連城「…リトルギガントが強い事は認めるよ、でも………もうアルティメットカウンターはこっちには通用しない、決してね。」

ちょっと一言。

ビーター「俺の出番何時だー!?

チョウテイコクVSオーガ再び!V3

時任「良い感じだ皆、このままの調子で行こう最後まで!」

「チョウテイコク得点して勢いに乗っているー!ゲームを支配!」

ザゴメル「ぬう……!」

「しかしオーガもザゴメルを中心に懸命の守りで1点差を保っている!」

明井戸「…しぶとい奴らだな、そこは流石と言うべきだけど。もう終わりにさせてもらうか。」

「おっと、チョウテイコク此処で選手交代!メアリーに代わって明井戸が入ります」

メアリー「明井戸先輩、後お願いしますーv」

明井戸「分かってるって。」

バダップ「…明井戸、このまま終わる俺達じゃない事は勿論分かってるんだろうな?」

明井戸「…結局怖いのはお前ぐらいだろ。後のエスカバやミストレが何度撃って来ようが怖くもなんともねぇよ。」

エスカバ「な、なんだとぉ!!!!」

ミストレ「お前その言葉絶対後悔させてやるからなぁ!!」

「おーっと、此処でオーガ反撃だ!ミストレが凄まじい勢いでチョウテイコクのゴールへと迫る!!」

バダップ「おい、頭に血が上り過ぎだ!こっちにパスを……!」

ミストレ「バダップに頼ってばっかりと思うなよ!デススピアーV3!!

11-01-03_004.jpg

サンダユウ「よし!今度はシャドウのブロックは無い!行けるぞ!」

源田「そのぐらい、これで充分だ!フルパワーシールドV3!!

11-08-04_004.jpg

「ミストレのシュート!しかし初スタメンの源田、これを止める!」

エスカバ「おのれぇー!まだまだ…」

マルシャ「そこまでだ。DFの存在を無視されては困る」(ボールをカット)

「此処でボールを抑えたチョウテイコク!ゾーハンへとパス!」

ドラッヘ「これ以上行かすか!」

ゾーハン「ズズ………」(ぶつかってくるドラッヘを逆に弾き飛ばし)

ドラッヘ「ぐお!」

「巨漢同士のぶつかり合いー!これはゾーハンが制した!やはり格闘技で鍛えた肉体は鋼の如し!」

明井戸「一気に沈めてやるか…これでフィニッシュだ!」

アマゾンリバーウェーブ!!

11-08-04_003.jpg

「これはキングダムの必殺タクティクス!ゴール前までチョウテイコクあっという間に攻め込んで来た!」

アツヤ「終わりだぜ…エターナルブリザードV3!!

11-08-02_002.jpg

ザゴメル「その程度のシュート……ハイボルテージG5!!

11-08-02_004.jpg

ザゴメル「!?な、こ、この威力は………うおおおーーーーー!!」(エターナルブリザードに3人とも空高く吹っ飛ばされ地面に倒れ)

「決まったぁーーーー!追加点!吹雪アツヤ、得点ランキング単独トップの力を見せつけた!」

時任「凄い…最初の頃はチェインしてやっと得点出来たのがアツヤ、チェインも無しのエターナルブリザードで…!」

明井戸「これは、バダップ居ない今アツヤが不動のエース決まりかな?」

「此処で試合終了ー!2-0、チョウテイコクがオーガを下して決勝進出!」

バダップ「…ミッション失敗か。お前達、頭に血が上り過ぎたな。言葉にまどわされるな。」

ミストレ「安い挑発に乗っちまった…悪い。」

明井戸「さてと…これでイナズマジャパンかリトルギガントのどっちかか。」

チョウテイコクVSオーガ再び!V2

明井戸「あ、タイム!」

時任「って、明井戸!?サッカーの試合でタイムは無いよ!」

明井戸「ほら。水曜だから。

成神「ああ、ならタイムっスね。

ミストレ「ち…しょうがないな。

バダップ「そういう理由ならやむをえん。

認めます!

時任「この大会はタイムまでありー!?オーガ達まで認めてるし!

成神「とりあえず、木野さんの御飯食いたいっス。天馬や西園達が羨ましい。」

メアリー「アンタの気になった所はやっぱそこなのね!」

明井戸「で、覚えたなー。ぶっとびジャンプ。けど…3年の先輩達マジでやってんのか?簡単にジャンプを許し過ぎて練習になってねぇ気がするぞ。」

バダップ「あんなものは練習や特訓とは言わないな。10年経ってもオーガの訓練と比べれば生温過ぎる事をやっているものだ。」

時任「だからオーガの特訓ってどんなの……。」

ミストレ「ばーか!気安く教える訳ないだろ!」

成神「結構きつく当るっスねミストレって。で…次が帝国学園っスか。長袖になったんスねあそこ。」

明井戸「えー……長袖かよ……」

時任「長袖ってだけで嫌な顔しないでよ…!でも、鬼道が総帥はビックリだ…情報じゃイタリアリーグで活躍していたってなっていたけど…」

成神「ていうか一緒に居たあの人佐久間先輩っスよね、どう見ても。10年経ってもマジで鬼道さんの右腕で居たよ……」

明井戸「とりあえず佐久間に一番驚いた!それまでの話がまさにぶっとびジャンプで飛んでったわ。」

葱野「でも、やっぱり…宿命って感じですね、雷門と帝国!」

時任「そりゃあね。中学サッカー界はこの2校抜きで語れないよ。」

バダップ「…そろそろいいか?」

時任「あ、ごめんごめん!試合再開しよう早く!」

ミストレ「じゃあそういう訳で……行くぞー!」(いきなりドリブル開始)

「おーっと!ミストレがいきなりのドリブル!これは不意を……」

葱野「させないよー!」

「しかし下がってた葱野がこれをカットー!」

サンダユウ「!?しまった、何時の間に…!お前にシュートは絶対許さん!」

葱野「っ…!突破は無理……成神頼んだ!」

「此処は成神にボールを託す葱野!」

成神「さて、どうしよう……」

時任「こっち……!」

成神「!任せたっス」

「時任へのマークが甘いのを見て成神パスを出した!」

時任「行くぞ!真エクスカリバー!!

11-07-23_008.jpg

11-07-23_007.jpg

ザゴメル「ハイボルテージG5!!

11-08-02_004.jpg

「弾き飛ばしたぁー!!ザゴメル、時任の真エクスカリバーも防ぐ!ロングシュート2連続通じず!」

エスカバ「これは貰ったな!」

「大きく弾かれたボールをエスカバが取った!オーガ、カウンターのチャンス!」

時任「しまった!バダップは絶対フリーにしちゃ駄目だ!」

エスカバ「…そっちに出すと思ったか、舐めるな!デスレインV3!!


11-03-22_003.jpg

シャドウ「…そのぐらいなら返せる、真ダークトルネード!!

11-05-22_070.jpg

「またしても弾いたー!今度はシャドウ!チョウテイコクもオーガのシュートを弾き飛ばしている!」

アツヤ「貰ったぜ!」

「これをアツヤがキープ!チョウテイコク、カウンター返しー!!」

ミストレ「っ……追いつけない…!」

ダイッコ「そんな簡単に通すかぁ!!」

アツヤ「うわ!?」(ダイッコのスライディングで倒れ)

ピィー

「ファールだ!ダイッコのスライディングでファール、チョウテイコク、フリーキックのチャンス!」

メアリー「狙える狙える、これなら充分な距離よ。」

葱野「これは…僕が蹴ります!絶対ゴール奪いますから!」

時任「葱野?…………」

明井戸「……(蹴らせてやれ、とこっそりサインを送り)」

時任「…(コクンと頷き)分かった、任せた。」

葱野「よし…じゃ、行くよ!真ディバインアロー!!

11-01-02_009.jpg

「撃った葱野ー!ザゴメル止めるか!?」

ザゴメル「何度もキサマからゴールを許してたまるかぁぁー!!ハイボルテージG5!!

11-08-02_004.jpg

ザゴメル「うっ……く……ぐおおおおーーーーー!!!」(ザゴメルとブボー、ゲボー3人とも吹っ飛ばされてゴールネットが揺れ)

「ご、ゴォォォーーーーール!!先制ゴールはチョウテイコク!葱野刻、ワンチャンスを見事にものにしたー!」

葱野「やった、決まったー!」

「やはりオーガにとっては天敵だった葱野、自らバースデーゴールを決めた!」

マルシャ「見事なシュートだ刻、誕生日おめでとう!」

葱野「ありがとうございます!」

明井戸「やっぱ……特別な日を迎えた奴はやってくれんな。」

ザゴメル「この俺が………何故あんなチビに何度もゴールを……」

バダップ「……やはり、天敵か。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。