FC2ブログ

暗い状況の中…新たな仲間!

葱野「じゃ、成神はベンチで座って見ていてね?何か思い出すかもしれない…。」

成神「ん………(コクンと頷いてベンチに座る)」

アツヤ「よーし、じゃ…今日も練習行くか!」

明井戸「すっかりとあいつ仕切ってんなぁ、アツヤ。」

メアリー「キャプテンを任されてもうその気になっちゃってますねぇ…臨時なのに。」

明井戸「ま、いいだろ。何だったらこのままアツヤに任せてもいいと思わせてくれりゃそれはそれで。」

葱野「てぇ!(右足でシュートを放ち)」

シャイン「フン、甘い。(シュートをカットし、ボールを奪う)」

アツヤ「こんの…させるかぁ!」(シャインからボールを奪いに俊足活かして襲いかかり)

シャイン「そんな守備でボールを奪えるか!真カンガルーキック!!

アツヤ「!」

「………真アイスグランド!!

シャイン「っ!?(氷付けにされてボールを奪われ)」

アツヤ「……え?どうなって…、何でボール奪われてんだ!?」

葱野「アツヤ先輩、いつの間にアイスグランドを覚えたんですか!?」

アツヤ「知らねぇよ!アイスグランドは兄貴のDF技であって………」

メアリー「一応私も出来るわよアイスグランド、けど今のは私じゃないからね!?」

村上「わ、私も出来るけど違う…!」

明井戸「その犯人、あいつだな。」

吹雪「や、皆。」

アツヤ「!!!!あ、兄貴!?」

葱野「吹雪先輩!?どうしたんですか?」

吹雪「時任先輩が抜けて成神君も記憶を失って今大変な状況の時にアツヤが新キャプテンって聞いてね…手伝いに来たんだ。」

明井戸「手伝い…それって俺達のチームの方に来るって事か?アツヤを助ける為に。」

吹雪「そうです!もうアツヤが心配で心配で…!」

アツヤ「んな心配しなくてもガキじゃねーんだから…」

吹雪「駄目駄目!やっぱり放っておけないよお兄ちゃんとしては!昔はそう呼んでよく僕の後を追っかけて…」

アツヤ「だー!!昔の話だろーが!!」

メアリー「……この兄、アツヤ溺愛ね。」

吹雪「そんな訳で僕も入るからよろしく皆。」

明井戸「……ま、頼れるDFである事に間違いはねぇし。いっか」

葱野「これで吹雪兄弟揃いましたね!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR