FC2ブログ

とりあえずの調査?

明井戸「…何か相当強そうなの出てきたぞ、GKとかめちゃくちゃゴツいし。そのGk吹っ飛ばしやがったし」

メアリー「帝国のGKとは正反対ですね、向こうが正統派っぽいですから。」

葱野「海王学園でしたっけ?ていうかもう先制されてます!」

明井戸「円堂、いい加減三国を徹底指導した方が良いと思う。DFしっかりしてても最後が駄目じゃ意味ねぇだろ」

マルコ「お前すっかりそのキーパーを駄目扱いしてるな!」

明井戸「だって無失点に抑えてる所を見た事がない+バーニングキャッチの成功を最近見ないから。

マルシャ「前者はともかく後者は最近本当に見ないな。

メアリー「というか何あのヘタレ眼鏡!何か頼りない感じ…あいつより元2軍のどっちかスタメンの方がまだやれるんじゃないの?」

葱野「あの人もやる時はやる!………かもしれないです。」

アツヤ「つか次…天馬がキーパーって何考えてんだ円堂!?何も技持ってなきゃ得点してくださいって言ってるようなもんだぜ!」

シャイン「明井戸を超える奇策だな、キーパー経験ありそうには見えないぞ。」

明井戸「後は…あの泣き虫キャプテンもしっかりしてきたもんだ。最初の時とは大違いだぜ。」

葱野「と言ってもいきなり得点されて苦し過ぎますけど…とりあえずこんな所で!」

明井戸「さてと、じゃ…一応行くか。」

メアリー「何処へ…ですか?」

明井戸「この「真の魔王」ってメッセージ送りつけやがった奴の所だよ。」

葱野「え、もう分かったんですか誰なのか!?」

マグニート山

デスタ「……それで俺らの所かよ!!

明井戸「魔王って名乗るイカれた奴らはお前らぐらいだろーが、何のイタズラだよこのメッセージ?」

アスタロス「そんなメッセージ送った覚えないぞ、誰だ勝手に魔王が目覚めたと送ったのは!それも真の魔王だと…?」

アラクネス「あたし達魔界軍団の他にそんな奴らが居るって言うのかい!?信じられないね…」

デスタ「っ…!気に入らねぇな、この手紙の主…俺達を差し置いて魔王が目覚めたなんて…見つけ次第そいつの魂を喰らってやる!」

明井戸「何かこいつらじゃなさそうだぞ。」

葱野「違うんですか…じゃあ誰が?」

メアリー「まあ、ただのイタズラですよイタズラ。」
スポンサーサイト



新たなる敵…!?

(広々とした空間に床全体が赤い絨毯にそして玉座、そこはまるでRPGの王の間を思わせるような場所)

(その場所に2人の人影、1人は髪を束ねた20代ぐらいの青年。もう1人は玉座に足を組んで座る少年)

「計画は今の所問題なく順調に進んでおります……」

「……………」

「…はっ、…………全ては魔王の意志のままに

謎のメッセージ。

栄田「さてと…今日は何を作ろうかな。」

(今日の御飯をどうしようか考えてるとポストに手紙が届いてるのが確認され)

栄田「ん?…誰かへのファンレター?…………!?」


「真の魔王、今こそ目覚める時」


栄田「…何だよこれ、何のイタズラだ。」

マルシャ「何だどうした栄田。」

葱野「手紙でも届いてたんですか?」

栄田「ああー、ただのイタズラですよこれは。気にしない気にしない。」

謎の影。

「舞台は整った…………さあ、宴の始まりだ。」




ガシャンッ!

メアリー「あ!……やっば、コップ割っちゃった…。」

マルコ「大丈夫か?とにかく片付けないと…!」

シャイン「危なっかしいな…気を付けろ。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR