FC2ブログ

試合の申し込みが…。

葱野「来た!皆来たー!…チームKにデーモンフォースから試合の申し込みが!」

アツヤ「……来やがったか!」

フィディオ「デモーニオ…。」

デモーニオ「行ってくる。あいつらを俺達は止める。」

アンジェロ「無理はしないようにね!」

ロゼオ「…ふん、返り討ちにしてやるから安心しろ。お前らの出番は無いぜ?」

シャイン「出番が無いならそれはそれで良い。デーモンフォースを倒すのが第一だからな。」

アツヤ「特訓の成果見せてやりなチームK!」
スポンサーサイト



合同練習。

デモーニオ「俺達がオルフェウスと合同練習!?いいのか…俺達は前にフィディオ達と…」

フィディオ「俺達はもう全然気にしてないしそれに…緊急事態だ、今こそイタリアのチーム同士が団結する時だと思うよ。」

デモーニオ「……分かった。そのチームが俺達に挑んで来るのなら強くなって返り討ちにするまでだ。」

ロゼオ「デーモンフォースだか何だか知らないがそんないかにも悪そうな名前のチームに負けてたまるかよ。」

アンジェロ「皆であいつらを叩きのめそうー!」

舞「なら、準備は良さそうね。」

アツヤ「舞さん!?どうして此処に…。」

舞「勿論彼らを鍛える為よ。明井戸君は竜堂に接触中で特訓の指導どころじゃない、なら…私がやるしかないでしょう。」

メアリー「舞さんか…これは本当に超スパルタになりそうね。」

舞「皆!…本気で強くなりたいなら覚悟しなさい。私は一切妥協はしない、この特訓は甘くないわよ!!」

デモーニオ「!は、はい……!」

フィディオ「凄い迫力だなあの人…」


そして始まる合同特訓。

舞「後ダッシュ10本!」

ブラージ「うおおおー!」

ビオレテ「負けるかぁー!」


ガッツ「っ!?早い…!」

アズベル「く!」

アツヤ「遅ぇ遅ぇ、そんなんじゃ俺を取られられないっての!」


フィディオ「真オーディンソード!!

11-01-21_011.jpg

シャドウ「真ダークトルネード!!

11-03-17_002.jpg

シャドウ「…まだ威力が足りない……それじゃDFとGKを突破は無理だ…。」

フィディオ「…もう一度だ!」


デモーニオ「はああ!!(スライディングで成神からボールを奪いに行く)

成神「っと。(そのスライディングを華麗なボールさばきでかわし)」

デモーニオ「…お前、本当に記憶喪失か?良い動きをする。」

成神「…身体が覚えてるだけで俺はアンタ達を知らないから。」


マルシャ「中々良い感じに強くなってるな。」

葱野「はい!このまま行けば本当にデーモンフォースを……。」

反撃の為の案。

葱野「…もう、このままにしておいたら…絶対ヤバいです!影山のチームを潰した後に何をするか分かりませんし!」

アツヤ「あの竜堂って野郎はかなり狂ってそうな奴だし、って言ってもどうする…。」

メアリー「…だったらこれよ!」

シャドウ「……?」


イタリア オルフェウス合宿所

フィディオ「え……俺達を特訓!?チームKと合同で…?」

アツヤ「そう、今伝えた通りデーモンフォースって影山狙ったヤバいチームが間違いなくお前らの所に現れる…その力は魔界軍団を遥かに凌ぐ程なんだから、今のお前らじゃ絶対勝てねぇぞ。」

ブラージ「!今の俺達じゃあいつらには絶対負けるって言いたいのかお前!」

アツヤ「……そうだよ。だから俺達がお前らを鍛えに来たんだ。奴らを返り討ちにする為に!」

メアリー「…プライドとかそんな事言ってる場合じゃないのよ。」

シャドウ「あいつらの闇は計り知れない程暗く深い………引き上げるのは容易な事じゃない……」

アンジェロ「フィディオ…どうしよう?」

フィディオ「答えは最初から決まってるよ。皆で強くなるしかない!それに……竜堂って言ったね?それが本当だったらミスターKの仇としてそいつは絶対に許す事は出来ないよ!!」

マルコ「…だったら俺も、一旦チョウテイコクからこっちに参加させてもらうぜ。イタリアでデーモンフォースを倒す!」

シャイン「なら…覚悟しろよ。遠慮なんかしない、俺達の特訓は超スパルタで行かせてもらうからな。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR