FC2ブログ

禁断の中の禁断の究極奥義。

メアリー「南沢先輩、裏切って向こうに付いてそれで…優れたサッカーセンスあるんだっけ?」

アツヤ「そう言ってたなぁ。」

シャイン「それが使う技が前の通りのソニックショットとはどういう事だ、しかも止められた。そして決まっても…相手は技を使ってないぞ。」

メアリー「珍しいわね、敵になったにも関わらずパワーアップをしていないというまさかのパターンは。」

葱野「今の所強くなった、とは思えないです。」

シャドウ「…一番の壁はあのキャプテンのGK……あの指示、まるで杉森を見ているようだった。」

葱野「あ、まさにそうです!あの組織的なチームにキャプテンがGKにデータ……御影です!」

アツヤ「つか10年後はスタジアムに何か仕掛けが置かれるようになったのかよ!」

メアリー「しかも雷門にとってどれも不利そうで…どれだけ逆境の風を吹かせる気なのよ。」

マルシャ「…天馬にだけは有利そうだけどな。」

メアリー「後、あの狩屋だっけ。…あいつが原因なのはそうだけど一番の原因って技を使わなかった三国先輩のせいじゃないの?使えば絶対止められたし。」

アツヤ「どうしても1点取られんなぁ、前の試合なら無失点だったってのに。」

マルシャ「さ、此処までにして練習と行こうか。」

シャドウ「…あの葱野のシュートを物に出来ればデーモンフォースとの戦いで大きな切り札になる。デスブレイクにも負けないだろう破壊力を持ってる…」

葱野「何か分かんないけど…絶対物にします!」

メアリー「じゃ、頑張って撃てるようになりなさい!」(葱野へとパス)

ウィンディ「ちょっと待てーーーー!!

マルシャ「ウィンディ?どうした、そんなに慌てて。」

ウィンディ「ま、間に合ったか……葱野!まだ撃ってないよな!?」

葱野「いや、これから撃つ練習を…」

ウィンディ「駄目だ!絶対に使っちゃいけない!その技だけは!!」

メアリー「ど、どういう事よ?!何…あのシュートを撃つなって…デーモンフォースとの戦いの切り札よ!?」

ウィンディ「…俺、そのシュートの事をダイスケに話したんだよ。そうしたら………「そのシュートは無闇に撃ってはならない!」って。」

アツヤ「大介さんが?撃ってはならないって…あの人知ってんのか?どういう技なのか。」

ウィンディ「…知ってる、あのシュート技は「スパークアロー」。その威力はあのジ・アースにも勝る程凄まじいシュート…ただあまりの威力に封印された、と言われていたんだけどな…。」

葱野「大介さんが編み出した究極奥義だったんだ…!」

ウィンディ「受ける側、撃つ側にとってどっちも危険過ぎる技で封印されてた…って。それを葱野が撃ったって知った時もう凄い驚いてたぜ。」

成神「受ける側…GKには危険と分かるけど、撃つ側も危険…?」

ウィンディ「…多用したら二度とサッカーの出来ない身体になる可能性がある……。」

アツヤ「!?それ、つまり…皇帝ペンギン1号のような副作用かよ!前に佐久間が撃ったあの……」

ウィンディ「いや、そこまでならまだ運が良い方かもしれない…最悪の場合は……」

メアリー「さ、最悪の場合は?」

ウィンディ「………………死ぬ事になる。」

葱野「!!!!!」

アツヤ「し………死ぬ?!シュートを撃った奴が……。」

ウィンディ「強いシュート技なのは間違いない、でも…リスクがとんでもない程にデカ過ぎる。」

メアリー「…これ、切り札を見つけたと思ったら…。」

葱野「サッカーが出来なくなるどころか………死ぬ…。」

マルシャ「…刻!絶対に使うな、使う事は許さん!」

葱野「ま、マルシャ先輩…?」

マルシャ「確かに皆を取り戻すのは重要な事だ、しかし…それでお前を失ったら何も意味が無い!」

シャイン「……わざわざ命を犠牲にする必要なんかないだろ。他に方法があるかもしれないし。」

アツヤ「だよな…よし、この技の練習無し無し。こんな危険な技は流石に使えねぇよ。」

葱野「そこまで危険な技を……撃てるんだ、僕って…。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR