FC2ブログ

初の試み。

葱野「倉間先輩、やっと初得点ですねー!」

明井戸「まさかシュートチェイン技とはねぇ、だから単発防がれまくりだったんだな。」

成神「ま、初めて得点出来て良かったっス。でも…向こう必殺タクティクス持ってたんスね。」

メアリー「でもそれも霧野が見切って攻略ね。最初揉めに揉めまくっていたけど。」

シャイン「…というかあれは…別にシードという感じはしないが。手を抜かず真面目にやっているぞ。」

葱野「そして最後に天馬のシュート!あれで同点ゴール、ですよね?」

成神「まあ、そこで終わってるけど。もう雷門の勝ちは見えてきたかな?」

「何勝手に決めつけてんだ、そこの1年小僧共が。」

葱野「え……?ええええ!?」

☆南沢「俺達が負けると決めつけられるのは良い気分がしないんだよ。あんな1年小僧如きの1発のシュートでギガンテスを攻略出来る訳がないし。」

メアリー「み、南沢ぁ!?明井戸先輩、これ一体…!?」

明井戸「あ、一応招待したけどまさかホントに来るなんてな。ちょっとこっちで気まぐれにゲスト招いてみようかと思ったから。」

成神「完全な天音さんのパクリじゃないスか。物凄いお世話になってる人のをパクるってどういう神経してんスか。

明井戸「こっちは雷門じゃなく敵チームの方だぜ?」

成神「そういう問題っスか。」

☆南沢「で、アンタ達がこっちの世界では名高い強豪チーム?まあ…よろしくって事で。」

メアリーあれ…結構あっさりと受け入れてくれてるわね?」

☆南沢「まあそういう有名なチームと知り合いになってれば将来的に有利で安定するかなっと考えてるんで。」

葱野「…やっぱり…将来の為なんですか……。」

☆南沢「俺は間違った事してるつもりは全くないぜ?無駄に足掻くよりおとなしくしてる方が将来の為になるのさ。」

メアリー「アンタ…!頑張ってる革命を起こそうとしてる雷門を見てなんとも思わないの?」

☆南沢「どうせあれも最終的にはバッドエンドだろ。そして将来が真っ暗…俺はそんなのゴメンだね。」

明井戸「……まあ、そうだな。お前のやってる事も別に間違った事じゃねぇな、将来を思えば。」

葱野「明井戸先輩!?」

☆南沢「おや、こっちのボスは理解をしてくれているようで…。」

明井戸「ただ…来週その気持ちが変わらなきゃいいけどな?」

☆南沢「!……変わるも何も俺達が勝ってあいつらは地の底に堕ちて終わりだろ。」

明井戸「別にそう信じるなら何も言わねーよ、俺は別に正義の味方なんか気取ってねーしお前が将来の為おとなしくしてようが何も言う気はねぇ。…あいつらは黙ってないだろうけどな。」

☆南沢「っ………変な奴だな、帰らせてもらうぞ。」

成神「来週っスか…その時あの人の考えどうなってんのか。そのままなのかそれとも…。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR