FC2ブログ

今回はなんとイギリスの彼が…!

時任「え、あれ。メール……「たまにはお前の方で感想やってみてくれね?そっちで新しい仲間も出来てると思うしそいつらといつものアレ頼む」…また、急な。」

「誰からだい?信?」

時任「えーと…日本の友人から、僕達もアレ見てるよね?だから今回…感想頼まれちゃった。」

「そうなのか!?俺達があれやるんだ…。」

時任「でも、その為には…キミ達の紹介が必要だ。じゃあ誰に向けてか分からないけど、皆さん。彼らがイギリスで出会った仲間達です。」

フィリップ「俺はまあ、カテナチオの方でチーム一緒だったけど。イギリス代表FWのフィリップ・オーウェンだ。」

ローラン「僕はフランス代表のMFローラン・ペレク。信とはそれはもう親しく親しくさせていただいてるよ。カフェでも何時も…。」

ラッジ「それぐらいにしとけ。俺は同じくフランス代表GKのラッジ・パアラだ。」

時任「と、彼らがフランスで出来た僕の新しい仲間達です。」

フィリップ「さて、感想感想っと。ああ、吹雪ね…覚えてるよ勿論。アメリカ戦から加わってきた氷のストライカーだな。」

ローラン「そして凄い弟想いというウワサが。…で、地元の中学でコーチしていたけど追い出されたんだね。」

時任「教え子…雪村って言ったっけ?彼がエターナルブリザードを習得してたけど何か…今のフィフスセクターにも認められてるエースになっちゃったんだね。」

ラッジ「しかしフィフスセクターには感じの悪い連中が多い。…日本のストライカー豪炎寺修也も堕ちたものだな。」

時任「…何か理由があると思うよ、でなきゃあんな事しないだろうし…。」

フィリップ「さて、それで…あの影山を叔父に持つ光かな?とても影山関係の人間には見えないな。何かドジっ子に思えるし…」

ラッジ「しかし吸収力はあるな。網海を思い出させる。彼も初めて1年に満たないまま代表になったと聞くしな。」

時任「でも、今度の試合行けるかな…?あのリョーマっていう話を聞いていてとても頼れそうなイタリア留学の彼が間に合えば……って何か龍野を思い出すな、イタリア留学って聞くと。」

ローラン「信。僕はなるから!その龍野って奴より一番のキミの親友に!そしてそのさらに先を…!」

ラッジ「だから止めろ、お前その時任を好きっていう気持ちは伝わってるから…」

時任「天馬達、僕もイギリスから見てるからね。キミ達の活躍に負けてられないな…って思わせてくれるし。」

フィリップ「それで今15試合連続ゴール中だもんな…お前。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR