FC2ブログ

1年に忍び寄る影<天音>

 (その頃買い物に行く途中の1年生達)

青龍「しかし…なかなか止まないな…こんなに酷くなると言ってたか?」

成神「これじゃあ一周年記念の試合どうなるんだろう?」

栗松「でも梅雨でもないのに…変でヤンスね~。」

青龍「まぁな…でも緋色の騎士団からしたら雨の中で練習って事もあったからな」

成神「やっぱりそんな中やるんだ!!」

栗松「緋色の騎士団の人達って凄いタフでヤンスね…。」

青龍「あぁ……」(鋭い目で後ろの方を睨む)


 「…どうやらあの3人は彼らの仲間で間違いないな。」

 「それで…このまま尾行するか?」
 
 「いや…あの眼鏡の方は我々に気付いてる……なら……」


成神「龍ちゃん…どうしたの?」

青龍「!2人とも走るぞ!」

栗松「えっ!?…どうしたんでヤンスか!!?」(言われてとりあえず走る)

青龍「奴らだ!どうやら俺達付けられてたみたいだ!!」

 「御名答…さすがだ…」

青龍「っ!?ぁ………」(突然お腹を殴られて倒れる)

成神・栗松「龍ちゃん!?…!っ…」(後ろから手刀を当てられその場に倒れて気を失う)

 「……一体何をする気だ?聖帝の命令だと隠密にターゲットだけを連れて来いと…」

 「その肝心のターゲットはなかなか1人にならない…ならさせる様にするだけさ…」

 「…成程……この3人を奴を呼び寄せる為に…と言う事だな…」

 「…さて…行くぞ…」
 
 (気を失っている3人を一人ずつ担ぎ姿を消す。その場に残ったのは3人の傘だけだった)
スポンサーサイト



通信での座談会<天音>

円堂「さぁて…こんな時でも欠かさない水曜日が来たぞ!」

不動「それ言うと思った!絶対言うと思った!!

吹雪「此処での恒例だもの。ちゃんとやらなきゃね☆」

円堂「遂に大人の俺が監督を止めてしまったな…それで皆凄く落ち込んでいた…」

不動「そして練習はかなりハードになったな。説明なしだから反感抱く奴もそら出るよな。」

吹雪「輝君はどっちかって言うと強制的だったけどね。」

円堂「そんな中!雷雷軒出てたぞ!そして大人の飛鷹居た!!響木監督の跡を継いだんだな。」

不動「まぁ…結局その練習の意味を知る事出来て何とか再び結束出来たと言えば出来たな…」

吹雪「次回はいよいや木戸川清修との試合か…気になる所だね。」

円堂「大丈夫さ…何度も困難を乗り越えて来てるんだ…絶対大丈夫だ。」

不動「さて…今色々あるって訳で今回は通信で座談会と行くか。」

★天馬「はい!…って何かやっぱ寂しいですね。」

★速水「仕方ないですよ…フィフスセクターがあちらで何かしようとしてるかもしれませんし」

吹雪「ちなみにどうやら今回は全員居るみたいだけど…全員喋れるかな?」

★神童「時間の都合上流石に無理かと…にしても…そちらの方には何かありました?」

不動「いや…多分一度10年後に戻ったかもしれない…。」

円堂「こっちに来たとなると何かしようとは考えてる筈…」

朱雀「あの…話の途中悪いんですが…青龍何処行きました?いつの間にか居なくなってて。」

吹雪「あぁ…青龍君は成神君達と茶葉が無いから買い出しに行ったよ。」

★天馬「びっくりした…てっきり何かあったかと…」

不動「1年だけってのも不安だけど…とりあえず怪しい奴が来たら即通報して逃げろと教えてるから大丈夫だって!!

円堂「そうか…それなら安心だな…。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR