FC2ブログ

揺れる心<天音>

吹雪「これで…彼らもおしまいだね…」

円堂「…フィフスセクターに逆らうものはそうなる…それだけだ。」

不動「……」

円堂「不動…どうした?具合でも悪いのか…?」

不動「…何でも無い……!!」(突然の頭痛が不動を襲う)
 (お前はそんなんで満足しているのか…これがお前の望みか…?)

不動「(そうだ…それが…俺の…あいつの望み…)」
 (ふざけるな!お前が望んでいたのはこんな力じゃない…自分自身の力で勝ち取る勝利なんじゃないのか!)

不動「…れ…黙れ!!」

吹雪「っ!?…不動君…?」

不動「…ぁ…はぁ…はぁ…」(ようやく頭痛が収まる)

円堂「…本当に大丈夫か?」

不動「…あぁ…心配かけたな…行くぞ…」
スポンサーサイト



その頃、戻った円堂達は…<天音>

円堂「…聖帝…いかがいたしましたか?」

◆イシド「…円堂…この試合に意味を…お前は分かっているだろうな?」

円堂「無論です。反乱分子なる者達を粛清させ、完全なる雷門の破壊がかかった大事な試合です。」

◆イシド「そうだ…だが前半では…その使命を体現出来ていなかった…」

吹雪「申し訳ありません…」

◆イシド「お前たちを呼んだのは後半の指示を伝える為だ。」

不動「後半の…指示?」

◆イシド「スカイアリアを完全に潰せ…その為になら奴ら全員亡き者になろうとも構わない!

3人「!!?」

円堂「…分かりました…聖帝がそうお望みなら……」(一瞬困った表情をしたがすぐに応える)

◆イシド「…良い子だ…円堂…」


不動「(…俺達にそんなことまでさせようって言うのか…)」

謎の2人組…そして一時中断?<天音>

ビヨン「…組織…お前さっき大丈夫だったか?」

組織「心配するな…まだ動ける…」


疾風「…組織お兄ちゃん…大丈夫かな…?」

 「まぁ…そうなのかそうでないかは彼ら次第だと思うよ?」

明井戸「!…誰だ!」

 「まぁ…気にするな…ただの見学者…だぜ?」(フードで顔は見えないが深紅と藍色の髪が出ている)

組織「ただの見学者はそんな格好しないと思うが?」

深紅の少年「そうか?まぁ…細かい事は気にするな。」

ロココ「…もしかして…君たちフィフスセクターかい?」

藍色の少年「まさか…あえて言うなら…まだどっちの味方でもないよ。」

ヒロト「まだ…?それって…どういう…?」

深紅の少年「いずれ分かるさ…そうだ…これ…最後の切り札として持っておけ…じゃあな…」(そう言って小箱を疾風に渡して姿を消す)

疾風「わわっ…ねぇ…これ…って行っちゃった…」

ちーちゃん「…中に何入ってるんだろう…見て見よう」

 (小箱を開けると何やら古びたペンダントが入っていた)

鬼道「…これは…ペンダントの様だが…」

★不破「…でも…どう見ても何か仕掛けのある物って感じじゃないし…一体何だ?」


◆龍崎「そちらはそちらで盛り上がっている所失礼する。」

明井戸「…何だ?」

◆白咲「今キャプテンの円堂さんをはじめとする数名が聖帝の命令で向こうに戻っているので、彼らが戻ってくるまで試合は中断させてもらう。」

組織「中断!?というか何でこんな時に呼ぶんだ!!」

明井戸「…まぁ良い…戻ってくるまでに策を新たに策を考えるぞ」

スカイアリアVSレーヴァテイン その4 前半終了<天音>

円堂「…そろそろ点を入れに行くか…ディアム!」(ボールをディアムへ)

ディアム「…いざ…出陣!!」(猛スピードで駆ける)

組織「っ…止める!!」

ディアム「遅い…真ワープドライブ!!」(猛スピードからの必殺技でゴール近くに)

虎丸「えぇっ!?ディアムにボールを渡した後…凄く早い!あっという間にゴール近くに!」

ディアム「…此処は…吹雪殿!!」(後ろに居た吹雪にパス)

吹雪「分かった…ゴッドブレイクG5!!]

001_convert_20111211112130.jpg

テレス「…これって…さっきのじゃないか…ならもう一度…」

ディアム「不動殿!」

不動「おぉ…」

ディアム・不動「ユニバースブラストV3!!]

014_convert_20111211112351.jpg

フィディオ「こ…これは…ゴッドブレイクにユニバースブラストのシュートチェインだ!!」

テレス「…くっ…真グランドフェイク…っわぁ!!」(技が繰り出すが、あっさり突破される)

ロココ「テレス!…例えどんな強いシュートでも…止めて見せる!タマシイ・ザ・ハンドG5!…!」

虎丸「あぁ!これはかなりの威力だ…ロココさん頑張る!!」

ロココ「ぐっ…負ける…ものかぁぁぁーーー!!」

006_convert_20111211112048.jpg

フィィオ「此処はロココ!がっちりキャッチしたぞ。」

ディアム「…止めたか…」

吹雪「まぁ…このくらいの方が良いけどね…」


 ピィー

虎丸「おぉと!此処で前半終了のホイッスル!両チーム0-0のまま後半へ!」


スカイアリアVSレーヴァテイン その3<天音>

テレス「止めたからには進むぞ!組織!」

組織「…この試合…必ず勝つ!!」

ディンゴ「…その思い…壊してやる!真アステロイドベルト!!」(隕石がディンゴの周りを舞い、一斉に組織に襲いかかる)

組織「っ!ぐわぁぁ!!」(隕石に一斉に襲われボールを奪われる)

虎丸「あぁ!ディンゴがボールを奪った!そのまま上がる!!」

ディンゴ「成神!!」

ビヨン「させるか!!っと……鬼道!」(パスルートにギリギリ入り込みボールをカットし、鬼道に)

フィディオ「成神へのパスをビヨンがカットした!そして鬼道へパスする!」

成神「…いくら鬼道さんでも…通しませんよ!」

鬼道「…なら力ずくでも通らせてもらう!キラーフィールズV3!」

成神「あぁ…しまった!……なんてね♪」

ピーチッチ「真イグナイトスティール!!」(突破した鬼道からボールを奪う)

虎丸「あぁ…鬼道さんが突破したと思ったらその後ろにいたピーチッチさんに阻まれた!」

ピーチッチ「ふふ…こんなんじゃ私たちは倒せないよ?」

ギュエール「そう余裕を見せるのは…まだ早いですよ!!」(華麗な動きでボールを奪い、シュート態勢)

明井戸「良し!ギュエール!撃て!」

ギュエール「悪しき闇に染まる者…神の裁きを受けなさい!真ヘブンドライブ!」(一度天へと昇り、加速しながら神々しいシュートがゴールに)

フィディオ「遂にこっちもシュート!これはどうなる!?」

円堂「…ゴッドキャッチG5…」(禍々しさの感じるオーラのマジンがシュートを止める)

組織「…止めた…!?…やはり一筋縄じゃいかないってことか…」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR