FC2ブログ

ファイナルゲーム チョウテイコクVSカテナチオ 負けず嫌い2人の最後の激突。

遊也「…おや、今回特に感想はないのかな?」

明井戸「ただの過去の回に感想は特にねぇ。西園が意外に食う以外は。

成神「おにぎり食って化身出せるなら俺も可能でしょ。何個でも行けるんで。

時任「キミには何個作らなきゃいけないのかなマネージャー達。

葱野「じゃ…試合に行きましょう!最大のシュートを止めて今ノってますからね!」

「立向居、最強のシュートを止めた!チョウテイコクに此処から流れが来るか!?」

立向居「それ!(勢いよくボールをキック)」

「立向居からのボール、一気に成神へと渡った!」

ローラン「ふん…お前に僕は抜けない。貰った!」

成神「負けてらんないよね、同じ1年には!」

ローラン「な!?」(いきなりのトップギアのスピードで不意をつかれて抜かれる)

「これは成神、なんという早さのスピードドリブル!いつものテクニックで行かない!」

ヒロト「…来たか、そうこなくちゃね!」

成神「…決めるっスよ、アツヤ先輩!」(アツヤへとパス、しかし今度は短過ぎる)

「これは…今度はミスか!?」

マルコ「…!違う、これは…!」(バウンドした途端に今度は急激にスピードが増し、そしてアツヤの元へと)

「今度はトップスピンパスー!成神、二種類のスピンパスを兼ね備えていた!!」

アツヤ「へへ、今度こそ…ノーザンインパクトV3!!

11-01-02_007.jpg

11-03-10_025.jpg

メアリー「真爆熱スクリュー!!

11-11-07_001.jpg

11-11-07_003.jpg

「これは氷と炎を共演ー!アツヤのノーザンインパクトからメアリーの爆熱スクリュー!!」

ラッジ「ゴッドキャッチG5!!…ぐ……う………。」

時任「!!やばい、押されてる!ラッジ!」

ラッジ「ぐおおおああーー!!」(マジンを破られ、手を弾き飛ばされ吹き飛ばされる)

アツヤ「よーし!」

メアリー「やった、ゴール……!」

マルコ「真グランドクェイク!!!

11-05-10_017.jpg

11-05-10_018.jpg

「ああー!止めたー!ゴール直前でマルコがグランドクェイクでブロックー!!これは流石本場カテナチオ、イタリア、オルフェウスDFの意地だ!」

霧隠「っ…!あれで決まらないのか!」

時任「よし…もう時間はない!マルコ!こっち!!」

マルコ「!おう!」(時任へとロングパス)

霧隠「そうはさせるか!止めてカウンターで俺達が勝つ!」

時任「……キミ達の勝ちたい気持ちは伝わる、でも…僕はもっと勝ちたいんだよ!はああああーーーーーー!!!」(時任の後ろからとてつもないオーラが生み出され)

葱野「!?な、何あれ!?」

シャイン「何だ、あの感じは…まさか……!?」


時任「聖騎士アーサー!!(後ろに鎧を纏い、右手に剣。左手に盾を構える若き剣士が召還される)

葱野「け、けけけけけ化身ーーーー!?

「な、ななななんと時任この時代で化身を繰り出したー!?これは驚きです!!」

ヒロト「これは多分…彼の絶対負けたくない負けたくないっていう想いが現れたのかな、ていうかそうじゃないと説明がつかないよ…!」

立向居「っ……!」(身構える立向居)



明井戸「………お前、凄ぇや。そこまでの執念を持ってるなんてよ。でも………俺だって誰にも負けたくねぇんだよ!!うおおおおーーーーーーー!!!!」(明井戸の後ろからもとてつもないオーラが生み出され)

成神「明井戸先輩!?まさか…まさか……。」

八神「お前まで……!?」

明井戸「魔界王ハデス!!(背後にマントを纏って仮面を付けた禍々しきオーラの男らしき者を召還)

「あ、明井戸まで化身だーー!!これは両チーム最大のライバルによる化身対決ー!!」

ヒロト「彼までこれ…ええと、もう負けたくない想いが半端無いって事だね!うん!」

時任「これで…終わりだぁ!!シャインソード!!(オーディンソードが更に光り輝き鋭くなったようなシュートを放ち)

明井戸「てめーに勝ちは譲らねぇ!!ダークシールド!!(右手から巨大な黒い玉を念じて出して地面に思いっきり叩き付けて闇のシールドを辺りに張る)

「これは究極の光VS闇の激突ー!!一体どうなるんだこれは!?」

葱野「時任先輩……!」

成神「明井戸先輩……。」

時任、明井戸「勝つのは俺(僕)だ!!!!」

(そしてぶつかる超技同士の化身で爆発)



「ど、どうなったのか……?」


(時任と明井戸、共に立っている状態でボールは2人の間で止まっていた)

ピィっピッピィー。

「あ、し…試合終了!!時任と明井戸、両者譲らず引き分けー!!なんというか口では言えないとんでもない試合tなりましたファイナルゲーム!!」


時任「……きみ、とてつもない負けず嫌いだよね明井戸…。」

明井戸「……人の事言えんのかよ時任。」


時任、明井戸「…………フ……。(両者微かに笑みを浮かべた後バタッと同時に2人とも倒れ)」

舞「あ、信君!」

八神「達人!」


葱野「……僕達、凄い先輩持ったよね。」

成神「2人の執念…俺達はそれを受け継がなきゃいけないんだよね。」

アツヤ「…そ、これからはお前らの時代だ。って言っても俺もまだ1年あるけどな?」

メアリー「成神達に受け継がれ、そして…10年後へと受け継がれる……。」

成神「…繋ぎますか、未来の後輩達へと。」
スポンサーサイト



ファイナルゲーム チョウテイコクVSカテナチオ

「大変長らくお待たせしました!あの激しい豪雨がやっと上がりご覧の通りの快晴となっております!チョウテイコクVSカテナチオ、0-0のまま後半戦へと入ります!チョウテイコクは後半に入ってから立向居を投入、そして前半途中から交代してる明井戸もそのまま出ます。」

明井戸「さーてと……決着付けるとするか時任。」

時任「そうだね、この……僕達のファイナルゲームに。

ローラン「じゃあ望み通り、カテナチオの勝利という決着でやらせてもらうよ!」

「ローラン、開始早々にドリブルで突き進む!意表を突く作戦か!?」

霧隠「そんなのが読めない俺達と思ったか、甘いぜ!」

ローラン「…甘いのはどっちかな?」(ヒールでバックパス)

霧隠「!?」

「これはドリブルで見せかけて後ろへのパスだ!」

成神「そっちだね。甘いのは。」(成神がこれをインターセプト)」

ローラン「な?!」

「しかし成神これを読んでいたのかカットー!」

成神「…それ!」

「いきなりのロングパス!?しかし……長過ぎる!メアリーに届かずゴールを……。」

(スピンがかかっており、ボールはバウンドすると急激に減速しメアリー追いつく)

「おおーっと!これは成神得意のバックスピンパス!メアリーに綺麗に通ったぞ!」

マルコ「っ…あいつ、あんなパス身につけてたのか!」

メアリー「頂き!真ブレイブショット!!

11-08-18_004.jpg

ヒロト「甘いね、流星ブレードV3!!

11-11-06_005.jpg

11-11-06_001.jpg

「弾き飛ばしたヒロトー!!またしてもチョウテイコクの前に立ち塞がる、おそらくチョウテイコクにとってこのヒロトは最大の難関とも言える壁!」

ヒロト「キミ達の力、こんなものではないはずだろ?」

11-11-08_019.jpg

八神「ふん…言うなヒロト。なら、覚悟して我々の本気を受けるがいい!」

ヒロト「その前に俺達の攻撃だよ!」(ボールを強く蹴ってそのボールは一気にFW陣へ)

シャイン「っ…なんてキック力だ!ゾーハンのような体格どころか細い身体のくせに!」

「ヒロト、超ロングパスー!これが前線のFWへと渡るまるでカテナチオカウンター張りのカウンターだ!」

フィリップ「行くぞ!これで決める!」

フィリップ、ローラン、真人「ジ・アースG5!!

11-11-08_018.jpg

「出た!大技のジ・アース!カテナチオこれを習得していた!」

吹雪「確かに大技だけど…今の僕には止められるね、スピニングカットV3!!

11-11-08_023.jpg

フィリップ「なんだとぉ!?ジ・アースが…。」

「これは吹雪!何とスピニングカット一撃で阻止!かつて円堂や豪炎寺と共に使っていた者相手には通じないか!?」

明井戸「よし…一気に速攻!」

「防いですぐにパスを繋いで素早い攻めを見せるチョウテイコク!」

ヒロト「驚いたけど…またチャンスを作るまで!」(ボールをカット)

「あー!ヒロトが此処まで上がっていた!インターセプトだ!」

明井戸「何!?あいつ何時の間に…!」

時任「此処は…最大のシュートで1点を取るよ!皆!!」

成神「最大のシュート……?」

「一転してカテナチオの逆襲ー!後半に入ってカテナチオが猛攻を仕掛ける!」

真人「流石の守りを見せてくれたが、此処までだ!」

真人、緑川、ヒート「グランドファイアG5!!

11-11-08_022.jpg

「これは遠くからグランドファイア!距離はあるが威力が充分だ!」

ゾーハン「ズズ……。」

時任「まだ、終わりじゃないよ!」

時任、ヒロト「プライムレジェンドG5!!

11-11-08_015.jpg

11-11-08_010.jpg

シャイン「チェインシュートで来たか!しかしそんな程度で…!」

ヒロト「まだ、だよ。」

「!!!」

「こ、これはー!ヒロトがシュートを撃った直後に猛ダッシュー!!まさか……!」

ヒロト「これがカテナチオ最強シュート……大天空落としV3!!

11-11-08_014.jpg

11-11-08_013.jpg

「物凄いシュートが出たー!なんとヒロトが天空落としを更に進化させた!これはデスブレイクを完全に超える破壊力!チョウテイコクの無失点ついにストップか!」

立向居「……(不思議だ…こんなとんでもなく物凄いシュートを前にしても落ち着ける…。)」

明井戸「やべぇ…立向居!絶対止めろ!」

立向居「俺はまた、戻って来れたんだ!このフィールドに!真魔王・ザ・ハンドG5!!

11-09-11_007.jpg

11-09-11_008.jpg

11-09-11_005.jpg

「と…止めたぁぁーーー!!立向居、ヒロトの大技の天空落としを完璧にキャッチ!!絶体絶命の危機を救う超ファインセーブ!」

ヒロト「………まいったね。俺も強くなってきたけど、向こうの方が急激に強くなったみたいだ。」

立向居「皆大丈夫!俺が居る限り1点もやらないから!」


明井戸「…頼もしい奴に成長したもんだな、最初チームメイトの影に隠れてオドオドしていた奴が。」

時任「ふう、これだけ攻めても取れないな…でもそれでこそ明井戸達。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR