FC2ブログ

とうとう組まれた試合、その相手は…?

南沢「さて…やっと、相手が決まったようだな。」

雅野「ですよね、そして今日その相手と初顔合わせ…どんなのが来るんでしょう?」

神童「代表者が来ると聞いてるが…。」

天馬「代表者…俺此処に居て大丈夫ですか!?」

南沢「何言ってんだ、雷門の超代表者だろうが。

「待たせたな!」


雅野「…来た、どんな………………………え?」


葵「あ、天馬達!」

茜「うふふ………シン様もいる…。」

水鳥「よー、天馬。元気か?」

天馬「あ………葵達!?え、何!?練習試合のチームの代表者が来るんじゃあ…」

神童「まさか…まさかとは思うが……」


葵「その練習試合チームの代表者…私達だよ?

えええーーーーーーー!!!!??


南沢「……天馬、お前の幼なじみはそんなにサッカーの上手い女子だったのか?」

天馬「そ、それは…俺も知らなくて……いつも見てくれていてサッカーやってるのは…」

雅野「雷門ってマネージャーもサッカーが上手いんですか?」

神童「確か10年前のマネージャーは上手いと聞いていたが…3人がボールを蹴っている所は見た事が無い。」


茜「うふふ……シン様とサッカー……シン様とサッカー…。」

水鳥「おい、茜大丈夫かぁ?まあそういう訳だ!お前らの相手はあたし達が務めるんで!」

南沢「…なるほど、まさか初対決の相手が女子とはな。」

雅野「それもマネージャー達相手ですか。」

神童「よし……その挑戦受けよう!」

天馬「どんなサッカーになるか分からないけど、楽しみですね!」

雅野「おーい…キャプテンは南沢先輩だからな。

南沢「まあ、いい。受けるつもりだし。」

葵「じゃあその日は……………………これでどうでしょう?」

南沢「うん…いいだろう。」


そして帰って来る南沢達。


天城「お、どうだったド?」

南沢「……女子マネージャー達が相手だ、初めての練習試合は。」

露原「女子マネージャー…ですか?」

御門「くだらん、そんなもの相手にならないだろう。」

龍崎「もっと手応えのある奴に変更は出来ないのか?」


時任「…そこの帝国2人、なめてかかっちゃいけないよ。あの子達強いんだよ?」

御門「時任コーチ、…女子の力を知ってるんですか?」

時任「ちょっと見たけどね、特にあの葵って子…GKだけど。白竜のホワイトハリケーンを完全に防いでいたんだよ。(加えてGX)」

龍崎「!!??白竜、というと…シード最強のストライカーのはず……そいつのシュートを受け止めたと…!?」

南沢「………思ったより骨が折れそうな予感がしてきたな。」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR