FC2ブログ

四天王登場、そして再会。

時任「……さて、今日は練習試合の予定とかで相手チームと話す事になったけど…シードの皆よりによって付いて来たの?

龍崎「あの送り主に一発ガツンと言わなければ気が済まない!」

御門「どのような面なのか拝んでおきたい…」

逸見「どんな奴だ…!」

黒裂「気になって練習の方に集中が出来ないんだ…」

千宮路「いいだろ?どうせ此処まで来ちまったんだ。全員で四天王の顔を見てやろうじゃないか」

南沢「…ぞろぞろと俺達は来てしまったもんだな。」

雅野「この前の女子チームよりも明らかに多い人数ですよね。」

向坂「しょうがない、引き返せって言っても引き返さない連中だしさ。」


火柘榴「なんだ、そっちはそんなに多いのか。」

鈴林「団体行動でも心がけてるのかしらね~。」

風乃園「団結力を高めるなら悪くないな…」

山薫「…………………」


神童「来た……彼らがジュニアフットサル四天王…!」

火柘榴「…元シードがぞろぞろと。女子相手に何も出来なかった連中なら逃げ出すのかと思ったが」

龍崎「貴様、俺達を侮辱するとは良い度胸だな!」

御門「口だけは立派なものだ。ただ実際はどうなんだろうな」

鈴林「実際でもアンタらに負ける訳ないじゃん~、四天王と元シードじゃ格が違うっていうか~?」

黒裂「手紙通りに腹の立つ連中だな…!フットサルで天下取ったぐらいでサッカーで天下を取れると思ったらそれは大きな勘違いだぞ!」

火柘榴「フン…ちゃんとサッカーの為の特訓も積んで来ている、その程度の違いも理解していないと思ったか?思ったより浅はか過ぎてむしろ泣けてくるな」

千宮路「なんだと……!!」

風乃園「……そこまでだ、我々は喧嘩をしに来たのではない。話し合いに来ただけだ」

山薫「………………………」

時任「そうだね、火柘榴君だっけ。……戦うならフィールドで戦ってくれ、キミもサッカープレーヤーなら」

火柘榴「…失礼。」

「そうですね、キミの言う通りです……時任。」

時任「…………!!え、う、嘘………なんで……」

龍野「……久しぶりですね、時任。」

時任「何でキミが居るんだ……龍野!?

真田「え、時任コーチ…あの人を知ってるんですか?」

時任「……彼は龍野寵児……幼なじみの親友でチョウテイコクの初代キャプテンだった男だよ。」

神童「チョウテイコクの…初代キャプテン!?そして時任コーチの親友…」

南沢「…何処かで見たかと思ったら、龍野寵児ってあのヒロトさんと並んでやり手の若社長じゃないか。…まさか四天王を率いて監督を?」

龍野「察しの通り、僕がこのチームの監督をしています。」

時任「キミが……四天王を率いてるのか。」

龍野「ええ、時任…サッカーに復帰したと聞いたので。強い刺激を受けたんでしょうね」

南沢「社長の方で忙しいはずなのによく作れたな…流石やり手と言った所か」

時任「という事は彼ら、相当強い事確定だね。ただでさえフットサルの方で名が知られてるし」

龍野「勿論サッカーで戦えるように鍛えてあります。…簡単には攻略出来ませんよ?」

時任「分かってるよ。10年前僕達をコーチしていたキミの育成なら間違いなくそうなる事ぐらい…」

神童「……何か、また難しい試合になりそうだぞ今回。」

真田「…四天王に加えて初代チョウテイコクのキャプテン…!どんな豪華なチームなんですか…」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR