FC2ブログ

時任と龍野、幼なじみ同士の戦い。

黒裂「とうとう、来たか……この時が。」

龍崎「行くぞ…絶対に勝つ!」

逸見「当然、得点しまくってやる!」


南沢「今日があいつらとの戦いでシードの連中張り切ってるな、これは良い働きを期待出来そうかな今回」

雅野「そうですね…結局四天王以外のデータは分からないまま、でしたね。」

天城「大丈夫だド、俺達の力ならノーデータでもいけるド!」

向坂「まずはどんな連中が四天王と一緒なのか、それは興味ありますよねぇ。」


火柘榴「ふん、逃げなかったか…その勇気は褒めてやる。」

鈴林「まあでも勇気と無謀は違うからね~。」


逸見「あいつらぁ…!」

御門「…言わせとけ、試合で分からせれば良い」


時任「皆、後のメンバーが分かったね…。」

神童「ええ、四天王に加えて四聖獣の4人に更に雷同3兄妹…他にも数名の優秀プレーヤーが居るようです」

南沢「四天王ばっかりに気を取られてる場合じゃないな、シードの奴らそれで足元すくわれなければいいけど」

時任「ちなみにチーム名向こうはドラゴンレジェンドって名前だね。

千宮路「何だそれ、俺のドラゴンリンクをパクってんのかよ向こうの監督さん。

時任「いや、そういう訳じゃないと思うから…彼は竜をこよなく愛するんだ。龍野らしいと言えばらしい…」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR