スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

暗雲の練習試合。

時任「さて、早くも3試合目か…皆準備は良い?」

天城「何時でも良いド!」

メイコ「まさかこんな早くも再会出来るとは思ってなかったね…ネオテイコク。」

神童「え…あれ!雷同3兄妹!?」

アカリ「ビッグサンダーには私達も居るんだよねぇ、これが」

レイジ「雷轟家とは親しい付き合いでな、協力を頼まれた。勿論断る理由など無いから俺達も参戦する」

キリカ「これがビッグサンダーです、よろしくお願いしますね時任さん。」

時任「うん…良い試合にしよう。」

ゴラン「後ろの心配はするな!皆ドンドン行っていいぞ!」

レント「……ちぇ、何でゴラン兄さんが…俺の方が強いのに。」

雅野「向こうのチームはGK争いが激しいみたいですね。」

南沢「まさか家族の中に3人もGKが居るとは、そんなに円堂監督に影響を受けたのか…?」

向坂「どっちにしろあの大家族の中じゃFW人気無くてGKの方が大人気って感じは確定でしょ。」



鎖「いよいよか……作戦は確実に成功させる…そしてネオテイコクを潰す、いいね?」

「…分かってる、何度も言うなよ…。」

鎖「まあ、特に恨みは無いんだけどね。………悪く思わないでよ」
スポンサーサイト

謎の影。

「どうだったかな……フットサル四天王の力は?」

鎖「まあ中々でしたね、流石と言うべきか。FWはたいした事ありませんでしたけど、相手が僕だったという事もあるかもしれませんけどね?」

「相変わらずの自信家だ、腕試しは充分か………ならば奴らとそろそろぶつけても良い頃だな」

鎖「良いんですか?本気でやっちゃっても。」

「本気でも手抜きでも奴らを倒せば構わん。奴らを率いて必ず成功させろ。…お前にはそれしか道が無いんだからな?」

鎖「…………………分かってますよ…そんな当たり前な事ぐらい」

その頃…。

火柘榴「ぐうう…何故だ、何故だぁ!これだけ最高の状態で撃てているのに!」

鈴林「嘘でしょ~」


「…貴方、前回の試合で一本も撃てていなかったから僕が代わりに受けてやろうかなと思ったんだけどさ。案外たいしたシュート撃って来ないんだね?」

火柘榴「何だと貴様!なら、この最強の技を喰らうが良い!」


風乃園「まだ、火柘榴達にはあれがある……。」

山薫「…………………」


火柘榴、増長「超ファイアトルネードDD!!

12-02-27_003.jpg

12-02-27_004.jpg


「…………………こんな程度か!」


(一瞬の出来事、気がつけばそのシュートをガッチリとキャッチしていた)

火柘榴「!!??嘘だ……この最強技を取るなど…!」

「何だ、これで最強かぁ。じゃあネオテイコク相手に撃てたとしても無理無理、何十発撃とうが無理だよ」

風乃園「何者だ……あのGK、身体の小ささを物ともしないセーブ…!」


鎖「名前ぐらいは教えとくよ、鎖 富頼(くさり とみより)。……………さて、あそこでこけるなんて事は無いだろうけど…せいぜい派手に勝っておいてよ、ネオテイコク。その方が好都合だ」

そこに居たのは。

時任「さて、ビッグサンダーというチームが今度の僕達の練習試合の相手となったけど…。」

神童「今の所はノーデータ…これである程度明らかになれば良いですが」

キリカ「どうもお待たせいたしました。」

時任「あ、どうも…もしかしてキミ達が?」

キリカ「ええ、初めまして。私達がビッグサンダー、私はキャプテンの雷轟キリカと申します。…監督も居ない為私がその役を務めさせていただいていますが」

雅野「選手と監督の…そんな人が居るんだ」

ラフラ「そうだよ~、姉さんは凄いんだから~。」

時任「あの皆が、ビッグサンダーか…」

キリカ「はい、全て……家族達です。」

真田「ええ!?1、2、3……全部で10人。これが皆家族ですか!」

神童「……資料には年齢が書かれていないから中学生かどうか分からない…。」

キリカ「年齢についてはご想像にお任せするわ。」

ゴラン「うむ!今度の試合はよろしくな、俺がどんなシュートも受け止めてやろう!」

レント「…はあ?何言ってんのさゴラン兄さん。ゴールに立つのは俺だよ、キリカ姉さんやゴラン兄さんより俺強いし。」

ロクロ「……レント、スタメンについては後に明らかになる。」

レント「俺が守れば確実に勝てるじゃん、見た所そんな強そうな奴らじゃないしあいつら。」

ラウド「こらレント!失礼だろ対戦チームの方々に!」

向坂「言うねぇ、あの子。」

真田「何かちょっとカチンと………。」

リンカ「アンタ、今度の試合足引っ張るんじゃないわよ!」

レンカ「それはこっちの台詞なんだけど!?引っ張ったらアイス奢りなさいよね!」

雅野「あっちでは喧嘩と……何なんだこの家族」

ガラゴ「……ケッ、あれこれと面倒くせぇなぁ。てっとり早く今始めちまおうぜ、俺のシュートで纏めてぶっ飛ばしてやるからよ!」

ゴラン「おお、やる気だなガラゴ。ただ今は話し合いという場で抑えておいた方がいいぞ!」

ガラゴ「だからそれが面倒っつーんだよゴラン兄貴。」

時任「これは、皆それぞれの個性を持っていて家族とはいえ纏めるのが大変そうだ……。」


キリカ「………全員いい加減にしなさい!ネオテイコクの方々の前で何やってんのよアンタ達は!!


一同「!!………すみませんでした

天城「………怒らせない方が良さそうだド、あのお姉さんは。」

南沢「………凄い迫力だ…。」

ラウド「……俺怒られるような事をしたか…?」

ラフラ「私もしてない~、連帯責任かな~?」

ロクロ「…連帯責任、らしい」

ボルト「俺はまだ一言も喋っていなかったはずなのに…!」


キリカ「では、今度の試合よろしくお願いします。」

時任「は、はあ………こちらこそ……。」

向坂「うーん、どんな試合になるんでしょうねぇこれ。家族だからやっぱ連携とか今までのチームの中で最高に良いだろうけど」

練習試合の申し込み…?

南沢「皆ちょっと集合ー。」

向坂「どうしたんですかー?」

南沢「四天王以来の、練習試合の申し込みの手紙が来た。」

天城「やっと来たド!次は誰が相手だド!?」

南沢「…何だこれ、ビッグサンダー?」

向坂「チーム名みたいですねぇ。あ、何か違うゲームでそういう技名を聞いた事あるなぁ。」

雅野「そのチームが俺達と試合ですか?」

南沢「そうらしい、またいずれそいつらと事前に顔合わせる事になるだろうけど」

真田「今度は四天王みたいに嫌味とかそういうの言ったりとかは無いみたいですね」

最近は。

向坂「おーい、また来たよー。」

白竜「またお前らか!ゼロに挑み続けていたかと思えば今度はエクストリームに今日何回挑む気だ!?

天馬「ごめん、皆に迷惑だとは思うけど…。」

シュウ「全然、天馬となら何試合でも何十試合でも何百試合でもOKだよ。

雅野「天馬が居れば何でもOKかシュウって。

神童「けど、トップクラスのチームとの戦いは確実にレベルアップになる。やっておいて損はないと思うぞ」

白竜「やるのはいい…試合は構わない…ただせめて剣城を連れて来い!奴を呼べ!!

向坂「悪いけどストライカー枠もう空いてないから無理だよー。」

プロリーグ(毎週日曜更新決定)

「全18チームで行われるプロリーグは早くも3試合目、はたして今回はどうなったのか!?」

「(葱野のチーム)は前半から攻め込むもチャンスを中々掴む事が出来ず、逆にカウンターでピンチを招いて危ない場面も」

「っ!(葱野の所のGKがシュートを弾き飛ばして好セーブ)」

葱野「守った!いいぞー!」

「けど、得点が出来ないな…。」

「そんな中で後半18分に迎えたFKのチャンス」

葱野「此処は……こうだ!」(相手の壁を超えるようなシュートでバーを超えるかと思えば急激に落下)

「(相手GKの手を掠めてゴールネットを揺らす)」

「ゴォォーーーーール!!葱野これは貴重な先制点だ!」

「葱野の3試合連続ゴールとなった1点を守り切り、チームはこれで開幕3連勝と勢いに乗っています。」

「一方の(明井戸のチーム)は序盤から両者互角の激しい攻防が続きました」

「(シュートを撃つがDFがブロックしてもう1人が素早くクリアー)」

「(クロスを上げるもGKが飛び出してキャッチ)」

明井戸「(引き分けか…まあいいや、大声援のあるアウェーでの勝ち点1はデカいし。)

「攻めては守り、攻めては守りの展開が続いた末試合は終了。0-0の引き分けでチームは3試合連続無失点ですが順位は後退。」

「そして前回王者(成神のチーム)はようやく目を覚ましたのか、これぞ王者のサッカーという試合になりました」

「(成神のチームのFWがクロスを頭で合わせてゴール)」

「(同じくMFが豪快なミドルシュートでゴール)」

成神「(相手を1人、2人とかわしてループシュートで相手GKの頭上を超えてゴール)」

「まさに一方的、開幕2戦の不調はなんだったのかこの試合なんと7-0と大勝。さらに成神はこの試合ハットトリックで葱野に次いで得点ランキング2位につけています、此処から一気に巻き返してくるのか昨年のチャンピオン!」

最後は……!?

雅野「大分遊びましたし、帰りますか?」

南沢「もう時間か…早いな。良ければ家に来るか?」

雅野「え!?いや、家族の人達にそれは悪いですし。」

南沢「雅野なら大丈夫だって、母さんもごちそう作ってくれるだろうし。」

雅野「行きます。(即答)

南沢「それじゃあ行くか。」






(翌日)

南沢「眠っ………」

雅野「南沢先輩、早く…俺達遅刻寸前です!」

向坂「あれー、どうしたんですか南沢先輩達?一緒に来るなんて、昨日は2人で泊まりでしたか?」

南沢「俺の家で雅野と一晩過ごしたけど?

雅野「南沢先輩!ちょっと誤解招くような言い方が!何もなくただの泊まりですから…ホントに!」

倉間「泊まり……泊まり………2人で……。」

神童「本当に学年を超えて仲が良いなぁ、あの2人って。」

向坂「神童はともかく倉間は此処は雅野の言葉を信じた方がいいよ、その方が傷も軽いだろうし

続き

昨日に続いて再びBL有りです!苦手な方は引き返してください!





雅野「……あの、此処…カップル多くないですか?」

南沢「…多いな。」

(一休みで入った喫茶店は中々のカップルが多い喫茶店だった)

南沢「けど誰もこっちを不思議そうな目で見たりはしてない、…見られてるんじゃないか?カップルに。」

雅野「そう、なんでしょうか…。」


「お待たせいたしました。(そこに置かれたのは1杯の大きめのジュースにストローが2つある明らかにカップルで飲むような物だった)」

雅野「!?こ、これって………。」

南沢「あー悪い、どうも間違って頼んでしまったらしいんで。

雅野「何をどう間違えればこうなるんですか、絶対違うでしょう。

南沢「とりあえず、飲まない訳にはいかないだろ。これ」

雅野「………まあ飲みますけど…。」(そして2人でそのジュースをストローで飲み)

たまには2人で。

今回はBL有り!苦手な人は引き返してください。



南沢「最近してなかったよな、こういうデート。」

雅野「色々ありましたから……。」

(街中を歩く2人)


南沢「で、俺としてはね。手繋いだり腕組んで歩いたりしたいもんだけど。」

雅野「って、言われましても…!周りにどういう目で見られるのか……」

南沢「お前の容姿なら問題無いだろ、女子に見えると思うぞ。

雅野「嬉しくないですから。

南沢「いいから、ほら。(雅野と手を繋ぎ)」

雅野「っ…………。」

南沢「そんな皆見てもいないし、気にする程でも無かっただろ?じゃ、行くか。」

雅野「…………はい、先輩。」

感想。

向坂「まさかねぇ、あれ程の手術した人がもう軽く走れる程度に回復してるとは。どれだけ速いの回復

真田「とにかく復帰して良かったです、後…天馬君は昔はそんなにサッカー上手くなかったんですね、今とは想像が…」

雅野「そこは流石大器晩成の成長といった所か。

南沢「というか他の奴、特に大人。少女が犬に襲われて危ない所見えてるはずだから何とかしろ

向坂「そんなこんなで、次はテレビ局ですか?いいなぁ。取材とか、うちでも取材来てくれないかなぁ。」

雅野「来ないでしょう、けど…皆なんか緊張しそうですね。一部は普段通りで居れそうだけど」

時任「というかそれよりも彼はエジプトで何をしているんだろう。

南沢「また知り合いですか時任コーチ?」

時任「彼と交流自体は無いけど……いや、ごめん。深く突っ込まない方がいいかもしれない」

日常。

天城「南沢、お前食が細いド。もっと食った方が良いド。」

南沢「普段せいぜい頑張って2杯の俺に牛丼10杯を食えと言うのか。

暇な日は?

向坂「暇だなぁ…。真田、何か面白いのやってー。

真田「いきなりの無茶ぶりですね!というか向坂先輩のウケるのが何なのか謎過ぎてどういうのをやってもスベリそうな予感しかしないです

向坂「ま、いいや…こうやってぐだーっと休んでるのも何時まで出来るかどうか分かんないから今のうちにぐだーっとしておくよ。」

プロリーグ。

「さあ、プロリーグ2戦目。前回王者に勝利した(葱野のチーム)はこの試合好調!」

葱野「それぇ!!」(豪快なボレーでゴールを奪い)

「葱野決めたぁー!これで3-1!これで葱野この試合2ゴール、そして今季早くも3点目です!」


「この試合でも葱野が突き放し、チームはこのまま3-1で勝利。2連勝で現在得失点差で1位となっています。」


「一方の王者(成神のチーム)は苦戦、1-0とリードされたまま後半を迎えて中々得点が出来ません。」

成神「っ……!(相手にボールを当ててコーナーキックへと持ち込み)」

「このチャンスにGKまで上がってまさに全員攻撃に賭け、キッカーは成神」

成神「(流石に2連敗はゴメンだ!)」(正確なキックでクロスを上げ)

(大混戦の中なんと敵DFの頭に当たってオウンゴール)

「ああー!決まった、なんとオウンゴールで(成神のチーム)同点に追いついた!土壇場で繋いだ!」

成神「よし!ラッキー!」

「この試合で何とか引き分けに持ち込み1-1で勝ち点1を獲得していますが苦しい状態が続いています、今負傷中の正GKの復帰で息を吹き返したい!」


「そして(明井戸のチーム)は相手が退場者を出して終始試合を有利に進めます。」


「フリーキックのチャンス、直接狙うがこれは壁に当たる!」

神野「てぇ!!」(こぼれたボールを思いっきり蹴り)

(GK飛びつくが僅かに届かずゴール)

「決まったぁー!決めたのはDFの神野今シーズン初ゴール!(明井戸のチーム)1点先制!」

神野「やりました明井戸先輩ー!」

明井戸「おー、後はしっかり守れよー。」

「そしてこの1点を守り切り2連勝、順調なスタートを切っています。まだまだ先の長いプロリーグ、はたして今年優勝するのは何処なのか!?」



時任「神野………明井戸に憧れ過ぎてプロの世界でもまさか一緒とは思わなかったなぁ。

久々登場この男。

南沢「さて、今日は何処で食べるか…。」

雅野「迷いますね、あれも良いしこれも捨てがたい…!」

向坂「どれ撰んでも食べまくる事に変わりないんだけどねぇ。」

時任「………?何か騒がしいな。」


「どけぇぇーーー!!」(街中でナイフを振り回す男が逃走中)


時任「!!皆逃げろ!危険だ!!!」

真田「うわあ!?な、ななナイフ!?」

向坂「うそ…!マジで!?」


神童「うわ!(神童が足をとられたのか転んでしまい)」

時任「神童、危ない!」(ナイフを振り回す男が神童へと迫っていた)


(その時に私服の警官か、ナイフの男に飛びかかり素早く押さえ込み)

「11時58分……。」(その男へと手錠をかける)

時任「!まさか…………」

(犯人がパトカーによって連行されていき)

「危なかったね、大丈夫だったか?」

神童「あ、はい……ありがとうございました刑事さん。」

時任「……キミは、もしかして………栄田か?」

南沢「時任コーチ、警察の人とも知り合いなんですか?」


栄田「時任先輩…お久しぶりです。」(髪型変わっておらず身長は173ぐらいまで伸びており)

時任「やっぱりキミか!驚いた、まさか警察官になっていたなんて!」

向坂「誰ですか?昔のお知り合いとか…」


栄田「キミ達は時任先輩の教え子だね?俺は栄田養士、時任先輩とは10年前同じ中学の先輩後輩だよ。」

南沢「…という事は貴方もチョウテイコクの?」

栄田「ああ、俺はレギュラーじゃなかったけど…ね。」


時任「けど驚いた…まさか警官になっていたなんて。」

栄田「ちなみにこれでも警視庁捜査一課ですよ」

時任「その若さでもうそこまで……凄いな。」


栄田「元気そうで良かったです、時任先輩。……日本から帰ってきた貴方はまるで抜け殻のようでしたから」

時任「……心配をかけた。」

栄田「そんな時任先輩を救ってくれて……キミ達には感謝するよ。」

南沢「いえ、別に……それをしたのは雅野1人ですから。」

雅野「俺はそんなたいした事は…。」


向坂「なんだか10年前の人達とどんどん再会してますよねー。」

時任「そうだね、皆知らない間に立派になってるみたいだ…」

呟き

雨宮「あれ、僕の出番減ってきてない…!?

ホワイトデー。

「はい、皆順番に並んでー。」


真田「何でしょうか、あの女子の列は?」

向坂「神童がバレンタインのお返しをするからその列だよ。

雅野「トラック分貰ってるせいか長い行列ですね。行列の出来る美味しい店があるのかと思う程に。


南沢「………ああ、来たか白雪。」

白雪「え、ええと…私に何か御用でしょうか南沢先輩?」

南沢「…後ろ向いてくれるか?」

白雪「!?は、はい………(後ろを向く)」

南沢「(後ろを向いた白雪に対して首にネックレスを着けさせ始め)」

白雪「!!!(み、南沢先輩の腕が…顔が…近くに…ああ、どうしましょうー!)」

南沢「終わったぞ。」

白雪「あ、これ………(首にあるのはクラウンのネックレス)」

南沢「…それが好きかどうか知らないけどやる…。」

白雪「いえ、大好きです!凄い大好きです!欲しいと思ってましたわ…!私の好みが分かってるなんて、ああ運命の赤い糸は固く結ばれ……」

南沢「じゃ………練習の方でまた。」


白雪「……命、今日からこれは我が白雪家の家宝とするわよ。」

命「分かりました、良かったですねお嬢様……。」



南沢「おい、雅野。」

雅野「?南沢先輩、なんでしょうか?」

南沢「今日家に来い。」

雅野「え、突然一体……。」

南沢「…バレンタインのお返しがあるから。」

雅野「あ………分かりました。」



向坂「なんだろう、何かイラッとするなぁ。

露原「相手に恵まれてない俺達だからそんな気持ちになるんでしょうか…!何であんなモテるんだろう…」

感想。

千宮路「ちょっと待てぇぇーーー!!

向坂「あれ、何か問題でもあった?」

千宮路「最初は百歩譲ってイベントとしてしょうがない…が、何であいつらの化身でもないシュートにまで破れてんだあっちの俺は!!

南沢「やっぱり一気に3点取られたな。しかも化身無しで

向坂「まあ、西園もポーン程度で1点とかあったし。お互い様お互い様。」

千宮路「っ……………こっちじゃ絶対1点もやんねぇ……キングバーンは最強にして無敵だ!」

雅野「それ俺も使えるけど、俺の事褒めてます?

千宮路「ああ?お前と俺のキングバーンじゃ格が違うんだよ1年。」

雅野「……何か余計アンタにだけは負けたくないって気持ちが沸々と湧いてきた…。」

向坂「とりあえず良かった良かった、革命成功で。一乃も念願の出場が出来てまさか2人揃って帝国の技を使うとは思わなかったけどねぇ。」

真田「というか何で化身のDF技を一切出さなかったんでしょう、見下し過ぎて使うまでもないと思ったのか…」

向坂「全員の能力自体は実はたいした事無いんだけどね、所詮は化身頼りなだけで。」

千宮路「お前こそ見下してんじゃねぇか!珍しく凄い楽しそうな笑みを浮かべながらよ!」

向坂「…言ったはずじゃん、俺は偉そうで見下してる嫌な奴が苦しむ姿を見るのが大好きだってさ?あー、今日は最高だねーあははははーーーー!!

真田「響木さんのスピーチ聞いたはずなのにそれでもまだ歪みまくったままです向坂先輩ー!」

やっと……。

真田「これで…ラスト!」(チョコレートを食べきり)

向坂「終わったー、まさか神童のチョコを食べきるのに此処までかかるとは思わなかった。

南沢「雅野や天城が居てこれって事は食べ終わるまで下手したら次のバレンタイン迎えていた可能性あるな

雅野「普段味わえないチョコが食えて良かったですよ。」

天城「あー、美味かったドー。」

神童「皆感謝するよ。俺1人じゃ絶対食べ切れなかった…」

天城「じゃあ辛いの食いたくなったからカレー食べに行くド。

雅野「あ、俺も。

南沢「お前ら一生分に匹敵するかもしれないチョコを食べておいてまだ食うか。

憧れると真似はしたくなる。

真田「此処で……!(オーバーヘッドの体制からふわっと上げようとするが、強く撃ってしまい)」

雅野「おっと。(そのオーバーヘッドを難なくキャッチ)」

真田「難しいー、あの時やった葱野さんのフェイントは…!」

神童「トッププロの使う技だ、簡単には真似出来ない。」

向坂「というかDFのキミにそんな機会早々に来そうにに無いと思うけどねぇ。

南沢「ま、子供は憧れの人の真似を何かとしたがる。そういうもんだろ」

大人は大変。

真田「時任コーチ、葱野さんに挨拶行くとか出来ないですか!?」

時任「いや…疲れてる時にそれは悪いと思うから、あまり無理はさせられないよ。戦いは始まったばかりだし」

雅野「まあしょうがないか…」

楓野「あ、先生ー。来てたんだ?」

時任「楓野さん!?あ、貴女も試合見に来てたんですね…僕はまあ……参考にと。」

楓野「つまりは授業だね、じゃあ何か終わってるように見えるし。飲みに行こうか先生。」

時任「え…!いえ、あの……ちょ…ですから僕は何度も言ってるように先生じゃなくてぇぇぇ!!」(引っ張られて時任その場から退場)

白雪「あの強引さ……私も見習うべきかしら。南沢先輩は強引な女とかどうなんだろう…」

命「全てはお嬢様の信じる道を…。」

向坂「大変だねぇ、時任コーチ。」


そして居酒屋

時任「ほんろ、もう怪我がなかっらら僕もあのばひょにー…あー、成神と葱野と明井戸が羨ましいぃー!」(すっかりと泥酔状態)

楓野「それは辛いよねぇ先生、やっぱ自分だって行きたかったよね…こっちビール大ジョッキ追加ー!」



翌日

神童「あれ、時任コーチは?」

南沢「教えてもらえるような状態じゃないから帰らせた。

向坂「何か前にもありましたねこれ。

雅野「大人は色々大変ですねホント。

開幕戦 決着。

「同点に追いついた(成神のチーム)一気に此処で攻め込むー!」

成神「てぇ!!」(ボールを受け取り1人かわした所でシュート)

(キーパーがパンチングで弾き)

「止めたー!そしてカウンターだ!」

成神「!ち………!」(急いで自軍ゴールへと戻り)

葱野「早く!もっと前へ!」

(左からアーリークロスで葱野へと、それに素早く走りDFを振り切り)

葱野「(貰った!)(オーバーヘッドの体制でジャンプ)

「うおーーー!!」(相手GKが思い切った飛び出しでシュートを体全体で止めに行き)

葱野「(これに対してオーバーヘッドのままふわっと浮かせてキーパーの頭上を超えて)」

(頭上を超えたボールは地面に落ちてゴールへとコロコロ転がってゴールへ)

「勝ち越しーーーー!!葱野、オーバーヘッドでのループと難易度の高い技でゴール!!これで2-1!(葱野のチーム)勝ち越しに成功です!!」

真田「凄い!流石葱野さん!!あんな技が出来るなんて……ああ、もう格好良い!」

雅野「……………っ……」


(その後猛攻を成神達が見せるもゴールを奪えずそのまま終了の笛が)

「此処で試合終了ー!前回王者が黒星スタート、(葱野のチーム)昨年1度も勝てなかったリベンジを今果たしました!」


時任「……皆テレビとかまたは観戦で分かってると思うけど改めて、これがプロだ。」

神童「…遠い、ですね……。」

真田「何時かは………行かないと、あの舞台に。」

成長。

「後半開始早々(葱野のチーム)早いパス回しで翻弄しにかかる!」

葱野「よし…!」(ボールが来てそのままダイレクトでシュートしにいく)

(それを読んでかDFがブロックに行く)

葱野「(そのままシュート、と思ったら空振りでボールが流れ)」

「ああー!葱野これはミスか!?シュートを空振りー!」

(葱野の方の味方選手がそのボールをシュート、キーパー届かずゴール)

「ゴーーーーール!!(葱野のチーム)先制ゴール!!葱野を囮にしての見事なゴールです!」

真田「やった!先制ゴール!!」

雅野「っ…………。」

成神「…………」


「さあ、前回王者が先制を許した!此処から巻き返しなるか……っと、いきなり成神これは奇襲かドリブルで攻め込むー!」

(成神がドリブルで1人、2人とかわしそして3人目のスライディングで倒されてファール)

「ファール!(成神のチーム)ゴールからやや遠い位置からのフリーキックです!」

成神「…此処は………(ぼそぼそとチームメイトと相談)」

南沢「遠めだけど、入らない位置じゃないな。」


ピィー

(味方の選手が走りそのまま蹴る…と見せかけてヒールで後ろへと流し、それを成神が直接狙いに壁を超えるようなシュートを撃つ)

真田「高い!入らない……。」

雅野「…違う、あれは…」

(ボールは急激に落下して超えるかと思えばゴール左上へと吸い込まれていき、GKも反応して手を伸ばすが…届かず)

「決まったぁーーー!!距離にして33mのフリーキックを決めた成神健也!流石日本のスタープレーヤーという力を見せつけました!!」

葱野「ぐ………」

時任「成神も……パスだけでなくあんなシュートまで身につけていたなんて、皆成長してるんだな…僕も怪我が無かったら………」

南沢「………コーチ。」

「同点に追いついた前回王者!このまま一気に逆転なるか!?」

プロの世界の戦い、成神VS葱野

「これは、葱野かわしたー!」

成神「させないよ葱野。」

葱野「!」

「おっと此処で成神が向こう!同い年のエース同士、そして中学時代から競ってきたライバル同士の激突ー!」

真田「来た!葱野さん抜いてくださいー!」

雅野「成神先輩……そこで止めなきゃ危ない!」


「葱野、抜く事が出来ない!一方の成神もボールを奪うまでには至らず!」

葱野「この…!」(此処は強引にシュートしようとシュート体制)

成神「(焦った、このコースだな。)(そこにシュートは行くだろうと先読みしてブロックに入り)

葱野「……(フッと笑みを浮かべればかるくちょんとボールを蹴って成神の頭上を超えるように浮かし)」

成神「!?」

葱野「それぇ!!」(そしてそのボールをタイミング良くボレーシュートを放ち)

(キーパー飛びつくが届かず、ゴールへ…と思えばゴールポストに激突)

葱野「あー!」

「これは惜しいー!葱野、成神をかわして良いシュートを放つまでは良かったが僅かにコントロールミスかゴールポストー!」

成神「ふう………」


真田「ああー、惜しい…!」

時任「けど、成長したなぁ葱野…昔なら成神にあそこで防がれてたのが、やっぱりプロに行って技術上がってる」


「一体開幕戦のゴールは誰が取るのか、他会場でもまだゴールは…おっと!此処で情報入りました、他会場で…ゴール!前半の38分に交代して入った明井戸達人が一番乗りでゴールを決めています!」


時任「え、明井戸が………。」

南沢「あの人スタメンじゃないんですね。交代って事は」

時任「うん、彼はいつも最初ベンチでその試合を見ているんだ。フルタイム戦えない体力不足っていうのもあるけど…。」

向坂「はあ…そんな人でもプロにはなれちゃうもんなんですねぇ。」

「前半終了!両チーム0-0、一体先にゴールを奪うのはどっちだ!?」

感想。

南沢「とりあえず、歯を食いしばれ。

千宮路「ぐお!?」(思いっきり腹に膝蹴りを喰らってしまい)

向坂「ああー、南沢先輩不機嫌MAXだねぇ。」

千宮路「いきなり何しやがる!歯を食いしばれって言って顔面に来るかと思ったら膝蹴りか!」

南沢「何かイラッとしたから喰らわした、そんな理由で充分だろ。

千宮路「そんな理由かよ…つか良い度胸してんな、倍にしてぶっ飛ばしてやらぁ!」

黒裂「誰もがお前にそうやりたかっただろ、今日を見てる限りで」

向坂「そしてキミ居たんだねぇ、自分の所の守護神と共に観客席に

雅野「というか南沢先輩が……危ないです!千宮路の力で殴られでもしたら!」

向坂「ああー、大丈夫でしょ。そろそろ彼女が…」

白雪「ちょっと!何南沢先輩殴ろうとしてんのよ!?そんな事許されないわ!」

千宮路「何だお前、女子は引っ込んでろよ!」

白雪「南沢先輩に手出す気なら私相手になるわよ!」

千宮路「………………ち、冗談じゃない。女を殴れるかよ」

向坂「あれ、彼意外にも女子に弱かったりするのかな?

雅野「女子チームの試合に出てたらもしかしたらあっさり得点されてたんじゃないですか?

千宮路「されるか!きっちり守り切っていた!」

真田「けど、神童先輩何を伝えようとしてたんですか?」

神童「………さあ、あの俺が何を伝えようとしていたのかは。ただ…あの千宮路大和が守るゴールに対して2点差はキツ過ぎる。」

千宮路「おいおい、誰だっけ?ポーンで得点出来ないとほざいた奴は。だらしねぇなぁ同じGKから見ても。」

南沢「お前もう一発殴られたいか。

雅野「南沢先輩、流石に抑えてください!」

倉間「俺も途中交代で…退場かよ。」

向坂「まあ皆、逆にこう考えてみようよ。こうなったら来週はキングバーンが一気に3失点、そしてあれだけ偉そうにしてたドラゴンリンクは平伏すか呆然と立ち尽くしての屈辱の逆転負けの敗北。」

千宮路「俺が一気に3失点だ…?ありえねぇな!」

向坂「でなきゃ革命成功しないでしょ、まあ来週が楽しみだねぇ。俺偉そうにして見下す奴が平伏したり苦しむ姿を見るの大好きだからさぁ

千宮路「っ…な、何だこいつ…何かかなりヤバい感じがする!」

プロリーグ開幕。

真田「こっちですー!皆試合始まりますー!」

南沢「けど……まさかプロの試合見るのも勉強と言って全員分のチケット購入ってどんだけ金持ってるんですか時任コーチ。

向坂「しかも特等席ですよねぇ。

時任「え、いや……僕じゃなくて…。」

白雪「このチームの強化の為ならそれぐらい欠片もたいした事ありませんわ。

命「急にチーム分のチケット抑えなさいと言われた時驚きました

向坂「出たねー、神童に匹敵する程のセレブ。



「さあ、とうとう開幕の時を迎えますプロリーグ!此処で注目のカードが今始まろうとしています…昨年優勝チームの(成神のチーム)VS昨年3位の(葱野のチーム)一体どちらが白星スタートとなるのか!?」

「昨年得点王に輝いた背番号11葱野刻、今シーズンからはなんと若きキャプテンに任命されています。一体今年は何点取るのか!?」

「今や日本スタープレーヤーの1人となった背番号10成神健也、高校生時代に新人王を取りベストイレブンに連続で撰ばれており昨年はMVPも取っている。同い年の勢いある2人がいきなりの直接対決!」

真田「葱野さんなら行ける、この試合ハットトリック!」

雅野「いくらなんでも無い無い、成神先輩の方が総合能力で勝ってるんだ。」

真田「それは去年だろ!今年は分かんないって!」

時任「キミ達、他のお客さんも見てるんだから………グラウンド100周したいのかな?

真田、雅野「すみませんでした。

雷雷軒にて初勝利記念。

天城「記念すべき初勝利の日!今日は食べるド!!」

向坂「今日はと言いながらいつも食べてますよね、今日は2倍3倍食いそうですか?

時任「彼らならドンドン食べると思うから、忙しいね飛鷹?」

飛鷹「もう慣れましたよ。あいつらが信じられないぐらいに食べる姿も。

時任「僕は10年前からあの光景を散々見たから最初から見ても「ああ、食べるんだなぁ。」ぐらいだったな。

飛鷹「10年前ですか……ホント今でも鮮明に浮かびますね。」

時任「ああ…………何か年を重ねると昔を振り返る事が多くなってくるね。」

飛鷹「時任さん、その年で老け込むのはまだまだ早いですよ。」


真田「そういえばもう始まる頃だったかな…プロリーグが。」

神童「そうだな、で…開幕でいきなり昨年優勝と3位の対決か。」

雅野「……成神先輩と葱野さん、ですね。」

天城「なんだ雅野!今日は小食ド!俺はまだまだ全然いけるド!」

雅野「む……ちょっと話してただけです、飛鷹さんラーメン20人前とチャーハン10皿追加で!」

練習試合初勝利!

天馬「勝った勝った!ネオテイコクになってから初勝利です!」

向坂「いやー、まさか倉間の何でも無いただのボレーで入るとは思わなかった。

露原「南沢先輩でカッコよくフィニッシュかと思ったらまさかの美味しい所持っていきでしたね

倉間「まさかまさかってうっせーよ!どんな形でも決めれば1点は1点だからな!?」

火柘榴「まさか、俺達が……負けるとは…!」

鈴林「嘘でしょぉ…」

龍野「…彼らの方が一枚上手だった、という事です。」

時任「龍野……。」

龍野「良いチームに育ててるみたいで安心しました時任。」

時任「…何もしてないって、彼らの力だから。」

楓野「何?何?先生の知り合い?あー、何かいける方なんじゃない?3人で飲もうか!

龍野「申し訳ない、車なんで飲む訳にはいかないので。(何か危険を察知して断り)

南沢「はあ……とりあえずゆっくりと休みたい。」

雅野「結構疲れてますね南沢先輩、休んだ方が良いです…」

南沢「…じゃ、お前も腕負傷したという事で2人で家でゆっくり休むか。

雅野「いや!俺は軽いんで大丈夫ですから!

四天王との戦い、時任信VS龍野寵児 V8

「守り切って神童の神のタクトによるカウンターアタック!!今度こそ得点なるか!?ボールは南沢!」

風乃園「私が止める!竜騎士テディス!!

12-02-27_018.jpg

「風乃園による竜騎士テディスー!再び立ちはだかる鉄の壁!」

南沢「何が鉄の壁だ……お前より雅野の壁の方がずっと高く堅い!魔戦士ペンドラゴン!!

12-02-06_017.jpg

「おおー!南沢も化身を出したぁー!!」

天馬「あれが……南沢先輩の化身…!」

風乃園「ドラゴン……!」

南沢「甘い。」(ペンドラゴンの剣によってテディス一撃で撃破)

風乃園「うあ!?」

「ああー!テディスを一発で葬った南沢のペンドラゴン!なんという破壊力!」

倉間「南沢さん、何時の間にあんな化身……。」

藤一「な、何だあれ…!いや、負けるかよ!俺だって……出て来いレッドダイス!!

12-02-27_001.jpg

「これは、1年の天才DF歩須も化身を出したー!」

黒裂「あいつまで化身使いか…!」

藤一「貰いましたよ、南沢先輩!俺の方がモテるみたいなんで!」

南沢「だからなんだ。」(レッドダイスを一刀両断)

藤一「うわああ!?」

「南沢、一振りで突破ー!!化身を連続突破だ!」

山薫「…………」

南沢「此処まで来てまだ黙りか…なら、その表情変えさせてやるよ。」

神童「南沢さん、もう時間がない…!此処で決めてくれ……!」



南沢「ソウル・ブリンガー!!

12-02-06_022.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!

12-03-01_003.jpg

(ソウル・ブリンガーとクリムゾンスフィアがぶつかり、そして互角のまま爆発が巻き起こり)

南沢「うああ!!」

山薫「ぐうう!!」

(両者吹っ飛ばされる)


倉間「な、なんだ…どうなった?」

(ゴールの中で倒れてる山薫、吹っ飛ばされて倒れてる南沢。ボールは2人の間の空中に上がっていた)」

倉間「!でやぁ!!」(飛び上がってボレーシュート)

風乃園「決めさせない……!!(ヘディングでクリアーしようとするが…届かず)」

(ゴールに吸い込まれ)

「あ……決まった!決まったーーーー!!ネオテイコクついに初得点ー!なんと最初のゴールは倉間から生まれる!!」

倉間「よ……よーし、やったぜー!!」

向坂「あれー…南沢先輩でフィニッシュかと思ったらまさかの…。」

真田「でも、ゴールはゴールです!やったー!」


ピィー

「試合終了ー!きっちりと1点を守り抜いてネオテイコク1-0で初勝利ー!!」

四天王との戦い、時任信VS龍野寵児 V7

「さあ、再び攻め込むネオテイコク!」

鈴林「これ以上調子には乗らせないよ~!クレイジーサンライトV4!!

12-02-27_014.jpg

「此処で鈴林が奪ったー!此処から再び突破率100%近くのドリブルで攻め込む!」

露原「させるかよ…!」

鈴林「あんたに一体何が出来るって言うのさ~、控えじゃ私は止まんないよ!」

露原「お前の動きはベンチでずっと見てたんだよ、予想通りの動き!」(鈴林のフェイントに惑わされず付いて行っている)

鈴林「っ……!」

露原「貰ったぜ!」(スライディングで鈴林からボールを取る)

鈴林「ああ!」

「止めたー!露原、鈴林の100%に近い突破を止めたぁー!!」

千宮路「所詮100%はフットサルの時の数値、サッカーまでそうだと思ったらデカい勘違いだな。」

「鈴林を止め、これでは四天王最強のシュート力を誇る火柘榴へパスが行き難くなる!」

火柘榴「ぐ……!」

御門「今流れはこっちだ!黒き翼レイブン!!

12-02-08_003.jpg

「御門、化身を出して攻めるー!!」

風乃園「……その流れで私達の牙城は崩せん、竜騎士テディス!!

12-02-27_018.jpg

風乃園「ドラゴンストーム!!

12-03-01_001.jpg

御門「!?うおおお!!」(テディスの強風で吹き飛ばされてしまい)

逸見「うわあああ!!」(巻き添えを喰らって吹っ飛び)

「風乃園、帝国のストライカー2人を纏めて吹き飛ばして止めたー!!鉄の壁健在!」

逸見「ぐ………。」

「おっと、これは…逸見肩を負傷したか!?フィールドで肩を抑えて倒れたまま動けず!」

時任「!倉間、準備して!」

倉間「あ……はい!」

逸見「畜生…何も出来ないまま交代なんて何してんだよ俺…!」

南沢「いいから引っ込んでろよ。」

真田「南沢先輩!?そんな言い方……。」

南沢「お前の分まで得点しといてやる。」

逸見「!…………任せましたよ、先輩。」

「さあ、此処で負傷した逸見に代えて倉間が入りました!」

神童「此処は勝つ!奏者マエストロ!!

12-02-08_008.jpg

神童「ハーモニクス!!

12-02-11_001.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!」

12-03-01_003.jpg

12-03-01_004.jpg

「山薫2本続けて化身のシュートをストップー!風乃園をかわしてシュートしても山薫を破るまでには至らない!」

涼風「こっちです…!山薫先輩!」

「ボールは山薫から涼風へ!鈴林が封じられてる今どうするのか!?」

涼風「此処はもうこれしかないでしょう!精鋭兵ポーン!!

12-02-27_010.jpg

「涼風も化身を此処で出したー!!後半も残り僅か、此処で勝負を一気につけるのか!?」

天城「あいつは俺が止めるド!!番人の塔ルーク!!

12-03-02_001.jpg

「!?なな、なんと天城も化身ー!何時の間に出せるようになったのか!」

涼風「これで突破させてもらいます!マシンガンビート!!

12-03-02_004.jpg

天城「1年の後輩に突破は簡単には許さないド!ストロングタワー!!

12-03-02_003.jpg

涼風「うあああーー!!!(強力なエネルギーの塔の前に吹っ飛ばされ)」

「これは天城に軍配ー!涼風の化身による突破を見事に阻止した!」

天城「皆、時間がないド!早く風乃園と山薫の牙城を崩すド!」(神童へとパス)

神童「はい!……どうやれば崩せるか、けど時間がない……神のタクト!!

12-02-11_002.jpg

「神童、何と本日3度目の神のタクトー!!再び導かれるがままに攻め込む!!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。