FC2ブログ

感想。

南沢「とりあえず、歯を食いしばれ。

千宮路「ぐお!?」(思いっきり腹に膝蹴りを喰らってしまい)

向坂「ああー、南沢先輩不機嫌MAXだねぇ。」

千宮路「いきなり何しやがる!歯を食いしばれって言って顔面に来るかと思ったら膝蹴りか!」

南沢「何かイラッとしたから喰らわした、そんな理由で充分だろ。

千宮路「そんな理由かよ…つか良い度胸してんな、倍にしてぶっ飛ばしてやらぁ!」

黒裂「誰もがお前にそうやりたかっただろ、今日を見てる限りで」

向坂「そしてキミ居たんだねぇ、自分の所の守護神と共に観客席に

雅野「というか南沢先輩が……危ないです!千宮路の力で殴られでもしたら!」

向坂「ああー、大丈夫でしょ。そろそろ彼女が…」

白雪「ちょっと!何南沢先輩殴ろうとしてんのよ!?そんな事許されないわ!」

千宮路「何だお前、女子は引っ込んでろよ!」

白雪「南沢先輩に手出す気なら私相手になるわよ!」

千宮路「………………ち、冗談じゃない。女を殴れるかよ」

向坂「あれ、彼意外にも女子に弱かったりするのかな?

雅野「女子チームの試合に出てたらもしかしたらあっさり得点されてたんじゃないですか?

千宮路「されるか!きっちり守り切っていた!」

真田「けど、神童先輩何を伝えようとしてたんですか?」

神童「………さあ、あの俺が何を伝えようとしていたのかは。ただ…あの千宮路大和が守るゴールに対して2点差はキツ過ぎる。」

千宮路「おいおい、誰だっけ?ポーンで得点出来ないとほざいた奴は。だらしねぇなぁ同じGKから見ても。」

南沢「お前もう一発殴られたいか。

雅野「南沢先輩、流石に抑えてください!」

倉間「俺も途中交代で…退場かよ。」

向坂「まあ皆、逆にこう考えてみようよ。こうなったら来週はキングバーンが一気に3失点、そしてあれだけ偉そうにしてたドラゴンリンクは平伏すか呆然と立ち尽くしての屈辱の逆転負けの敗北。」

千宮路「俺が一気に3失点だ…?ありえねぇな!」

向坂「でなきゃ革命成功しないでしょ、まあ来週が楽しみだねぇ。俺偉そうにして見下す奴が平伏したり苦しむ姿を見るの大好きだからさぁ

千宮路「っ…な、何だこいつ…何かかなりヤバい感じがする!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR