FC2ブログ

そこに居たのは。

時任「さて、ビッグサンダーというチームが今度の僕達の練習試合の相手となったけど…。」

神童「今の所はノーデータ…これである程度明らかになれば良いですが」

キリカ「どうもお待たせいたしました。」

時任「あ、どうも…もしかしてキミ達が?」

キリカ「ええ、初めまして。私達がビッグサンダー、私はキャプテンの雷轟キリカと申します。…監督も居ない為私がその役を務めさせていただいていますが」

雅野「選手と監督の…そんな人が居るんだ」

ラフラ「そうだよ~、姉さんは凄いんだから~。」

時任「あの皆が、ビッグサンダーか…」

キリカ「はい、全て……家族達です。」

真田「ええ!?1、2、3……全部で10人。これが皆家族ですか!」

神童「……資料には年齢が書かれていないから中学生かどうか分からない…。」

キリカ「年齢についてはご想像にお任せするわ。」

ゴラン「うむ!今度の試合はよろしくな、俺がどんなシュートも受け止めてやろう!」

レント「…はあ?何言ってんのさゴラン兄さん。ゴールに立つのは俺だよ、キリカ姉さんやゴラン兄さんより俺強いし。」

ロクロ「……レント、スタメンについては後に明らかになる。」

レント「俺が守れば確実に勝てるじゃん、見た所そんな強そうな奴らじゃないしあいつら。」

ラウド「こらレント!失礼だろ対戦チームの方々に!」

向坂「言うねぇ、あの子。」

真田「何かちょっとカチンと………。」

リンカ「アンタ、今度の試合足引っ張るんじゃないわよ!」

レンカ「それはこっちの台詞なんだけど!?引っ張ったらアイス奢りなさいよね!」

雅野「あっちでは喧嘩と……何なんだこの家族」

ガラゴ「……ケッ、あれこれと面倒くせぇなぁ。てっとり早く今始めちまおうぜ、俺のシュートで纏めてぶっ飛ばしてやるからよ!」

ゴラン「おお、やる気だなガラゴ。ただ今は話し合いという場で抑えておいた方がいいぞ!」

ガラゴ「だからそれが面倒っつーんだよゴラン兄貴。」

時任「これは、皆それぞれの個性を持っていて家族とはいえ纏めるのが大変そうだ……。」


キリカ「………全員いい加減にしなさい!ネオテイコクの方々の前で何やってんのよアンタ達は!!


一同「!!………すみませんでした

天城「………怒らせない方が良さそうだド、あのお姉さんは。」

南沢「………凄い迫力だ…。」

ラウド「……俺怒られるような事をしたか…?」

ラフラ「私もしてない~、連帯責任かな~?」

ロクロ「…連帯責任、らしい」

ボルト「俺はまだ一言も喋っていなかったはずなのに…!」


キリカ「では、今度の試合よろしくお願いします。」

時任「は、はあ………こちらこそ……。」

向坂「うーん、どんな試合になるんでしょうねぇこれ。家族だからやっぱ連携とか今までのチームの中で最高に良いだろうけど」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR