FC2ブログ

手加減無し、容赦無し!

黒裂「出て来い我が化身!炎魔ガザード!!

12-02-28_001.jpg

黒裂「爆熱ストーム!!

12-03-01_009.jpg

12-03-01_010.jpg

ロクロ、ボルト「うわーー!!」(ダブルかっとびディフェンス粉砕)

ゴラン「ぐおお!!(腹にボールが減り込んで巨体ごとゴールに押し込み)

「決まったぁー!黒裂も決めて4点目!」

ゴラン「ぐうう………」

キリカ「これは…もう、限界…!レント、交代!」

レント「え!?ま、ま、任せろ……あれぐらい俺が止めてやる……!」

ガラゴ「っこの…調子乗ってんじゃねぇ!うおおーーーー!!紅きメガホーク!!

12-04-02_006.jpg

「此処でガラゴも化身!これは意地の反撃なるか!?」

龍崎「少しは…俺にも良い所を譲れ!竜騎士テディス!

12-04-02_018.jpg

龍崎「ドラゴンストーム!!

12-03-01_001.jpg

ガラゴ「うああーーー!!」(その風の前に吹っ飛ばされてしまい)

「龍崎止めた!!メガホークの突進を難なく吹き飛ばした!」

神童「此処で決める……奏者マエストロ!!

12-02-08_008.jpg

神童「ハーモニクス!!

12-02-11_001.jpg


レント「く、クリスタルバリアV2!……わーーー!!(氷をいとも簡単に砕かれてゴールネットが揺れる)」

「決まったぁぁーー!5-0!圧倒的ネオテイコク!」


ピッ、ピッ、ピィー。


「試合終了ー!5-0、ネオテイコク、ビッグサンダーを相手に完全勝利!」

南沢「ま…ざっとこんなもんだな。」

真田「今日あんまり出番無かったなぁー…」

キリカ「………私たちの負け…まさか此処まで差をつけられて負けるとは正直思ってなかった…」

ラウド「俺達まだ全然甘かった…。」

ラフラ「うーん、強いねぇ~ネオテイコクって~。」

向坂「まー、出直して来たまえってねぇ。」

真田「いや!それ偉そうですから向坂先輩、失礼ですよ!」




鎖「やれやれ…本当に派手に勝っちゃったねぇ。この後何があるとも知らずに」

「動くのか……?」

鎖「当然だよ、ご命令だから。…分かってるよね?」

「………」

ネオテイコク大爆発!

キリカ「まだ序盤、さあ今度はこっちの……。」

南沢「タイム。」

ガラゴ「ああ!?何だよ、サッカーにタイムなんざねーだろ!」

向坂「ところがあるんだよねぇ、ほら。水曜だから。

ラウド「それはしょうがない。

ガラゴ「………ち、しょうがねぇ。認めるしかねぇなそれは。

時任「あの暴れん坊の彼すらも納得させる力を持つようになったんだね、10年後は。

南沢「って言っても…ただの取材に何を言えと。まあ、言うなら半田監督と如月さん何気にテレビ出演してたな。」

向坂「アナウンサーのお姉さん美人でしたねぇ。」

雅野「というかそこまでペラペラと何時の間に喋っていたんですか、そんな内部事情を。」

南沢「……とりあえず、今のうちにテレビ慣れしろ天馬。これから多くの取材をおそらく受ける事になるんだからな?」

天馬「ええ!?あ、あれの他にもそんなに来ますか?」

黒裂「たしか木戸川の方に相当な取材陣が来ていたというのは聞いていた、から雷門にももっと来るはずだぞ。」

神童「そんなに…優勝するとそこまで来るとは。」

南沢「で、次はあの伝説の選手達の活躍を見る事になるのか。それは興味深い、今となってはお宝映像だろうからな」

時任「ああ、僕にとっては懐かしい場面を振り返りそうだね。で…そろそろ試合再開と行こうか。」


「改めて…ビッグサンダー反撃となるかキックオフ!」

ガラゴ「パスでちまちまと繋ぐなんて性に合わねーんだよ、一気に突破だ!」

「あーっと!またしてもガラゴが突っ込むー!」

キリカ「!待ちなさい、作戦と違う…!」

ラフラ「ま~、制御しようとしても無理だもんね~あの暴れん坊さんは。」

御門「フン!(ショルダーチャージでガラゴからボールを取る)」

ガラゴ「ぐっ!?(バランスを崩して転倒)」

「此処は同じFWの御門が止めたー!そして攻め上がる)

御門「悪いが一気に行かせてもらおうか…黒き翼レイブン!

12-02-08_003.jpg

「此処で御門も化身だー!再びシュートか!?」

ボルト「させるか!」

レイジ「二度もゴールはさせん!」

御門「…誰が撃つと言った?」(撃つと見せかけ横へのパス)

ボルト「何!?化身を出しておいて…!」

南沢「エターナルブリザードZ!!

12-02-08_006.jpg

ゴラン「カウンタードライブ!……ぐおおー!!(威力を殺しきれずグラウンダーのボールに吹っ飛ばされてゴール)

「ゴォォーール!!キャプテンの南沢、2度目のエターナルブリザードで得点!ネオテイコク前半で早くも2点リード!」

ラウド「俺達がこんな早くも2失点…!?これがネオテイコク…。」

向坂「行ける、これは一気に攻めちゃおうかー。」

「さあ、再びビッグサンダーのキックオフで試合再開……。」

雅野「光臨しろ、この世を統べる王!賢王キングバーン!!

12-02-07_018.jpg

「おお!?なんと雅野此処でいきなりキングバーン!」

雅野「……誇り高き男達に戦う力を。」

黒裂「よし…!」(素早い動きでボールカット)

「黒裂インターセプトー!ネオテイコクいきなり動きが早くなった!」

千宮路「これがキングバーンの力だ、守りだけじゃねぇ…攻撃でも貢献出来る。王は常に戦士に力を与え続けられるのさ。」

天馬「そよかぜステップS!!

12-02-27_024.jpg

「松風、1人、2人…3人抜きだー!」

天馬「それ、御門さん!」

御門「おお!(レイブンの力で強烈なシュートを放ち)」

ボルト「っ!今度は普通に…!」

ゴラン「うおお!?(ボールに飛びつくが届かずゴール)」

「決まったぁぁーー!御門も決めてFW3人ともゴールを奪って3-0!」

ガラゴ「どうなってんだ…今までの2試合大接戦で得点の中々出来ないチームと思ってたのが…!」

時任「一回火が付くと中々止められない…思い出すね、チョウテイコクを。この大爆発…」

早くも…!?

「神童ボールを持って上がる!」

神童「此処は…南沢さん!」(南沢へとパスを送り)

「此処で南沢にボールが行った!」

南沢「まずは一発撃って勢い付けるか…エターナルブリザードZ!!

12-02-08_006.jpg

キリカ「来た…ロクロ!ボルト!」

ロクロ「かっとびディフェンス!」

ボルト「かっとびディフェンス!」

12-04-02_007.jpg

ロクロ、ボルト「ダブルかっとびディフェンス!!

12-04-02_008.jpg

「おーっと!これは2人で飛んでのディフェンス!これが雷轟家の連携だ!」

ゴラン「いいぞロクロ兄貴!ボルト!」

キリカ「繋いで攻めるわよ!無駄にドリブルで攻めない!」

「これはビッグサンダー、パスを繋いで攻める!早い!」

神童「……よし、此処だ!」(パスがラウドに来た瞬間詰め寄り)

ラウド「!…此処はこう行くか…そよかぜステップ!

12-04-02_013.jpg

天馬「!?俺の技……!」

神童「……甘い!」(そよかぜステップのラウドからボール奪取成功し、そよかぜステップ破れる)

ラウド「うわ!?」

「これは神童、ラウドのそよかぜステップをなんと素で破ってしまったー!」

神童「悪いな、もっと凄い方を散々見て来ているから。」

「中盤で止めたネオテイコク、カウンターだ!」

逸見「此処は俺だ、俺が決める!」

雅野「…?何をするつもりだあいつ。」

「ボールを持った逸見!しかしダブルかっとびディフェンスをどう攻略する気だ?!」

逸見「うおおーーーー!!海帝ネプチューン!!

12-04-02_015.jpg

神童「!あいつ、化身を出せるようになってたのか…!」

「此処で化身を出したー!」

逸見「ブロック出来るもんならしてみろ!ヘヴィアクアランス!!

12-04-02_016.jpg

12-04-02_017.jpg

ロクロ、ボルト「ダブルかっとびディフェンス!!………っぐわあーーー!!」(2人がかりのブロックをシュートで纏めて吹っ飛ばし)

ゴラン「クリスタルバリア!……ごはぁ!!(氷がパリーンと砕けてゴランの腹にシュートが減り込みゴールに押し込み)」

「き、決まったぁぁーーーー!!ネオテイコク先制ゴール!逸見、力で連携ディフェンスを粉砕した!!」

逸見「どうだ!これで前回の汚名は返上したからな!」

御門「素晴らしいシュートだ!よくやった!」

龍崎「あいつも成長したもんだ、化身を出すとは」

向坂「さあさあ、この試合1点で満足しちゃ駄目だよー、もう一点行こうか。」

VS大家族+親戚。(イメージBGM:ホーリーロードを突き進め!)

「ネオテイコク早くも練習試合3試合目!あの四天王から初勝利して今勢いに乗っており、この勢いで次も勝利なるか!?今回はビッグサンダー、なんとほぼ家族で結成されたチームとこれは連携では不利か!?」

「では、ビッグサンダーのスタメンです。」

12-04-02_003.jpg

キャプテン 雷轟キリカ

「10人の家族に加えて前回ドラゴンレジェンドに所属していた雷同3兄妹も助っ人に加わりこれがビッグサンダー!ネオテイコクにカミナリの如く衝撃を与える事になるのか!?」

「一方のネオテイコクのスタメンです。」

12-04-02_014.jpg

「怪我から復帰した雅野がスタメンに戻りそれ以外は前回の四天王戦と同じ!はたして今回はどんな戦いを見せるか!?」


「さあ、では…ビッグサンダーからのキックオフで始まります!」

ピィー。

ガラゴ「丁度良い、一気にこの俺が終わらせてやるよ!!」

「あー!!これは雷轟家一の暴れん坊ガラゴがいきなり突っ込んで行ったー!」

ガラゴ「喰らいなぁ!!マボロシショットZ!!

12-04-02_004.jpg

12-04-02_005.jpg

「いきなりシュートぉー!しかもこれは…あの幻影学園の真帆路が使っていた防御不可能と言われたマボロシショット!それもZだ!!」

天城「!!皆、どくドー!!」

真田「天城先輩……!?」

天城「このシュートだけは絶対俺が止めてやるド!!アトランティスウォールGX!!

12-04-02_002.jpg

12-04-02_001.jpg


ガラゴ「なぁ!?この俺のシュートを1人で止めやがった!?」

「これは天城が完璧にブロックー!!アトランティスウォールで幻影戦と同じくマボロシショットを止めた!」

天城「お前のは…真帆路のと比べたら止めやすいド!」(一気に前線へとパス)

神童「よし……一気に攻撃だ!」

企み。

「おい、大丈夫なのか?相手はネオテイコク…あいつらかなり強いぞ、何よりも失点知らずの守備力を持つ。」

「奴らなら大丈夫だ。…優れた者達ばかりを集めて総合力なら負けていない」

「これが成功すれば………。」

「ああ、フィフスセクター復活だ!!

「革命の風に裏切り者共…潔く散れ!」

プロリーグ

「さあ、早くも4戦目のプロリーグ!今回はどうなったのか!?」

「(葱野のチーム)は前半開始早々にこの強烈なシュート!いきなりの先制点を決めています。そして最後までその1点を守り切り試合は終了、葱野の連続ゴール記録は3で止まっています。」


「一方の(明井戸のチーム)はこの試合かなり苦戦!前半の終了間際…」

(FWの選手が派手に敵をスライディングで倒して一発レッドを貰い)

明井戸「あー…何やってんだよ…!」

「これにペースを握られなんと18本ものシュートをこの試合許してしまいます!しかし守備陣が奮闘してこれを全て弾き返し、逆に後半34分……」

「(味方のMFがエリア内で倒され笛が鳴る)」

「あー!これはPKか!?PKだ!判定はPK!」

「このチャンスに明井戸……」


(ゴール右を見ていたが全く違う方向、逆の左を蹴ってGK届かず。ゴールを揺らす)

「ゴォォーーーール!明井戸貴重な先制点だ!」

明井戸「危ねぇー…っし!」

「この1点を守って(明井戸のチーム)これで4試合連続無失点となりました。」

「最後、(成神のチーム)は今日も攻撃爆発。」

(成神が華麗にかわして味方にパスを出して味方がゴール)

(成神がフリーキックのチャンスを直接決めてゴール)

「特に成神はなんとこの試合1ゴール3アシストとチームの得点にほぼ貢献、5-0で圧勝です。」

「順位は変わらず(葱野のチーム)がトップ、そして前回王者もエンジンがかかり順位を上げてきています。さあ次はどうなるか!?」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR