FC2ブログ

最大の危機。

南沢「楽勝、楽勝っと。さあ帰るとするか……」

「強いね、ネオテイコクの皆さん。」

向坂「ん?」

鎖「あそこまで圧倒するなんてねぇ…ビックリだよ。」

雅野「誰だ…お前は?」

鎖「ああ、僕は鎖 富頼。試合見せてもらったよ、ま……僕達もやればあそこまで圧倒は出来るけどね。」

ガラゴ「ああ!?何だてめぇ!いきなり来て無礼なチビだな!」

鎖「そっちに言われたくないよ3流ストライカー、化身も弱いしキミ話にならない。」

ガラゴ「なんだとぉぉ!!」

キリカ「止めなさいガラゴ!」

向坂「えー、何しにきたのかな?駄目出しに来ただけ?」

鎖「違う違う、試合の申し込みだよ勿論。…たった今此処で僕達と試合してもらう。

天城「!?何言ってるド!試合は終わったばかりだド!」

黒裂「1日で2試合もやれと言うのか!?」

神童「そんな無茶な……」

鎖「断るなら別にそれでもいいよ、……雷門がどうなってもいいのならね?」

「!?」

天馬「何をしたの!?雷門に!」

鎖「キミ達が試合を断るとね、…爆発するんだよ。雷門中全体がドカーンと大爆発、それで木っ端微塵。…犠牲者も出そうかもね?」

神童「な、何だと!貴様………。」

南沢「何者だお前……何故そこまでする。」

鎖「改めて、僕はタナトスというチームのキャプテン鎖富頼。キミ達を倒せと頼まれたんだよ、フィフスセクターから

天馬「フィフスセクター!?何で…」

千宮路「親父…まさか再び!?」

鎖「ああ、貴方の父さんは関係無いよ。他の幹部の人達が復活を企んでいるみたいだから。その人達、本気でそれが復活すれば後はどうでも良いと思ってるらしいからね」

真田「何て卑怯で最低な……!到底許せない!」

神童「お前はそれを何とも思わず従っているのか!?」

鎖「…………こっちだって………やりたくてやってる訳じゃないんだよ……」

雅野「え……?」

鎖「僕は仕事を終わらせるだけだ、失敗の許されない仕事をね。…さあ、出て来い皆!」

黒裂「!!お、お前達……」

日向「…………」

天瀬「…………」

呉井「…………」

伊矢部「………」

南沢「あいつら、聖堂山の……タナトスの一員になったのか?」

黒裂「どういう事だ!何でお前達が言いなりに…!」

日向「すみません、キャプテン…俺達貴方を倒さなきゃならないんです、どうしても。」

伊矢部「こうするしか…道は無いんだ…。」

跳沢「………」

和泉「………」

雅野「木戸川の皆まで…!」

神童「お前達もなのか……」

和泉「すまないね…ただ俺達はこれしか選択肢は無いんだ。」

跳沢「だから、お前らぶっ倒してやるよ…。」

時任「あの皆………まさか……。」


千宮路「あの幹部達……チッ、フィフスセクターを汚しやがって…!許せねぇ!」

向坂「どうも黒幕は元フィフスの幹部達大人らしいねぇ、誰なのか知らないけど。」

黒裂「関係ない……そいつら許さない!聖堂山の皆を…。」


鎖「さて…それで、やるの?やらないの?」

南沢「そうなれば乗るしかないだろ。…また復活させようとするなんてそいつら何を考えてるんだろうな?」

鎖「さあね、ただの私利私欲…だと思うよ。見た限りそういう欲の塊に見えたからね。」




その頃、建物の一室

「いよいよだ…いよいよフィフス復活の時だ!」

「ああ、せいぜい頑張りたまえよタナトス。我々の為にな……」

「フハハハハハ!!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR