スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

竜虎相搏つ。

決戦の日 アマノミカドスタジアム。

神童「此処か……あの時はフィールドに立てなかったけど今度は最初から…。」

向坂「久々だねぇ、この感覚。相手はあのタナトスっと…」

真田「良いですね、最大のライバルとの戦い…これがサッカーですね!」

黒裂「分からないもんだな、あの時は雷門と戦ったと思ったら今度はその雷門と組んで試合するとは…」

倉間「こっちの台詞だっての。」

千宮路「そう言ってる間…タナトスさんもお出ましだぜ。」


鎖「久しぶりだねぇ、ネオテイコクの皆さん。」

和泉「…良いもんだな。何も気にする事なく自由にサッカー出来るというのは。」

跳沢「フン、かと言って勝ちは譲る気なんざ更々無ぇがな。」


向坂「へぇ~、俺達はあの時のままじゃないんだけどねぇ?」

鎖「大丈夫ですよ~、僕達も超パワーアップしましたし。……彼らによってね?」

神童「彼ら……?」

(その時高速で動き回る3人の影があり)

真田「わわ!?な、何あれ!?何時の間にフィールドを走り回ったり……」

(しかもその中でパス回しをしており、なおかつシュート並に早いスピードだった)

天城「何なんだド…!」


白竜「やっと貴様らと戦えるな、雷門達!」(その動きを止め)

神童「白竜!?」

シュウ「天馬、久しぶり。心底会いたかったよ。」

天馬「シュウ!?」

雨宮「…何でキミが先に天馬に声をかけるのかな?」

倉間「雨宮!?…って、天馬の奴人気者だ…」


南沢「何でお前らが此処に……。タナトスに何時の間に加わってたのか?」

雨宮「僕達はある人に声をかけられてスカウトされたんですよ。僕達さえ加われば完璧なチームが出来るって言って」

時任「ある人……?怪しい人じゃないよね?最近そういう人が多いから気をつけないと…」

「怪しい人、ねぇ。失礼な事言ってくれんじゃねぇの。」

時任「!?………な、何で…………何でキミが……」


明井戸「何て顔してんだよ、まるで幽霊でも見たかのような面だぜ時任?」

時任「明井戸……………。」


南沢「まさか……タナトスの………」


明井戸「そ、今の俺は…タナトスの監督明井戸達人だ。」

向坂「あ、あらー………これとんでもない事に…。」
スポンサーサイト

タナトスからの挑戦状。

神童「これは………!」

南沢「どうした神童、不幸の手紙でも届いたか?

神童「違います、これ!」


「ネオテイコクへ、やっと両方ともチーム状況が落ち着いた頃だろうと思ってこうして手紙を書かせてもらった。
アマノミカドで何時かの決着をつけたい、そしてどっちが最強の王者なのかハッキリさせよう。

タナトス」

南沢「……ああ、あいつらとうとう来たか。」

真田「…何時かは来るだろうと思ってましたが、思ったより早かったですね。」

神童「今度はお互いに何も無い、思いっきりサッカーをやるだけ…よし!行こう!」

感想。

向坂「メンバー入れ替わっただけであんな変わるもんなのかぁ、ていうか絶対あのベータっていうの可能だったらXXXしてXXしてそしてXXXXにしてやるんだけどなぁ。(明らかな放送禁止用語連発)

真田「向坂先輩ー!お怒りはごもっともですがそれ以上の言葉は此処では不向きですからー!」

向坂「これで後はどうしろって言うんだろうねぇ。というか化身でシュートブロック出来ないから神童達のやってた事は無意味に等しいんだけどね?

雅野「めちゃめちゃ現実的発言ですね。

向坂「ていうかどうせならやり返せばいいのねぇ、蹴られたら蹴り返すとか。相手が血を吐く程にまで!」

真田「…余計歴史に悪影響与えないですかそれ?」

向坂「だって、あのままあっちにデカい顔させて調子乗らせたままって良い気分しないじゃん?だって俺さぁ……偉そうで見下す奴大嫌いなんだよねぇ。そういう奴ほどぶっ殺してやりたいっていうか?」

南沢「とりあえずあいつは相当なまでにご立腹という事なんで放置しとくか、…これでまあ今回はもう敵に余計な慈悲の心は流石の天馬も欠片も持ち合わせないだろ。一緒にサッカーやろうとは思わない程に」

時任「………………………。」

雅野「時任コーチ?……一体どうしたんですか、難しい顔をして。」

時任「いや…似てるなと思って。………このまま行くと天馬達は最後に最も辛い出来事と遭遇するかもしれない。」

南沢「なんですかそれ?」

時任「…いいや、僕の考え過ぎかもしれないし。」

目指す勝利のあまり……。

「(葱野のチーム)圧倒的に攻めてはいるが、あと一歩が足りない!後半を迎えてまだ両チーム0-0と無得点…決着は着くのか!?」

明井戸「(葱野をマークしてるけど、リズムが向こうは乗ってる。その元は…………(あるMFの選手の1人を見つけ)あいつか)」

「此処で再び(葱野のチームの8番)がボールを持つ!良い攻撃のリズムを生み出しているぞ!」

明井戸「見つけた、もう好き勝手させねーよ!!」(ボールを持ったその8番へと危険なスライディングを仕掛け)

「!うああ!!」(そのスライディングが左足に当たってフィールドに倒れ)

ピィー

「あー!これは危険なプレー!後半途中から入った明井戸、ボールを奪いに行ったがファールを取られる!」

明井戸「(やべ……やり過ぎた…これは多分………)」

(明井戸へとレッドカードが出され)

「退場ー!明井戸達人、1発レッドが出された!!」

明井戸「……(やっぱそうなるよな)」

葱野「大丈夫!?」(葱野のチームの8番は足を押さえたままでこの試合の続行がかなり厳しかった)

神野「明井戸先輩……。」

明井戸「後は頼むわ、神野、立向居。…ちょっと先走っちまった。」

立向居「……安心してください、絶対に守り切ります!」

神野「…貴方のお父さんに勝利の報告を届けますから、必ず!」

明井戸「…………おう。」


それから、人数は有利になったものの中心選手が欠けて思うように攻められず。逆にカウンターで(葱野のチーム)が失点を許し、1-0のまま………

「試合終了ー!!(明井戸のチーム)がこの直接対決を制した!1人少ない不利な状況を見事に跳ね返しました!」

葱野「ああー…また立向居からゴール出来なかった…!」



明井戸「やっぱ……無ぇよな、自分のゴールで勝利を親父に届けるなんてそんなカッコ良い事。俺に出来る訳がねぇ、……そこまでの才能なんざ持ち合わせてないし。」

(その時明井戸の携帯が鳴り)

明井戸「……玲名からか、もしもし?」

八神「達人。…………いいか、落ち着いて聞け。……………お父様が亡くなられた。」

明井戸「!!………………」

八神「ついさっきだ……お前の試合が終了した後すぐに………」

明井戸「…そっか。…3人にはなんて言えばいいんだろうな……」

八神「………」

明井戸「ホント……早過ぎるぜ親父…………」

八神「達人……………ん?え?な………!」

明井戸「……?どうした?」

八神「あー………た、達人……お父様が蘇ったそうだぞ。」

明井戸「は…!?」

八神「止まっていたはずの心臓が再び動き出したらしく、医師の方々が大慌てだそうだ。」

「全く、どういう心臓しとるんだあの人は!」「先生早く!」(電話の向こうで医者の慌ただしい声がし)

明井戸「あ、あの馬鹿親父……こんな状況でもビックリさせんじゃねぇよ……!」

八神「だが……よかった。」

明井戸「とにかくそっち向かうわ…すぐに。」(そして携帯を切った)









明井戸「…人騒がせ過ぎんだよ、馬鹿親父………よかった……!(その場で座り込んで涙が零れまくり)」

直接対決!

「プロリーグは12節!今回はいよいよ上位の直接対決となります、大注目の試合!現在首位に付けている勝ち点31の(明井戸のチーム)とそして勝ち点29、2位の(葱野のチーム)。(明井戸のチーム)が勝って首位を守るかそれとも(葱野のチーム)が再び首位に返り咲くのか!?」

葱野「明井戸先輩はベンチか…まあいつも通り………っ!?」

明井戸「……………(ベンチからまるで獲物を狙うように葱野を睨みつけるように見ていた)」

葱野「……あの目は明井戸先輩、本気中の本気だ……出て来る前に勝負つけよう…!」


ピィー

(葱野のチームが右へと左へとサイドチェンジで攻めて明井戸のチームの守備を翻弄)

葱野「!?(葱野の前に神野がピッタリとマーク)」

神野「今日は仕事させねーよ、得点王さん。」

「これは現在得点ランキングトップの葱野へとボールを繋ぎたい、がエースキラーの神野が今日は葱野を密着マーク!一切の仕事を許す気がなさそうだ!」

「っ!」(他のMFの選手が頭で合わせてヘディングで狙う、が枠から外れ)

立向居「よし、それ!(ボールボーイからボールを受け取ると素早くセットしてゴールキック)」

「立向居、奇襲のゴールキック!前線のFWへと一気に狙ったー!」

(葱野のチームのDFがこれをカット)

「しかしこの奇襲は想定済みだったかこれを許さないDF陣!」

立向居「っ……流石上位チーム…そう簡単には通してはくれないか」

プロとして。

病院。

明井戸「…………………。」(ガラス越しからベッドで変わり果てた父親の姿を見る事しか出来ず)

「達人…ゴメン、あんた試合控えてるのにこんな事になって…しかも相手はあの(葱野のチーム)じゃないの…」

八神「お父様……子供が車に轢かれそうになったのを救って………」


明井戸「……くたばるかよ…あの親父がくたばってたまるか、絶対起き上がって陽気に笑うに決まってる。」

八神「達人…。」



明井戸「…………悪い、お袋。……試合に備えなきゃなんないから行くわ。」

「達人、辛いならそんなに無理はしなくて……」

明井戸「あのな、お袋。……俺はこれでもプロのサッカープレーヤーだ。余程の怪我や病気じゃない限り休めねぇんだ。…勝てば親父は起き上がるかもしれない。」

「そう……怪我だけは本当に気をつけてね?」

明井戸「それは心配ねぇって、昔に入院してから絶対に病院の世話にはなりたくないって思ってるから。」



八神「勝てばお父様が目覚めるかもしれない……か。」

明井戸「……らしくねぇか?俺があんな全然根拠も何も無い事を言うのって。」

八神「いや、私もそう信じる。だから……勝って来い。」

明井戸「なんとしても勝たせるって。それが俺のプロとしての役目なんだから。」



明井戸「(親父…………絶対目覚めさせやる!とびっきりの勝利で!)」

決戦、しかし………。

明井戸「ふあ………じゃ、行ってくるわぁ…。」

八神「大丈夫か達人、眠そうだが。」

明井戸「移動中に睡眠取っときゃ大丈夫だって。」

八神「!……電話か、はい明井戸……………え?」

遊奈「?」

遊寺「どうしたの?」

八神「待て、達人。……お母様からだ。」

明井戸「ん?どうしたよ、お袋。」

「達人!お父さんが!!」





明井戸「!!!!………………嘘だろ…………………親父が………危篤……!?」

乙女の悩み。

白雪「はあ………南沢先輩、どうすれば私に振り向いてくれるのか。」

呟き。

真田「はぁ、次は何時練習試合があるのか…かと言ってまたこの前みたいなのは勘弁してほしいけどなぁ。」

日常

神童「おい、向坂………。」

向坂「ん?何ー?」

神童「寝ぼけてるのかどうか知らないけど、シャツが前と後ろ逆だぞ。

感想。

向坂「勝てるとは思えませんわ…か。そりゃスコアまで受け継いで8-0の状態じゃ勝てる訳がないよねぇ。

雅野「どうなってる…化身のシュートを身体で受け止めて平気とは。俺も………」

南沢「お前じゃ腹が壊れるから止めておけ。」

真田「けど、元々の日本代表は…どういう人達だったのか出ないままでしたね。見たかったです、凄い興味あったのに!」

神童「あの…皆、あの老人の博士や喋るクマについての事とかは…」

向坂「あー、何か言う事多過ぎて何から言えばいいか分かんないからスルーで。

雅野「というか三国先輩、無頼ハンド使えるようになってたんですね。破れましたけど…化身アームドとはいえ進化させてなかった方にも原因ありますけどね。」

真田「手厳しいなぁ……。」

向坂「とりあえずそうだねぇ…あのベータって子?お嬢様って感じで上から目線だけど今の所、あれで負けて屈辱にまみれる姿を思えば……ついでにあのグラサンの奴も…クククククク。」

真田「こここ、怖いんですけど向坂先輩!」

南沢「あいつ、偉そうな奴が負けて平伏す所を見るのが大好きだから。それをイメージして楽しくなってしまったんだろ。」

向坂「って向こう何でもアリって言うならこっちもラフプレー、それどころかどさくさにブッ殺しちゃっても文句言えないよねぇ?

真田「そこまでは絶対駄目ですってばー!確かに許せない相手ですけど!」

真田「暇だなぁ……何か練習試合とか来てないでしょうか?」

向坂「来てないねぇ、まあ平和が一番でしょ。この前みたいな過酷なのはもうゴメンだしさ。」

向坂、突然の終了宣言!?

南沢「…大分間が空いたけど大食いの方どうなったんだ?」

向坂「え?あー、大食いですかぁ…」

雅野「そうですよ、まだ決着が……」

向坂「飽きたからもういいやー。

天城、雅野「飽きた!?

向坂「いやー、どっちの方が食べるって言ってもだから何なの?って感じだし、何より神童の身体が持ちそうにないかなぁって。見る度に満腹になって夕食食べられないとか。」

南沢「それは相当だな。」

真田「結局無茶苦茶なまま終了ですか…」

2節纏めてプロリーグ。

鎖「何かだいぶ久しぶりな気がするねぇ。」

天瀬「…一体何を言えばいいか、ああプロリーグの事ですね。」

鎖「あまり長々とやっちゃうのもアレだから簡単に紹介でいいよね、毎回同じ展開のをやるよりそっちの方が良いかと」

前島「面倒なだけじゃないの?まあ10節の結果…ざっと紹介すればこうよ。」

(成神のチーム)5-0

(葱野のチーム)2-0

(明井戸のチーム)1-0

鎖「皆また見事に勝ってるなぁ、流石大先輩達は凄い。」


前島「で、速報で届いてるわ。今日の結果も…」

テクノ「あ、あれ?画面で紹介とかじゃなく……」

前島「そんな暇ないわよ、早く終わらせてパフェ食べに行きたいの私。

天瀬「貴女の都合ですか、まあ食べたいのは分かりますけど。

和泉「お前も食いたいのかよ!


鎖「じゃあそんな訳で速報行こうかぁ、11節……」

(成神のチーム)3-0

(葱野のチーム)1-1 △

(明井戸のチーム)1-0

テクノ「これ、多分順位変わったんじゃない…?(葱野のチーム)が首位守ってたけどこの引き分けで…」

鎖「まあでも、まだまだ先は長いからねぇ。それより(明井戸のチーム)はとうとう11試合連続無失点行っちゃったねぇ。何処まで完封出来るのかな?」

呟き

南沢「……………次雅野と何処遊びに行こうか。

感想。

真田「サッカーやるのが罪になっちゃうんですか!?

南沢「いきなり終わりを出すな。一気にすっ飛ばしたな

向坂「とりあえずまずは、剣城がやってたの格ゲーっぽいねぇ。」

神童「あまり関係無いような気が……しかし全然動きについて行けなかった…敵だけでなく仲間の方にも」

真田「いえ、神童先輩これからですから!」

雅野「あれそのうち俺達も融合させられる事になるのか?恐竜とか。」

真田「えー……何か嫌だなぁ、試合限定っぽいけど」

向坂「というかデスドロップより普通に化身のシュートを撃った方が強いんじゃないかなぁ?

雅野「どれだけ弱いんですか、キーパーコマンドって。」

南沢「…これであの人はまたサッカー出来なくなった、という訳か。」

時任「彼の精神力の強さにはホント脱帽だよ…その苦しみを既に知っていて弟の為にその道を取った。」

雅野「…………優一さん…。」

時任「優一君の復帰を心から願うよ、……彼程のプレーヤーが埋もれてしまうのはあってはならない」

真田「そしてサッカー禁止って、一体明日からどうすればいいんですか!?」

向坂「とりあえず此処じゃ禁止令無いからー。」

タナトスがプロリーグの結果確認。

和泉「そうだ、日曜プロリーグ…しばらく忙しくて見れてなかった。結果どうなってるかな?」

日向「えー…9節プロリーグは(成神のチーム)…………また圧倒的ですね、8-0で勝ってます。」

テクノ「そんなにー?あー、やっぱ源田さんが復帰して安心して攻撃に専念出来るって感じだね。」

天瀬「(葱野のチーム)も凄いですよ、5-1。葱野さんまたハットトリック達成してます。」

伊矢部「流石若手No.1ストライカーだ…」

鎖「あの人達はまた手堅く勝ってるねー、(明井戸のチーム)1-0。これで9試合連続無失点だよ。」

跳沢「ゴール奪えるの国内で(葱野のチーム)と(成神のチーム)ぐらいじゃねぇの?」

鎖「皆、凄いけど。ぶっちゃけ僕もプロで今すぐ戦える自信あるけどねー。

和泉「どんだけ自信があるんだお前!プロを舐めるなよ!?

感想

向坂「誰ー?円堂監督をあの時代ザルだろうって言った人は?

真田「思いっきり貴方じゃないですか!あの日まさにその口から!

南沢「ゴッドハンドどころか魔神グレイトまで…。1年だろ?年齢変わっても凄さは変わらないのか。」

神童「流石伝説のGKです……そして優一さん、いや…優一先輩か。あの人凄まじい強さだな。」

向坂「確実に弟君より強いっぽいねぇ、あれは。流石高校生だね。」

雅野「ペンドラゴンって南沢先輩と同じ化身じゃないですか。」

神童「もうアームドを知っていたりと一歩先を行って…天馬もドンドンと凄くなってるし、俺もあの2人みたいに…。」

真田「神童先輩もそのうち出来ますって!絶対に。サッカー部の皆も戻って良かったです」

南沢「けど、あの人…俺の前のエースだったのか。しかも俺と同じ化身とは偶然って恐ろしいもんだ」

向坂「って事は南沢先輩も出来るんじゃないですか?アームド。」

南沢「まさか。」

向坂「まあまあやってみましょうよー。」

南沢「………魔戦士ペンドラゴン!!

12-02-06_017.jpg


南沢「アームド!!」


……………………………シーン



真田「……………。」

雅野「何も起こりませんね。」

向坂「やっぱねぇ、起こる訳がない。仕組み全然分かんないもん。

南沢「だったらやらすな。

雅野VS天城 大食い10番勝負! 菓子パン

向坂「さあ、次は菓子パンでそしてこれに勝った方が10番勝負の勝ちに王手だよー。」

南沢「随分と長い間にこれサボってたような気がするな。

向坂「気のせいです。


向坂「さて、じゃあ今回は色々な種類の菓子パンを用意し…50個食べた方の勝ちだよ。どんな種類のを食べても良し。スタート!」

神童「速いな!スタートが!」

向坂「いや、後半ちょっと巻きで行こうかなと。

南沢「面倒くさくなっただけか。


雅野「(得意のスイーツ系のパンでバクバクと食べ進め)」

天城「(得意のガッツリ系のパンでガツガツと食べ進め)」


真田「2人ともそれぞれ得意のパンで勝ちに行ってますね、あれ…。」


天城「ふっ、今回は苦いものは無いド!俺の勝ちだド雅野!!」(此処で一気にペースを上げて雅野を突き放し)」

雅野「っ!?(同じくペースを上げるが此処で体格差が出てきたか離される一方)」

天城「これでラストだド!!(最後のパンを一口で食べきり完食)」

向坂「天城先輩これで10番勝負の勝利に王手ー。」

雅野「ぐぐ………。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。