FC2ブログ

竜虎相搏つ。

決戦の日 アマノミカドスタジアム。

神童「此処か……あの時はフィールドに立てなかったけど今度は最初から…。」

向坂「久々だねぇ、この感覚。相手はあのタナトスっと…」

真田「良いですね、最大のライバルとの戦い…これがサッカーですね!」

黒裂「分からないもんだな、あの時は雷門と戦ったと思ったら今度はその雷門と組んで試合するとは…」

倉間「こっちの台詞だっての。」

千宮路「そう言ってる間…タナトスさんもお出ましだぜ。」


鎖「久しぶりだねぇ、ネオテイコクの皆さん。」

和泉「…良いもんだな。何も気にする事なく自由にサッカー出来るというのは。」

跳沢「フン、かと言って勝ちは譲る気なんざ更々無ぇがな。」


向坂「へぇ~、俺達はあの時のままじゃないんだけどねぇ?」

鎖「大丈夫ですよ~、僕達も超パワーアップしましたし。……彼らによってね?」

神童「彼ら……?」

(その時高速で動き回る3人の影があり)

真田「わわ!?な、何あれ!?何時の間にフィールドを走り回ったり……」

(しかもその中でパス回しをしており、なおかつシュート並に早いスピードだった)

天城「何なんだド…!」


白竜「やっと貴様らと戦えるな、雷門達!」(その動きを止め)

神童「白竜!?」

シュウ「天馬、久しぶり。心底会いたかったよ。」

天馬「シュウ!?」

雨宮「…何でキミが先に天馬に声をかけるのかな?」

倉間「雨宮!?…って、天馬の奴人気者だ…」


南沢「何でお前らが此処に……。タナトスに何時の間に加わってたのか?」

雨宮「僕達はある人に声をかけられてスカウトされたんですよ。僕達さえ加われば完璧なチームが出来るって言って」

時任「ある人……?怪しい人じゃないよね?最近そういう人が多いから気をつけないと…」

「怪しい人、ねぇ。失礼な事言ってくれんじゃねぇの。」

時任「!?………な、何で…………何でキミが……」


明井戸「何て顔してんだよ、まるで幽霊でも見たかのような面だぜ時任?」

時任「明井戸……………。」


南沢「まさか……タナトスの………」


明井戸「そ、今の俺は…タナトスの監督明井戸達人だ。」

向坂「あ、あらー………これとんでもない事に…。」
スポンサーサイト



タナトスからの挑戦状。

神童「これは………!」

南沢「どうした神童、不幸の手紙でも届いたか?

神童「違います、これ!」


「ネオテイコクへ、やっと両方ともチーム状況が落ち着いた頃だろうと思ってこうして手紙を書かせてもらった。
アマノミカドで何時かの決着をつけたい、そしてどっちが最強の王者なのかハッキリさせよう。

タナトス」

南沢「……ああ、あいつらとうとう来たか。」

真田「…何時かは来るだろうと思ってましたが、思ったより早かったですね。」

神童「今度はお互いに何も無い、思いっきりサッカーをやるだけ…よし!行こう!」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR