スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

着いた場所は…

南沢「……なんだ、此処は…?」

雅野「こんな樹海の中に……」

向坂「はい、着いたっと。」

時任「まさか!此処って………エイリア学園の研究所じゃないか!?」

向坂「おっと、それとは違いますよー。その研究所そっくりに作っただけですから」

時任「そうか………まあ、そうだろうね…あの研究所はヒロトに代わってからずっと吉良財閥が所有しているはずだからね。」

真田「けど、凄いな……なんていうか宇宙研究所に来たっていうか…」

向坂「はいはい、観光してないでこっちこっちー。」



そして奥の部屋。

向坂「…マスター。連れて来ました。」

時任「……………貴方は…。」

「……キミは私に会ってはいない、しかし私はキミをよく知っているよ。時任信。…明井戸達人の親友。」

時任「……!」

竜堂「そう………憎むべき奴の親友…!」(血のような赤い髪に憎悪に満ちた目で時任を睨みつけ)

時任「まさかお前が………竜堂巧!!

南沢「こいつが!?」

雅野「……皆を狂わせた張本人…!」

真田「全部、この人が……。」

時任「…何故、こんな事をする。皆を操ってこんな事を…」

竜堂「ふん、優秀な手駒が欲しかっただけだ。たいした理由はない。雷門は今一番強いチームとされている…そのチームならばあの男達の大事とするチームを粉々に粉砕出来るとな!」

時任「あの男達…!?明井戸の他に………」

竜堂「私を地獄に突き落とした明井戸達人、私の顔に傷をつけた成神健也、そして我が魔王を破壊した葱野刻!奴らの大事なもの全てを粉砕して地獄に叩き落とす!!それが私の目的だ!その為なら手段は問わん!!」

南沢「先代のチームへの恨みかこれは…!」

時任「それを彼らへと……!ふざけるな!この子達は何も関係無い!ただお前の憎悪をぶつけてるだけじゃないか!」

竜堂「煩い!……既に出口は閉じた……このクレイジーサンダーを倒さない限りお前達は外へと出る事は永遠に不可能。もはや戦うしかないのだよ!」

倉間「こいつ……本当に狂ってやがる……!」

天馬「やっと相手が来たね、サッカー出来るー。」

剣城「今度はちょっとは楽しませてくれるんだろうな?」

真田「………!」

神童「……どっちでもいい、マスターに逆らう者は全て排除だ。」

向坂「さて、そういう事なんで……サッカーやりましょうか?
スポンサーサイト

地図の通りに。

南沢「おい、此処って………。」

雅野「……富士の樹海、ですよね。

時任「懐かしいな、まさかまた此処に来る事になるなんて。」

真田「来た事あるんですか?」

時任「10年前にね、エイリア学園事件の時彼らが拠点としていた場所さ。…あの研究所が今はどうなってるかまでは知らないけど」

向坂「ようこそ、皆さんー。」

!!!

真田「向坂先輩…やっぱりあのチームって……」

向坂「そ、分かってるようだからもう言うよ。クレイジーサンダーって俺達の事だからさ」

南沢「…あの2校潰した後に俺達か?」

向坂「俺だって詳しくは知らないですよ、マスターのご命令ですから」

雅野「…それが、あの赤い髪の男…。」

向坂「ああ、見ちゃったんだあの人を?…ま、行こうか。樹海は広くて迷いやすいから案内しよう」


倉間「そこに…あいつらも居るんだな…。」

真田「……失敗は許されないですよね…この機会逃したらもう2度と……」

こんな時に…。

雅野「!南沢先輩、こんなものが……。」

南沢「ん?」

倉間「なんだこれ、……………練習試合!?」

真田「こんな時にそんな…今は神童先輩達がいなくて戦える状態じゃないのに…」

南沢「………「我々は圧倒的力を持つチーム、クレイジーサンダー。我らを恐れないなら、この地図に書かれた場所に来い。時間は…………………」」


時任「クレイジーサンダー?こんな時に………この時期に?」

真田「……なんか。もしかしたら、もしかしたらですけど…というか場所が何か普通の場所じゃないですし…」

地獄の光景。

時任「これがそのビデオ…けどキミ達、勝手な行動はするなとあれ程…。」

真田「それはすみませんでしたコーチ!!」

南沢「お叱りは後で受けさせてもらいますから、今はビデオの方に…。」


雅野「では………再生。」


光良「うああっ!!」(激しいスライディングの前に転倒)

霧野「……フン。(転倒した光良を見下すよな目で見ればポーンと前線にパス)(着ているウェアは雷門のアウェーユニフォーム)」

倉間「霧野!?何であいつ………」

磯崎「何だそのパスは、舐めてんのか!(霧野のパスをインターセプトし)」

天馬「あーあ、まあいいや…すぐ返してもらうから。スパイラルドローS!

磯崎「く!?(周囲を風で包み込み、何も見えなくなった所に…)」

ドガァッ

磯崎「がはぁ!!」(吹っ飛ばされて地面に倒れるとお腹を抑えて苦しそうにしており)

倉間「て、天馬!?いや、まず……あいつ何しやがった!?」

天馬「どけぇーーー!!」(ゴール前まで一直線で走り、誰もそのスピードを止められず)

篠山「来るかこいつ……!」

天馬「超マッハウィンド!」(シュート…かと思えば至近距離まで一気に篠山に詰め寄り篠山の腹ごとボールを蹴り)

篠山「がっ!?」(その威力にボールごとゴールに叩き付けられ)

ピィー

「ファールファール8番!」

天馬「あ、すみませーん。力入りすぎちゃって…つい。」

篠山「つ、つい……ぐ…お前わざとやったんだろうが!?」

天馬「…………それをお前らが言うか?あれさ……かなり痛かったんだよね。(篠山や万能坂に対して強い敵意や殺意を現にし)」

篠山「っ!?」

向坂「おーい、天馬。1人で張り切り過ぎないようにー。サッカーはチームプレーっていうの忘れないでよー?」

雅野「向坂!?…………」

南沢「明らかにいつもの天馬じゃないな。…絶対スパイラルドロー中に磯崎に何かやっただろうし」


神童「一切気を抜くな………徹底的に叩き潰す。(キャプテンマークを巻いた神童がそこに居た)」

倉間「神童も…!あいつがキャプテン………」


ピィー(万能坂のキックオフ…の直後)

狩屋「退屈過ぎんだよ!!」(すぐさまスライディングで襲いかかり)

光良「ぐあっ!?」(そのスライディングに吹っ飛ばされ)

雅野「狩屋まで……。」


篠山「ゴール前固めろぉー!!」

剣城「…無駄なんだよ、ザコがいくら集まっても所詮ザコに過ぎねぇんだよ!」(シュートを撃って1人のDFに当たり)」

「うわあ!」

剣城「どうした、こんな通常シュートもまともにブロック出来ないか!?」(次次とDFめがけてシュートを撃ちまくり)」

(ゴール前を固めていたDF陣が全て倒れてしまい)

天馬「ちょっと剣城ー、あんまりやり過ぎないでよ。俺の分のお楽しみとっといて!」


西園「ふあ~………」(ボール来なくて暇そう、この状況を特になんとも思ってない様子)

剣城「悪いな、だったら…1点だけ頂いておくか!(鋭いシュートを放ち、そのボールは篠山の顔面へと凄まじい勢いで飛んでいた)

バガッ

(まともに篠山の顔に命中してゴールはボールに入っており、篠山立ち上がれず)

剣城「立てよ、早く。………まだ楽しい試合は始まったばかりだぜ?


その後も激しい攻撃は続き、ベンチの交代選手も試合に出てきたが同様に痛めつけられ。万能坂の監督は恐ろしいあまり逃げ出してしまっていた。

磯崎「う…………あ……………」

天馬「もうかなり辛そうだね。」

磯崎「何故…………だ………………お前……なんで………」

天馬「あれ、まだ分からない?まあ簡単に言っておこうかなぁ。お前らが気に入らないから排除、ただそれだけ

磯崎「………!?」

天馬「恨むなら自分達の過去の行動を恨む事だね、じゃあサ・ヨ・ナ・ラ♪超マッハウィンド!!」(磯崎めがけてわざとシュートを放ち

磯崎「ぐわあああ!!」(思いっきり遠くへと吹っ飛ばされてそのまま動かなくなり)


「!!!!」

向坂「マスター……………処刑完了。」


「ご苦労。」(一瞬血のような赤い髪をした男、監督らしき人物が映りそこでビデオは終わる)


真田「なんですか……これは……。」

南沢「…………。」

倉間「なんだよこれ……まるで拷問じゃねぇか!地獄じゃねぇか!天馬や神童達が全員病院送りにしたっつーのかよ!」

雅野「……最後に映ったの……あの時の…!」

時任「……まさか此処までとは…。」

倉間「許せねぇ……誰だ!誰がこいつらをこんなにしやがった!?見つけ次第ぶっ飛ばしてやる!」

真田「…こんな事…………どうすれば……。」

万能坂へ。

露原「はぁっ……相変わらずきつい坂だなこれ!

雅野「万能坂は学校までの距離が凄く長い…これで足腰を鍛えているんだろ。」

倉間「…けど、その努力もそいつらには通じなかったんだよな…。」

南沢「……やっと着いた……此処か。」

真田「えーと、あのーサッカー部マネージャーの方を探してるんですけど何処に居るか存じませんか?」

「ああ、それならあの子よ。」

真田「あ、ありがとうございます!」

南沢「あの女子か…。」

「!あ、貴方達はネオテイコクの………。」

倉間「おう…この前の練習試合は大変だったそうじゃねーか。酷い目に遭ったな……」

「!?どうしてそれを……あの練習試合は極秘だったはず…」

南沢「うちは情報網半端無いもんでな。……で、此処に来たのは…あの試合もしかしたらビデオでも撮ってたんじゃないかって期待を抱いて坂を登って辿り着いた訳だ」

「貴方達がなんで……万能坂をあまりよく思ってないはずでしょう?」

倉間「…勘違いすんじゃねーぞ、そいつらの事は今でも好きじゃねぇ。そしてそいつらの敵討ちしようって訳でもない。ただ、その謎のチームを野放しに出来ねぇだけだ」

「…謎のチーム、ね。まだ見てない貴方達には現時点でそうかもしれない…。」

真田「どういう事ですか…?」

「……その試合のビデオならあげるわよ、でも…あのチームと関わらない方が身の為だから。」

雅野「……………。」

再び歴史は繰り返される?

雅野「……え!?」

南沢「……………」

時任「今言った通りだよ、………天河原と万能坂が潰された。

真田「嘘でしょう…!?そんな突然…何があったんですか?」

時任「あまり公にされず極秘でどっちも練習試合を行ったらしいんだよ、…それでその相手チームに2校ともに完敗した。」

倉間「マジか……あんまりどっちも正直好かない学校だけどよ。」

雅野「…完敗ってどれぐらいの完敗だったんでしょう…?」

時任「天河原はボールを全く奪えずエースである隼総の化身ファルコも全く歯が立たず、何も出来ないまま一方的に破れたね。……西野空と隼総が重傷、その他の選手もいずれも傷を負ってる。」

南沢「…荒っぽいプレーに更に荒っぽいプレーで返したと見えますね。」

時任「もっと酷いのは万能坂…全員が西野空と隼総以上の重傷だ。特にシードは危険な状態で即入院…もうサッカーをやりたくないと思う程に痛めつけられたみたいだよ。」

真田「……一体どういう事があったんですか…そこまでの事が……」

時任「…このパターン………まさか……」

雅野「あの、危険な状態って………もしかして………」

時任「………そうだね、最悪の事態もあり得る。……それぐらい酷かった」

真田「それは……サッカーじゃなくて拷問じゃないですか!?全員を重傷に追い込んだり入院とか…もしかしたら最初から殺そうとしたかもしれないですよ!?」

倉間「んな危険なチーム、何処のどいつだよ…!命の危険もある程に強いなんて聞いた事もねぇ……!」

その目的は…?

????????

「やっと…舞台は整ってきた……我が復讐の時まで後少しだ…!」

向坂「………………。」

神童「………………。」

「キサマらの大事なものを全て崩壊させてやる…何もかもだ!」

一歩ずつ近づき。

栄田「なんて無茶をしたんだよお前達は!!

南沢「……すいません……。」

真田「本当に申し訳ないです…!」

栄田「……ふう、まあこうして無事だったから良かったものの…その車の持ち主があいつなら本当に危なかったんだからな?」

雅野「さっき言った…竜堂ですか。」

栄田「ああ、10年前数多くのサッカー少年達を巻き込み影山を殺した殺人犯…ヤツは催眠術のスペシャリストだ。それでかつては立向居達が操られて影山の育てたチーム全てを完膚なきまでに叩き潰してきた…入院した選手も多く出た程だ。」

真田「葱野さんもそれで命を落としかけたとか……本当に最悪な奴です!」

栄田「時任先輩がキミ達に捜索するなと言うのも分かるよ、…10年前のあんな事もう繰り返す訳にはいかないからね。」

南沢「とにかく栄田さん、赤い車のナンバー照合をお願いします。」

栄田「分かった、でも…無茶はこれっきりにしてくれよ。」

雅野「気をつけます…。」

ロボットとの戦い。

向坂「さあ、楽しいゲームの始まりだ…ボールはあげるよ。」(ピィーっと笛を吹き鳴らす)

黒裂「ロボット相手でもサッカーなら負けはしない!」

ロボット4、5「「ビッグシザース」」(黒裂を挟み込むようにしてスライディングで襲いかかり)

黒裂「それでどうにか出来ると思ったか…ラウンドスパークZ!!

12-02-06_016.jpg

倉間「よし…こっち!」

黒裂「分かった!」(倉間へとパス…が、ロボット2にカットされ)

南沢「…読まれたか…!」

向坂「丁重に扱わないとねぇ…壊したらあの人に怒られる。」

(ロボット2から4へとパス)

ロボット4「「真疾風ダッシュ」」」(目にも止まらぬ速さでゴール前へと一気に上がり)

真田「来る……!」

ロボット4「「超ファイアトルネード」」(強力な炎を纏ったボールを空中で回転しながらのシュート)」

真田「これは任せて!アトランティスウォールGX!!

12-06-01_004.jpg

真田「これで…南沢先輩!」

南沢「……最後のパスが読まれる、ならこうだ。魔戦士ペンドラゴン!!

12-02-06_017.jpg


(化身を出して南沢が次々と突破していき)

南沢「1点勝負なら、最初から100%のシュートで決めるまでだ。ソウル・ブリンガー!!

12-04-09_015.jpg


12-02-06_022.jpg

ロボット1「「極無頼ハンド…………」」(黒い巨大な両手でシュートを挟み込むようにキャッチ、がその手を弾き飛ばしてロボットごとゴールに突き刺し)

真田「やった決まったー!」

倉間「よし!さあ、向坂。約束通り教えてもらうぜ!」

向坂「ふう、所詮機械はこの程度かぁ。」

南沢「まず……あの手紙、お前が本当に思って書いた事か?全てを滅茶苦茶にするとかいう」

向坂「ああ、ホントですよ。前から思ってたんですよね、もううんざりだって。だからもういいかなって。」

雅野「その為にお前……神童先輩達を…!」

黒裂「待て、神童達は……お前は居場所を知ってるのか?」

向坂「知ってる知ってる、だって…俺達と一緒だからね。」

雅野「な!?」

南沢「俺達……。向坂、お前にそのロボットを与えたのって…誰だ?一体誰と行動してるんだ。」

向坂「そこから先はゲームクリア以上の報酬なんで答えられませんねぇ。そういう訳で!」(後ろにあった隠し扉から逃走し)」

倉間「あ!待ちやがれ!!」(メンバーもすぐに後を追う)

南沢「この建物がこんな仕掛けをしていたとは…!」

雅野「居た!向さ…………!?」

神童「…………(赤い車の前に向坂と共にそこに立っており)」

黒裂「神童!?」

真田「神童先輩……無事だったんですか!」

雅野「皆探してましたよ、帰りましょう。」

神童「…帰る?何処に?」

真田「何処にって…僕達の所ですよ!?同じチームメイトの所の!」

神童「……お前らはチームメイトでも………仲間でもなんでもない。」

「!?」

倉間「神童!?…向坂ぁ!てめえ何しやがった!」

向坂「…………神童。」

神童「ディープミストS」(辺り全体を霧で包み込み、その間に2人は車に乗り込んで)

雅野「っ……何も見えな……………!?」

(その時一瞬雅野と運転席に居た血のように赤い髪の男と目が合い、赤い車は走り去る)」

南沢「…………やっと晴れたか…。」

倉間「っ…逃げられた!」

黒裂「……車のNo.なら抑えといた。」

真田「本当ですか!?これは大きな手がかりです!栄田さんに渡せば…!」

黒裂「…ただ、向こうもNo.抑えられる事が想定済みだとすれば…」

倉間「とりあえず何も無いよりは良いだろ。」

雅野「……今の男の目…。」

南沢「どうした、雅野?」

雅野「……運転席に居た男……狂気に狂ったと言うべきか、そんな目をしてました……。とても危険な…」

南沢「………運転席?お前よく見えたな。…そいつがもしかして黒幕か…もしくはただの下っ端か。」

突然の再会。

真田「はあ……一体どうしましょう。」

南沢「奴は結局何処にも居ない…知ってる所は全部当たったはずだ。」

倉間「あいつは気まぐれだから何時何処に現れるか全然分かんないですよ…くそ!」

黒裂「気まぐれな性格が今俺達に大きな壁となって立ち塞がるとは…」

雅野「手詰まりですね…………!?」

南沢「…雅野?」

雅野「あの自転車に乗ってるのって……」

南沢「!向坂……!?」

向坂「!(向こうが気づいたと判断すればすぐに自転車をこいで逃走)」

黒裂「逃がすか…待て!!」(自転車めがけてシュートを放ち)

向坂「っ!(自転車に命中して自転車が倒れるが本人はすぐ起き上がって走り)」

雅野「これはチャンス…絶対に捕まえて話を聞きましょう!」

南沢「当然だな、追うぞ!」

(向坂を追いかけるメンバー、やがてボロボロの建物の前まで辿り着き、その建物に向坂は逃げ込み)


真田「此処に入りましたよ…。」

倉間「もう逃げられねーぞ!観念して出て来やがれ向坂ぁ!!」

雅野「……1階には何処にもいないです…。」

黒裂「残りは此処だな、地下への階段……隠れられる場所と言えば此処しかない。」

南沢「行くか。」

倉間「…何だ、この地下。思ったよりも広々としていて…ボロい建物とは思えない程綺麗っつーか…。」

真田「向坂先輩何処ですかー!」

向坂「此処だよ、此処。」

南沢「……!向坂……」

倉間「やっと見つけた…お前には聞きたい事が山ほどあるんだよ!答えてもらうからな!」

向坂「俺に?答えてあげてもいいけど、……タダ教えるだけじゃ面白くないな。」

雅野「何言って………………」

(その時突然メンバーと向坂の間に上からロボット5体(未来の聖典奪取の時に出たロボットと似たような感じ)が落下してきて)

真田「わ!?な、な…何こいつらは!?」

向坂「簡単なゲームだよ、こいつらとの5VS5のサッカーバトルで勝ったら知ってる事を教えてやってもいい。」

黒裂「ロボットとサッカーだと…!?」

南沢「それで本当に教えてくれるっていうんなら…やるけどお前後から約束破るような事したらタダじゃおかないぞ?」

向坂「怖いですねぇ、別に勝った後既に逃げてるなんて事はないのでご安心を。」

雅野「今丁度5人…このメンバーでやるしかない…。」

真田「絶対勝つ!勝って聞き出そう、向坂先輩から!」

感想。

雅野「錦先輩にダンスはやらせない方が良さそうですね。

南沢「同じ理由でクマもな。

真田「今更ですけど、神童先輩は何処言ってもモテますよね…。」

倉間「当たり前だろーが。あいつのモテない時代って何処だよ?原始時代か?」

南沢「流石にそこでサッカーやるのは無理だろうから行く事は無さそうだろ。」

倉間「というか盆踊りなんだったんですか、結局はサッカーに走って盆踊り特訓無駄に終わりましたよね?」

雅野「……あれ、打ち首じゃないですか?確実に。」

南沢「けど何か生きてたみたいだから、一体どうやって助かったのか。牢に入れられた後に脱走か?」

捜索打ち切り?

時任「…皆、集まった?」

南沢「はい。なんでしょうか時任コーチ?」

時任「…………皆はこれ以上向坂や神童達を探そうとするな。」

真田「え!?な、何でですか……!」

時任「神童家の方でも捜索が開始されてる、これ以上の人手は必要無い。此処からは…大人に任せて子供は手を引く。…練習の方に集中してくれ。」

雅野「時任コーチ……。」

時任「話は以上、皆戻っていいよ。」



露原「子供じゃ頼りにならなくて足手まといだって事かよ!?」

真田「いや、そういうんじゃなくて…多分テレビでやってた凶悪犯による犯罪に巻き込まないようにする為なんじゃないかと……」

雅野「…そうであったとしても……このままじっと待てと言うのか。」


白雪「南沢先輩……どうします?」

南沢「今はコーチの言う事に従うしかないだろ、…普段見ない険しい顔をしていたし。」

その頃。

「くそ!何処だ竜堂は!」

栄田「それにしても…先輩、竜堂の脱走が発覚するまで遅かったですね。」

「ヤツは隙をついて看守を催眠術で操っていた、竜堂にとって幸いな事にヤツとそっくりな看守が偶然にも居て入れ替わりとなっていたんだ…そうして監視カメラからも逃れていた。」

栄田「竜堂は催眠術のスペシャリストですからね。…それを使える狂った犯罪者が一番厄介だ…。10年前のような事を繰り返させてたまるか!」



衝撃。

南沢「…これがその手紙です。」

時任「向坂がこう思っていたって訳なのか…。」

雅野「何考えてるのか分かんなかったですけど、これで決定的じゃないですか。家族に偽造する理由なんて無いですし。」

黒裂「なら、その向坂を早く捕まえて神童達の居場所を吐かせる必要アリ…か。」

龍崎「全く…無茶苦茶な奴と思っていたけど、勝手に辞めてこんな事考えてたなんてな。」

時任「本当に彼が……。」




「此処で臨時ニュースです、先ほど警察の方で刑務所から脱走した男を全国で指名手配しました。男の氏名は………竜堂巧。

時任「!!??」

南沢「コーチ…?どうしたんですか?」

時任「あ、ああ…いや、なんでもない……。とにかく向坂を探さないとね……。」

雅野「そうですね……。」




時任「……(僕はその男には会っていない、でも…竜堂巧。かつての影山の側近で雷門VS帝国の鉄骨落下を仕掛け、事故を装って影山を亡き者にした…そして立向居達を操り影山への憎しみを彼が育て上げたチームへとぶつけ、皆を苦しめた男とは聞いている…。その男が脱走………こんな時に…一体この先どうなってしまうんだ…?)」

向坂の部屋。

「此処、ゆっくり探しててねー。」

雅野「ありがとうございます。」

南沢「………………さて、探すとするか。手がかりを」

雅野「…ちょっと散らかってますね。思った程でもなかったけど」

南沢「あいつの事だから食べかけの菓子とか漫画が床に散乱してるのかと思ったけど…ちょっと漫画やCDで落ちてるぐらいだな。」

雅野「まあ、凄くではなくて少しだらしなかった…という所ですね。って、それよりも手がかりを…あいつが犯人なら何かあるはず…!」

南沢「日記か何かがあるといいけどな、って言ってもあいつの場合そういうのはやってそうにないだろうけど。」

雅野「あ、南沢先輩……あの机に……手紙?」

南沢「…読むか。いかにもこれは何かありそうだろ。」

雅野「………「もうサッカーに飽きた、嫌になった。あのチームも嫌になった、全てを滅茶苦茶にしてやる。これで明日から頑張って走る事もなくなる。俺は自由になれる。」」

南沢「………………。」

雅野「全てを滅茶苦茶に……って、証拠出てきましたよ!疑う余地なくあいつが犯人で決まりでしょう!」

南沢「…まだ筆跡がその通りとは限らないけどな。」

雅野「けど…この家に居るのは両親と姉の3人、あの人達が偽造したなんて考え難いでしょう。」

南沢「あいつが本当に……。」

それぞれが動き出す。

警視庁

「急げ!全国に奴を指名手配だ!なんとしても奴の身柄を確保だ!」

「はい!」

栄田「奴が脱走するとは……あいつを野放しにしたら危険だ!」


??????

「警察の奴らもそろそろ動き出している頃……無駄だ、私は捕まらない…いや、捕まるわけにはいかん…何としても!」



向坂の家

ピンポーン

「はい?」(中から向坂の姉らしき人物が出て来た、女子大生ぐらいで茶髪(猫耳ではない)」

南沢「あ、すみません…向坂君と同じ雷門で同じサッカー部3年の南沢篤志と言います……。」

雅野「……先輩、今は月山国光のはずじゃ…。」

南沢「黙ってろ、話を聞く為だ……。」

「悟の先輩?ああー、時々南沢って人の名前を聞いてたけどキミだったんだ。」

南沢「それで、あの…向坂君は家に?」

「それがねぇ、「友達の家にちょっと泊まってるから晩ご飯いらなーい。」とか言ってまだ帰ってないのよね。ま…時々こういうのあるんだけどね。」

南沢「……(そういえば確かにあいつ、時々一乃や青山の家に泊まりに行ったりしてたな…神童の家にも行ってたみたいだし)そうですか……」

雅野「すみません、実は……僕前に向坂……先輩の部屋で忘れ物したみたいなんです。この前遊びに行って家に帰って来たら無い事に気づいて、此処で落としたのかなって…。」

「ああ、それなら中にどうぞ。あの子の部屋なら勝手に入っちゃっていいから。」

南沢「…いいんですか?本人に無許可で。」

「いいのいいの、どうせ怒りはしないわよ。」

雅野「はあ……では、失礼します。」

南沢「……咄嗟に思いついたのかそれ。」

雅野「……本人が居ないならその部屋に何か手がかりのような物があるんじゃないかと思いまして。」

広がる被害。

雅野「…一体どういう事だ………。」

真田「こんな事って……。」



南沢「今度は天馬が居ない!?

白雪「な、なんですかこれ…向坂のバカが退部したかと思えば天城先輩と神童が行方知れずで天馬君まで!?」


時任「………向坂が退部してから、何か立て続けに起こっているような気がする。」

真田「え!?まさか…時任コーチ、向坂先輩を疑ってます…!?」

時任「正直自分の教え子を疑いたくはないよ、でも………怪しいと言わざるを得ない。」

雅野「…あいつ、自分が辞めた後でも俺達に迷惑かけるつもりか…!」

南沢「行ってみるか、あいつの家に。」

雅野「行きます!行って皆の居場所を吐かせます!」

南沢「手荒な真似は控えとけ、話を聞きに行くだけだぞ。」

皆の知らぬ間に…。

プロリーグの結果。

葱野のチーム 2-1

明井戸のチーム1-0

成神のチーム 2-0








栄田「はい…………な!?脱走!?あいつが!?…分かりました。」

突然の離脱!?

向坂「南沢先輩ー。」

南沢「んー……?どうした?」

向坂「俺チーム抜けますー。」

南沢「ふーん…………………ん!?」

雅野「!??な…何言ってんですか貴方は急に!」

向坂「だから、今言った通りだよー。……俺はもうネオテイコクというチームから離脱するってね。」

南沢「急にお前…どうした?」

雅野「いきなり過ぎますよ!どうしたんですか、何か重い病気を抱えたんですか?!」

向坂「身体は何の異常も無し、そういう事じゃないから。」

南沢「じゃあなんだよ……心の病気の方か?」

雅野「話してくださいよ、チームメイトでしょう?」

向坂「………………………飽きたから。」

南沢「……は?」

雅野「……え?」

向坂「サッカーに飽きたから、止める理由はそれだよ。もうコーチに退部届けも出してきたし、これでお別れだねぇ。」

雅野「な、何を……何言ってんですか…飽きたから止めるってなんですかそれ!あれだけ凄いプレーしたりするのに、ただ飽きたからもう止めるって言うんですか!?」

向坂「はあ、なーにみっともなく熱くなってんだか………たかが球遊びだろ?

雅野「!!!!(カッとなって向坂をボガァっと殴り)」

南沢「雅野!?」

雅野「ふざけるな……ふざけるな!アンタは不真面目だけどサッカーだけは真面目に取り組んでる…そういう人だと思ってたのに!」

向坂「…勝手なイメージ押し付けられちゃ迷惑なんだけど。」

雅野「……失せろ………サッカーを球遊びと言う奴はこの場から消え失せろ!!」



向坂「はいはい…………言われなくても消えてやるよ。じゃーね」


雅野「…………………」

南沢「……何があったんだ、あいつ。…読めないヤツだけど今回は特に………」

亀裂。

天城「な……お前、今なんて言ったド!?」

「だから、無理ですよ。貴方の力じゃ……そこまでの事しか出来ない。そのうちレギュラーから外れる事は間違いない、そう言ったんです。」

天城「ふざけるなド!!何で急にレギュラーから外れるとかそんな事、俺に喧嘩売ってるかド!?」

「思った事言っただけですよ、貴方はこのチームに必要とされなくなる。と」

天城「っ……!お前がそんな事思ってたなんて知らなかったド…もういいド!!」



神童「…………………。」

向坂の華麗なる生活。

漫画喫茶で好きな漫画読みながら好きな飲み物を飲む。

向坂「なんだよー、2巻抜けてんじゃん…。」

ゲーセンで涼みながら好きなゲームをやる。

向坂「お、新しいの入ってる。やってみよっと」

外に居るのも飽きたので家に帰って寝る。

向坂「ぐー………。」




向坂「と、これが俺の華麗なるプライベートですねぇ。」

南沢「何処が華麗だ。

感想。

南沢「クマ……ルールぐらい前もって教えておけ自称大監督。

雅野「というか西園はタイタニアス以外何も技を使う事が出来ないんでしょうか。

向坂「というか別にサッカーじゃなくて前にあった刃物で襲うって単純にして確実な方法の方が良かったと思うけどなぁ。合わせてくれるあの人ら案外良い人?」

真田「けど……まさか西園君が覚醒するとは思いませんでしたね、錦先輩か神童先輩辺りかと思ってましたし。」

南沢「で、10点も入れるとはあいつらにしては豪快な勝ち方をしたな。いつもは接戦なのに」

雅野「その前の2失点はいただけないですけどね。…次が踊り子ですか?あの時代の踊り子って一体どんな格好をしていたのか……やるんですか?特に錦先輩。

向坂「やるんじゃないかなぁ、たたっ斬られる確率120%だろうけど。

暑い時は。

真田「はぁー……アイス美味しいなぁ。」

露原「ホント、100円で味わえる天国だよな。神童先輩とか100円のアイス食べそうにないだろうけど。」

真田「いや、あの人それぐらいのアイスも美味しいとか言って食べてたよ?

露原「マックも知ってるといい意外と庶民派だったのかよ。

目指すべき道は…?

今回かなりBL入っていますので苦手な方は引き返してください。














南沢「で……俺としては将来お前との同棲考えてるんだけどな、マジで。」

雅野「え?いや、いきなり何を言ってるんですか……。」

南沢「何、お前は嫌なのか?」

雅野「いえ……………そうは言いませんけど…急でビックリして、まだ先の事ですよね?」

南沢「そう言ってる間5年、10年なんて案外あっという間だ。今のうちに考えとくのも悪く無いだろ。」

雅野「確かに…時が経つのはあっという間ですね。」

南沢「俺も3年でもうすぐ卒業だ、それで……考えてんだよ。良い所へ就職する為の努力かそれとも……本気でプロを目指しての努力かを。」

雅野「…俺なら後者ですが。」

南沢「お前はな、けど………俺じゃなれるかどうか知らない博打になる。賭けはあんまりアテにしないんでな。」

雅野「なれますよ、貴方なら。」

南沢「雅野?」

雅野「何回南沢先輩を後ろから見て来たと思ってるんですか、貴方の力ならなれます。それとも……俺の言葉は信用出来ませんか?」

南沢「……狡いな、信じないなんて言える訳が無い。……道は決まった。ありがとな。」

雅野「いえ、思った事を言っただけですから。」



南沢、雅野のデート。

今回BLがかなり(?)含まれています、苦手な方は引き返してください。
















南沢「最近暑くなったもんだな、溶けそう…。」

雅野「それぐらいで人は溶けませんって。」

南沢「冗談だ、けどマジで暑い……雨に降られるよりはマシだけどな。デートの時は晴れに限る。」

雅野「まあ……そうですね…デートの時は…というか南沢先輩、暑いなら何で俺の手ずっと握ってるんですか。余計暑くありません?」

南沢「好きな相手なら別、だろ?」

雅野「っ…………今のでこっちがもっと暑くなりそうですよ…!」

南沢「その台詞、誘ってんのか?」

雅野「違います!」

南沢「残念…さて、暑くなってる雅野君の為に喫茶店入るか。」

暑さにやられるイレブン。

真田「あーつーいー………」

向坂「あー……こんな日流石に外で練習は無いよねぇ…うん、室内にしよう室内に。

南沢「よし、決定。

雅野「暑さであっさりと外から室内に変更しましたね。」

感想。

向坂「時任さーん、明智光秀の心配は無さそうですよー。

時任「そうだね…秀吉が信長に仕える前みたいだし、何か最近は歴史の勉強をしてるような気分になってくるなぁ。葱野を連れてくれば良かった。」

真田「え、葱野さん……信長とか秀吉を知りませんか?」

時任「彼は確実に知らないと思うよ。

南沢「流石伝説のおバカですね。

向坂「しかしねぇ、神童はこの時代でもモテるとは流石だなぁ。お豆腐屋さん将来始めちゃう?」

神童「?何で豆腐を売らなければいけないんだ?」

真田「始める心配は全然無さそうですね。

南沢「で……何で居るんだ、しかもその時代に合わせてのコスプレ…そもそもあいつらサッカー出来るのか、というか刃物でかかって来た方が確実にあいつら有利だろうが。

雅野「天馬達に合わせてサッカーしてくれるってあの人達案外良い人なのでは?」

今頃七夕

南沢「七夕の願い書いたかー?」

向坂「書きましたー。」

真田「えーと、これは………「もっと出番をください」

南沢「それは露原だな、確かに最近見ない。

向坂「さーて、真田はなんて書いたのかなぁ?」

真田「え?いや、僕は面白い事は別に…。」

向坂「「葱野さんと同じプロになれますように」うん、フツーだね。」

真田「だから言ったじゃないですか…。」

雅野「そういう向坂先輩はなんて……「大金が手に入りますように」

真田「欲望MAXじゃないですか!」

向坂「人間正直に行こうよ正直にさぁ。」

真田「雅野は……「世の中の美味い飯を食べ尽くしたい」うん、予想通り。

雅野「正直に気取らずに書いた結果だ。」

向坂「で、南沢先輩は……………あらー、言っていいのかなこれ。」

真田「何か嫌な予感が…」

向坂「雅野と(放送禁止用語しばらく続く)が出来ますようにー。

雅野「な、な、な……何書いてんですかーーーー!!

プロリーグの結果

明井戸のチーム1-0 ○

成神のチーム 4-0 ○

葱野のチーム 4-2 ○

神童「なんだ、この手抜きの結果報告は。

向坂「パターンが思いつかなくなってきたらしいよー。

ひんやり。

向坂「はぁー、ゲーセン涼しぃー♪
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。