FC2ブログ

上位対決の結果は?

「成神がボールを持つ!しかし神野の執拗なまでのマーク!!」

神野「明井戸先輩が戻るまで負けられないんだよ!」

成神「こっちも2連覇の為に負けられないって…。」

(成神が強引に突破を仕掛け、それを神野が倒し)

ピィー

「あー!これは神野のファール!(成神のチーム)にFKのチャンス!」

神野「ぐ………。」

成神「チャンスっとー、さてこれで1点…。」


立向居「壁は邪魔だ、どいてくれ。」

「!?」

神野「お前、マジかよ?…まあ止められるんなら良いけどよ。」

「これは……な、なんと壁が無い!?立向居、壁を作りません!この状態で止めるつもりか!?」

立向居「これでスッキリした…この方がよく見える。」

成神「…実力付けてきたのは認めるけど、自惚れ過ぎだな。行くよ!」

(FWが走りそのままシュート、かと思えばヒールで後ろに流し。そして走り込んできた成神がそのままグラウンダーのスピードシュートを放ち)

「成神、低い弾道でのシュートぉー!!」

(そのコースを最初から読んでいたのか立向居がそこに居て身を低くしてど真ん中でガッチリとキャッチ)

「これを止めた、止めてしまった立向居ー!本当に壁無しで止めた!」

立向居「カウンターだ!!」(再びロングボールを相手ゴールへと放り込み)

神野「貰ったー!」(高く飛び上がり、そのボールを下に叩き付けるようにダイレクトボレー)

「何時の間にか上がっていたDFの神野、強烈なボレーシュートだ!」

源田「止める!!」(叩き付けて跳ね上がったボールの所にパンチングを当てて防ぎ)

「このシュートに源田なんと反応!しかしボールはまだ生きてる!」

(FWがダイビングヘッドで飛び込む)

(そのヘディングシュートに対しても飛びついてボールをキャッチ)

「止めたぁぁ!源田、なんと連続ファインセーブ!」

成神「危なかった…さすが源田先輩。」


明井戸「マジかおい……どっちもバケモンだなこれ。」(スタンドから見ていた)


ピィー

「試合終了ー!0-0、立向居と源田、両キーパー1歩も譲らず引き分けです!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR