FC2ブログ

その頃。

「くそ!何処だ竜堂は!」

栄田「それにしても…先輩、竜堂の脱走が発覚するまで遅かったですね。」

「ヤツは隙をついて看守を催眠術で操っていた、竜堂にとって幸いな事にヤツとそっくりな看守が偶然にも居て入れ替わりとなっていたんだ…そうして監視カメラからも逃れていた。」

栄田「竜堂は催眠術のスペシャリストですからね。…それを使える狂った犯罪者が一番厄介だ…。10年前のような事を繰り返させてたまるか!」



スポンサーサイト



衝撃。

南沢「…これがその手紙です。」

時任「向坂がこう思っていたって訳なのか…。」

雅野「何考えてるのか分かんなかったですけど、これで決定的じゃないですか。家族に偽造する理由なんて無いですし。」

黒裂「なら、その向坂を早く捕まえて神童達の居場所を吐かせる必要アリ…か。」

龍崎「全く…無茶苦茶な奴と思っていたけど、勝手に辞めてこんな事考えてたなんてな。」

時任「本当に彼が……。」




「此処で臨時ニュースです、先ほど警察の方で刑務所から脱走した男を全国で指名手配しました。男の氏名は………竜堂巧。

時任「!!??」

南沢「コーチ…?どうしたんですか?」

時任「あ、ああ…いや、なんでもない……。とにかく向坂を探さないとね……。」

雅野「そうですね……。」




時任「……(僕はその男には会っていない、でも…竜堂巧。かつての影山の側近で雷門VS帝国の鉄骨落下を仕掛け、事故を装って影山を亡き者にした…そして立向居達を操り影山への憎しみを彼が育て上げたチームへとぶつけ、皆を苦しめた男とは聞いている…。その男が脱走………こんな時に…一体この先どうなってしまうんだ…?)」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR