FC2ブログ

地獄の光景。

時任「これがそのビデオ…けどキミ達、勝手な行動はするなとあれ程…。」

真田「それはすみませんでしたコーチ!!」

南沢「お叱りは後で受けさせてもらいますから、今はビデオの方に…。」


雅野「では………再生。」


光良「うああっ!!」(激しいスライディングの前に転倒)

霧野「……フン。(転倒した光良を見下すよな目で見ればポーンと前線にパス)(着ているウェアは雷門のアウェーユニフォーム)」

倉間「霧野!?何であいつ………」

磯崎「何だそのパスは、舐めてんのか!(霧野のパスをインターセプトし)」

天馬「あーあ、まあいいや…すぐ返してもらうから。スパイラルドローS!

磯崎「く!?(周囲を風で包み込み、何も見えなくなった所に…)」

ドガァッ

磯崎「がはぁ!!」(吹っ飛ばされて地面に倒れるとお腹を抑えて苦しそうにしており)

倉間「て、天馬!?いや、まず……あいつ何しやがった!?」

天馬「どけぇーーー!!」(ゴール前まで一直線で走り、誰もそのスピードを止められず)

篠山「来るかこいつ……!」

天馬「超マッハウィンド!」(シュート…かと思えば至近距離まで一気に篠山に詰め寄り篠山の腹ごとボールを蹴り)

篠山「がっ!?」(その威力にボールごとゴールに叩き付けられ)

ピィー

「ファールファール8番!」

天馬「あ、すみませーん。力入りすぎちゃって…つい。」

篠山「つ、つい……ぐ…お前わざとやったんだろうが!?」

天馬「…………それをお前らが言うか?あれさ……かなり痛かったんだよね。(篠山や万能坂に対して強い敵意や殺意を現にし)」

篠山「っ!?」

向坂「おーい、天馬。1人で張り切り過ぎないようにー。サッカーはチームプレーっていうの忘れないでよー?」

雅野「向坂!?…………」

南沢「明らかにいつもの天馬じゃないな。…絶対スパイラルドロー中に磯崎に何かやっただろうし」


神童「一切気を抜くな………徹底的に叩き潰す。(キャプテンマークを巻いた神童がそこに居た)」

倉間「神童も…!あいつがキャプテン………」


ピィー(万能坂のキックオフ…の直後)

狩屋「退屈過ぎんだよ!!」(すぐさまスライディングで襲いかかり)

光良「ぐあっ!?」(そのスライディングに吹っ飛ばされ)

雅野「狩屋まで……。」


篠山「ゴール前固めろぉー!!」

剣城「…無駄なんだよ、ザコがいくら集まっても所詮ザコに過ぎねぇんだよ!」(シュートを撃って1人のDFに当たり)」

「うわあ!」

剣城「どうした、こんな通常シュートもまともにブロック出来ないか!?」(次次とDFめがけてシュートを撃ちまくり)」

(ゴール前を固めていたDF陣が全て倒れてしまい)

天馬「ちょっと剣城ー、あんまりやり過ぎないでよ。俺の分のお楽しみとっといて!」


西園「ふあ~………」(ボール来なくて暇そう、この状況を特になんとも思ってない様子)

剣城「悪いな、だったら…1点だけ頂いておくか!(鋭いシュートを放ち、そのボールは篠山の顔面へと凄まじい勢いで飛んでいた)

バガッ

(まともに篠山の顔に命中してゴールはボールに入っており、篠山立ち上がれず)

剣城「立てよ、早く。………まだ楽しい試合は始まったばかりだぜ?


その後も激しい攻撃は続き、ベンチの交代選手も試合に出てきたが同様に痛めつけられ。万能坂の監督は恐ろしいあまり逃げ出してしまっていた。

磯崎「う…………あ……………」

天馬「もうかなり辛そうだね。」

磯崎「何故…………だ………………お前……なんで………」

天馬「あれ、まだ分からない?まあ簡単に言っておこうかなぁ。お前らが気に入らないから排除、ただそれだけ

磯崎「………!?」

天馬「恨むなら自分達の過去の行動を恨む事だね、じゃあサ・ヨ・ナ・ラ♪超マッハウィンド!!」(磯崎めがけてわざとシュートを放ち

磯崎「ぐわあああ!!」(思いっきり遠くへと吹っ飛ばされてそのまま動かなくなり)


「!!!!」

向坂「マスター……………処刑完了。」


「ご苦労。」(一瞬血のような赤い髪をした男、監督らしき人物が映りそこでビデオは終わる)


真田「なんですか……これは……。」

南沢「…………。」

倉間「なんだよこれ……まるで拷問じゃねぇか!地獄じゃねぇか!天馬や神童達が全員病院送りにしたっつーのかよ!」

雅野「……最後に映ったの……あの時の…!」

時任「……まさか此処までとは…。」

倉間「許せねぇ……誰だ!誰がこいつらをこんなにしやがった!?見つけ次第ぶっ飛ばしてやる!」

真田「…こんな事…………どうすれば……。」
スポンサーサイト



万能坂へ。

露原「はぁっ……相変わらずきつい坂だなこれ!

雅野「万能坂は学校までの距離が凄く長い…これで足腰を鍛えているんだろ。」

倉間「…けど、その努力もそいつらには通じなかったんだよな…。」

南沢「……やっと着いた……此処か。」

真田「えーと、あのーサッカー部マネージャーの方を探してるんですけど何処に居るか存じませんか?」

「ああ、それならあの子よ。」

真田「あ、ありがとうございます!」

南沢「あの女子か…。」

「!あ、貴方達はネオテイコクの………。」

倉間「おう…この前の練習試合は大変だったそうじゃねーか。酷い目に遭ったな……」

「!?どうしてそれを……あの練習試合は極秘だったはず…」

南沢「うちは情報網半端無いもんでな。……で、此処に来たのは…あの試合もしかしたらビデオでも撮ってたんじゃないかって期待を抱いて坂を登って辿り着いた訳だ」

「貴方達がなんで……万能坂をあまりよく思ってないはずでしょう?」

倉間「…勘違いすんじゃねーぞ、そいつらの事は今でも好きじゃねぇ。そしてそいつらの敵討ちしようって訳でもない。ただ、その謎のチームを野放しに出来ねぇだけだ」

「…謎のチーム、ね。まだ見てない貴方達には現時点でそうかもしれない…。」

真田「どういう事ですか…?」

「……その試合のビデオならあげるわよ、でも…あのチームと関わらない方が身の為だから。」

雅野「……………。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR