FC2ブログ

野望を打ち砕く!VSクレイジーサンダーV3

西園「それ、天馬ー!」(天馬へとパス)

「此処でついにボールは松風天馬ー!今日も抜群のドリブルの切れ味、キープ力を見せてくれるか!?」

天馬「…全ての壁を飛び越え飛翔しろ、魔神ペガサスアーク!!

12-02-11_004.jpg

「おーっと!いきなり化身を出した!一気に此処で勝負をつけるつもりか!?」

神童「勝利への前奏曲(プレリュード)を聴くがいい…奏者マエストロ!!
12-02-08_008.jpg

「続けて神童も化身を出す!」

剣城「全ての力を剣に変え、敵を斬れ!剣聖ランスロット!!

12-08-02_001.jpg

雅野「剣城も化身!?まさか……これは…!」

天馬「化身よ、一つになれ!神も魔王も凌駕する究極の魔神!魔帝グリフォン!!

12-08-02_012.jpg

「き、来たーーー!究極の合体化身グリフォン!!最強を誇る化身の登場だ!」

南沢「不味い!絶対撃たせるな!」

鎖「…こっちだって負けやしないよ!古より来たれ最強の守護神、魔神グレイト!!

12-05-31_005.jpg

南沢「真田!前のアーサーのように俺達で食い止める!」

真田「あ……はい!」

天馬「同じ手は二度も通じませんよ南沢先輩?というか…もう遅いです!ソード・オブ・ファイア!!

12-08-02_025.jpg

12-08-02_024.jpg

12-08-02_026.jpg

呉井「通してたまるか!エアーバレットS!!

真田「僕も…エアーバレットS!!

12-04-09_006.jpg

呉井「ぐう!?」

真田「うわあ!!」

「2人のDFを突破ー!威力は弱めてはいるが止められるか!?」

鎖「グレイト・ザ・ハンド!!

12-04-09_018.jpg

鎖「ぐっ…!う………く……!」

南沢「威力弱まってるんだ!意地でも止めろ!」

鎖「わ………かってるよぉぉ!!!!」

12-05-31_031.jpg

「止めたぁぁぁーーーー!!鎖とDF2人がかりでグリフォンを止めきりました!」

真田「はあっ……はあっ……きつい……。」

鎖「僕にかかればこれくらい……はあ……はあ…。」

天馬「止められた………でも、2度目はどうなるかな?」

時任「……一撃で流れを持ってかれた………これは不味い…!」
スポンサーサイト



野望を打ち砕く!VSクレイジーサンダーV2

一乃「エアーバレットS!!

12-08-02_011.jpg

和泉「ぐっ!」

「一乃、ボールを奪い返した!」

一乃、青山「ブリタニアクロスA!!

12-08-02_010.jpg

12-08-02_008.jpg

「一乃、青山のセカンドコンビで突破!息はピッタリだ!」

南沢「此処まであいつら腕を上げていたか……けど、通せないな!必殺タクティクス!!

絶対障壁!!

12-04-03_002.jpg

「しかし守った!やはりそう簡単に突破は許さない!」

シュウ「反撃だ!必ず天馬達を取り戻す!」(ドリブル突破)

「此処でシュウの個人技が来た!」

向坂「おっと、キミは通せないなぁ。」(シュウの前に立ち塞がり)

シュウ「……今だ!」(ヒールでボールを上へとポーンと上げて)」

雨宮「ナイス、シュウ君。流星ブレードZ!!

12-05-31_014.jpg

12-05-31_015.jpg

向坂「しまった!?………なんて言うと思ったかい?」

西園「サーペントファングGX!!

12-08-02_013.jpg

12-08-02_014.jpg

「西園、雨宮のシュートをキャッチー!」

雅野「西園のヤツ……かなりパワーアップしてるな。」

露原「気になるのは…なんだよ、天馬の奴。ずっと何もしてないままで…不気味過ぎるぜ…!」

天馬「……………。」

白竜「おのれ…なら、ホワイトハリケーンGX!!

霧野「ディープミストS!

12-04-09_013.jpg

西園「グラビティポイントZ!!

12-08-02_016.jpg

12-08-02_017.jpg

「此処もまた止めた!この守りは厚いぞ!」

天馬「……そろそろやっちゃおうかぁ、本気で。」

野望を打ち砕く!VSクレイジーサンダー(イメージBGM 古の闇への戦慄)

奥の部屋へと通され

真田「!?う、うそ……此処って!」

雅野「何故……アマノミカドスタジアムが!?

向坂「どうせならこの方だね、盛り上がるでしょ?」

天馬「そうです、どうせやるならこれぐらいやった方がいいですよ。その方が楽しいですからね?」

南沢「……いいから始めるぞ。さっさと終わらせて連れ戻す。」

天馬「あ、皆も呼ばないといけないですね…おーい!そろそろ来てよー!サッカー始まるよー!」

(天馬の呼びかけで続々と集まる仲間、そこには雷門メンバーで固まっており。)

一乃「………」

青山「………」

影山「………」

南沢「あいつらも洗脳か……。」

倉間「…ぜってー連れ戻しますよ!」

真田「でも…天馬君達が向こうに居て僕達の方中盤とか不安過ぎますよね……」

南沢「…今更言ってもしょうがない。」

向坂「今のネオテイコクで俺達にはたして何処まで食い下がれますかね?楽しみだなぁ。」



「ちょっと待て!!」

南沢「!?」

向坂「!?誰………」

白竜「その戦い、俺達も参加させてもらおうか!」

シュウ「流石に黙って見てはいられないんだよね。」

雨宮「天馬をこのままにしてはおけないよ!」

雅野「お前ら……タナトス!?」

鎖「どうせ皆の事だからさっさとケリつけに行くんじゃないかと思ってこっそり後つけてたんだー、樹海とかの道はしんどかったけど」

和泉「俺達で良ければ……力を貸す!」

天馬「いいね、強力な仲間が加わってくれるならそれは倒し甲斐が出て来たよ。シュウや太陽なら相手にとって不足無しだよ!」

雨宮「天馬………。」

シュウ「……言葉はいらない、サッカーで元に戻すだけだ。」


「これは雷門に対してネオテイコク、タナトスがなんとチームを融合!これは興味深い試合となりそうです今回!」

露原「何処にでも居るよな、まさかあの海の家のオッサンじゃねぇだろうな?

12-08-02_002.jpg

キャプテン 向坂

12-08-02_007.jpg

キャプテン 南沢

「おっと、ネオテイコクとタナトス!これはかなり攻撃的な布陣で来たぞ!FWを5人にするとは時任、これがどう出るか!?」


剣城「DFたったの2人だ…?俺を舐めてんなら後悔させてやる!」

天馬「まあまあ、いいじゃん。これで信助も退屈せずに済むよね?」

西園「うん、前の試合すっごい暇だったし。」


向坂「ボールはあげるよ、その超攻撃的布陣を受け止めてあげるからさ?」

倉間「強気な野郎だ…!」

ピィー

雨宮「行くよー!」(ボールを白竜へと渡し)

白竜「ふっ!」(すぐシュウへとパスし)

シュウ「それ!(すぐにまた雨宮へと戻し)

「これはタナトス3トップの3人、やはり素早いパス回し!クレイジーサンダーを翻弄だ!」

神童「……ディープミストS。

12-06-01_020.jpg

3人「っ!?」

「しかし神童が3人まとめてディープミスト!ボールを奪い取った!」

神童「神のタクト。」

12-02-11_002.jpg

「此処で更に神のタクト!神童序盤から飛ばしてるぞ!?」

神童「決めろ剣城!」

(剣城へとラストパス)

和泉「そう来るだろうと…思ったよ!」(そのパスをインターセプト)

「しかし和泉がカットー!そう簡単にシュートは撃たせない!」

倉間「俺によこせ!」

和泉「!」(倉間へとパス)

倉間「こいつで……チェインだ!バリスタショットA!!

12-06-01_010.jpg

12-06-01_011.jpg

霧野「無駄だ、ディープミストS!

12-04-09_013.jpg

狩屋「ハンターズネットS!!

12-04-09_002.jpg

「霧野、狩屋。雷門DF2人がかりで倉間のシュートをブロックー!」

霧野「お前の考えてる事はお見通しなんだよ。」

倉間「やろ……!」


神童「神のタクト。

12-02-11_002.jpg

「あー!神童早くも2度目の神のタクト!!前半から本当に飛ばしているぞ!?」

剣城「今度は撃たせてもらうからな…デビルバーストGX!!

12-08-02_004.jpg

12-08-02_003.jpg

呉井「任せろ!アトランティスウォールGX!!

12-05-31_035.jpg

「剣城の強烈なシュート!しかし呉井がこれを完璧にシャットアウト!ゴールならず!」

鎖「たった2人だからって甘く見ないでほしいなぁ、2人とも実力は折り紙付きさ。そして後ろには何と言っても僕が控えてるんだからね。」



時任「…序盤から激しい、あまりにも激し過ぎる……スタミナが心配だ…。」

残された者の感想

天瀬「…何故私と貴女の2ショットなんでしょうか?

白雪「それはこっちの台詞!同じ殿方なら南沢先輩が……!」

天瀬「それはさておき…死罪は免れて何よりですね、しかし…あのプロトコルオメガがおじゃると言うのには何とも衝撃を覚えましたが。

白雪「おじゃるってちょっと前のアニメじゃないの…信長の時代にホントにそれ使われてたの?」

天瀬「それについては不明ですが、…しかしクマこと自称大監督のワンダバは役目を取られてばかりですね。ミキシマックスの時ぐらいしか活躍が無いです。」

白雪「駄目駄目ね、あの秀吉さんの方が全然使える!」

天瀬「あの時点ではまだ秀吉ではありませんがね。そして一夜城ですか…SB技である事は分かりますが。」

白雪「一夜城ね。確か秀吉が実際に使ってた戦術だって?」

天瀬「そうですね…仲間を鼓舞して一夜で城を築き上げて活躍し、その活躍を信長に認められて侍大将に昇格というのは聞きましたが。」

白雪「……そこまでは別に言わなくていいわよ。」

天瀬「さて…試合になりますがその試合の前に突然現れるであろう海の家のあの方が現れると観客の方々多分凄いビックリされる事が考えられますね。」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR