FC2ブログ

野望を打ち砕く!VSクレイジーサンダーV4

時任「これは不味い……選手交代!」

「此処で選手交代、鎖に代わって雅野が入ります。」

鎖「はあ…僕があれだけ守っといたんだから、得点なんかされないでよ?」

雅野「言われるまでもない。…絶対守り抜く。」

天馬「さあ、どうしますー?グリフォンに対抗出来る化身は早々には無いかと思いますが。」



白竜「調子に乗って……!」

シュウ「だったらやろうか…。」

白竜「究極の光よ、今ここに解き放たれん!聖獣シャイニングドラゴン!!

12-05-31_019.jpg

シュウ「太陽も、空も、全てを闇に飲み込む力を此処に!暗黒神ダークエクソダス!!

12-05-31_022.jpg

白竜、シュウ「化身よ一つになれ!その剣の一振りで全ては決まる……聖騎士アーサー!!

12-05-31_027.jpg

「出たぁぁ!!白竜、シュウによる究極の化身アーサー!此処に2体の最強化身が並んだー!」

天馬「面白いね、グリフォンと張り合おうって訳?」

シュウ「……もう止めよう、止めてくれ天馬…キミのそんな姿をこれ以上見たく無い!」


雅野「…此処は破ってもらわなきゃ困る、この世を統べる王よ!光臨しろ!賢王キングバーン!!

12-04-08_001.jpg

白竜「漲る…!覚悟するがいい剣城!このアタックで吹き飛ばしてくれる!」

剣城「吹き飛ばされんのはそっちだ白竜!加減はしない!」


天馬「どうしても来るって言うなら……消し飛んでしまえアーサー!!

シュウ「戻れ天馬ーーーー!!


(ぶつかる究極化身。建物全体が揺れる感じがした)

時任「っ…これが話に聞いていてグリフォンとアーサーのぶつかり合い…!」

鎖「どっち!?勝ったよね!?」


(どっちの化身も消えていて両者片膝をついて息を切らし)

倉間「…どっちも消えて互角……あ、ボール貰った!」


ドーン、ドーン、ドーン

(その時頭上から数体のロボットが落下)

南沢「何だこれは!?」

真田「ロボット……向坂先輩!どういう事ですか!?」

向坂「いや、これは……こんなの聞かされていない…!」


「余興としては楽しめたよ、諸君。」(何処からか竜堂の声が)

時任「竜堂!?どういうつもりだ!」

「どういうつもりも何も…これから貴様等を木っ端微塵に吹き飛ばすだけだ。


「!!!!!」

真田「な、何で…まだ決着着いてもいないのに………!?」

雅野「まさか、初めから雷門の皆まで消すつもりで……!この互いに疲労した状況で…!」

「最初からキサマらを生かして帰す気などある訳がないだろう、我が復讐は貴様等を消してようやく終わる!」

時任「関係の無い子供達を巻き込んでその上で消すだと…貴様それでも人間か!!

「なんとでも言うがいい、どうせこれで終わりだ……私のように全員地獄に叩き落としてくれるわぁぁーーー!!」

倉間「う、嘘だろ!皆逃げ………………!」
スポンサーサイト



プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR