スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ディフェンス最強!アイアンシールドV6

火柘榴「っ……攻めろ!今こそ総攻撃を仕掛ける時だ!!」

鎖「アイアンシールド、此処で猛攻を仕掛けに出たー。DFも一転して積極的に攻撃参加。」

真田「…………温いわぁ!!

藤一「うわ!?」(真田の激しいスライディングの前にボールを奪われ)

真田「馬鹿が!守備に気を取られ過ぎて攻撃が疎か、貴様等の攻撃を防ぐなど赤子の手を捻るよりもたやすいもの!」

鎖「おーっと、これは久々に見た真田の豹変ディフェンスー。やっぱり普段の性格と全然違うまるで二重人格」

天馬「こっち、真田君!」

木暮「!来るか、天馬!」

鎖「此処で真田、天馬へとパスー。主役が此処は決めるのか?」

天馬「………なんてね?」(パスが来たボールに対してスッと避けてスルーし)

木暮「!?」

倉間「よーし、いいぞ1年達!」(そのボールを倉間が受け取り)

鎖「と思ったら倉間先輩に渡ったー、天馬は意外とペテン師っぽいー。」

倉間「あらゆる敵を一刀両断、天下無敵の侍、戦国武神ムサシ!!

12-03-02_002.jpg

風乃園「しまった!戻れ!!」

倉間「遅ぇよ。武神連斬!!

12-06-01_018.jpg

12-06-01_019.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!

12-03-01_003.jpg

山薫「っ…………ぐううう!!」(そのまま押し込まれてゴール)

鎖「ネオテイコク追加点ー、倉間先輩も決めてこの試合は元祖雷門2トップが活躍してまーす。」

倉間「フン…パワーアップしてるのが南沢さんだけだと思ってんじゃねーよ。」


ピィー

鎖「試合終了ー、ネオテイコクが2−0で後半は圧倒しての勝利となりましたー。」

火柘榴「なんという事だ……またしても、またしてもお前らに…!」

向坂「ま、でも今回はシュート1本撃てたからいいじゃん?まあ撃たせてやったようなもんだけど。

真田「向坂先輩、そんな傷口に塩を塗り込むような事を…!」

シャイン「………どうやら思ったよりもずっと骨のあるチームを作り上げたらしい、お前は。」

時任「僕は何も…彼らが此処まで成長してくれただけだ。」

シャイン「ふん…ボックスロックディフェンスの穴を突いて指示したのはお前だろ。でなきゃ後半あそこまで圧倒された説明がつかない」

時任「それも、10年後の雷門が編み出してくれた必殺タクティクスのおかげだね。」

シャイン「……変わらない奴め。」

時任「……お互い様だろ。」

シャイン「腑抜けていたと思ったが、そうでもなかったようで安心した。…じゃあ、いずれまた会おう。」


向坂「あの人、何しに来たんですかねぇ?」

時任「…彼は口で気持ちを現すのが苦手なだけさ。」


木暮「あー、もうお前らに不覚を取っちまうって俺も年かなぁ?」

南沢「老け込むにはまだ早いでしょう。20代前半の人が」

神童「プロだったらまさに今が伸び盛りじゃないですか。」

木暮「残念ながら俺はプロじゃないんで。ただの1人の社会人さー……さて、明日からまた仕事だから俺は飛鷹さんのラーメン食って家帰るわ。」

向坂「あれ、俺ら勝ったけど奢ってくれないんですかー?

木暮「チビ(雅野)とデカ(天城)で俺の財布を破産させる気か!
スポンサーサイト

ディフェンス最強!アイアンシールドV5

鎖「さあ、後半戦。一体ネオテイコクは何時になったらシュートが撃てるのか!?」

ピィー

火柘榴「行くぞ!守りはあいつらに任せておけば絶対安心だ!!」

鎖「アイアンシールド、絶対的な守備陣のおかげか大胆に攻めて行くー。」

黒裂「何時までも調子には乗らせない、エアーバレットS!!

12-04-09_005.jpg

火柘榴「ぐわっ!」

鎖「此処は黒裂先輩が止めたー。」

黒裂「よし…!」(天馬へとパス)

天馬「今度こそ絶対抜いてやるー!!」(ボールを受け取れば猛然とゴールに迫るドリブル)

木暮「おいおい…そんなに熱くなっちゃ逆効果だろ?」

天馬「倉間先輩!もっと上がってください!」

倉間「分かってるって!」

木暮「しかもバラしてるし…!」(右手を後ろに回して味方に倉間囲めとサインプレー)

(そして風乃園、藤一、涼風、鈴林で囲み)

風乃園「馬鹿め、自滅するとはな。」

藤一「ま、ムキになる程俺らは強いって訳だ!明日から俺はモテ人生を……!」

天馬、倉間「引っかかった。」(同時に言ってニヤッと笑みを浮かべ)

シャイン「!!お前ら、駄目だ!それは………!」

南沢「もう、遅い。必殺タクティクス!!

アルティメットサンダー!!

12-09-27_012.jpg

「うあああーーー!!」(密集していたDF陣を纏めて吹っ飛ばし)

鎖「これは、ネオテイコク。アルティメットサンダーでボックスロックディフェンスの為固まっていたDFを纏めて吹っ飛ばしたー」

大和「これか…アンタが考えた方法は。密集してればしてるだけアルティメットサンダーは威力絶大だ。取り囲んでボールを奪う為DFは密集してなきゃいけないボックスロックにとっちゃ……まさに天敵か」

時任「10年前はああいう感じで纏めてDFを吹き飛ばす技とか無かったからね、10年経った今だからこそ出来る戦術だよ。」



南沢「さあ、俺の役目が来たな……暗黒の剣の前に散れ!魔戦士ペンドラゴン!!

12-02-06_017.jpg

山薫「負けはしない…!その圧倒的な力を示せ!龍を司る神、龍神コロガオン!!

12-02-27_017.jpg

鎖「南沢先輩、ゴール前に迫り化身を出せば山薫先輩も負けじと化身を出したー」

雅野「先輩………援護します!この世を統べる王よ、戦士達に力を与えろ!賢王キングバーン!!

12-04-08_001.jpg

南沢「…悪いな、雅野。」

鎖「雅野が此処でキングバーンを呼んで南沢先輩に更に力をプラスさせたー」


南沢「終わりだ。ソウル・ブリンガー!!

12-04-09_015.jpg

12-02-06_022.jpg

山薫「クリムゾンスフィア!!

12-03-01_003.jpg

山薫「ぐ!?」

風乃園「押されている…?!前は互角だったはずが………」

南沢「同じだと思ったか、前は雅野のキングバーンは無かったし…あの頃より俺は力を増したんだ。」

山薫「うおおおお!!」(クリムゾンスフィアが破られゴールネットに突き刺さり)

鎖「ネオテイコク、ようやく先制ゴールー。まさかシュート一撃でゴールを奪うとは……やるねー。」

天馬「やった!南沢先輩!ゴール奪いましたね!」

神童「流石です。」

南沢「当然だ、鋼の盾はこれで崩壊………仕事は完了だ。」

ディフェンス最強!アイアンシールドV4

ピィー

鎖「前半終了ー。結局ネオテイコクシュートが撃てないまま前半が終わりましたー」

跳沢「おいおい、何やってんだ……確かに相手のDFは凄ぇ強固だけどよ…」


天馬「堅いー…」

神童「流石、世界屈指のDFが率いるチームと言うべきか…そして10年前の必殺タクティクス、ボックスロックディフェンス……」

向坂「後木暮さんねぇ。あの人今まで見たDFの中で一番強いよねぇ。と言っても大人だから当然かぁ

時任「ボックスロックか……4人で囲みにすぐ囲みに行くから向こうはなるべく味方同士近くに居なきゃいけない…あ。」

南沢「コーチ?」

時任「……その箱、前は確かに強固だったけど。10年経った今…案外脆いかもしれないね。」

真田「??」

雅野「どういう事ですか……」

ディフェンス最強!アイアンシールドV3

鎖「得点はまだ0−0、その上両チームまだシュートも撃てていないー。早くどっちでもいいから撃ってー」

和泉「私情丸出しだな。

神童「く!?」(またまた4人に囲まれてしまい)

露原「時任コーチ!10年前のイナズマジャパンはどんな風にボックスロックを破っていたんですか!?」

時任「ダンシングボールエスケープ…けど、久遠監督のあの指導を受けてない彼らにその技をやれと言われても無理だろうね。」

鎖「おっと、此処でアイアンシールドがカウンター仕掛けたー」

鈴林「絶メロディウェイブ!!

12-09-27_003.jpg

鎖「鈴林、抜き去ったー。100%近いドリブラーの本領発揮か?」

鈴林「それ!!」(火柘榴へとパス)

火柘榴「撃てる…誰がシュート0で終わるか!超ファイアトルネード!!

12-09-25_004.jpg

鎖「誰に対するメッセージなのか分からないままにシュートー、これが本日1本目のシュート」

向坂「おっと、超旋風陣!!

12-04-09_012.jpg

木暮「旋風陣……?」

天城「任せるド!ビバ!万里の長城A!!

12-02-08_007.jpg

鎖「向坂先輩と天城先輩の2人でこれをブロックしたー」

天城「そら!」(一気に倉間へとロングパス)

倉間「っし……今度こそ!」

鎖「倉間先輩へと一気にロングパスー、しかしその先は……」

木暮「通さないぜー?」

倉間「…抜かせてもらうっスよ、元イナズマジャパン!絶登り龍!!

12-09-27_011.jpg

木暮「本当の旋風陣ってのは…こうやるのさ!!

12-09-27_005.jpg

12-09-27_009.jpg

倉間「く!?」

鎖「おっと、奪ったー。向坂先輩の旋風陣をまるで違うと言わんばかりの強力な旋風陣で倉間先輩から簡単にボールを奪い取ったー」

向坂「そこまでムキにならなくてもいいのに、大人げないですねー。」

ディフェンス最強!アイアンシールドV2

南沢「!?」(ボールを持つとあっという間に4人に囲まれ)

鎖「南沢先輩あっという間に囲まれたー、素早いDFとMFの対応。」

南沢「ち…!(神童へとパス)」

楓野「だろうと、思ったよー。」(そのパスをあっさりカット)

真田「あれが……10年前ビッグウェイブスが使っていたというボックスロックディフェンス…!」

天城「!カウンター気をつけるドー!」

茜「それ…!(鈴林へとパス)」

神童「悪いが……それは通さない。」(鈴林へのパスはカットし)

茜「あ!………でも神サマになら………」

水鳥「だから追えってー!!

天馬「よし、今度こそ…!」(ボールを持ってドリブルで攻め上がり)

木暮「おーっと。」(天馬の前に立ち塞がり)

鎖「これは、天馬の前に木暮さんだー。まさに師弟対決ー」

天馬「木暮さん…抜かせてもらいます!」

木暮「出来るかな、青少年。」

天馬「そよかぜステップS!」

木暮「…そこだろ!」(そよかぜステップ中の天馬からいとも簡単にボールを奪い取り)

天馬「え!?」

鎖「木暮さん、あっという間に天馬からボールを奪ったー。師匠の意地で弟子には負ける訳にはいかないか?」

木暮「悪いねー、会社帰りにお前がその技何度も練習してる所バッチリ見ちゃってんだよねぇ。」

時任「やっぱり守りが堅い……!」

シャイン「…どうした、そんな程度じゃアイアンシールドはビクともしない。」

南沢「…!」(風乃園、涼風、鈴林、楓野に囲まれ)

風乃園「それ!」(スライディングで南沢のボールを弾き)

鎖「ボールがラインを出たー、ネオテイコクはシュートを撃つ事が出来ないー」

風乃園「何度やっても無駄な事…この守りは突破する事は出来ない。」

南沢「…突破だ?何か勘違いしてないか?」

風乃園「……何?」

南沢「俺の役目は1つ、そこに立っているノッポのGKの守るゴールに完璧なシュートを叩き込んで取るだけだ」(そう言って山薫へと指差し)


山薫「………………」

向坂「ああ、突破はMFに押しつけられちゃいましたねー。

黒裂「俺達にこの試合かかっている、か。…大変な役目を押し付けられた。」

ディフェンス最強!アイアンシールド。(イメージBGM:せまり来る無限の閃光)

鎖「僕達を差し置いてディフェンス最強と名乗るのは何処のどいつだー!?という事でやってまいりましたネオテイコクVSアイアンシールドの試合ー」

南沢「……何やってんだタナトス?

鎖「暇だから見届け+実況にと此処まで出張に来ましたー

和泉「まあ、聞いた事も無いチームだから確かに興味はあるけど……」

雅野「とりあえず、元イナズマジャパンの木暮さんが率いてるっていうのは確実ですが、それ以外はまだ何もデータがありませんね。」

「……………ふん、来たか。」

時任「!?……………この声何処かで……」

真田「!?え………」

シャイン「とりあえず逃げるまでは腑抜けてはいなくて安心した。」

時任「キミは………シャインじゃないか。」

向坂「おお、金髪の時任コーチじゃないですかー?テレビで見たけど似てるー」

南沢「あの人、あのシャイン・ビーチだっていうのか?こんな所で…!」

シャイン「似てるだ?甘い鍛え方しかしてないそいつと一緒にするなよ……ガキ共。」

倉間「な!?アンタいきなり何だよ!」

時任「よせ、倉間。………久しいね、キミの活躍は聞いてるよ。」

シャイン「…………」

時任「イタリアのプロリーグの所属チームで最少失点で優勝に大きく貢献し、その年で今や世界でも5本の指に入る程のDFと言われるまでになった…」

シャイン「…お前も聞いている、ずっと腑抜けていて腐抜けた歌ばかり歌っていたと思えば急にコーチとして復帰して………腐抜けたチームを作っていたんだな。」

時任「……!」

倉間「この!最強のDFだからって調子に乗ってんじゃ……!」

南沢「俺達は今回此処でアイアンシールドっていうチームと戦う為に来て、それで貴方が居るという事はまさか……」

シャイン「……その通り。アイアンシールドの監督はこの俺が務めている。」

神童「現役世界屈指のDFが監督を……!?」

真田「明井戸さんといい、よくそんな時間がありましたね…」

時任「キミが監督を…」

シャイン「いいか時任、俺の言葉を否定するつもりなら……アイアンシールドが誇る鉄壁の守備を破ってみろ!」

時任「………いいよ、でも破るのは僕じゃない、彼らだ。」


鎖「何か因縁の対決のようになってきてはいますけど、ネオテイコクとアイアンシールドの試合が始まろうとしていますー」

跳沢「呑気そうだなお前はよ……」

鎖「そんなこんなでネオテイコクのスタメン行きましょうかー」

12-09-25_006.jpg

キャプテン 南沢

鎖「ほぼいつも通りですねー、御門先輩の代わりに倉間先輩がスタメンに入ったぐらいでしょうか?」


御門「今回は俺の代わりに頼んだ、逸見。」

逸見「任せてくださいって、あんなの俺だけで充分ですから。」


「あんなの…とは言ってくれる!」

鎖「一方のアイアンシールドはー……?」

12-09-25_001.jpg

キャプテン 木暮

南沢「お前ら……四天王じゃないか。」

火柘榴「久しい…実に久しい……そしてどれだけこの時を待った事か!この新チームで今までの借りを纏めて返してくれる!」

神童「マネージャー達まで…」

茜「ごめんなさい神サマ……また一緒にサッカーしたくて入っちゃいました。」

水鳥「まさかこんな形で試合を再びやるなんてなぁ」

葵「私はスタメンから外れちゃいましたけどね」

鎖「これはアイアンシールド、どんなチームかと思ったら僕達タナトスが全部叩きのめしたチームが合体したような、そんな感じのチームでしたー。」

火柘榴「やかましいぞ貴様!後でタナトスにもリベンジしてやるから覚悟しておけ!」

鎖「えー?僕達に勝つなんてキミらじゃ無理無理。恥かくだけだよー?」

和泉「おい、実況と選手が喧嘩してどうするんだよ!?」

風乃園「前の我々だと思うなよ…。侮ったら痛い目に遭うぞ。」

木暮「10年前は俺達は敵同士だったんだけどなー、まさか此処で手を組むとは思いもしなかったぜ?」

シャイン「ふん……俺もだ。今回は手を貸してもらう。」



雅野「しかしシャイン・ビーチ…選手としては超一流でも監督としての手腕はどうなんでしょう?」

時任「分からない、けど……彼の持つDF技術を叩き込まれてるなら強いはずだよ。」


鎖「それでは、ネオテイコクのキックオフで開始でーす。」

ピィー

シャイン「さあ、見せてやれ……お前らのボックスロックディフェンスを!!

時任「!?」

その男、天馬の師匠!?

天馬「練習試合、やっと来たんですね!」

神童「ディフェンス最強……自分で言う程だ、絶対的な自信を持つ程の守備力を持っていると考えた方が良い。」

向坂「だろうねぇ。」

「よー、今日も元気そうだなぁ青少年達ー。」

天馬「あ……!」

南沢「木暮さん………。」

木暮「お前らこの前とか大変だったなぁ、トラブル続きでそういう星の下に定められたりしてなぁ〜?うししっ」

天馬「もー、やめてくださいよ木暮さん!」

南沢「木暮さんも…毎日仕事の方大変そうですね。」

木暮「社会人は苦労するぜー?今のうちに学生生活を楽しんどけよ少年達。で……練習試合の方がやっと決まったんだってな。」

天馬「あ、はい。アイアンシールドっていう……………あれ、何で木暮さんがそれを?」

木暮「決まってんだろ。そのチームのキャプテンは俺なんだからよ

天馬「えええ!?」

神童「木暮さんが…!?という事は秋空チャレンジャーズの人達が中心の……」

木暮「さぁー?それはどうだろうなぁ。ま、弟子の成長を見る良い機会だし。師匠としてそれはやっとかなきゃ駄目だろー」

真田「弟子………ですか?」

木暮「聞いてないのかよ!天馬にサッカーを教えたのは俺と網海さんだぜ!?」

神童「そうだったんですか!?木暮さんだけでなくあの網海さんからも……!」

向坂「(本当かなぁ……ちょっと程度で教えたとかのオチ?)」

倉間「お前、ずりぃぞ!!イナズマジャパンの2人からサッカー教わったっつーのか!?」

天馬「あ、え、その…………(本当はもう1人ヒロトさんも居るけど……)」

南沢「それで…その師匠である木暮さんが今回は弟子である天馬の成長を見届けるため参加ですか。」

木暮「そう、それ!(本当はその日休みで凄ぇ暇ってだけなんだけど黙っとこーっと)」

向坂「楓野さん以来の大人が相手ですねぇー。」

木暮「ま、そういう訳だから。俺は仕事して腹減ったから飛鷹さんのラーメン食って帰るわぁ、じゃあな〜。」

雅野「……大人でしかも元イナズマジャパンの人が今回相手みたいですね。」

南沢「…楓野さんとかもメンバーに居るのか?」

久々の練習試合の申し込み

雅野「南沢先輩ー、練習試合が!」

南沢「ん?………全然来ないかと思ったらこの時期に来たのか。」

向坂「一体何処の何のチームかなぁ。」

雅野「………「ネオテイコクへ、最近のお前らは腑抜けきっている。その根性を俺達が叩き直してやるから首洗って待っていろ。ディフェンス最強チーム アイアンシールド」

南沢「ディフェンス最強チームだ?…随分と大きく出たな。」

向坂「うちとかタナトスが居るにも関わらず最強名乗っちゃいましたねぇ。」

真田「けど、わざわざこう言うぐらいですから守備力は相当なものだと考えるべきでしょうね。」

南沢「自信が無かったら言うはずもないな。……一体どんなメンバーが居るんだか」

感想。

向坂「いやー……偶然とは恐ろしいもんだねぇ。」

真田「王子の意図ではなかったとはいえ、相手が予測もしない方法でかく乱させては怒らせたりと。」

南沢「で、今回は主役は間違いなく霧野だったな。ブリュンヒルデか…あいつも化身を出せるようになったとは成長したもんだ。守備の要が天城から霧野へとなるのは間違い無しか。」

天城「!?お、俺は何かないのかド!?巨大な化身を出したりミキシマックスで更にデカく進化するとか!」

雅野「どうなんでしょう。まあチームに巨漢の人は必ず何処も1人居ると思うんで希望は充分かと」

向坂「結局ジャンヌちゃんは最後まで眼鏡取らなかったんだねぇ、見たかったなぁ。覚醒は眼鏡取ってそうなるかと思ったけど」

真田「旗を振って応援でしたね…。でもこれで霧野先輩一気に急成長ですよね。」

向坂「俺も偉人とミキシマックスやったらああなるかなぁ?」

南沢「…天馬やザナークを考えれば偉人相手じゃなくても良さそうだけどな、強い奴とようはそうすれば良いだろ。」

雅野「………俺大和先輩とミキシマックスやるんですか?」

南沢「何かそれは見たく無い、止めてくれ。

最近のチーム事情。

南沢「よーし、これでトレーニング終了だ。」

向坂「ふあー、終わった終わったー。帰りましょうー」

真田「何か最近はこればっかりですね…試合無しで軽い練習で汗流す程度で後は遊んだりと。」

向坂「ああまあそうだねぇ、今のうちにこういう日常をいっぱい過ごしとこうよ。また何か未知の相手が現れて忙しくなる前にさ?」





「これがネオテイコク…………ちっ、だらしのないチームだ。あの男は何を教えている………?」

感想

向坂「いやー、なんか憎めない王子様出て来ちゃったねぇ。」

真田「一緒にサッカーやったりと。そして…まさか監督をやるとは。」

南沢「前回に続いてまた見張りの居る前で練習をやるのはどうかと思ったけど結果的に良い方向へと持っていったか。」

雅野「でも……ザナークの奴ベンチですか。」

向坂「あれでしょ、「貴様等ごとき俺が出るまでもない、下僕共で充分だ」的なパターン。」

南沢「というか西園、前もって化身を出しておけ。お前は三国の道を辿るな

向坂「そして早くしなきゃジャンヌちゃんが…って旗振ってましたねぇ。」

南沢「あの後何が起こったんだ、覚醒…という事はあの眼鏡外して性格豹変とか。」

真田「おとなしい人がいきなり超攻撃的って、ビックリします…!」

「…………………」

真田「え、どうしたんですか?」

南沢、向坂、雅野「お前がそれを言うか。

1日遅れの感想

向坂「覚醒してなかったんですねぇ、ジャンヌちゃんは。」

南沢「あれで覚醒したらどうなるんだか。一気に正反対の性格になって周りを驚かせる、そんなイメージが俺には見えるが

真田「どうなるかと思いましたけどね…鎧纏った騎士にボールぶつけても何か効きそうにないですし。」

雅野「というかその見張りが居る前でよくサッカーを披露出来たな、あれこそ不思議がって死刑にされる危険性があったように思えたけど。

真田「偶然その人達が見てなくてジャンヌさんが見ていて良かったね。」

向坂「甲冑とか剣とか重そうだなぁ、あの子中々の力持ちだったようで。」

南沢「こんな時代でプロトコルオメガと試合なんか出来るのか?戦争中の時代で不思議と思われる者には死刑…俺はそんな中でボールを蹴りたくはないね。」

向坂「まー、俺達は行かないでしょうから縁は無さそうですよねぇ。平和な日本が一番」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。