FC2ブログ

その男、天馬の師匠!?

天馬「練習試合、やっと来たんですね!」

神童「ディフェンス最強……自分で言う程だ、絶対的な自信を持つ程の守備力を持っていると考えた方が良い。」

向坂「だろうねぇ。」

「よー、今日も元気そうだなぁ青少年達ー。」

天馬「あ……!」

南沢「木暮さん………。」

木暮「お前らこの前とか大変だったなぁ、トラブル続きでそういう星の下に定められたりしてなぁ〜?うししっ」

天馬「もー、やめてくださいよ木暮さん!」

南沢「木暮さんも…毎日仕事の方大変そうですね。」

木暮「社会人は苦労するぜー?今のうちに学生生活を楽しんどけよ少年達。で……練習試合の方がやっと決まったんだってな。」

天馬「あ、はい。アイアンシールドっていう……………あれ、何で木暮さんがそれを?」

木暮「決まってんだろ。そのチームのキャプテンは俺なんだからよ

天馬「えええ!?」

神童「木暮さんが…!?という事は秋空チャレンジャーズの人達が中心の……」

木暮「さぁー?それはどうだろうなぁ。ま、弟子の成長を見る良い機会だし。師匠としてそれはやっとかなきゃ駄目だろー」

真田「弟子………ですか?」

木暮「聞いてないのかよ!天馬にサッカーを教えたのは俺と網海さんだぜ!?」

神童「そうだったんですか!?木暮さんだけでなくあの網海さんからも……!」

向坂「(本当かなぁ……ちょっと程度で教えたとかのオチ?)」

倉間「お前、ずりぃぞ!!イナズマジャパンの2人からサッカー教わったっつーのか!?」

天馬「あ、え、その…………(本当はもう1人ヒロトさんも居るけど……)」

南沢「それで…その師匠である木暮さんが今回は弟子である天馬の成長を見届けるため参加ですか。」

木暮「そう、それ!(本当はその日休みで凄ぇ暇ってだけなんだけど黙っとこーっと)」

向坂「楓野さん以来の大人が相手ですねぇー。」

木暮「ま、そういう訳だから。俺は仕事して腹減ったから飛鷹さんのラーメン食って帰るわぁ、じゃあな〜。」

雅野「……大人でしかも元イナズマジャパンの人が今回相手みたいですね。」

南沢「…楓野さんとかもメンバーに居るのか?」
スポンサーサイト



久々の練習試合の申し込み

雅野「南沢先輩ー、練習試合が!」

南沢「ん?………全然来ないかと思ったらこの時期に来たのか。」

向坂「一体何処の何のチームかなぁ。」

雅野「………「ネオテイコクへ、最近のお前らは腑抜けきっている。その根性を俺達が叩き直してやるから首洗って待っていろ。ディフェンス最強チーム アイアンシールド」

南沢「ディフェンス最強チームだ?…随分と大きく出たな。」

向坂「うちとかタナトスが居るにも関わらず最強名乗っちゃいましたねぇ。」

真田「けど、わざわざこう言うぐらいですから守備力は相当なものだと考えるべきでしょうね。」

南沢「自信が無かったら言うはずもないな。……一体どんなメンバーが居るんだか」
プロフィール

イーグル@

Author:イーグル@
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
FC2カウンター
FC2掲示板
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR